Pocket

叔母 近親相姦
画像はイメージです

 

厳格と思っていた叔母の性欲の吐け口に

 

俺は和也で、現在21歳の大学3年生です。叔母の従順になってから丸5年になります。

 

この生活がスタートしたのは俺が高1の時、商社に勤務していた父が母を連れてアメリカに転勤した時からでした。

 

俺は父が単身赴任するものと思っていましたが、父の前任者だった人が単身赴任で、現地の女性と揉め事があったなどもあって、会社から夫婦で行くように促されたらしいのです。

 

俺は当時父と仲が悪く、また、地元で有名進学校に入学したばかりだったので日本に残る事にしました。

 

一人暮らししたかったんですが、日本に留まる条件が叔母(母の妹)の所に預けられることでした。

 

叔母はこのとき35歳で、不倫した夫と離婚してバツイチでした。

 

ビジネスセミナーや進学塾の講師もしている結構気の強い女性です。

 

第三者から見ると綺麗らしいが、当時の俺は、気が強く何かとガミガミうるさい叔母が嫌いでした。

 

けれども、そんな叔母と同居し始めて2人だけになってみると想定してたよりも以外に優しいんです。

 

俺の身の回りの世話もキチンとしているし、とにかく母みたいにしょうもない干渉をしないのが快適でした。

 

俺は楽な生活を送っていましたが、叔母の講師という仕事の関係上、学校の成績においてだけは厳しかったです。

 

でもそのせいで1学期は程好く良い成績で終了することができました。

 

夏休みは毎日遅い時間までテレビを見、翌日の昼頃まで寝ている自堕落な生活を送っていましたが、逆に叔母は進学塾の夏期講習とかで忙しく、毎日苛々していました。

 

8月に入った頃、ある日曜日の昼前にまだ寝ている俺を起こしに、叔母が部屋に入って来ました。

 

俺はエアコンを付けて寝るのが嫌いだったので、夏場はパンツ一枚で寝ていました。その日もパンイチで寝てました。

 

叔母は部屋に入るなりベッドに腰を下ろすと、

 

「ふふっ」

 

と微笑みながらいきなり股間に手を伸ばしてきたんです。童貞だった俺は、この不測の出来事にエッチな気分どころではなく恐怖でじっとしていました。

 

叔母は

 

「緊張してるの?」

 

と言いながら俺のパンツをずり下げてきました。

 

昼近い時間でも俺にとっては寝起きだったので、朝起ちでチンコはビンビンに勃起していました。

 

叔母はチンコを優しく握ると、俺の表情を観察しながら最初は徐々に、そして段々激しくしごき始めたんです。

 

いくら怖さが勝っても、こういったことをされたら気持ちよくて仕方ありません。

 

物心ついてから誰にも触られたことのないチンコはあっという間に射精してしまいました。

 

叔母の手や腕、ベッドのシーツなどにも俺が放ったザーメンが付着しています。

 

俺はどうして良いか見当もつかずに、羞恥心と興奮から汗びっしょりで気が動転していました。

 

そんな状態の俺に叔母は、

 

「シャワーを浴びてきなさい」

 

と言いつつ部屋から出て行きました。

 

俺は叔母に言われた通りに精液で汚れたチンコや汗をかいた体を洗い流して、とにかく部屋に戻りました。

 

少ししてからまた叔母が部屋に入ってきたんですが、その外見を見て俺はあっけに取られました。ピタピタのTシャツに小さめのショーツだけの姿だったからです。

 

叔母は俺の横に腰掛けると、

 

「私があなたの面倒を見てあげているんだから、あなたも私の面倒を見なさい」

 

そう話しつつ俺をベッドに押し倒すと、覆いかぶさり体を重ねてきました。

 

この状態で叔母にされるがまま、ファーストキス、童貞、当日中にすべて、血の繋がった叔母に奪われてしまいました。

 

そりゃあ高校生なので女体やセックスには興味がありましたが、相手は実の叔母です。

 

子どもの頃から馴染みの有る実の叔母が甥の俺にこんなエッチなことするなど考えてもいません。

 

しかも何の前触れも無く唐突に起こった事でしたから、少しも心構えが出来ていないうちに叔母の欲求に応えるために、何回となく勃起させられては射精させられる・・・そんな感じでした。

