Pocket

お店でセックス
画像はイメージです

 

お得意先の奥さんが誘惑してきた

 

仕事の関係で週に1、2回訪問しているお得意さんがあります。そこは家族で小売店を営んでいます。

 

オーナーである御主人は行事や会合なんかが多く、さほどお会いすることはありません。しょっちゅう奥さんが応対してくれます。

 

いつもはお茶を出してくださり、30分程度お喋りをします。仕事の用事は最初のみです。その他は俺のしょうもないジョークに笑って対応してくださいます。

 

年は40歳前後だと思います。

 

少学生の女の子がいるようですが、訪れるのは昼間の時間帯だから女の子には会ったことがありません。

 

奥さんは一言で言えば、ものすごく清楚でチャーミングです。スレンダーな体型でありながら、おっぱいも大きめです。腰はくびれていて、お尻は大きく、しかも丸くていい形です。

 

雑談しながらも、視線はいつも奥さんの胸やお尻を気付かれないように見ています。そしたら先日、とても楽しい事がありました。

 

奥さんはいつもはキチンとした身なりにもかかわらず、この日は、ゆるめのトップスとタイトスカートという装いだったんです。

 

わずかな時間、お店を閉めて外出するところだったみたいです。そんな時に訪問しても、普段の笑顔でお茶を入れてくれました。

 

発注書に商品名を書いてくれている時に、なにげなくトップスの胸元に目を向けてしまいました。

 

奥さんが前屈みになった瞬間に、胸元が開いてしまったのです。一瞬凍りついたように固まってしまいました。

 

ゆるめのトップスなので胸元が開き、奥さんの大きなおっぱいが、生々しいぷるんとしたおっぱいが、目に飛び込んできたのです。

 

「こらっ、何処見てるの?」

 

という奥さんの声にドキッとしました。

 

「えっ、その・・・」

 

言葉になりませんでした。

 

「高橋君は私みたいなおばさんで嬉しいの?」

 

「いやっ、えっと・・・」

 

なんて返答していいのかあたふたしていました。そしたら発注書を書き終わった奥さんがお店のシャッターを閉めたんです。

 

その様子に多少冷静さを取り戻すことが出来ました。

 

「あっ、僕はこれで失礼しますね」

 

「あれっ?忙しいの?」

 

「いえ、だって、奥さんはこれからお出かけなんでしょ?」

 

「出かけようと思ったけど急用じゃないし、また今度にするわ」

 

「えっと、じゃあ、どういう理由でシャッターを?」

 

「ねぇ、高橋君、ちょっとだけここの所に手を入れてみて!」

 

そう言いつつ奥さんは俺の手を取り、自分の胸元へ導いていったのです。

 

フェラとオマンコの締め付けが気持ちよすぎて

 

奥さんの突然の行動に、何が始まるのかドキドキしていた。奥さんに誘導された俺の手は、おっぱいの谷間に触れてみました。

 

とても柔らかく、ふわふわしているおっぱいでした。

 

「もっと触っていいのよ」

 

と奥さんは俺の手をグイと引きました。次はブラジャーの間に手を潜り込ませました。乳首を触った瞬間、

 

「あんっ」

 

と奥さんは乙女のような声を上げました。

 

しばらくの間その姿勢で、乳首を弄りながらおっぱいを揉んでいました。すると奥さんは立ち上がり、キスをしてきたんです。

 

目を閉じて、唇をむさぼり、舌を入れてきました。もう理性もなにも吹っ飛んでしまいました。

 

濃厚なキスです。お互いの唾液が口の中を行ったり来たりしています。

 

奥さんのトップスをまくり上げ、ブラジャーを外しました。

 

白い肌に若干小豆色をした乳首・・・この年代では綺麗すぎる色、そして形も良すぎるほどでした。

 

片方の乳首を優しく舐め、もう片方の乳首は指でつまみながらおっぱい全体を大きく揉んでいました。すると奥さんは、

 

「机の上に寝て」

 

うっとりした目をしながら奥さんは俺に言いました。

 

言われたように机に寝ると、ズボンのベルトに手を掛け、ズボンとパンツを一緒に下ろしました。

 

ピョンと出て来た俺の勃起チンコに奥さんは唇を付けてきました。舌先で亀頭をペロペロと舐めてくれています。

 

そしてゆっくりとチンコを口に含み、吸い付くようにチュポチュポと巧みなフェラチオ攻撃です。

 

そんなフェラチオにあっという間に射精感が沸いてきます。

 

「出ちゃいますよ!」

 

と言うと

 

「あら、ちょっと待ってね」

 

と言って、奥さんは素っ裸になり、俺の上からまたいできました。

 

シックスナインの格好になり、奥さんのオマンコに圧迫されながら、俺は一生懸命奥さんのクリちゃんとオマンコの入口を舌でジュルジュル舐め回しました。

 

感じてしまって体勢を変えた奥さんは、俺のチンコを握り、亀頭で自分のクリちゃんに擦り付けました。

 

ヌルヌルした感触が、今すぐにでも射精してしまいそうな、たまらない刺激でした。

 

クリちゃんへの擦りつけに興奮したのか、そのままチンコを握ったまま亀頭をオマンコの入口に持っていきました。

 

そして俺のチンコは、熱いオマンコの中にゆっくりと挿入されていきました。

 

白くて柔らかな奥さんの巨乳を、下からむんずと掴み揉み上げます。

 

気持ち良さそうな表情の奥さんを見て俺もますます興奮し、グチョグチョの愛液と時々来る締め付けに5分と持たず、奥さんのオマンコの奥にドクンドクンと大量の精子をぶっ放してしまいました。

 

そしてその日から度々、奥さんとのいけないセックスを楽しんでいます。

 

最近では奥さんの要望もエスカレートしていき、俺にオナニーを数日我慢してきてほしいと言ってきました。

 

いわゆるオナ禁です。望み通り、溜めまくった濃厚精子を奥さんのオマンコにたっぷり注入してあげようと思います。

 

こんな可愛らしくプロポーションのいい奥さんといやらしいセックスが出来るなんて不思議でもあります。

 

御主人は何故こんな素敵な奥さんに目を向けないのか、夫婦の事は分かりませんけどね。