Pocket

逆レイプ
画像はイメージです

 

女子がチンコを触ってきた

 

僕が初体験をしたのは中学2年の時です。

 

当時、僕のことを好きになってくれたアケミという女の子がいました。

 

アケミとはクラスが同じで席も隣同士だったため、とても仲の良い友達だった。

 

そしてアケミの親友のミカとも仲良しでした。

 

アケミはとても積極的な女の子で、周りだけでなくモテたことのなかった僕ですらアケミの好意に気付いてしまうほどでした。

 

僕の中学では委員会に入るのが義務付けられていたため、楽だと思われた図書委員に入り、僕につられてアケミも図書委員に入りました。

 

しかし現実は楽どころか、委員会の顧問の先生に気に入られていたために委員長をやる羽目になりました。

 

さらにアケミも自ら立候補して、副委員長をやることになりました。

 

これが初体験の第一歩でした。

 

図書委員では、基本的に当番に関係なく委員長と副委員長は放課後に毎日図書室に行くのが決まりでした。

 

そのため、僕とアケミは毎日放課後に図書室に行って、当番の人たちと作業をしていました。

 

そんなある日のことです。

 

アケミと僕は隣同士に座り、向かい合って後輩が座り、話し合いをしていた時でした。

 

アケミが突然僕の体をくすぐってきたんです。

 

「ヒロちゃん、くすぐっちゃぇー!」

 

「うわ!や、やめろって!」

 

「反応うけるー、コショコショ・・・」

 

「ま、まじ無理!やめろって!くすぐったい!」

 

「ちょっと先輩!ちゃんと話し合いしましょうよ!」

 

アケミの突然の攻撃に焦った僕でしたが、後輩の一声で止めてもらえました。

 

しかしアケミは、よほど僕の反応が気に入ったのか、後輩に気付かれないように膝をくすぐってきました。

 

僕は我慢して話し合いを続けました。

 

しかし、段々アケミの手が僕の太ももへと伸びてきました。

 

隣でアケミは僕の反応を見てニヤニヤしています。

 

僕はそれでも無視して作業を続けました。

 

でも体は正直で、股間近くを女の子に触られたことなんてないので、チンコが熱くなってきたのを感じました。

 

そして完全に勃起してしまいました。

 

僕は恥ずかしさと気付かれたくないという思いで、なおも我慢していました。

 

しかし、そんな僕の気持ちなど知らず、アケミの手はさらにチンコへと接近してきました。

 

僕はこの状況に限界を感じ、半泣き状態でアケミを見ながら小声で、

 

「お願い、本当に止めて」

 

と言うと、アケミは半泣き状態の僕を見ると素直に止めてくれました。

 

その日はここで終わりましたが、次の日から毎日のように足をくすぐってきました。

 

放課後だけでなく、授業中や休み時間、隣にいる時は常しょっちゅうくすぐってきます。

 

それに慣れてきた僕は、逆に仕返しすることにしました。

 

アケミは驚いたのか、くすぐる手を止めてやられるがままになっていました。

 

「んっ・・・やあん・・・だめ」

 

震えながら小声で言ってきました。

 

「なにがダメだよ!?いつもの仕返しだ!」

 

するとアケミが、震える手で僕のチンコを触ってきたんです。

 

僕は体がビクッとして、くすぐる手を止めて席を立ちました。

 

仕返しの仕返し

 

その日の放課後は当番が全員休みのため、アケミと二人きりで作業をしていました。

 

「ねぇヒロちゃん」

 

「ん?」

 

「今日はもう人来ないから図書室閉めない?」

 

「え?でもバレたら後で怒られない?」

 

「大丈夫だよ、じゃあ閉めるね」

 

アケミは手際よく戸締まりをして、最後は出入り口だけとなりました。

 

「じゃぁ出ようか」

 

「ちょっとまってヒロちゃん!見せたい本があるの」

 

