Pocket

彼女の母
画像はイメージです

 

彼女とセックスした後にお母さんが・・・

 

僕は高校3年生で、高校1年生の彼女(友美)がいます。

 

友美は部活の後輩で結構可愛く、みんなに人気があります。

 

そしたら僕が告白されたので、もちろん付き合うことにしました。

 

夏休みに入った直後の花火大会の日に、強引にラブホテルに連れ込んで、処女をいただいてしまいました。

 

最初は泣いていましたが、2回目からは気持ちよくなったらしく、自分から腰も振って最後はイカせてやりました。

 

夏休みということもあり、それ以降は部活前後にほぼ毎日セックスするようになりました。

 

幸いにも友美の家は両親が共働きなので、昼間からセックスし放題です。

 

友美もセックスに目覚めたみたいで、自分からおねだりしてきて、まず僕のチンポをフェラチオしてくれます。

 

それから自分の好きな体位での挿入を要求してきては、

 

「先輩、気持ちいい!」

 

と言ってイクことが多く、先週の火曜日も友美の家でセックスし、友美はイッたあと疲れて寝てしまいました。

 

僕は喉が乾いたので飲み物を取りに台所に行くと、リビングのソファーに人がいたので驚きました。

 

とりあえず挨拶しようと思って近づくと、友美の母親の真樹子さんがソファに横になって寝ていました。

 

真樹子さんは誰もが認める美人で、まるで女優のようです。

 

ミニスカートからは細い足が太ももまで見え、ブラウスもはだけていて、白い肌と豊満なおっぱいが見えていました。

 

僕はその寝姿に興奮してさらに近くに寄り、そっと服の上から真樹子さんの体を触ってしまいました。

 

反応がないので調子に乗った僕は、ブラウスのボタンを外してブラジャーの上から少しおっぱいを揉んでみました。

 

すると突然、

 

「おっぱい好きなの?」

 

と真樹子さんが僕の顔を覗き込んできました。

 

彼女のお母さんのフェラチオ

 

僕が驚いて手をどけたら、

 

「いいのよ、触りたいんでしょ?」

 

と言って僕の手を取ってブラジャーの下に手を誘導して直接触らせてきました。

 

僕は興奮しながら揉むと、

 

「友美はまだこんなに大きくないでしょ?」

 

「はい」

 

「おばさんのおっぱい見たい?」

 

「見たいです!」

 

そう言うと真樹子さんは、僕を床に仰向けにして上に跨りました。

 

ブラウスを脱いでブラジャーを外すと、白い二つの巨乳がポロンとこぼれ落ちました。

 

真樹子さんは前かがみになり、巨乳を僕の顔に押し付け、

 

「好きにしていいのよ」

 

と言うので、僕は両手でおっぱいを鷲づかみにして揉んだり乳首を舐めたりしました。

 

しばらくすると、真樹子さんは僕の下半身の方に移動していき、乳首を舐め始めました。

 

僕はこれまで友美以外に2人の女の子とセックスしましたが、どちらも同級生だったので、真樹子さんの大人の女性のテクニックに驚きました。

 

さらに移動してそのままパンツを脱がし、すでにビンビンに勃起した僕のチンポを手で扱きながら、

 

「やっぱり、おちんちんすごく大きい、友美が言う通りだわ」

 

「え?友美ちゃんお母さんに話したんですか?」

 

「ええ、だけど友美には内緒よ」

 

と言うと、その極上の舌使いで僕のチンポを舐め始めました。

 

金玉から裏筋にかけてまるで別の生き物のように舌が這いずりまわり、今度はカリを集中的に舐められると、

 

「ああ!」

 

と声を出してしまいました。

 

竿を口に含み、頭を上下に動かしながらの絶妙の舌使いで、限界に達しそうな僕を見てフェラチオを止め、

 

「まだ出しちゃだめよ」

 

といたずらな笑みを浮かべていました。

 

気持ちよすぎて中出し

 

「入れたくないの?」

 

と聞いてきたので、

 

「マジでいいんですか?」

 

「いいわよ、その前に私のオマンコも舐めて」

 

そういって体を反転させてシックスナインの格好で再びフェラチオしてきたので、僕も真樹子さんのオマンコを舐めたりクリトリスを吸ったりしました。

 

すると真樹子さんは、

 

「ああ~ん、、木下君(僕)上手!」

 

と喘いで感じていました。

 

真樹子さんはオマンコがグショグショに濡れると再び僕の腰の辺りに跨り、

 

「生でしたことある?」

 

と聞くので、

 

「まだないです」

 

と言うと、

 

「じゃ、生でさせてあげるわ、その代わりちゃんとイキそうになったら言ってね」

 

というと僕のチンポをオマンコにあてがい、腰を下ろしながら、

 

