Pocket

 

覗き せんずり
画像はイメージです

 

短小で超早漏な彼氏

 

私は19歳の女子大生です。

 

私には、高校2年生の時から交際している彼氏がいます。

 

彼から高校に入学後、しばらくして告白をうけました。背は低くて顔は中性タイプ、見方によっては女子にも見える系統の男子でした。

 

もとから私は男っぽい濃いめの男性より、中性的な男子がタイプだったので、ためらうことなく付き合うことをOKしました。

 

ちょっとだけ背が自分より低いのは気になるところですが(私は167、彼は159)、本当はSっ気と母性が強めの私には、外見が中性的なタイプで、大人しそうな彼が、とても愛くるしく感じたのです。

 

ちなみに私の外見上は、自分でいうのもなんですが、それなりにモテていたと思います。

 

身長はわりと高い方ですがベビーフェイスで、友達からは足立梨花に似てるって言われたこともあります。

 

3か月弱ほどお付き合いしてみて、彼は私の予想通りの人でした。

 

弱々しく恥ずかしがり屋、セックスはしたいくせに自分からは言い出せないタイプなのです。

 

それなので、当然彼の初体験の時は私が先導しました。ちなみに彼はそれまで童貞だったみたいですが、私はセックスの経験がありました。

 

以前に交際した人は、通っていた塾の講師の大学生で、その時にいろいろとテクニックを教授されたので、一通りのことが出来る私は、彼のギンギンに勃起したおチンチンを咥え、フェラチオして上げました。

 

「うあ~~~!」

 

声に驚いて私が顔を上げた時には、もう彼のおちんちんから大量のザーメンが(笑)

 

わずか3秒ぐらいかな。いくらなんでも私は

 

「たとえ初めてだからって、そんなに早く出したら駄目でしょ?誰が出していいって言ったの?」

 

とちょっぴり叱り口調で彼の目を見つめながら言ってみました。すると彼はパッと目をそらし、

 

「ご、ごめんなさい!」

 

と誤ってきましたが、彼のおちんちんはアッという間にフル勃起状態です。こやつ完全にM男だ・・・・と確信しました。

 

ここからが今の現状なのですが、彼のおちんちんのサイズは小さめ、包茎ではありませんが、何はともあれ早漏、本気でフェラチオすると数秒で射精するし、挿入しても数回腰を動かすだけですぐにドピュッと発射、これでは私の欲求は解消されません。

 

彼氏の友人の家で一緒に飲む事に

 

そんなある日、私と彼は、彼の友達の家に飲みに行くことになりました。

 

彼の友達と私はクラスが違うので1度も話したことはないのですが、彼と同じ中学だったらしく、彼女を紹介してくれと言われ様子です。

 

実際は友達というよりは、気の小さい彼が友達にパシリ扱いされてる感じなのかなと思いました(話している様子を見て)。

 

しかし彼の友達というのは、結構なイケメンでしたので、私も顔は知っていましたし、秘かに興味もありました。

 

身長は180cmを超えていて、痩せ型の筋肉質でイケメンと完璧です。

 

ただし、今の段階では彼に対する高飛車な態度を見たりしていましたので、外見からは引かれるけど、どちらかというと、それほど好印象ではありませんでした。

 

その日は土曜日で彼の友達の両親は留守だそうで、私と彼と友達の3人でお酒を買い、彼の友達の家で飲みながら雑談していました。

 

彼はお酒を飲むのが初めてだったらしく、普段より饒舌に私と交際を始めたいきさつを説明していました。

 

ちなみに私はかつて飲酒の経験があり(不良娘でごめんなさい)、わりとアルコールに強いことを認識していました。

 

彼の友達も、明らかにお酒は飲み慣れている様子した。

 

彼の友達は話してみると、実際はフレンドリーで好感を持てる人でした。彼にも特段高飛車な態度をとることなく、私にも気配りしてくれてるような人でした。

 

そのうち彼が眠いと言い始めました。あまり飲んでいないみたいだけど、あまりお酒には強くないみたいです。

 

彼「マキ(仮名)も寝よう」

 

彼は私の手を掴んで甘えるように寄りかかってきます。ですが私は全く眠くなかったですし、折角お泊りできるのに0時で寝るのは早いと思ってました。

 

友達「おお、タケシ(仮名)寝るなら2階の部屋使えよ。布団もあるから」

 

彼の友達が親切なことに彼を二階に案内します。彼はふらつきながら、私の手を引き2階の階段を上がります。

 

友達「マキちゃんも一緒にこの部屋使っていいからさ、俺はまだ眠く無いのでリビングにいるね」

 

そう言うと、彼はすぐに階段を下りていきました。

 

「ねえ、もうちょっと起きてようよ、私まだ眠くないんだけど」

 

私がそう言うと彼は

 