 

その日から俺は“性処理奴隷男”となってしまいました。無条件に叔母の性欲の吐け口にされてしまったのです。

 

5年間で叔母に2500回ものザーメンを放出

 

その当時の俺は、近親相姦なんて都市伝説か変態がやることの様に思っていましたし、母や叔母を性的なターゲットとして見ることなどまったくありませんでした。

 

なので叔母とセックスするようになってから一時的には精神状態がおかしくなり、頭痛や吐き気、不眠に陥ったり、叔母と行為が終わった後、自己嫌悪で自殺を考えたりもしました。

 

昼間に、

 

(こんな近親相姦なんてもう絶対しないぞ)

 

と誓っても、夜になって叔母が卑猥な笑みを浮かべながら近付くにつれ、金縛りにあったみたいになって体が動かなくなるのです。

 

ディープキスをされ、体中を舐め回されると、昼間の決心など忘れてチンコはビンビンに勃起してしまいます。

 

それから叔母に誘導されるがままにその熟した体に勃起したチンコを幾度もピストンしてしまいます。

 

恐ろしい誘惑と異常な快感。

 

全身に鳥肌が立つほどの刺激と突き抜ける快感、何とも言えない虚脱感と凄まじい後悔、毎日それの繰り返しで精神状態はおかしくなっていました。

 

それを回避するために俺は、

 

(これはセックスじゃない!オナニーなんだ!)

 

と思い込むことにしたんです。何事も1人でやるより2人のほうが楽しいはずです。

ですので、俺と叔母は

 

(お互いの肉体を使って一緒にオナニーしているだけなんだ)

 

と、そう自分に言い聞かせました。

 

(それに、これは叔母に強要されたことで、俺はつまり強姦の被害者じゃないか)

 

と、思うようにしたんです。そう思うと急に気が楽になりました。

 

高校生であれば毎晩せんずりしてもちっとも変なことじゃない。俺は完璧に吹っ切れました。

 

そして叔母とともに、すっかりセックス依存症の生活に陥ってしまいました。

 

叔母にしてみると、当時の俺は言いなりの性奴隷です。どんな時でも都合のいい時に可愛がれる性処理ペットです。

 

大学生になった今でもそうですが、若い俺は一度や二度射精したところで叔母の愛撫ですぐに勃起します。叔母にしてみれば理想的なセックス相手なんだと思います。

 

俺の立場から言いと、叔母の言うことだけ聞いていればとんでもない興奮と快楽を与えてくれる天使のような存在です。

 

高校に行けば、

 

「オマンコが見たい」
「童貞を捨てたい」

 

のような話ばかりしている友達の中で、俺だけは友達に言えないセックスの快楽を毎晩のように満喫しているのです。

 

俺は優越感に浸りました。

 

それ以来5年間、体調不良で出来ない日で無い限り、ほとんど毎晩のように叔母の性奴隷になり、俺の要望も聞いてもらっています。

 

毎晩22時近くになると、パブロフの犬のように条件反射で風呂に入り、部屋で叔母を待つか、あるいは叔母の部屋に行きます。

 

2人とも早く帰宅した時なんかはもっと早い時間からネットリとセックスする事もたびたびです。

 

俺とセックスするようになって妊娠を恐れた叔母はピルを服用するようになりました。

 

万が一甥の子供を妊娠するなどというようなことになれば、叔母の人生は終わったも同然ですし、俺だってまともな人生ではなくなるからです。

 

ピルの服用でコンドームは使いませんが、そうは言っても叔母の生理周期から計算して安全日はオマンコ中出し、危険日は膣外に射精しています。

 

年間だいたい250日セックスし、2回射精するとして、5年間で2500回も叔母の肉体の内外にザーメンを放出した計算になります。

 

大恋愛の末に結婚した夫婦でさえも、5年間もこんな性生活を続けることはほとんど無いのではないでしょうか。

 

同世代の女の子じゃ満足できない体に

 

プレイ内容も幅広く覚えさせられました。SM以外のことは概ね経験したと思います。

 

近親相姦がスタートしたばっかりの頃の俺は、何も出来ずほぼマグロ状態で、叔母の強引な愛撫とセックスでしたが、時が過ぎると叔母を満足させるために、女性の悦ばせ方を入念に教え込まれるようになりました。

