Pocket

旅行 セックス
画像はイメージです

 

酔ったふりしてオジサマを誘惑

 

私って、二重人格みたいなんです。

 

連日の仕事のリフレッシュのため、温泉地や行楽地に一人で旅行するのが趣味です。

 

ただ、TELで予約しようとすると、どういうわけか、女一人では宿泊拒否されることがあります。ひどいですよね。

 

(まあ、いいけどね)

 

夜は、必ずというほど宿泊施設にある、バーやラウンジでおいしいアルコール(カクテルが多い)を頂くんです。しかも、旅館であれば、浴衣にノーブラが定番です。

 

シティーホテルであれば、胸の谷間をアピールできる格好です。そうすると大抵、男性が声を掛けてきてくれます。

 

「お一人ですか?」

 

「よろしければ、一緒に飲みませんか?」

 

とか会社では絶対見せないようなスマイルを見せながら一緒に飲みます。

 

ここからが、私の奥に眠る、もう一人の人格が登場します。

 

浴衣であったら、わざと足をチラ見させたり、前屈みになって、乳首が見えるくらいまで見せてノーブラだということを気づかせたりします。

 

いつも会社の飲み会では酔って記憶をなくすことはないほどお酒には強いんですけど、ここでは敢えて酔ったふりをするんです。

 

過去のとある連休の時も、見込み通り私より15歳ぐらい年上のオジサマが声をかけてきました。

 

「お姉さんお一人ですか?よければ、一緒に飲みません?」

 

私は、ニッコリ笑って軽く頷くと、オジサマは、私の隣に座ってきました。

 

このオジサマ、家族旅行で奥さんと小学3年生の息子さんとの3人で来ていて、奥さんと息子さんはもう部屋で寝たらしく、一人でバーに飲みにきたそうなんです。

 

カクテルを3杯程飲んだ頃、まだ酔ってはいないんですが、ちょっぴり眠くなってきたたので、酔ったフリをしてみました。

 

「もう遅いし、そろそろ部屋に戻りましょうか?」

 

とオジサマが言います。私は、眠そうな表情を作って頷くと、

 

「部屋は何処ですか?」

 

カードキーを見せると、オジサマは抱きかかえるような形で私の部屋まで付き添ってくれました。

 

無論のこと、飲み代は全てオジサマが奢ってくれました。

 

途中、エレベーターの中でオジサマは抱えるふりをしながら、私の胸に自然な感じで触れていました。

 

私は、オジサマに寄りかかったままです。

 

部屋に連れてきてもらうと、ゆっくり優しくベッドに寝かせてくれました。

 

「カードキーは机の上に置いとくね」

 

と言って、そのまま帰ろうとしたんです。本当に紳士です。しかし私は、

 

「オジサマ行かないで、私を抱いて!」

 

「えっ?!」

 

「オジサマ、私のタイプなんです。だから抱いて」

 

オジサマは無言のまま振り返り、私の上に覆いかぶさってきました。

 

オジサマの巨根とテクニックで何度もイカされ

 

私の浴衣をあっという間に取り払い、オジサマも自分で浴衣を素早く脱いで、私のおっぱいにむしゃぶりついてきました。私も、

 

「あんっ!ああ~ん」

 

とエッチな喘ぎ声を上げると、オジサマは、顔を徐々に下に移動させながら舐めてくれました。

 

指はパンティー越しにクリトリスを探し出し、クリクリ弄ってくれます。

超気持ちよかった。

 

オジサマは興奮して鼻息も荒くなり、私の下着を脱そうとしたので、協力するように腰を上げました。

 

オジサマは、口で卑猥な音を立てながら私のオマンコを舐め回し、同時に鼻も押し付けて、クリトリスも愛撫してくれました。

 

私は快感でたまらず、オジサマの頭を両手で押さえつけ、息ができないくらい自分のオマンコに押し当ててました。

 

さすがにオジサマは苦しかったでしょうね。それでもクンニをしながら体勢を代え、素早くトランクスを脱いでシックスナインの形に持っていき、私の口元におちんちんを近づけてきました。