「え~、もう寝ようよ~」

 

と甘えたトーンで言ってきます。

 

(あ~、心配してるんだ)

 

私はすぐに分かりました。彼は尋常でないほどやきもち妬き(と言っても気が小さくて心優しいので、明らかにぶすっとしたりはしない)なんです。

 

私がクラスで他の男子とおしゃべりしたりすると、その時は触れないくせに、後から

 

「浮気してないよね?」

 

と言ってきます。正直ちょっと煩わしいなって思っていましたけど、彼に対する愛おしさの方が強かったので、そこまでは気にしませんでした。

 

私はまだ眠くないので、仕方なく彼を寝かしつけてから、リビングに戻ろうと思いました。

 

この時点から私の心の中では、彼のことより、その友達のことばかり思っていました。

 

お酒が入っていたことと、最近彼とのセックスに欲求不満だったこともありますので、イケメン君を見ているとどうしても、ムラムラしてしまうのです。

 

そうは言っても彼もいるので、この時点では期待するようなことはあまり想像していませんでしたが。

 

彼はものの数分で眠りにつきました。

 

彼が寝ている隙に友達が巨根と知って

 

私は彼が確実に眠ったことを確かめてから、ちょっぴりドキドキしながらリビングに戻りました。

 

リビングでは彼の友達(智也:仮名)が、テレビを鑑賞しながら、ウイスキーをチビチビ煽っていました。

 

その姿に私は智也君がすごく大人に感じて、カッコよく見えました。

 

「あれ?タケシは?」

 

「うん、すぐに寝っちゃった」

 

それから1時間くらい私と智也君は雑談程度の話をしてお酒を少しずつ飲んでいました。

 

すると自然な感じで智也君が私の隣に座り、肩に手を回してきたんです。お酒が入っていたせいもあってか、私は拒否しませんでした。

 

智也君からは実にいい香りが漂っていて、思わず頭を智也君の胸板に当ててしまいました。

 

彼とは次元が違う、男らしいボディーでした。

 

細身なのにちゃんとした筋肉が付いた胸板です。マッチョやおデブは苦手だけどこのギャップがとても私を興奮させました。

 

私たちは自然と舌を吸いあい、絡めあうほどのディープキスをしていました。

 

智也君の舌づかいは結構慣れている感じで、彼のキスとはまるで違いました。

 

私はキスだけで絶頂を迎えてしまいそうでした。

 

「ハア、ハア・・・」

 

智也君の手が私のおっぱいを触ってきます。私は感じて声を出さないようにするのに必死でした。オマンコはすでにグチョグチョです。

 

我慢できなくなった私は彼のことも完全に忘れ、智也君のパンツに手をかけてズリ下ろしました。

 

「!!」

 

メチャクチャびっくり。智也君のおちんちんはなんと彼のおちんちんの2倍はある巨根だったのです。

 

私は我を忘れて智也君のおちんちんにむしゃぶりつきました。

 

髪を振り乱しながら、ジュポジュポと猛烈なフェラチオをしていましたが、その時なにげなく思ってしまいました。

 

(なんか私、異常なほど興奮してる・・・・)

 

そしてその理由が分かりました。大好きなMな彼が2階で寝ていて、その彼の友達とこんないやらしい行為をしているということが、とつもなく興奮する要因だと言うことを。

 

そして、私は自分の中の悪魔の囁きに簡単に従うことになってしまいました。

 

Mで少し気の弱い彼に、他の男とのセックスを見せつけてやりたいと。

 

私は自ら智也君に挿入をお願いしました。コンドームなどありません。その状況にも興奮します。

 

智也君もフェラチオされたもんだから、もっと突き進みたいに違いありません。もう彼のことなんか気にしていない様子でした。

 

智也君の大きいおちんちんが私のオマンコを貫いてきました。

 

「やんっ!あ~~!あぁぁん!」

 

私は思いっきり声を上げました。

 

「お、おい!タケシに聞こえるよ」

 

さすがに智也君はビックリしたようです。でも私は

 

「大丈夫、彼一度寝たら絶対起きないから」

 

そう言うと智也君は安心したのか、激しく腰を振ってきました。

 

「あん!ああ~ん!すごい!気持ちいい~!あんっ!」

 

私は覆いかぶってきた智也君を力いっぱい抱きしめてヨガリまくりました。

 

彼が寝たら起きないというのは実は嘘です。彼の眠りは割と浅く、お酒が入っていなかったら、そっと布団から抜け出すだけでも彼は目を覚ますほどです。

 

私はわざと彼が目を覚ますほどの大声を出したんです。

 

「ねえ、智也君。こっちの部屋でしようよ」

 

私は智也君の手を取り、自分から促すようにリビングの奥の部屋へ移動しました。

 

激しいセックスを覗きながらせんずりする彼

 

