Pocket

女子高生 車内フェラチオ
画像はイメージです

 

女子高生3人が突然車に乗ってきた

 

昨年の夏、彼女のバースデーに合わせて2泊3日の国内旅行を計画しました。

 

そこはかなりのリゾート地で多くの海岸や高級ホテルがありましたが、ちょっと安めのホテルを予約しました。

 

残念なことに泊まったホテルの近くにはビーチが無いので、最寄りのビーチまで車で行って泳ごうかと思ったけど、入場料が高かったんです。

 

そこで、そのビーチのホテルの宿泊客になりすましてパーキングに入り、お金なしで遊ぶことにしました。彼女は水着を着て出発していたのでそのまますぐ車の外に出て、

 

「ビーチの様子見てくるね」

 

と言って駆け足で行きました。

 

僕はその間、車の中で海パンに着替えようと運転席から後部座席に移りました(後部座席には外から見えないスモークが貼ってありました)。

 

周りに人がいないことを確かめて一気にズボンとパンツを脱いでフルチンになった時でした。コンコンと窓をノックする人がいるのです!

 

驚いて横を見ると、どう見ても女子高生であろう水着姿の女の子がにっこりしながら中を覗いていました。だけでなく反対側にも2人!

 

全部で3人の女子高生に囲まれていて、両サイドから僕を挟むように1人ずつ車に乗ってきました。残った1人はどうも見張り役のようです。

 

女子高生が、

 

「ねえ、何してるの?おちんちん出してオナニー?」

 

とからかって来るんです。急いで海パンを穿こうとしましたが取り上げられ、僕のちんぽをムンズと握ってきました。

 

「おい、やめろ!」

 

と手をどけようとすると、今度はギュッと金玉を掴んで、

 

「大人しくしてないとタマタマ握り潰すよ!」

 

と力を込めてきます。

 

痛くて力が入らなかったので、僕は仕方なく抵抗を中止しました。さらにその女の子はムギュムギュとちんぽを揉みこんできたので、情けないことに勃起してしまいました。

 

「あれ~、おちんちん勃ってきたね~」

 

と今度は上下に扱いてきます。

 

(外から見られてるかもしれない)

 

という恐れもあって、速攻で射精しそうになったのです。

 

「あっ、ダメダメ、そんなにしたら出ちゃうよ!」

 

そうすると女の子はピタッと手を止めて、

 

「何?もう出ちゃうの~?早すぎだよ、もうちょっと我慢してよ!」

 

そのように言って、なんと水着を脱いで、僕の上に乗っかってオマンコに入れてきたのです!突然が続くけど変に興奮して、わずか5往復した程度で、

 

「ヤバい!ダメダメ!マジで出る、出るってば!」

 

と大声を上げると女の子はちんぽを抜いて、また手でギュッと握り直しました。その時、監視してた女の子が何かしら合図を送ってきたのです。

 

「ちぇっ、しょうがねえな、出していいよ」

 

ちんぽを握ってた子が凄い勢いでで扱きまくります。

 

「お~お~、イク!イク!あ~、出る~~!」

 

僕は騒ぎ立てて、車の中に思う存分射精してしまいました。今夜は彼女とセックスするために精子を溜め込んでいたので、濃いザーメンが出たはずです。

 

射精と同時に、女の子達は急いで走って逃げて行ってしまいました。

 

そんなタイミングで、彼女が戻ってきました。見張りが合図したのはこのためだったのでしょう。僕は焦って海パンを穿いて、

 

「悪いけど、ジュース買ってきて!」

 

とお願いして、車の中のザーメンを急いで拭きしました。ところが、話はこれで終わりではなく、さらに悪夢の始まりでした。

 

その時は、どうにか彼女にバレることなく夜を迎えました。

 

何度も寸止めされて気が狂いそうに

 

彼女の誕生日を祝った後、彼女がシャワーを浴びると言うので、僕は近くのコンビニまでビール等のお酒を買い出しに行くことにしたのです。

 

そしてホテルの駐車場で車のドアを開けた瞬間、

 

「こんばんわ!」

 

と聞き覚えのある女の子の声。

 

(もしかして?)

 

と思って振り返れば昼の女子高生3人組です。

 

「ねえ、一緒にドライブ行こうよ」

 

と言われ、仕方なくコンビニまで乗せるハメになりました。しかし、それが一切の間違いでした。

 

コンビニまでの海岸沿いをドライブしていると、それまでは淡々と話をしていた後部座席の一人の女の子が、いきなり運転席の僕のチンポを握ってきたのです!

