Pocket

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

可愛い後輩の男の子を部室に呼びました

 

これは私が女子高生の時の話です。

 

私が高校3年生の時の2つ下の1年生に、ある後輩の男子がいました。その男子は同じテニス部の後輩で学校でも人気を集めている、カッコ良い男の子でした。

 

身長はそれほど大きくなく、女の子の様なクリッとした目に長いマツゲ、細い体でもちゃんとした筋肉があり、同級生や先輩たちにもモテていました。

 

可愛いと言われるとカッとなり、カッコイイと言うと喜び、心から実直で愛くるしい後輩でした。

 

しかしながらある日、その後輩、仮に友樹君とします。

 

友樹君を女子の先輩たちで逆レイプしようという話になったのです。

 

もう昔の話ですが、私は援助交際や同級生とも簡単に寝るようなビッチで、周りの女子たちもビッチでした。

 

そして犯す当日がきました。

 

今日の部活は中止という連絡を回し、午前の授業で終了でしたので放課後に友樹君だけを部室に呼びました。

 

友樹君は疑いもなく部活動をする気でありましたが、待機していたのは私達3年生の女子4人。

 

私と仮に知恵と良美と里香とします。

 

「あれ?先輩、今日は部活あるんですよね?」

 

友樹君が不安そうにと荷物をロッカーにしまいながら私たちを見ました。その様子も可愛いくて仕方ありません。

 

「今日はないよ。変わりに秘密の特訓でもしよっか」

 

「本当ですか?是非お願いします!」

 

友樹君はやる気に満ちた目で私達のすぐ側まで来ました。すると知恵が友樹君を突然抱きしめました。

 

「あーんもうー!友樹君可愛いー!」

 

「えっ!ちょっと、何するんですか!恥ずかしいです」

 

友樹君は当然ビックリしていますが、突き放すことも出来ずに困った様子で手足を動かしていました。

 

「ねえ、友樹君って童貞でしょ?私達が教えてあげよっか」

 

「えっ?」

 

友樹君の返事を聞く前に知恵はセーラー服を脱ぎ下着姿になりました。友樹君は目を顔を赤くしてオドオドしていました。

 

「ぼ、僕外に出ましょうか?着替えるんですよね?」

 

そう言って慌ただしく部室を出ようとする友樹君ですが、良美と里香が止めました。

 

「だめよ!今日はお姉さん達が女の身体を友樹君に教えてあげるのよ」

 

2人が友樹君の腕におっぱいを押し付けながら知恵の前まで引っ張っていきました。

 

私は・・・友樹君の事が本当に好きだったので、何もできないでその様子を長椅子に座ってただ見ていました。

 

「友樹君、おっぱい触る?」

 

知恵が大きな胸を下着からポロンと出しました。女子高生でEカップある胸が丸出しになり、友樹君は驚きながらも

 

「はあっ!」

 

と興奮したような声を出し、動きが止まっておっぱいを凝視していました。

 

「ふふっ、触ってもいいんだよ?友樹君だけ特別!」

 

可愛らしい声で知恵がそう言うと、友樹君はゴクリと生唾を飲み込んでおっぱいに手を伸ばしました。

 

ウブな後輩を押し倒しオマンコを顔に擦りつけ

 

しかし、知恵はとっさに身体を回避し舌を出して、

 

「まだだーめ!そんなにおっぱい触りたいの?友樹君てエッチだねー」

 

知恵は意地悪そうな顔をすると、友樹君は顔を真っ赤にしていました。

 

「そんなの・・・ごめんなさい、僕もう帰ります」

 

落ち込む友樹君の後ろで良美と里香はセーラー服のスカートからパンティーを脱ぎ、それを手に持ちました。

 

「友樹君」

 

良美がそう言うと友樹君は振り返り、その顔にパンティーを押し当てました。

 

「私達のパンティーだよ、どう?女の子のパンティーの臭いは?」

 

友樹君はうろたえてパンティーを手に取って、返そうと考えているのか下着をこちらに渡そうとしていました。

 

「もー、だから童貞なのよ、お姉さん達のアソコムレムレの匂いがするよ?」

 

良美はそう言うとスカートも脱ぎ、そしてオマンコを友樹君の目の前に露出しました。

 

「女の子のオマンコってこうなってるのよ。友樹君もうおちんちん勃起して苦しいんじゃない?」

 

友樹君の股間を見ると、すでにもっこりと盛り上がっていました。私はそのもっこりを見ているだけでもジュンと濡れてしまいました。

 

「そ、そんなこと、ありません!」

 

手で股間を隠そうとする友樹君が女の子みたいで余計可愛く見えました。

 

「あん、もー、素直じゃないのね!」

 

里香が友樹君の身体を掴み、私の座る長椅子に押し倒しました。友樹君も本気で抵抗すれば逃げられたはずのにされるがままです。

 

ジャージの上下とも脱がされ、パンツ一枚の姿にされました。

 

