Pocket

 

洗面所セックス
画像はイメージです

 

一人旅の俺と4人の女子大生

 

俺は大学4年の時、一人旅行が好きであまりお金をかけずに、国内を旅していました。就職も決まりこつこつ貯めたバイト代で、今しかないと思ったからです。

 

常に1人で行くわけですが、なるだけローカル線に乗ったり安い旅館を利用していました。夜行バスもしょっちゅう利用しました。

 

そんな中である体験をしました。

 

仙台へ向かった時の事です。新宿を深夜0時に出ると、朝方6時ぐらいに到着する夜行バスです。

 

バスに乗車するとラッキーだったのか、周りには女の子の仲間4人組が乗っていました。俺と同じく大学生みたいで、4人で温泉旅行に行くのだそうです。

 

別に普通に乗ってるだけなら仲良くなる事なんてほとんどありません。

 

でもこれまでも何回か経験あるんですが、トイレで立ち寄るサービスエリアが狙い目になったりするんです。

 

この時もそうでした。

 

4人組は楽しいのかお酒やお茶を結構飲んでいたのでしょう。深夜のサービスエリアで2人がトイレに行きたくなったようです。

 

深夜の人気のないサービスエリアって、意外と怖いものです。

 

「ねえ、トイレ行こうよ~」

 

「やだぁ、暗くて怖いじゃん」

 

「えぇ~、お願い、一緒に行こうよ~」

 

「もう、我慢しなよ~」

 

俺は煙草を吸いたかったので、チャンスとばかりに話し掛けました。

 

「俺も煙草吸いに行くんで一緒に行きましょうか?」

 

「えっ?イイんですかぁ?」

 

「よかったぁ~」

 

「じゃアタシも行く」

 

「アタシも~」

 

結局4人ともトイレに行く事になったのです。

 

それがきっかけでワイワイ喋るようになったんですが、彼女たちは予想通り都内の大学生でした。俺が

 

「一人旅なんだよ」

 

と言うと、何処に泊まるのか、何処に行くのかいろいろと聞いてきました。

 

4人の中で特に可愛い子がいて、名前は真理子と言ってました。俺と同い年で彼女の出身は福島だそうです。

 

もう就職先も決まったから暇なんだと言ってました。

 

バスに戻ると眠くなってウトウトしていました。多分4時頃だったと思います。トイレに行きたくなったので、運転手さんに聞いてみました。

 

そしたらもう少しのところでパーキングエリアがあるから、そこに寄ってくれることになりました。

 

俺がシートに戻ると、後ろから肩を叩かれました。真理子です。

 

「トイレ?」

 

「うん、運転手さんに聞いたらもうすぐパーキングエリアだって」

 

「じゃアタシも行こうかな」

 

「あぁ、じゃ一緒に行くか」

 

運転手さんは自分も休憩したいから

 

「ゆっくり戻ってイイよ」

 

と言っていただけました。トイレに行った後、缶コーヒーを買って煙草タイムです。そこに真理子が寄ってきて、2人でおしゃべりしながら一息ついていました。

 

「友達4人で温泉旅行なんて楽しそうだね」

 

「やっとみんな内定貰ったんでようやく行けるのよ」

 

「俺はいつも1人だから羨ましいな~」

 

「彼女と行かないの?」

 

「いや、彼女いないし」

 

「へえ、そうなんだ!全然そんな風に見えないけど」

 

「っていうかそっちも彼氏と行かないの?」

 

「彼氏まだ就職決まってないの」

 

(やっぱりこんな可愛い子にはそりゃ彼氏ぐらいいるよな~)

 

と少しガッカリしました。

 

温泉旅館の話をしている内に、俺もなんだか温泉に行きたくなってきました。

 

「俺も温泉行こうかな。俺がその旅館に行ったら、みんなで呑もうよ!」

 

「イイよ~!」

 

ちょっと仲良くなれた感じがしたのでスパッと言ってみました。ニッコリとOKしてくれたので嬉しくてハイテンンションになりました。

 

そしてバスに戻り、仙台に到着してから別れました。

 

バスの中で聞いた温泉旅館をネットで検索すると、意外と安い宿みたいなんです。俺はいつも素泊まりだからちょっとばかし奮発したら良いだけです。

 

携帯も聞かずに別れたので、多少の不安はありました。突然行ったら

 

(なにコイツ?)