 

例えばクンニとか。

 

叔母の教える女性が悦ぶ舐め方、感じる舌使い、責め方などを教育されたので、この年齢で俺にクンニで勝てるような男はそうはいないだろうと思います。

 

同じように指マンの方法や挿入後の腰の突き方、女性を感じさせる動かし方も叔母に繰り返し指導されました。

 

おかげでセックスは上手い方だと思います。逆に困ったこともあります。

 

叔母はアブノーマルなセックスも求めてくるので、まるで風俗雑誌に書いてあるマニアックなプレイのようなこともされます。

 

俺の体がアブノーマルプレイに慣れてしまい、ノーマルプレイではあまり感じなくなってしまったんです。

 

それと、同年代の女の子相手に叔母にレクチャーされたテクニックを使うと、半端ないプレイボーイだと思われてしまうことです。

 

俺も普通に高校、大学は同年代の女の子と交際し、セックスする関係になることも度々ありました。

 

しかしセックスだけを取ると、同年代の女の子からは叔母ほどの快感を与えてくれることはありません。

 

3回射精した後でも勃起してしまうほどのフェラチオテクニックなど、その内容の濃さで叔母に勝てる若い女の子など、大学生の女性の中にいるわけがありません。

 

だからデートの後でセックスしても、どうしても欲求不満を感じてフラストレーションが溜まってしまいます。

 

イライラしたまま帰宅すると、見透かしたかのように誘ってくる叔母がいます。

 

若い子とのセックスで満たされていない俺も、そんな叔母の肉体を求め、気が済むまでセックスし、やっと満足してぐっすり眠ることができるのです。

 

実は2年前に俺の両親は帰国したんですが、今度は九州に転勤となり、叔母との同居生活は今でも継続したままです。

 

今だにほぼ毎日のようにセックスしてしまっています。こんな生活を送っていますが、俺に恋愛感情はありません。

 

あるのは親族としての愛情のようなものだけです。

 

叔母の気持ちは把握できませんが、叔母も俺を男として好きというような気持ちではないと思います。

 

なぜなら、俺が他の女の子とセックスしたことを話しても、怒ったり嫉妬したりすることはありません。

 

「私と若い子とどちらが良いか比べてみたら?」

 

そう言って普段よりも激しくねちっこいセックスになる事はありますが、俺が叔母を突っぱねたりせずに

 

(抱かれる男)

 

(素直な甥)

 

でいれば、必要以上に拘束されることはありません。

 

愛が無くても、叔母が相手の近親相姦でも、セックスは楽しいし、兎に角気持ち良いんです。それだけで十分だと思います。

 

逆に考えれば、俺と叔母の関係は、余計な恋愛感情に支配されず、ただ単にセックスを楽しんでいるだけですから、セフレのような関係で飽きもせずに長持ちしているんだろうと思います。

 

羞恥心も遠慮も責任や義務も関係有りません。

 

ただセックスの快楽を得るために俺は叔母の肉体を、叔母は俺の肉体を求め、貪りあっているだけにすぎません。

 

こんな好都合の相手は簡単には見つからないでしょう。

 

肉欲生活から抜け出せない

 

しかし最近、

 

(こんな生活がいつまで続くのだろうか?)

 

と時々懸念する事があります。

 

叔母は40歳を過ぎましたが、性欲は衰えるどころか激しくなる一方ですし、俺は俺でそんな叔母といつでもセックスし放題の生活です。

 

当然といえば当然ですが、この5年間一度も一人きりのオナニーをしていません。

 

際限のない肉欲生活に溺れきった俺と叔母は今後どうなってしまうでしょうか。

 

俺が大学を卒業後就職し、この家を出て二度と戻ることがなければ2人の関係は幕を引くことができると思いますが、俺は叔母の肉体と性技から得られる快楽の虜になっているので、今のところこの関係を捨てたくないのが本音です。

 

叔母も性処理ペットとして都合の良い俺を、そう簡単に追い出すことが出来るのかと言われると、おそらく無理だと思います。

 

そう考えてみると、俺と叔母は近親相姦から抜け出せずに、このままずるずるとこの生活を続けてしまいそうに思えるのです。