その部屋は和室で、リビングとは襖で仕切られていました。私は襖を閉じ、智也君の前にお尻を突き出しました。私はバックで挿入されるのがとても好きなんです。

 

「ねえ、早くおちんちん入れてぇ」

 

私は普段彼にも使わない甘えた声で智也君におねだりします。

 

智也君も興奮しているみたいで、ギンギンに勃起したおちんちんを私のオマンコへズブズブとねじ込んできます。

 

「あんっ!あ~~ん、はあぁぁっ!」

 

挿入されただけで腰が砕けそうになります。

 

パンパンパンパン!猛烈に腰を振る智也君のタマタマが私のお尻に当たって卑猥な音が響きます。

 

「あ~~あん!あん!すごい!智也君のおちんちん気持ちいいよぉ~」

 

余りの気持ちよさに、眩暈がしそうになります。中学生の時にセックスした大学生よりも、智也君とのほうが相性はいいように思います。

 

申し訳ないけど、今の彼とは比べ物になりません。

 

そしてその時、かすかに人の気配がしたのを私は感じました。智也君は興奮していて何も気付いてない感じでした。

 

パンパンパンパン!相変わらず物凄い勢いで、突いてきます。

 

「あ~~ん!あんあんっ!」

 

私は感じながらも、襖の向こう側に注意を向けます。この状況だと襖を開けなくとも向こうの部屋で何が行われているか明らかでしょう。

 

そして、襖がほんの少し開いたところを私は見逃しませんでした。

 

(彼が覗いている・・・)

 

私が彼に気付いていることを悟られないように意識します。

 

「ハアハア、智也君、もっと突いて、奥まで突いてぇ~!!」

 

私はわざと大声でいやらしい言葉を叫びます。たまらなく興奮するのです。もう何度もイっています。

 

パンパンパンパン!

 

「ハアハア・・・マキちゃん・・・そろそろイきそう」

 

さすがに智也君も限界みたいです。

 

「ああぁぁ~~!!いいよ!来て来て~~!」

 

私も興奮が最高潮に達します。

 

「ああああ!!いく!いくぞ!」

 

智也君の獣のような絶叫がさらに興奮を掻き立てます。

 

「ああ~~!!!!かけて!智也君のザーメン、あたしの顔にぶっかけてぇ!」

 

彼が見ている前で、彼の友達に顔射される・・・私はこれまでにないほどに興奮しています。

 

私はあえて卑猥な言葉を連呼します。彼に聞かせるためです。

 

ドピュドピュッ!ドクン、ドクン、ピュッピュッ

 

私のオマンコから抜けた智也君のおちんちんは、私の顔の目の前にあり、その先っちょから勢いよくザーメンが噴出しました。

 

私の顔中に智也君の精液が浴びせられました。

 

セックスが終わってからしばらく人の気配がありましたが、ほどなく階段を上がっていく音がしました。

 

「やべぇ、バレたかな?」

 

智也君は少し気まずそうにしています。

 

「大丈夫だよ」

 

私は笑顔で智也君に応じます。

 

智也君がシャワーを浴びに行ったので、私は襖のところを調べに行きました。やはり予想通りでした。

 

襖に白い液体が付着しています。確かに彼のザーメンの拭き残しでしょう。

 

彼は私と智也君のセックスを見ながらおちんちんシコシコしていたに違いありません。

 

私の読みでは、彼の気弱さであれば、浮気現場を目撃してもその場では何も言い切れないだろうと考えていたんです。

 

そうかと言って彼の方は私にべた惚れなのは明白なので、これで別れるという選択はないだろうとも思っています。

 

(彼も私が他の男とセックスをしているのを見て興奮していたんだ)

 

私は自然と笑みが浮かんでいました。

 

私は階段を上がり、彼が寝ている部屋へ向かいました。

 

彼は多分起きているでしょうが、身動きをしません。そしたらなんと、彼の枕が濡れていることに気がつきました。そして微妙に肩を震わせています。

 

(あ、泣いている)

 

ここで当然ながら罪悪感の気持ちもあり、彼を傷つけてしまったという申し訳なさもあったのですが、私の中のサディスティックな部分が勝り、私は彼のその姿を見て、興奮してしまったのです。

 

大好きな人をいたぶる・・・これは本当に最低な性癖だと自分で思います。

 

普通のカップルであれば、別れることになるはずですが、彼の場合は別れを切り出せないという確信が私にはありました。

 

結局彼はこの日、1言も話さず、智也君の家を後にしました。

 

ちなみに私は翌日彼と一緒に智也君の家を出たのですが、無言のまま彼は怒って先に行ってしまったので、智也君の家に戻ってまた濃厚なセックスをしてしまいました。

 

だって巨根があまりに気持ちよかったもので・・・

 

(次回に続く・・・)

 

↓ ↓ ↓