Pocket

 

ナース
画像はイメージです

 

少年のおちんちんを洗うと射精しました

 

個人経営の病院に勤務する看護婦です。私の忘れることができない患者さんについてお伝えすることにします。

 

彼は14歳の中学生で、生まれながらにして右足に障害があり、さらには交通事故でその足を骨折してここの病院に運ばれてきました。

 

外来診療で時々来ていたので、全然知らないというわけではありませんでした。

 

入院してからしばらく経って、傷口の手当てのため1階の受診室へ運ぶことになりました。

 

個人病院なのでナースも3人しかいないため、私一人で彼を運ばなくてはいけません。それでおんぶして連れて行こうと思ったのです。

 

障害があるためか身長も一般的な14歳よりは小さく145cm程度しかありませんから問題ないと思ったのです。

 

診療が終わり、病室へ帰る時も当然おんぶでした。

 

病室へ戻る廊下の途中でいきなり、私の胸を触ってきました。

 

あまりに急なことで、呆然としましたが、何もなかったかのように病室へ戻りました。

 

しかしそんなことがあった日から、何気に彼のことが引っかかってしまうようになりました。

 

入院経験のある方なら知っていると思いますが、一人でお風呂に入ることが出ない患者さんは、看護婦が体を拭く様になっています。

 

ギブスがまだ取れない状態の彼もそうです。と言っても個人病院なので、そのような患者は彼だけなんですですけどね。

 

だいたい、そういう業務は一番年下の自分がやらされます。

 

彼の病室へ入ると、学校の担任の先生が持ってきたという宿題をやっていました。

 

「今から体拭きしようか?」

 

と話しかけると、

 

「はい」

 

と彼は言って、ベッドの上を片付け始めました。

 

「服は脱いでね」

 

「はい」

 

とても素直な受け答えです。

 

この前突然おっぱいを触ってきた子とは思えないほどです。服を脱ぐと当たり前ですが、見事にスッポンポンです。

 

なんか、とても愛おしく感じでました。

 

おちんちんを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。すぐに元気になります。

 

少し触っているだけで大量の精液が出ちゃいました。

 

気恥ずかしいのか、彼は大人しくなってしまいました。私も気にしない振りをして洗い続けていました。

 

でもさすがに若いです。

 

さっき射精したのにもうギンギンに勃起して、しかもよく見ると大きいんです。

 

わざとタマタマを揉んだり、竿をしごいたりしていました。

 

そして2回目の発射です。さっき出したばかりなのに、またたくさんの精液が出ました。

 

それでもまだおちんちんは大きなままです。

 

おっぱいはおあずけ

 

(凄い・・・)

 

オマンコがジュンと濡れるのが分かりました。

 

「まだ出る?」

 

と聞くと、恥ずかしそうに

 

「はい」

 

と答えました。

 

なので扱き続けてあげました。顔を歪めてはぁはぁ言ってる姿が可愛いです。少し時間が経って3回目の射精です。これでようやく落ち着きました。

 

「いっぱい出たね。」

 

「はい。」

 

「他の看護婦さんに言っちゃだめだからね。」

 

「は、はい。」

 

「ねぇ、この前私のおっぱい触ったでしょう?」

 

「ごめんなさい!だって大きいから・・つい。なにカップ?教えて」

 

「Eの89。大きいでしょう?じゃあまたね。」

 

それから数日後、また体拭きの役割が回ってきました。しかも、彼一人だけしかいません。

 

「おはよう。今日も体拭きしようか?」

 

「はい。」

 

「ふふっ、今日は何回出すつもりかしら?」

 

「○○さんにしてもらえたら、何回でも出るよ。」

 

なんて可愛いことを言ってきます。服を脱いでもらうと、期待してるのかすでにおちんちんが勃起しています。

 

「今日は、早くも元気じゃん。」

 

「だって、憧れの看護婦さんに体拭きしてもらえるんだもん。」

 

「他の看護婦さんのときは、してくれないの?」

 

「勃つけど、なんとか我慢してる。」

 

「私のときは我慢しないの?」

 

「あんなに触られたら、我慢できないよ」

 

そしておちんちん洗浄へ・・。見事3回いっぱい射精しました。

 

「もう出ないわよね?」

 

「いや、出ると思うけど、ちょっと時間かかるかな。」

 

「そっか」

 

私は、彼の乳首を舐めながら、手袋をはずし、素手でおちんちんを握り、優しくシコシコしてあげました。

 

気持ちいいのか、体をピクピク震わせています。すると、もっと大きく硬くなってきました。

 

さらに扱き続けると、さっきよりも薄くなった精液が流れ出しました。

 

「これで記録更新だね」

 

「次の○○さんの体拭きまで出さないようにするよ。そしたら、7回くらい出そうな気がする。」

 

「我慢しなくていいわよ。出したい時は出さないと、私みたいな看護婦さんばかりじゃないしね。」

 

「うん、ねえ、○○さんの大きなオッパイ見たい、見せてお願い!」

 

「そうねぇ、ギブスが外れて、お風呂に入る時がきたら、その時見せてあげる。」

 

と笑いながら冗談で言ったつもりが、

 

「本当?絶対、約束だよ!」

 

喜んで必死になって言うので、仕方なく約束してしまいました。

 

病院のお風呂でソープ状態に

 

そしてついに、ギブスが取れ、お風呂に入るその日がやってきました。

 

一人でお風呂に入るのが危険な患者には、看護婦がサポートしてあげます。

 

ナース服の上に魚屋さんのエプロンみたいなやつに長靴です。この状態で、お風呂場に長い時間いるのですからいつも汗だくになります。

 

病室の順番があって、彼が入るのは一番最後になりました。

 

「お待たせ。お風呂行こうね。」

 

「やったー!やっとお風呂に入れる。うれしい。」

 

服を脱がせると、やっぱりおちんちんはビンビンに勃起しています。

 

お風呂場に入るとスベッて危ないのですぐに椅子に座らせ、シャワーをかけてあげました。

 

「約束覚えてる?」

 

「覚えてるわよ。ちょっと待ってね。」

 

誰か入って来ては一大事なのでカギをかけ、そして私も素っ裸になりました。

 

もうソープランド状態です。彼の体を洗ってあげていると、慣れない手つきでおっぱいを触ってきました。

 

そのつもりなので抵抗する気はありません。私も大胆に彼のおちんちんを口に咥えました。

 

まだ14歳です。フェラチオの経験など当然なかったはずです、とてもビックリしていました。

 

少し舐めただけですけど刺激が強かったのか、あっという間に口の中に射精してしまいました。

 

「気持ちよかった?」

 

「うん、めちゃくちゃ気持ちよかった。」

 

愛おしくなって彼をギュッと抱きしめ、乳首を吸わせました。舌で乳首を転がすようにやさしく、夢中で舐めてくれました。

 

私も椅子に座り、おちんちんを握りオマンコへ導きました。ゆっくりと挿入し、徐々に腰を動かしました。

 

オマンコの中でも、時折脈打っているのが分かります。そして、私の中にいっぱい出してくれました。

 

彼は現在リハビリを行っており、来月中旬ごろまでの入院です。