 

みたいに思われるんじゃないかと。社交辞令でOKって言われたけど、まさか本当に来るとは思わなかったとか良くある話なので。

 

それでも下心が勝っているので、腹をくくって向かってみました。

 

旅館で合流してお酒を飲み下ネタに

 

温泉街にあるその旅館は割とこじんまりとしていて、客室はそんなに多くないみたいです。でも到着して思ったんですが、どうやって彼女たちを探せばいいんだ?

 

フロントで聞いたら絶対怪しまれると思い、俺は旅館に着いてから何もできずにいました。

 

夕方が来てチェックインして、素泊まりの俺は外食に出掛けました。近くのコンビニで酒のツマミとか飲み物を買って、温泉街を散歩して宿に戻りました。

 

ロビーと言っても小さな応接セットがあるだけです。部屋に戻る前にそこに座って新聞を広げてました。

 

「あれ?」

 

声がしたので振り向くと、そこには真理子と仲間のもう一人の女の子がいたんです。2人とも浴衣姿なので、バスの中で会った時の印象と全然違います。

 

「あれ~いつ来たの?」

 

「夕方、さっき外でメシ食ってきたんだよ」

 

「そうなの?アタシたちこれからご飯なんだけど」

 

「あぁ、俺は素泊まりなんだよね」

 

他の友達もやってきて

 

「あれ!どうもぉ~」

 

位の挨拶と軽く話をして俺は部屋に戻りました。

 

しかしここで思った事なんですが・・・。

 

俺ってこの旅館に来ちゃったけど、すでに失敗をしてる気がするんです。何か期待してたんですが、女の子は4人で男は俺1人。

 

勢いでここまで来ちゃったけど、どうすればいいかも分からないし、

 

(俺、何してんだろう?)

 

って後悔の念が出てきました。

 

部屋に戻ってTVを見たところでつまらない。温泉に行ってもやけに長風呂。また部屋に戻ってきて酒を飲み、諦めて明日からの予定を考えていました。

 

ところが21時過ぎぐらいに突然ドアがノックされ、出てみると真理子と友達がいたんです。

 

「これから一緒に飲みに行かない?」

 

「本当?もちろんイイよ!1人で呑んで暇だったし」

 

浴衣姿の2人とロビーへ行くと、他の2人も待っていました。そのまま近くの居酒屋へ行き、2時間ぐらい一緒に飲みました。

 

旅行に来て開放的だったんだと思います。その後で、

 

「俺の部屋で飲みなおす?」

 

と4人を誘うとご満悦の様子です。6畳の狭い部屋だけど、飲み再び始める事にしました。

酒が入ると彼女たちは、恋愛話オンリーになっていました。男は俺一人なんで、

 

「どう思う?」

 

とたびたび意見を求められ、モテない俺は懸命に考えて真面目に答えてました。

 

(だいじょうぶ?)

 

と思うほど結構飲んでたもんで、まず女の子1人が脱落です。しばらく布団に寝かせておいたんだけど、さらにもう一人が脱落。

 

こうなるとさらに狭いので2人を部屋に運ぼうと、3人で抱えながら運んびました。残ったのは俺の部屋に誘いに来た真理子ともう一人です。

 

3人になってからは、多少下ネタもエスカレートしてきました。

 

真理子が彼氏の話をし出し、実は早漏で驚いたと言い出したのには大笑いした。

 

どれくらい早漏かっていうと、フェラチオ中は手を使っちゃいけないらしい。

 

シコシコまですると刺激が強すぎるのか、あっという間に射精しちゃうって言ってました。

 

それに乗っかったもう一人の女の子は、彼氏のチンチンが小さいって言い出す始末です。初めて挿入した時

 

「えっ?いつの間に入れたの?」

 

と思ったとか。モテないし猥談できるほどの話も無い俺は、ここ1年ぐらいエッチしてないと告白しました。

 

したがって、

 

「エッチの相手がいるだけ幸せだ」

 

と言ってやりました。奥の方の部屋で隣が空いていたため、結構大きい声で騒いでいたと思います。

 

友達が寝てる横でお互いの体を触りっこ

 

布団で横になって喋ってたもう一人の女の子が寝始め、そこからは俺と真理子だけで喋っていました。

 

「なんかこういうのエロいよね」

 

と俺は布団で寝ている女の子の足を指差しました。浴衣がちょこっと乱れて、太ももが出てる状態です。

 

「1年間女性に触れていない俺には刺激が強い」

 