「凄いたくましい!友樹君はやっぱり男の子なんだね!」

 

知恵達は友樹君の鍛えられたボディーに興奮し、身体を押さえつけながらじっくり観察していました。

 

友樹君のおちんちんはパンツの中で苦しそうに盛り上がり、先端部分に染みが出来ていました。

 

「苦しそうだね」

 

「友樹君、オナニーはするんでしょ?」

 

良美と里香はキャッキャッと楽しそうに笑い、知恵は長椅子で倒れている友樹君の顔に跨るように足を広げました。

 

友樹君は知恵のスカートの中を見て顔を真っ赤にし、足をモゾモゾと動かしていました。

 

「女の子にこんな事されて興奮してる?おちんちんおっきくして友樹君もエッチなんだね、舐めて」

 

知恵はスカートを広げ、オマンコを友樹君の顔に押し付けました。

 

「あふん」

 

気持ち良さそうに吐息を立てる知恵が、いやらしく腰を前後に徐々に動かしました。

 

「あん、気持ちいいわ、友樹君もっと舐めて」

 

友樹君から少し腰を離すと、友樹君はうっとりした目で知恵のオマンコを見ていました。

 

そしてもう一度腰を友樹君の顔に近付けると、知恵のオマンコをパンティー越しに臭いをかぎながらペロペロと舐め始めました。

 

「あん、いやーん」

 

いやらしい声を上げた知恵は足をブルブルと震わせ、友樹君のクンニを堪能していました。

 

その間、良美と里香は友樹君のおちんちんには触れないようにし、乳首や胸などを触ったり舐めたりしながら自分でオマンコを触っていました。

 

好きな後輩のおちんちんをフェラするだけでイキました

 

私もその様子を見て濡れてしまい、1人参加せずにオナニーをしていました。

 

良美と里香が呼びましたがお断りしました。好きな人を目の前にすると体が動きませんでした。

 

知恵のパンティーは友樹君の唾液と愛液が混ざってビチョビチョに濡れ、良美と里香も嬉しそうに勃起した乳首をペロペロと舐めていました。

 

友樹君のおちんちんはパンツの中で苦しそうにし、お漏らししたかのようにガマン汁で濡れていました。

 

若干の精液っぽい匂いと友樹君の汗の匂いが混ざって部室中に充満し、私は興奮して大胆にも股を大きく広げてオナニーしていました。

 

「そろそろパンツからおちんちん出したい?お姉さん達が見てあげる」

 

知恵はニヤニヤと含み笑いしながら友樹君の頭を撫でながら言いました。

友樹君は、

 

「は、はい」

 

と弱々しくキュートな声を出しました。

 

良美と里香が2人でブリーフをズルッと下げると、これまでに見た事のないくらい硬そうで綺麗なおちんちんがそそり立っていました。

 

おちんちんの先端から太ももの所までビッチョリ濡れて、エッチな男の臭いがモワッと出ていました。

 

「こんなにおちんちん濡らして、凄い我慢したんだね。偉いぞ友樹君」

 

良美がおちんちんを軽く擦りました。するとピクンと跳ね上がるおちんちん。

 

「あはぁー!」

 

チャーミングな喘ぎ声を上げる友樹君は少しずつ激しい呼吸に変わっていきました。とっくに抵抗も言葉も出なくなっていました。

 

「硬くて立派なおちんちん、ねぇどうして欲しいの?気持ちいいことしてほしい?」

 

知恵はそう言いながら友樹君から少し離れるとパンティーを脱ぎました。

 

「私がおちんちん舐めてあげようか、うまいんだよ」

 

里香が自信満々といった表情で友樹君に言いました。すると良美も

 

「舐めたい」

 

と言い、知恵も

 

「舐めたい」

 

とキャッキャ笑いながら言い合いをしていました。

 

「あれ?ユキ(私の名前です)何にもしないの?」

 

「ユキはねえ、友樹君のことが好きだから出来ないの」

 

「あぁー!そっか!」

 

3人が私を見て何か企んでるかのようにニヤニヤと近付いて来ました。

 

「な、何よ、私は自信ないし」

 

「そうじゃないでしょ、友樹君のおちんちん舐めたくないの?さらにお尻の穴とか、童貞も欲しくない?」

 

知恵にそう言われると、確かに友樹君のおちんちんは硬くて美味しそうでいやらしく、舐めたくて仕方ありませんでした。

 

そして好きな男の子の童貞を奪えるチャンスでもあった為、私がここから参加することになりました。

 

友樹君を見ると、放置プレイをされ、期待しているのか切ない表情でこちらを見ていました。

 

その顔もまたたまらなくて、キュンなってオマンコを濡らしてしまい、私は友樹君の倒れている長椅子に向かいました。

 

「ごめんね友樹君。でも君が可愛いすぎるからいけないのよ」

 

そう言って友樹君の広げている脚の間に位置取り、腰を前に寝かせました。

 

