Pocket

ラブホで童貞とセックス
画像はイメージです

 

カップルのイチャイチャに興奮してホテルへ

 

私は21歳の女子大生です。T君は高校2年生でバイトの仲間です。T君は眼鏡をかけてて頭が良くて、要するに優等生タイプです。

 

ところが、なかなか面白くて仲間からも結構好かれています。前の週末、バイト仲間での飲み会があり、帰り道がT君と一緒の方向で二人きりになったんです。

 

私たち二人とも軽く酔いが回っていて、飲み屋の近所の公園にはカップルが大勢いるので有名なんですが、覗きに行こうと大盛り上がりになりました。

 

公園に到着すると、噂通りかなりのカップルがいます。ベンチに腰掛けてセックス開始しちゃってる人たちもいて私とT君は、

 

「おぉ!」

 

とか言いながらこっそり見物してました。しばしカップルを数組眺めながら歩いてると、T君の様子がだんだんおかしくなってきたんです(当たり前か)。

 

T君が軽く充血した目で私の顔をじっと見つめて

 

「奈美さんは、公園とかでしたことありますか?」

 

といきなり聞いてきました。私もだいぶ酔ってきてたから、

 

「あるよ!超気持ちいいよ!見られるかもってスリルが興奮するの」

 

とか言っちゃっいました。

 

T君はそれのことを聞くと切なそうな表情になったんです。私はそのT君の顔を見て急に欲情してしまい、思わずこう言っちゃいました。

 

「T君もしたいの?」

 

と聞いてしまったのです。T君は答えずに、

 

「奈美さん、奈美さん」

 

と言いつつ私に抱きついてきたんです。T君、超カワイイ!ここで私の理性は吹っ飛びました。

 

けれど、いくらなんでもバイト先の傍にある公園では知っている人に見つかる可能性があります。なので私はT君を近くのラブホテルに誘いました。

 

部屋に入るとT君はスッキリと酔いも覚めた風の顔で、興味津々で部屋中を眺めています。

 

「こういうとこ来るのは初めてなの?」

 

と聞くとT君は

 

「初めてもなにも、俺、童貞ですし・・」

 

と気恥ずかしそうに言ったんです。一瞬、私の頭の中で

 

(まずい!)

 

と思ったけど、T君の可愛さが勝ちました。

 

「そっか、ひとまずお風呂に入ろうよ」

 

と私は話を逸らしてT君を誘いました。

 

T君が照れくさそうに先にお風呂に入ると、私も全裸にタオルを巻いて入りました。

 

私が入ってきたその姿を見て、T君のおちんちんがムクムクって大きくなったのが超可愛かったんです。

 

「奈美さん、恥ずかしいですよ」

 

もうT君に萌え萌えキュンキュンです。

 

「大丈夫よ、洗ってあげるね」

 

とT君を座らせ背中をゴシゴシ擦ります。チラチラ見えるおちんちんはずっと勃起したままです。

 

「大事なとこも洗っていい?」

 

と聞きます。T君は気まずそうな表情ですが、

 

「は、はい」

 

と頷きました。

 

フェラでイカせました

 

手のひらに泡をたっぷりつけてT君のおちんちんを握ります。とても固くて熱いんです。上下に軽くシコシコって擦ってるとT君が

 

「うあっ、はあっ!」

 

と可愛い声を出すので私も多いに興奮してしまい、大胆になってタオルを外しました。

 

「T君、奈美のおっぱいも触って」

 

と童貞君に言ってしまいました。T君はこわごわ私のおっぱいに触れ、ゆっくりと揉み揉みします。

 

「ああ、すごい!これが、奈美さんのおっぱい」

 

とT君は呟きます。

 

「奈美さん!奈美さん!」

 

私の名前を呼びながらおちんちんの気持ちよさと、初めておっぱいに触った感触に興奮してるT君です。

 

おちんちんの先からは透明な液が滲み出てタラタラ流れています。

 

(もう、可愛すぎる)

 

私はいてもたってもいられず、おちんちんの泡を洗い流し、パクッと口に含みました。

 

「うあっ!ダメだよ奈美さん、そんなこと!」

 

T君は驚いて腰を引きます。

 