と自虐的なジョークを飛ばしてたら、真理子も悪ふざけし始めたんです。

 

「こんな感じ?」

 

と浴衣をハラリとはだけさせて、生足を露出してきたんです。

 

「あ~もう堪らんね!」

 

と俺も一緒に悪ノリ。

 

「もうちょっとサービスで、そうそう、イイね、それイイわぁ~」

 

みたいな状況で遊んでいました。真理子は酒のせいで少し赤くなっていましたが、温泉の効果なのか凄い綺麗な肌に見えました。思わず

 

「肌、ツルツルだね」

 

と触ってしまいましたが、真理子は嫌がる様子はありません。

 

「そうなの、温泉入ったからツルツルでしょ~」

 

と乗ってきました。もう完全に俺はムラムラしてきてたので、

 

(いっちゃえ!)

 

と思って、足を触りつつ顔を近づけていきました。

 

目を見つめ続け、だんだんと距離を近づけていってチュッと軽くキスした時、

 

「ふふっ」

 

と意味深な笑みの真理子。

 

自然に今度は激しく唇を吸うようにキスをすると、真理子も積極的に舌を絡めてきました。

 

すぐ隣で友達が寝息をたてているのが逆に興奮するみたいで、俺に倒れ掛かるように抱き付いて舌を絡めてきました。

 

もう俺は興奮して、そのまま俺は浴衣の上から胸を触ると、

 

「いやっ、ダメでしょっ!」

 

と軽く拒否されました。でもお構いなしに胸を触り、揉み続けていると、

 

「んっ!もぉ・・・」

 

と悩ましげな声を出しながら、舌を猛烈に絡ませてきます。

 

今度は胸の谷間から直に手を入れ、ブラジャーの中に手を潜り込ませました。これがまたタプン感触で、手の平ではおさまりきらないほどの巨乳だったんです。

 

外見だとそれほど大きくは見えなかったけど、Dカップ以上はありそうな感触でした。

 

乳首は既に勃起していて、指でコリコリするとくぐもった声で反応してくれていました。

 

しばらくはキスをしながら胸をモミモミ、乳首をコリコリ弄っていたんですけど、手を太ももに伸ばすと手を掴まれました。

 

「そっちはダメよ!友達が起きちゃう・・・」

 

「大丈夫だよ、声を我慢すればイイし」

 

とお構い無しに内モモを撫で始めました。真理子は体をビクッとさせながら、俺に寄りかかります。

 

さらにその奥に手を伸ばそうとすると

 

「ダメ」

 

とかさっきまで言ってたくせに、今度は自ら足を軽く開いてきた。

 

(なんだ、やっぱり触って欲しいんじゃん)

 

と嬉しくて興奮した俺は、指先でオマンコの割れ目を上下に軽く撫でてみました。

 

「やんっ!ヤバい!うぅ~んっ、ヤバいよぉ・・・」

 

「ここが気持ちイイ?」

 

「うんっ、き、気持ちいい、ヤバい、声出ちゃうよぉ、んぁぅっ・・・」

 

クリトリスを指先で軽く撫で回してみました。さすがに感じて我慢できないのか、俺を見つめながら

 

「ダメッ!ダメッ!」

 

と首を振っています。横で寝ている友達はというと

 

「スースー」

 

と大きめな寝息をたてて寝ています。今度は真理子の手を俺のチンコに誘導し、触らせてました。

 

「いやん、すごぉい、ああん、こんなに固くなってる」

 

お互いに股間をまさぐりあいながらキスをしました。

 

真理子の手が俺の浴衣の中に入り、直接トランクスの中でチンコを握ってきました。

 

「あなたもこうされたらすぐイッちゃう?」

 

とニヤニヤしながらチンコを扱いてきました。

 

「俺は早漏じゃないと思うから大丈夫。それよりこんなに濡れてるよ」

 

指をゆっくりオマンコに入れてみると、真理子のチンコを握る手に力が入り始めました。彼氏は手コキ禁止だからなのか、なんとなく手コキが下手に感じます。

 

中指をオマンコの奥まで入っれて刺激してやると、もう手コキは完全に忘れてただ抱き付くだけの真理子です。

 

クチュックチュッと音が出ると友達を警戒していましたけど、感じてしまってあまり気にならなっています。

 

もう自ら積極的に唇を求めてきては舌をベロベロ絡めてくるし、オマンコも締め付けてきます。

 