「はぁ~、ああ」

 

と声を出していました。

 

暖かくてねっとりとまとわりつく生のオマンコの初めての快感に僕も、

 

「ああ~」

 

と声が出てしまいましたが、必死に腰を振り真樹子さんを突き上げました。

 

「ああああああ!!」

 

と喘ぎながら、真樹子さんも僕の動きに合わせて腰を振ります。

 

僕は巨乳を揉みまくって乳首を吸ったりもしました。

 

真樹子さんは凄く感じてくれて、僕の上に覆いかぶさってキスしてきたので、僕も舌を入れました。

 

唾液でべちょべちょになるくらい激しくキスしながら、僕は上体を起こして座位から正常位へ体位を変えました。

 

僕が激しく腰を振ると、

 

「あぁっ、ああああーー!おっきいぃー!イッちゃううぅぅー!」

 

と言いながら僕にしがみ付いてきました。

 

僕ももう爆発寸前で、

 

「僕もイキます」

 

と言って我を忘れて腰を振りまくりました。

 

「ダメ、ダメよ!」

 

と言われてた気もしますが、あまりの快楽に腰を止められず、オマンコの中に精液を放出してしまいました。

 

真樹子さんのオマンコの中に、最後までたっぷり注ぎこみました。

 

彼女のお母さんとセックスしまくり

 

2人ともしばらく放心状態で余韻に浸っていました。

 

すると真樹子さんが、

 

「もう、ダメって言ったのに・・・」

 

「すみません、気持ちよすぎて・・・ヤバイですか?」

 

「多分平気よ、まあ仕方ないか・・・初めての生だもんね・・・」

 

「すみません」

 

「もういいわよ、それより木下君も凄かったから、おばさんイッちゃったわ・・・ありがとう」

 

「僕もめちゃくちゃよかったです。」

 

すると、

 

「・・・そっか、嬉しい」

 

と言いながら真樹子さんが僕のチンポを触ってくるので、また勃起してしまいました。

 

「やだ、すごーい!今イッたばかりなのにもうおちんちん大きくなってる、若いわね」

 

「もう1回したいです」

 

「ふふ、いいわよ、でも、友美が起きてこないかな?」

 

と言うので、2人で裸のまま部屋を覗きに行くと友美はまだ寝ていたので、僕はその場で真樹子さんを抱しめてキスしました。

 

「ダメよ、ここじゃ」

 

と言いながらも舌を絡ませながら手でチンポを扱いてくれたので、僕も指をオマンコに入れて責めました。

 

「ああああ、ダメー!」

 

と言うので、

 

「じゃ、フェラして・・・」

 

と言うと、廊下で立ったまま腰を下ろし、僕のチンポを咥えてフェラチオしてくれました。

 

すぐに我慢できなくなり、僕は真樹子さんのオマンコにバックで挿入しました。

 

ピストンするとさっき出した僕の精液が溢れ出てきて、太ももまで垂れ落ちてきました。

 

真樹子さんは友美に気づかれまいと必死に声を押し殺していましたが、

 

「ああっ」

 

と声が何度か漏れてしまうので、真樹子さんをこちらに向かせ、駅弁スタイルで抱きかかえながらキスをして口を塞ぎました。

 

「お願い!私の寝室に行って!」

 

と言うので駅弁のまま寝室に行き、ベットに移動して再び正常位で突きました。

 

また体位を変えながらやりまくって今度は寸前でチンポを抜き取り、真樹子さんのお腹に精液を出しました。

 

真樹子さんもまたイッたようでぐったりしていました。

 

僕たちは汗と精液でぐっしょりだったので、一緒にお風呂に入りました。

 

真樹子さんが体を洗ってくれるとまた勃起したので、お願いしてフェラチオしてもらいました。

 

「もっと気持ちいいことしてあげよっか?」

 

「もっと?」

 

「おっぱいで挟んでもらったことある?」

 

「いや、ないです」

 

そう言うと巨乳にボディーソープをつけ、僕のチンポを上手に挟んでパイズリをしてくれました。

 

その後、お風呂場で3回目のセックスをしました。

 

お風呂から出るともう17時を回っていたので、僕は服を着て帰る準備をしました。

 

「今日はありがとう!久々に感じちゃった!」

 

といってキスをしてくれました。

 

「またしてくれますか?」

 

「もちろん!今度は友美のいない時に来てね」

 

「はい!」

 

そう言って帰りました。

 

夜、友美から電話があり、

 

「先輩何も言わないで帰っちゃうんだん、私裸で寝てたからママに怒られちゃいましたよ、ママ怪しがってた。先輩ママと会いませんでした?」

 

と言われ、

 

「いや、すぐ帰ったから会ってないよ・・・」

 

と誤魔化しました。

 

今後ともあの親子にはお世話になりそうです。