「逃げちゃダメだよ!」

 

と私はT君のお尻をムンズと掴んで逃げられないようにし、おちんちんの先っちょを舌でチロチロ舐めます。T君は

 

「本当にダメだって、俺、もう、ヤバイです!」

 

と興奮気味に言います。

 

「じゃあ、出していいよ、奈美の口の中に出して!」

 

と言って私は、唇と手でおちんちんにもっと摩擦を加えようとした瞬間、T君は

 

「うあっ、ああっ、出るっ!」

 

と大きな声を出し、射精してしまいました。口の中にT君の白くて濃いザーメンがドクドク放出されます。

 

私はザーメンを受け入れて全て飲み干すと、にっこり微笑んでT君のおちんちんをまた洗ってあげました。T君は放心状態から解けて、

 

「フェラチオって、こんなに気持ちいいんだ」

 

と呟きました。私も嬉しくてたまりませんでした

 

童貞君に指でイカされました

 

一通りT君の体を洗ってあげて、自分もシャワーを浴びると風呂を出ました。

 

「ベッドに行こうよ」

 

と誘います。

 

ベッドの上に腰掛けてディープキスをしました。遠慮がちに舌を絡めてくるT君の口の中に、私は積極的に舌を入れてベロベロ舐めまわしました。

 

そうすると今度はT君の方からおっぱいを触ってきました。乳首を指で摘まんでコリコリと弄ってきます。私はたまらず

 

「んん、あんっ!」

 

と声を出してしまいました。すると今度はもう一方のの乳首を口に含み、ペロペロと舐めてきます。

 

「いやん、あん!はぁ、ホ、ホントに初めて?」

 

とT君に聞きました。T君はまた照れくさそうに

 

「エッチなビデオとかは見てるし」

 

と言いました。それを聞くとまた私の中の悪戯心が働きます。

 

「じゃぁ、エッチなビデオみたいなことをしよっか」

 

と言ってT君を仰向けに寝かせ、顔の上に跨りました。T君は、

 

「えっ!ちょ、ちょ、待って下さい!」

 

とあたふたしています。

 

「ねえ、舐めて。ビデオ見てるなら、女の子の感じるところ分かるでしょ?」

 

と私はT君の顔の上でオマンコを広げました。

 

T君はじっと見つめていましたが、生のオマンコに興奮したのかおちんちんはすぐに反応しました。

 

「奈美さん、ここが感じるの?」

 

と私の大き目のクリトリスを指でつついてきます。私は、

 

「あっ、そ、それ!舌でペロペロしてぇ!」

 

とT君の顔を見つめて言いました。

 

T君は指示通り、素直に舌でクリトリスをチロチロと舐め始めました。さっき出射精したばかりなのにおちんちんはもうビンビンに勃起しています。

 

一回出したから少しは持つだろうなと思い、私も体を倒してT君のおちんちんを咥えます。いわゆるシックスナインの体勢です。

 

初めてのエッチでシックスナインまで体験させるなんて、

 

(今後どうなっちゃうかなこの子)

 

という不安もありましたが、 興奮している私はT君のおちんちんをスッポリ咥えて唇で激しく擦ります。T君は

 

「あう!うぅ、うっ!」

 

と呻き声をあげながら負けじとクリトリスを舐めまわしています。私のマン汁がT君の顔を濡らしていいます。私は我慢しきれずにT君の指をオマンコに誘導して

 

「オマンコに指入れて掻き回して!」

 

と言いました。T君はクリトリスを舐めながら指を恐る恐るオマンコに入れてきます。指が入ってきた瞬間、

 

「あぁっ!」

 

と私は体を仰け反らせました。

 

「奈美さん、気持ちいいの?俺の指で感じてるの?」

 

とT君は中に入れた指を少しずつ出し入れし始めました。

 

「あぁん、もっと、もっとぉ!」

 

と堪らずおねだりしてしまいました。童貞君はさすがに経験がないので、指に集中すると舌がおろそかになります。

 

私はもっと感じたくてT君の唇と舌にクリトリスを擦りつけるように腰をグリグリ動かしました。

 

T君は集中して指を動かしています。気持ちよくてますます腰を動かすと私はイキそうになってしまいました。

 