「なに?」

 

「ちょっとこっち来て」

 

そこは司書室で、普段は先生がいるところです。

 

しかし放課後は先生が来ないので、図書委員の溜りでした。

 

「なんの本?」

 

「その前にイスに座って、それから目を閉じて」

 

「なんで?」

 

「いいから」

 

僕は何かサプライズでもあるのかと思い、素直に従いました。

 

「手を後ろに出して」

 

「え?何かするの?」

 

「内緒」

 

するとアケミは、おもむろに手を何かで結び出したんです。

 

「なに結んでんだよー」

 

「いいから・・・はい出来た!」

 

僕は目を開けました。

 

すると僕の手は棚に結ばれて、バンザイの格好にさせられていました。

 

何か嫌な予感を感じました。

 

「え?ちょっと!なに?なに?」

 

「ヒロちゃん、今日私の足くすぐったでしょ、その仕返し」

 

「は?あれは俺の仕返しだろ!」

 

「だーめ!仕返しするの」

 

「な、なに言ってんだよ!止めろよ!」

 

「だめ!仕返しするの!」

 

するとアケミは僕の制服のボタンを外し、さらにはワイシャツのボタンまでも外してきました。

 

「止めろよ!お、お願いだから・・・」

 

「ダ~メ!!たっぷり仕返ししてあげるんだから」

 

するとアケミは突然抱きついてきました。

 

そしてキスをしてきたんです。

 

チンコを触られると気持ちいい?

 

「ヒロちゃん・・・チュ」

 

「ん!むぐぅ」

 

「落ち着いてよ、優しくするから」

 

「ん!・・・んぐ・・・んんん」

 

「チュパ・・・ヒロちゃん・・・可愛い」

 

「お願い・・・やめて」

 

当時の僕は思春期の真っただ中にも関わらず、性についての知識がほとんどありませんでした。

 

セックスはおろかオナニーも知りませんでした。

 

中学3年になるまで、子供は結婚すると勝手に出来ると信じていたぐらいです。

 

そんなウブだった僕が、突然女子に襲われているんです。

 

キスするのに裸にされるというこの状況が、まったく理解出来ませんでした。

 

「やめて・・・お願いだから・・・」

 

「もう、うるさいなぁ~、こうしてやる!」

 

そう言うとアケミは、僕の乳首を舐めてきました。

 

「ひゃぁ!どこ舐めてんだよ!」

 

「ダメ?じゃぁ噛んじゃう・・・ハムっ」

 

「イタッ!」

 

「あはは!」

 

初めて感じる痛みと、それ以上に感じる快感に、僕は恐怖すら感じました。

 

「ごめん・・・本当にごめん」

 

「ダメ!許さないんだから」

 

アケミは乳首だけでなく、顔も舐め回してきました。

 

アケミの唾液で僕の顔はベトベトになりました。

 

「あはは!ヒロちゃんの顔がが私の唾液でべちゃべちゃ」

 

「・・・ごめん・・・なさい」

 

「まだダメ!これからが本番なんだから」

 

するとアケミは僕のチンコを触り始めました。

 

体がビクッと反応して、

 

「あっ!そこは・・・」

 

「ここがなぁに?気持ちいいの?」

 

僕の頭に電流が走るくらいの快感が襲いました。

 

もちろん今までチンポを触られたことはおろか、自分でオナニーもしたこともないのに、気持ちいいという感覚の意味が分からず戸惑いました。

 

女子に初めてチンコを見られてフェラチオ

 

そしてアケミは僕のズボンを脱がせてパンツだけにしました。

 

もうこの時、僕には反撃する力もなく、やられっぱなしでした。

 

「あー、ヒロちゃん!こんなに大きくなってる!しかも先っぽ濡れてるよ!感じてるの?」

 

僕のチンコは完全に勃起していて、パンツから溢れんばかりでした。

 