 

オジサマは年齢に似合わず、ギンギンに勃起したおちんちんはお腹にくっつくぐらい、反り返ってたんです。

 

長さもあり、太く、血管も浮き出て、とても逞しい男性的なおちんちんです。

 

私は大きく口を開け、オジサマのおちんちんに思う存分唾液を交えながらしゃぶりつきました。

 

ちょくちょく指先を使って、おちんちんの尿道口を触るとオジサマが、

 

「はあっ!そこ、凄くいい!」

 

そうするとオジサマは、負けじと強く吸い込むように音も出しながらクンニをしてくれました。

 

きっと隣の部屋まで聞こえてるんじゃないかなと思うぐらい、二人とも喘ぎ声を出してました。

 

オジサマのおちんちんからは、ダラダラと我慢汁が溢れてくきます。わたしも、自分でわかるくらい、オマンコはビショビショに濡れています。

 

このままだとイッてしまいそうなのでオジサマに、

 

「お願い、もう入れて。オジサマのおちんちんが欲しい」

 

オジサマは、私の唾液でヌルヌルになったおちんちんをゆっくり、挿入してきました。

 

オマンコに入った瞬間、おのずと

 

「ああ~ん」

 

と喘ぎ声が出ました。オジサマは、少しずつ腰を動かしました。

 

段々とスピードを早めて行ったかと思えば、奥までグイーッと深く突き、またスピードを緩め、それを繰り返してくれました。

 

挿入しながらのキスも凄く上手でした。

 

私の舌全体を舐めまわし、唾液をジュルジュル吸いあげたり、とろけるくらい凄いテクニックなんです。

 

バックでしたり、騎乗位になったり、とにかく色んな体位で快感を与えてくれました。

 

本当に3回ぐらい私は先にイカされました。

 

アナルもベロベロ舐めてくれて、しかも指を入れようとしたので、

 

「そこは、ダメ。オジサマ止めて!」

 

と言うと、オジサマはそれ以上はしなかったものの、舌先をほんのちょびっとアナルに入れたり、小刻みに舌先を動かしたりしてました。

 

いずれにせよ、今までに味わったことのない快楽を味えました。

 

最後は正常位で、オジサマは射精の瞬間、オマンコからおちんちんを抜いて、私のお腹に向けてビュッビュッて勢いよく射精しました。

 

一部の精液が勢い余って、私の髪と枕にかかりました。精子の量もとても多かったです。

 

一人旅だと私は痴女

 

セックスが終わった後も、オマンコを優しくテッシュで拭いてくれ、精液を拭き取ってから横に寝て、私の髪をなでながら

 

「すごく、良かったよ」

 

と言ってくれました。私も

 

「私もすごく良かった。何回もイッちゃった」

 

しばらく腕枕して優しくキスしてくれたり、おっぱいを揉んでくれたりしてくれました。

 

「オジサマの奥さんって幸せだね。こんなセックスしてもらえて」

 

「そんなことないよ、うちの嫁さんとはここ3~4年、セックスレスだよ」

 

「えっ、本当ですか?」

 

「仕方ないから夜中、一人でせんずりしてるよ」

 

「えーっ、勿体無い!こんな、立派なおちんちんがあるのに」

 

「ありがとう」

 

そう言って、オジサマのおちんちんをキュッキュッて握っていたらまた勃起してきたので、フェラチオしてあげました。

 

夢中で、5分くらいフェラをしてあげてたら、

 

「凄い気持ちいいけど、2回は無理かな。一生懸命してくれてありがとう、もういいよ」

 

「そろそろ、部屋に帰るね」

 

「うん。なんか寂しいけど、しょうがないし」

 

「俺には家族がいるんで連絡先とか聞けないけど、またいつの日か会えたらいいね」

 

「うん」

 

そう言って、オジサマは部屋を出て行きました。時計に目をやると、午前2時過ぎです。

ざっと2時間以上はセックスしてたことになります。

 

普段、会社では口数の少ない私が、一人旅だと痴女に変身してしまいます。

 

どちらが本当の私なんでしょうか。