いざ友樹君のおちんちんを目の前にすると、大きさと美しさ、匂いもハッキリと伝わってきて興奮して生唾を飲み込み、堪らずおちんちんを握りました。

 

「あぁっ!」

 

友樹君が大きく腰を浮かし、女の子みたいな可愛い声を上げました。

 

よほど気持ちがいいのか、おちんちんからは次々とエッチなガマン汁が出てきました。

 

「気持ちいいの?友樹君、まだ出しちゃダメだからね」

 

私はそう言い、握ったおちんちんをジワジワと上下に擦りました。擦るたびにガマン汁が漏れ、友樹君が

 

「はあっ!ふおっ!」

 

といやらしい声を上げました。

 

知恵達は知らない間に素っ裸になっていて、友樹君の周りを囲んでいました。

 

「友樹君、おっぱい触りたいでしょ?オマンコも触っていいよ」

 

知恵はとっくに濡れているオマンコを友樹君の顔面に擦り付け、良美はおっぱいに友樹君の手を当てがって揉ませていました。

 

里香もよっぽど濡れていたのか、友樹君の指を自分のオマンコに入れ、ウットリと感じながら楽しんでいました。

 

私も興奮して我慢できずにおちんちんの周りのガマン汁を舐め始めました。

 

ペチャペチャとエッチな音と、いやらしい女の喘ぎ声が部屋中に響きました。

 

友樹君のガマン汁は少ししょっぱくて美味しく感じ、私は堪らずにおちんちんを咥えました。

 

そしてチューッと吸い上げてみると、射精してしまったかのようにドクドクとガマン汁が口の中に入ってきました。

 

今まで咥えた事のない大きさと、綺麗で逞しい友樹君のおちんちんに興奮し、私はフェラチオしながら何度もイッテしまいました。

 

私で中出しした後も他の子に搾り取られていました

 

「もういいよね?」

 

私が知恵に聞くと、微笑みながら良美と里香に合図をしてその場を離れました。

 

友樹君が私を見て泣きそうな表情を見せました。

 

私はパンティーを脱ぎ、スカートを履いたまま腰をおちんちんの上に持って行きました。

 

友樹君のおちんちんと私のオマンコが触れると、とても熱くヌルッとした感触が伝わってきました。

 

友樹君が見えるように私はスカートを広げて捲り上げ、スカートの端を口で咥えました。

 

友樹君は私のオマンコを見て、興味津々の顔をしていました。そして私はゆっくりとおちんちん目掛けて腰を下ろしました。

 

太くてビンビンのおちんちんの先端をオマンコで咥えると、ビショビショに濡れているためニュルっと簡単に入り、亀頭がオマンコの入り口を刺激しました。

 

とてつもなく気持ちよく、

 

「はあ~ん」

 

と私もいやらしい声を上げてしまい、恥ずかしくて思わずスカートの端を強く噛み締めていました。

 

ジワジワと腰を下ろすと深々と入ってきたおちんちんが私の子宮を押し、苦しいとは違う今までにない快感が脳天に響き、頭が真っ白になりました。

 

友樹君も可愛く、いやらしい喘ぎ声を発していました。

 

ニチャニチャと腰を上下するたびにおちんちんは私のオマンコの中を犯し、子宮を刺激しました。

 

おちんちんの形状が分かるくらい硬く、私は一番気持ちいい場所に当たるよう腰を前後左右に調節しながら動かしました。

 

ものの数分で私はイキそうになったので

 

「友樹君私イキそうなの、もう出る?中に出してもいいんだよ」

 

そう言いました。

 

友樹君もイキそうなのか目を閉じると、私も腰の動きを加速させました。

 

あえなく私はイッテしまい、ピクピクと痙攣していると友樹君のおちんちんはオマンコの中でさらに大きくなったように感じ、ドクドクと私の中にザーメンを放出しました。

 

精液の温かさを感じ、心地よい快楽が一生続くかのように、私のオマンコを刺激しました。

 

私はゆっくり腰を浮かすと、友樹君のおちんちんはまだそそり立ったままスポンと出てきました。

 

そして私のオマンコからは愛液と精液が混ざったいやらしい液体がドロリと流れ落ちました。

 

私はブルブルと震えながら長椅子から降り、知恵達の座る長椅子に座り込みました。

 

そこからは待ってたかのように知恵達が順番に友樹君を犯しました。

 

私は好きな男の子の精液をオマンコで感じた喜びで満足して、ボンヤリ見ているだけでしたが、友樹君はアナルを弄られたり顔面騎乗、公開オナニーなどをさせられ、携帯で写メられるなど完全にイジメといえる事を繰り返しされていました。

 

しかし、男の子とはそういうものなのでしょうか、その度に元気になる友樹君のおちんちんをまた順番にオマンコに咥え果てていました。

 

私は片思いのままですが、その日を境に友樹君は学校には来ず、今日まで見掛けたことはありません。

 

私は今でも友樹君のおちんちんを忘れることができません。