「ちょ、ちょっと待って、奈美、イッちゃいそうだから」

 

と私は言いましたがT君は、

 

「イクとこ見たい!俺の指で奈美さんがイクところ見たいです」

 

と言いつつ指をもっと激しく動かしてきました。

 

「やんっ!あんっ!ダメっ!イクっ!」

 

私はイってしまいました。オマンコが激しく収縮してマン汁がタラタラ流れています。T君は、

 

「うわあ、すごい!指が締め付けられてる」

 

と感動しています。

 

童貞ちんぽの快感に負けて中出しされました

 

T君のおちんちんを見るとこれ以上ないっていうくらい勃起してピクピクしていたので、オマンコに入れてあげることにしました。

 

正常位で挿入します。おそらく大丈夫な日だったので生で入れさせてあげます。

 

T君はうまく挿入出来ずにオマンコの割れ目をおちんちんの先で探してます。私は焦れて、

 

「ここよ」

 

とおちんちんを握ってオマンコへ導いてあげました。T君は私の中にゆっくり入ってきながら、

 

「うあぁ!入ってる!入ってるよ!」

 

と感動したように声を出していました。挿入した後は、さすが童貞君です。 夢中で腰を動かしています。

 

「凄い!凄いよ、奈美さんのオマンコ!超気持ちいいよ!」

 

T君が気持ち良さそうな切ない表情をしています。私のオマンコと相性がいいのか、T君のおちんちんは私の一番気持ちい箇所を照準を合わせて擦ってくるので、私も

 

「あぁん、いやんっ!あんっ、気持ちいい!T君、気持ちいいよ!」

 

と言いながら自然と腰が動いちゃいます。

 

「俺のちんぽ気持ちいいの?奈美さん、気持ちいいの?」

 

「気持ちいい、T君のおちんちん、奈美のオマンコかき回して超気持ちいいの!」

 

とエッチな言葉炸裂です。 T君は私の言葉により一層興奮したらしく、私のおっぱいをムギュッと掴み、乱暴に荒々しく揉みながら腰を激しく動かします。そして

 

「あぁ、奈美さん、も、もうダメ、俺、出ちゃいそう」

 

と私の顔を見てきました。切ない表情が堪りません。

 

「いいよ、奈美もイキそうだから・・・あんっ、あんっ!もっと、もっと奥まで突いてえ!」

 

と私はT君の頭を撫でます。T君は

 

「はぁ!はぁっ!な、奈美さん、奈美さん!」

 

と叫びながら更に腰をガンガン打ち付けてきます。私も限界が近づいて、

 

「T君、もうイキそう!」

 

と言いました。その瞬間、T君が

 

「あぁっ!ダメ!出ちゃう!」

 

と叫んで私のおっぱいをさらに力強く掴みました。私もその瞬間全身に電気が走ったような感じになり、

 

「いやっ、ああん!イクっ!イクぅっ!」

 

と絶叫してしまいました。

 

(・・しまった!)

 

と思ったのも遅く、T君は思いっきり私のオマンコの奥深くに射精しています。

 

中で温かいものがビュッ、ビュッと出されて、おちんちんがビクビクしてるのが分かります。いっぱい射精してるみたいです。

 

私のオマンコもヒクヒクと痙攣しています。

 

当分の間二人とも動けませんでしたが、T君がやっと私のオマンコからおちんちんを抜きました。するとドロっといやらしくザーメンがオマンコから出てきました。

 

「うわっ!エロっ!すげぇいっぱい出ちゃった。奈美さん、子供できる?」

 

とT君自身が子供のような顔をして聞いてきます。 馬鹿か。

 

「おそらく大丈夫だと思う」

 

私は笑いました。その後は二人ともヘトヘトになってそのままホテルで宿泊しました。翌朝、我に返るとちょっと恥ずかしかったですね。

 

その後はしばらく、バイトでT君とシフトがバラバラで、今日の夕方にあの事があって以来、初めて一緒になります。

 

T君の反応を楽しみにしながら、帰り道またラブホテルに誘っちゃおうかなと思ういけない私です。

 

(次回に続く)

 

↓ ↓ ↓