指を2本入れると腰を少し浮かしながら、もっとおねだりするような姿勢になっていました。

 

それじゃ~と少し強めにGスポット辺りを強めに刺激すると、イキそうになったのか声が漏れてしまったのです。

 

「はうんっ!」

 

この声には俺も真理子自身も驚き、我に返って友達を観察しました。一瞬息を止めて観察しましたが、友達の寝息は変わらずリズミカルに続いていました。

 

「そんな声出しちゃダメだよ」

 

「だってぇ・・・自分でもビックリしたぁ」

 

「そんなに興奮してるの?いやらしいね」

 

「やん、もぉ~」

 

その後軽くまた指マンしつつキスをしていましたが、これ以上はここでは無理っぽいです。真理子を立たせて風呂場へ行きました。

 

狭いユニットバスで濃厚セックス、翌日も

 

安い部屋だけど当然ユニットバスはあります。その部屋は手前に便器があって奥に湯船があります。

 

脱衣所と洗面所もあるんですが、横にはなれないので洗面台に真理子を座らせ、足を広げてクンニしました。

 

クンニは恥ずかしいとか嫌がっていたくせに、いざ舐められると俺の頭を押さえつけるし、まさに淫乱そのものです。指も使ってオマンコに出し入れし、クリを舐めると反応しまくりです。

 

さすがに声は出さないように口に手を当てていましたけど、

 

「んひうっ」

 

とか

 

「んあっ」

 

とか漏れる声が聞こえて、それが余計に興奮しました。

 

モテない俺はセックステクニックだけは意欲的に勉強しました。不細工で下手だと嫌われるからです。

 

今まで学んだエッチテクニックの総力をあげて、最高レベルのクンニを披露すべく頑張りました。

 

この努力が報われたようで、必死でクンニ&指マンを10分ぐらいですかね。

 

「ダメダメッ!そんなにしたらイッちゃうっ!ダメだって!んぁっ、あぁん、イッちゃうっ!」

 

小声でそんなことを言いながら、最後はガクッと大きく体を震わせてイッたみたいです。

 

イッた直後もピクピク震わせていましたから、よっぽど気持ちよかったようです。危うく洗面台から落ちそうになってましたし。

 

しばらくしてキスをしながら、

 

「気持ち良かった?」

 

と聞くと

 

「もぉ、凄過ぎ」

 

と笑われました。

 

その一言と微笑みで大満足の俺は、とりあえず寝ている友達の様子を見に行きました。友達はというと口を半開きにしながら、より一層爆睡しています。

 

それを見て真理子と笑ってしまいましたが、座ろうとしたら真理子に手を掴まれました。また洗面所に引っ張っていき、今度は俺に座れといいます。

 

もちろん期待していますし、洗面台に座ると真理子は妖艶な笑みを浮かべながらキスをし、チンコを手のひらでモミモミしてきました。

 

そのままなんとトランクスを脱がせてきました。浴衣は着ていたけどトランクスを脱いだ状態です。

 

当然真理子の目の前に隆々と勃起したチンコがビョンッと露出して、それを見てしばらくシコシコしながらまたキスされました。

 

激しいディープキスをしてすぐにしゃがみ込み、今度は亀頭にキスです。

 

生温かく絡みつかせる舌が亀頭を舐め上げた後、丁寧に裏スジまで舐めてくれました。

 

同時に金玉袋も触りながらのフェラチオを堪能したわけですが、真理子は彼氏を思い出してか手コキの事を聞かれました。

 

「扱いてもだいじょうぶ?」

 

「大丈夫だよ、お願いしたいくらい」

 

喜んだのかフェラをしながら竿の根元を握りゆっくりと手コキを開始しました。でもやっぱり慣れてないのか、少々ぎこちないです。

 

それでも俺にとってはこのシチュエーションですし、天にも上るほどの快感でした。

 

興奮した俺は胸の谷間から手を入れて巨乳を揉みました。乳首もコリコリ弄ると咥えながら身をよじらせて反応してくれるし、本当に堪らない感覚でした。

 

「ごめん、疲れちゃった」

 

とにっこりしながらフェラを止めた真理子にキスをし、浴衣を左右に開きました。ブラのホックを外すと形の良い綺麗なお椀形の巨乳がぷるんと出てきました。

 

巨乳にむしゃぶりつくと真理子はギュッと抱きしめてきました。片方の乳首を甘噛みしたり吸ったりしながら、もう片方はクリクリ弄りまくりです。

 

