Pocket

お尻ぺんぺん
画像はイメージです

 

SMに興味がある男の子

 

私は最近の生活に、ほんの少し不満を感じていました。

 

旦那を見送り、息子を幼稚園へ送り届け、残っていた洗濯物を片手に同じことを繰り返す毎日です。

 

旦那の事は好きだし息子への愛情が薄れることもありません。

 

だけど・・・

 

単に欲求不満と片付けるのも何か違う気がするんです。

 

ありふれた日常への不満が、私の中にあったんだと思います。

 

贅沢かもしれませんが・・・

 

そんなある日のことです。

 

幼稚園へ息子を迎えに行く前に買い物を済ませようと、近所のゴミ置き場の前を通りがかった時です。

 

おそらく中学生だと思われます。

 

まだ幼さの残る顔立ちの男の子が、私に気づいて慌てるように立ち去ったんです。

 

(なんだろう?)

 

と気になって男の子がいた辺りを見てみると、5、6冊ほどのエロ本が落ちていました。

 

しかも重なった一番上にあったのはSM系のエロ本です。

 

表紙を見ただけで少し引いてしまうようなインパクトのある本でした。

 

私は買い物をとりあえず止め、雑誌を処分しようと2回に分けて持ち帰ったんですが、ふとゴミ捨て場に目をやると、なんとさっきの男の子が戻ってきていたんです。

 

私は迷いました。

 

中学生の男の子であれば、女性に興味があるのは当然の事です。

 

ただ、SM雑誌を見ていたというのが、同じ男の子を持つ母親として口を挟まずにはいられませんでした。

 

「ちょっと、キミ」

 

男の子が、しまった!という顔で私を見ます。

 

さっき見かけた時よりも幼く見えました。

 

もしかしたら、まだ小学生なのかもしれません。

 

エロ本を探していたところを女性に見られたのですから、幼い彼にとってはとても恥ずかしかったんだと思います。

 

「ここにあった本はキミの?」

 

男の子は首を横に振ります。

 

考えてみれば、この質問にはほとんど意味がありませんでした。

 

例えエロ本を捨てたのが彼だったとしても、首を横に振るでしょう。

 

たまたま通りすがりに見つけてしまったのだとは思いますが、中身を見たくて立ち止まったのかもしれません。

 

「ちょっとウチにいらっしゃい、すぐそこだから」

 

男の子が逃げ出したらそこまでと考えていたんですが、素直についてきたので、息子を迎えに行くまでの間、その男の子に性教育しようと思いました。

 

お尻ペンペン

 

6畳の和室に案内し、先ほど拾ったSM雑誌を畳の上に置きました。

 

「キミはこういうのが好きなの?」

 

男の子は黙っています。

 

私はページをペラペラとめくり、本というより男の子の様子をチラチラと観察していました。

 

すると、本をめくる度に不自然に目を逸らしているページに気付いたんです。

 

(もしかして、ムチに興味があるのかしら?)

 

彼が見まいとしているページは、女王様がマゾの男性をムチで叩いているところみたいです。

 

私はそれを確認するため、ムチで叩かれたお尻が写ったページをわざと開いたまま、

 

「トイレに行ってくる」

 

と言い残して部屋を離れました。

 

戻ってきた私が目にしたのは、勃起したおちんちんを必死に隠そうと不自然にモ両肘を伸ばした姿勢で座る男の子の姿でした。

 

(いやだ、可愛い・・・)

 

これも母性本能なのでしょうか。

 

彼に正しく性教育してあげたいと思う反面、その偏った性癖への願望も叶えてあげたいと強く思ってしまったんです。

 

雑誌を閉じ、脇に積んでから向かいに座ると、男の子は不安げな表情で私の目をチラチラ見てきました。

 

「とにかく、キミみたいな子供が見る雑誌ではないわね」

 

敢えて内容には触れず、成人雑誌はまだ早いと言いました。

 

聞くと、実は小学6年生だということでした。

 

どんな反応をするか楽しみでもありましたが、そこはやはり子供らしく俯いたまま、

 

「ごめんなさい」

 

と謝ってきました。

 

その姿は幼稚園の息子とほとんど同じに見えました。

 

そこで私は息子に言うようにして、

 

「とりあえず・・・お尻ペンペンしようかしら?」

 

と言ってみました。

 

男の子は一度も顔を上げることなく、勃起したおちんちんを落ち着かせようとしている様子でした。

 

しかし私が、

 

「お尻をこちらに向けなさい」

 

と言ったことで観念したのか、四つん這いの姿勢でお尻を向けてきました。

 

「さあ、いくわよ」

 

パン、パン、パン・・・と続けて10回ほど叩きました。

 

射精しちゃった?

 

悪さをした幼稚園の息子のお尻を叩くときよりも強めで、左右のお尻の中央辺りと肛門に当たらない程度に…お尻の内側の敏感なところをランダムに叩きました。

 

小学6年生の男の子なので、あまり弱くしすぎても、本当にただの性的遊戯になってしまいます。

 

男の子は四つん這いの姿勢のまま動きませんでしたが、やはりおちんちんは勃起したままなのが分かりました。

 

私はもう少しの間、お尻ペンペンを続けてあげる事にしました。

 

「少しは反省しなさい!」

 

20回・・・30回・・・もうすぐ40回を超える辺りでしょうか。

 

大体それくらい叩いたところで、男の子の様子がさっきまでと違う事に気付きました。

 

それは痛いのを我慢しているという様子ではありません。

 

その時でした。

 

男の子の体が一瞬、ブルッと震えたんです。

 

(もしかして、射精しちゃったの?)

 

気付かないふりをしてあげてもよかったんですが、このまま帰宅させるよりは、洗濯してあげたほうが彼の気苦労も少ないと考えました。

 

「あら、お漏らししちゃったのね」

 

私はパンツごと男の子の服を脱がせると、洗濯機のスイッチを入れて和室に戻りました。

 

「お尻を叩かれてお漏らしなんて、いけない子ね、もう一度初めからペンペンしましょうね」

 

もともと何回叩いて終わりなんて決めてはいなかったのですが、これを口実にして、またお尻を叩いてあげることにしました。

 

射精した精液を綺麗に拭き取ってから、今度は私の太ももに覆いかぶさるように寝かせます。

 

この格好でも叩きやすいですし、万が一また射精した場合、畳より私の服に出してもらったほうがまだ掃除が楽なので。

 

「ペン、ペン、ペン」

 

私は幼稚園の息子のお尻を叩く時、擬音を声に出して叩く事があるんですが、男の子にも同じように子供扱いしながら叩いてあげました。

 

先ほど畳を精液で汚されたのがちょっと悔しかったのもありますが(笑)

 

裸のお尻って可愛いんです。

 

ほんのりピンク色になってたのもありますが。

 

5分ほど優しく叩いて許してあげるつもりだったのですが、気付いたら10以上も叩いてしまったみたいで、男の子のお尻は赤く腫れていました。

 

「反省した?」

 

結局男の子は一度も涙を見せることはなく、頬を紅潮させて興奮していたように見えました。

 

「雑誌は処分しておくから」

 

と言うと男の子は、

 

「はい」

 

と言い残し、帰って行きました。

 

いけない事だと分かっていても、退屈な毎日の中、私に若い性を感じさせてくれた出来事でした。