しかも先っぽはかなり濡れており、ガマン汁でベタベタでした。

 

もちろんガマン汁なんてものも知らないので、僕はオシッコを漏らしたと勘違いしていました。

 

そんな恥ずかしい姿を見られたことで僕は泣いてしまいました。

 

「ひっぐ・・・アケミ・・・もう許して・・・お願いだから・・・」

 

「んふ、ヒロちゃんの泣いてる顔カワイすぎ、私が満足するまで止めない」

 

そしてアケミは僕の勃起したチンコを取り出して、手でシゴき始めました。

 

「うああっ!!うっ・・・あっ、あっ、あーっ!」

 

「ヒロちゃん女の子みたい、それじゃいただきます」

 

「え?!うあっ!」

 

アケミは僕のチンコを咥え、いやらしい音を立てながらフェラチオを始めました。

 

「チュパ、レロ、レロ・・・クチュ」

 

「ああっ・・・」

 

僕は初めてチンコを女子に見られた上にフェラチオまでされたんです。

 

初めて経験する快感に、興奮するどころか恐怖を感じていました。

 

しかし、それでもアケミは止めてくれません。

 

例えようのない恐怖心と快感が入り混じって気絶しそうでした。

 

「あっ・・・た・・・たすけ・・・て」

 

「ん~・・・チュポッ・・・な~に?聞こえなーい、ハムっ」

 

「・・・で、出る!」

 

「イキそうなの~?でもイカしてあげない」

 

そう言うとアケミは、その場にあった紐でチンコを縛りつけてきました。

 

あまりの痛さと、出したさに発狂しそうになりました。

 

「痛い!やめて!ガっ!ハア!」

 

「愛しのヒロちゃんがこんな恥ずかしい格好で痙攣してるなんてもうたまんない!」

 

アケミは完全に僕の悶える反応を楽しんでいました。

 

その時、図書室のドアが開く音がしました。

 

グルになって逆レイプ

 

僕はこんな姿を見られるわけにはいかないと我慢しますが、その反応も気に入ったのか乳首を噛んだりチンコを突付いたりしてきます。

 

「誰か入ってきたよ~、呼んじゃおっか?」

 

「ハアハア!ダ、ダメ!んあ!」

 

「声出すとバレちゃうよ?」

 

僕は力の限り我慢しました。

 

しかし、その我慢もむなしく誰かが入ってきました。

 

僕の人生は終わったと思いました。

 

「・・・!!?アケミ!それにヒロちゃん・・・」

 

それはミカでした。

 

僕はミカなら分かってくれると信じ、助けを求めました。

 

しかし、

 

「ミカ遅いよ!ヒロちゃんのこと、こんなにしちゃったじゃん」

 

「アケミずるーい!なんで待っててくれなかったのよー」

 

「大丈夫よ、まだイッてないから」

 

僕はまったく理解が出来ませんでした。

 

そして脳をフル回転してやっと分かりました。

 

アケミとミカはグルだったんです。

 

二人は僕をいじめる計画を立てていたんです。

 

「ミ・・・ミカ・・・」

 

「あーらら、ヒロちゃんこんなになっちゃって、チョー興奮してきた」

 

「ミカ早くやろ!もう待てないよ」

 

「やろやろ!」

 

そう言うとミカとアケミは服を脱いで目の前で裸になりました。

 

女の子の裸なんて目の前で見たことはありません。

 

夢なのか現実なのか分からないくらいの状態に陥っていました。

 

「じゃぁ、ヒロちゃん寝かそっか」

 

「そうだね」

 

僕は椅子から降ろされて寝かされました。

 

もう抵抗する力はありませんでした。

 

するとミカが僕の顔の上でオマンコを触ってオナニーし始めました。

 

初めて見る女性のオマンコです。

 

オマンコから香る女子特有の甘い匂いと、少し酸っぱい臭い、そしてムレた匂いを感じました。

 