 

「おい!やめろよ!」

 

そう言ったんですが、その女の子は構わずにズボンのファスナーを開け、チンポを強引に取り出して扱き始めました。

 

敏感な僕のちんぽはすぐに反応して勃起してしまいました。

 

「あれぇ~?やめろとか言って、もう大きくなってきたじゃん」

 

そう言いながらハイスピードでしごいてきます。

 

もう僕は運転出来る状態じゃないので、道路の脇に車を停車しました。女の子はさらに速いスピードで扱いてきます。

 

早くも射精しそうになった僕は、その子の手を押さえ、動きを止めてもらいました。

 

「今日は彼女の誕生日でホテルに来てて、これからエッチするとこなんだよ。頼むからもう止めてくれよ。今射精したら、今日2回目だし彼女とエッチできなくなるじゃないか」

 

精一杯頼みましたが、今度は助手席の女の子がちんぽを咥えてきたのです。

 

音を立てながらジュボジュボしゃぶられ、やっぱりイキそうになった僕は、両手で女の子の顔を掴んで強引にちんぽから離しました。

 

「お願いだからもうやめてってば!」

 

「よし!分かった!イカせなければいいんでしょ?じゃあ、少しゲームしよう!手を後ろに回して!」

 

嫌な予感がするので、

 

「嫌だ!」

 

と言うと、

 

「ふ~ん、じゃあ後でホテルの部屋まで遊びに行こうっと。◯◯◯号室だよね?」

 

なぜか女子高生たちは部屋の番号まで知っていたのです。

 

諦めた僕はシートの後ろ側に手を回しました。そうしたら強く後ろ手に拘束してきました。

 

この体勢では全く身動きが取れない状態です。すると、助手席の子が再度ちんぽを咥えてきました。

 

外から見られているのじゃないかというハラハラで変に興奮してきて、段々と射精感が高まってきました。

 

我慢しようとしてもメチャクチャ気持ちが良くて、とても我慢できるものじゃないのです。

 

「あ~、も、もう、駄目!出ちゃう!出ちゃうよ!」

 

たまらずに叫ぶと、フェラチオしていた女の子はパッと口を離しました。

 

(あ~助かった!)

 

という気持ちで一杯でした。しかし、すぐにまた咥えられました。しかも今度はいましがたよりもスゴイスピードでジュルジュルしゃぶってきます。

 

またたく間に射精しそうになり、

 

「ダメ!もうムリムリ!あうっ!出る!出ちゃう~~!!」

 

と絶叫ましたが、おかまいなしにより一層スピーディーにしゃぶってきます。

 

「あ~あ~!も、もうダメ!」

 

と射精コントロールを諦めかけたそのタイミングで、またも女の子はパッと口を離しました。もう何度も寸止めされて気が狂いそうでした。

 

そんなことが10分以上は続けられました。ハァハァ、と息は荒くなり、本当に射精したくて悶絶していました。その時、

 

「みんな~そろそろ帰ろうか」

 

と一人の女の子が口にしました。

 

(え?)

 

もう僕は理性を失っていたんです。

 

彼女とエッチできなくなるまで搾り取られた

 

そして最終的に、

 

「お願いします!」

 

と言ってしまったのです。

 

「え?なんて?聞こえないよ?」

 

女の子が不敵な笑みを浮かべて言ってきます。気が狂いそうな位焦らされた僕は彼女とのセックスのことなんか忘れて、

 

「お願いします!出させて下さい!イカせてください!」

 

と大声で叫んでいたのです。

 

「あれぇ~?これから彼女とエッチするんじゃないんだっけ?」

 

わざとニヤニヤしながら言ってくるのです。我慢できない僕は

 

「頼むからイカせてください!もう耐えられません!」

 

僕は喚きました。その女の子は笑いながら、

 

「仕方無いね~、可哀想だからイカせてあげましょう!!」

 

と言ってちんぽを咥えてきました。敏感になっていた僕のちんぽはものの数秒で射精しそうになり、

 

「あ~~!お~おうっ!もうダメ!イクッ!イキます!」

 

と叫んで、その子の口の中にドピュッ!ドピュッ!とたっぷりと射精しました。

 

するとその子が車から降りて、後部シートにいた子と入れ替わって助手席に乗ってきました。

 

そしてすぐにちんぽを咥えてきます。射精した直後で敏感になったチンポを咥えられ、辛さと快感が入り混じって気が狂いそうになり、

 

「あ~~!もう無理!お願い!やめて!」

 

と絶叫しますが、シカトしてしゃぶり続けます。そしてあっけなく2度目の射精です。

 

それ以降も、当然のように残った女の子にフェラチオされ、結局3回射精しました。

 

開放されて部屋に帰ると彼女が待っていました。しかし性欲なんてすでに残っているはずはなく、

 

「ごめん、なんとなく体がキツイ。悪いけど今日は寝るわ」

 

と僕。セックス無しで彼女の誕生日は終わりました。