キスをすると真理子はチンコを握って扱いてくれます。

 

「もう入れたい、入れちゃっていい?」

 

キスをしながら聞いてみました。

 

「うん、私も欲しい」

 

恥ずかしそうに言う真理子がメチャクチャ可愛く見えました。

 

「浴衣は着てないと恥ずかしいから」

 

と、真理子はブラジャーとパンティーを脱ぎました。パンティーを恥ずかしそうに隠そうとしてましたが、奪ってみたら大きなシミでグッショリでした。

 

真理子を再び洗面台に座らせて足を開かせ、避妊具もなしに亀頭をオマンコに擦り付けました。

 

もう真理子も早く入れてほしいとばかりのエロエロ顔になっていて、チンコをじっと見つめていました。

 

亀頭をじわじわゆっくり挿入していくと、温かく包み込まれながらニュルンとスムーズに入って行きました。

 

「うあぁ!入っていく、気持ちいい!」

 

ゆっくりそのまま奥まで押し込んでいくと、久し振りに味わうオマンコの感触を全身に感じたみたいでした。

 

「あんっ!すごいっ!ひあっ!すごぃっ!」

 

奥まで入れてゆっくり戻して、またゆっくり動かしての繰り返しです。それだけで真理子は感じまくりで、うるうるした目で俺に唇を求めてきてはむさぼるようにキスをしました。

 

だんだん腰の動きを早くすると、声が出そうになるらしく、またキスを求めてきます。

 

チンコは白濁色のマンカスがべっとりと付着し、ベチョベチョに濡れ過ぎて摩擦が感じられないぐらいでした。

 

足を持って腰を突きまくると、真理子は俺の首にぶら下がってきました。

 

腰をガンガン打ち付けると、真理子は一気に登りつめていったようです。

 

子宮に亀頭が届くほど奥までガンガン突きまくると、真理子も合わせて腰を動かしています。

 

子宮攻撃で真理子はまたも絶頂を迎えましたが、今度は余韻に浸らせる暇も与えず腰を振りました。

 

洗面台に手を付かせて立ちバックでもガンガン突き、綺麗なヒップにもメチャクチャ興奮しました。

 

お尻に打ち付けるパンパンという音が鳴るので気を使ったけど、気持ちよさには勝てません。

 

最後はまた洗面台に腰掛けさせ、浴衣を左右に開き、巨乳を露わにさせてから挿入です。

 

腰を振りながら胸を揉みまくり、キスをするというスタイルが真理子も好きみたいです。

 

俺も興奮の絶頂に達し、最後はイク瞬間にチンコを抜いて太ももにビュッ、ビュッと精子をぶっ放しました。

 

白濁色の汁まみれのオマンコや乱れた浴衣から見える悩ましい巨乳。

 

最高でした。

 

タオルで綺麗にして、名残惜しそうに何度もキスをしました。

 

それから友達を起こして無理やり3人で露天風呂に行きました。友達に隠れて何度もキスをして、俺は真理子の巨乳にしゃぶりついたりして楽しんでいました。

 

次の日の朝9時頃、先に寝ていた2人が俺の部屋にやってきて、予定が無いなら一緒に観光しようと誘ってくれました。

 

その日は5人で一緒に行動しました。観光しながらも他のみんなに隠れて真理子とキスしたりしてたんで、非常に楽しい1日になりました。

 

俺は2泊する予定でしたから、その日の夜も5人で飲み、隙を見つけてまた真理子とセックスしました。

 

昨日飲み過ぎたからか、今日はみんなあんまり飲まなかったので、隙を見つけるのが大変でしたけどね。

 

場所は露天風呂へ抜ける廊下の死角になってる部分です。

 

俺と真理子ともう一人が露天風呂に行く事になり、忘れ物をしたと真理子が引き返してきてセックスしました。

 

短時間で済ませなければならないけど、それはそれで興奮するもので、真理子も俺も1回ずつ昇天しました。

 

お互いに連絡先は交換しないということで帰る事にしました。真理子には彼氏もいるし仕方ありません。なんとなく

 

「遊び」

 

ということにした方がイイよねって。

 

それからも一人旅して何人かとセックスしたんですが、真理子みたいに興奮するセックスをしたのは他にいません。

 

今でもあの時の写真を見ると、今頃どうしてるのかなぁ~と思い出してしまいます。