性の知識がない僕でしたが、もの凄く興奮しました。

 

「あ!ヒロちゃんのおちんちん、また硬くなってきた」

 

「カワイイー!」

 

そしてミカは僕の顔にオマンコを押し付けてきました。

 

なんとか抵抗したんですが、顔が完全にロックされ、顔中にオマンコのいやらしい汁がビチャビチャ垂れてきました。

 

「ねぇアケミ、それ入れちゃいなよ」

 

「いーねー」

 

「痛くないようにね」

 

声だけが聞こえます。

 

視界はミカのオマンコに遮られています。

 

すると突然、僕のお尻が弄られ始めました。

 

ものすごい嫌な予感がしました。

 

「んー!んぐぅ!ぶは!んんんー!」

 

「あん・・・ヒロちゃん気持ちイイ!」

 

「ミカずるー!でも、いーもん、後でヒロちゃんの食べちゃうから」

 

そしてお尻の穴に違和感を感じました。

 

「ムグゥ!!」

 

「だんだん気持ちよくなるから」

 

おそらくその辺にあったペンを尻の穴に挿入したんだと思います。

 

アケミは出し入れし始めました。

 

徐々になんとも言えない快感に変わってきました。

 

「ヒロちゃんのお尻ビクビクしてる」

 

「入れちゃえ!」

 

尻の穴にペンが刺さったまま、いきなりチンコが熱くなりました。

 

ヌルヌルして物凄い締めつけで、とても熱くて気持ちいいんです。

 

アケミは僕の童貞を奪ったのです。

 

初めての射精が中出し

 

「あん・・・ヒロちゃんの・・・大っきい・・・あん」

 

「クンニも上手いよ・・・ああん」

 

僕の意識は半分飛んでいました。

 

チンコへの刺激、お尻への刺激、顔への刺激、すべてが初めての経験でした。

 

しかし、イキたくても紐のせいでイケません。

 

すべての刺激が強すます。

 

「ヒロちゃん・・・紐外してあげるね。いっぱい中で出して!」

 

「えー?妊娠しちゃうかもよー!」

 

「いーの、ヒロちゃんの子供育てるから」

 

そしてアケミは紐を外し、腰を激しく振ってきました。

 

「んー!!んぐー!!むー!」

 

「ヒロちゃん・・・イッて!」

 

「・・・んぐーー!!」

 

僕は初めて射精を経験しました。

 

溜まりに溜まっていたであろう精液が、全てアケミのオマンコの中に入っていきます。

 

そして俺の意識はとうとう飛び、気絶しました。

 

気が付くと、僕は全身ビショ濡れで倒れていました。

 

目の前でアケミとミカが楽しそうに会話をしていました。

 

「ヒロちゃん起きた?もう遅いよ」

 

「そろそろ帰る時間だよ」

 

「あ・・・俺・・・」

 

「もう気絶しちゃうんだもん!でも、その後もいっぱいさせてもらったよ」

 

「ごちそうさまでした」

 

話によると、僕は1時間以上気を失っていたらしいです。

 

さらにその後も3回射精させられたらしいです。

 

僕は泣き崩れました。

 

まるでレイプされた女性のように。

 

アケミとミカは傍に来て、僕を優しく抱きしめてくれました。

 

僕も2人を抱き締め、泣き続けました。

 

「こ、怖かったよー・・・死ぬかと思った・・・」

 

「ごめんね、でもいつまでたってもヒロちゃん振り向いてくれないんだもん」

 

「アケミもわたしもヒロちゃんが大好きなんだよ」

 

「ひっく・・・ひっく・・・」

 

それから僕は制服まで色んな汁でビショ濡れのまま帰宅しました。

 

帰るなりすぐにいやらしい匂いのする服を洗濯機に入れ、次の日は普通に登校しました。

 

いつもと変わらない毎日です。

 

アケミとミカの2人が僕を支配するような目で見ている以外は・・・