Pocket

童貞 逆痴漢
画像はイメージです

 

童貞っぽい男の子を見つけます

 

結婚4年目の主婦です。

 

旦那とは職場結婚しました。

 

今でも部署は違いますが、旦那と同じ会社で働いています。

 

私は見かけは地味でとても大人しそうに見られるのですが、胸がFカップもあるので、よく痴漢やセクハラ被害に遭っていました。

 

それを助けてくれたのが、今の旦那なのです。

 

旦那は真面目で優しいのですが、子作り目的以外のセックスにはほとんど興味がないみたいなんです。

 

セックスするにはするんですが、淡白で短時間で終わってしまい、私は全然満足できないし、物足りない感じです。

 

不倫をしたくても、旦那と同じ会社なので社内の男性とでは絶対無理です。

 

しかも三十路も過ぎるとなかなか新しい出会いもありません。

 

出会い系にも登録してみましたが、なんだかいまいち信用できません。

 

そこで考えたんですが、通勤電車の中で可愛い童貞と思われる男の子を物色しては逆ナンパするんです。

 

生理前など欲求不満になると、電車の中やホームで好みの可愛い男の子を探します。

 

誰でもいいというわけではないのですが、欲しくて欲しくて仕方がない時は、もう見境いなくなってしまいます。

 

そういう男の子を見つけて目の前に移動すると、ジーッと顔を見つめます。

 

だいたい満員電車なので、自然な振りして自慢のおっぱいを男の子の胸に押し付けます。

 

同時に男の子の太ももの間に足を入れます。

 

そこまですると、男の子も気になって仕方がなくなるみたいです。

 

どうしていいのか分からないといった感じでモジモジし始めます。

 

この反応がとても可愛くて、胸がキュンキュンしちゃいます。

 

ここでモジモジしない男の子は、女性に慣れていたり、童貞じゃなかったりするので、その場を離れます。

 

モジモジしている男の子に、さらにギューッとおっぱいを押し付けたり、太ももでそっと撫で上げたり、さりげなくおちんちんに触れてみたりします。

 

反応のいい男の子だと、すでにおちんちんが勃起しています。

 

私の下半身に、硬くて熱いおちんちんが押し付けられてきます。

 

そうなるともうダメです。

 

オマンコがジュンって濡れちゃいます。

 

そうやって焦らしながら、電車が止まるまで男の子のことを誘惑し続けます。

 

さすがに電車の中じゃそれ以上出来ないので、それとなく彼の関心を引いてエッチな気持ちにさせるのです。

 

電車を降りてからが本番です。

 

童貞の青臭い匂いが大好き

 

というより、そこまでしていて誘うような素振りで改札口から出ると、たいていの男の子は付いてきちゃいます。

 

男の子が後をつけてきていることをチラチラと確認しながら、ネオンが光るいかがわしくて人通りが少ない通りに行きます。

 

そこで男の子に話し掛けます。

 

「どうしたの?後をつけてきて」

 

ほとんどの子がアタフタしますね。

 

期待して後をつけてきたくせにね。

 

でもその仕草が可愛くてたまりません。

 

どうしていいのかわからない感じでいる男の子の手を取ると、そのままラブホテルに直行します。

 

部屋に入ってもオドオドしていて、体もおちんちんも硬くなってる男の子をベッドに寝かせ、おちんちんを触りながらキスしていきます。

 

おちんちんは今にも爆発しそうなくらいカチカチに勃起していて、ズボンがパンパンに膨らんでいます。

 

「あ、あの・・・」

 

戸惑う男の子を無視して、無言で服を脱がせて乳首を舐めます。

 

ズボンを下ろすと、ブリーフを突き破らんばかりにもっこりと盛り上がっていて、先端部分には染みが出来ていました。

 

男の子はやっぱり童貞みたいで、もうゾクゾクしちゃいます。

 

臭そうなブリーフに鼻を押し付けて、思いっきり匂いを嗅ぎます。

 

汗と尿と、若い童貞特有の青臭い匂いがしてきました。

 

この匂いが大好きで、嗅いだだけでオマンコが濡れちゃうぐらいです。

 

タマタマの匂いまで嗅ぎ尽くすと、はぁはぁ興奮している彼をよそに、ブリーフの上からおちんちんを舐めました。

 

思わず腰を引く男の子を抑え、私の唾液でヌルヌルになるくらい舐め回しました。

 

パンツ越しにおちんちんをハムハムしたり、タマ袋を舌で突いたりしました。

 

「あっ、あっ・・・気持ちいい!出ちゃう、出ちゃいます!」

 

ってものすごく興奮してるんです。

 

すっごく可愛い。

 

白いブリーフが私の唾液と男の子のガマン汁でヌルヌルになって、彼のおちんちんが透けてきちゃって、とってもいやらしく見えます。

 

それを見てたらまたオマンコがジュンッて濡れてきちゃった。

 

今にも爆発しそうな彼のおちんちんを、ブリーフの中から取り出して口に含みました。

 

その瞬間です。

 

「ああっ!ダ、ダメです!」

 

口の中で弾けました。

 

口いっぱいに若くて青臭いザーメンが広がりました。

 

「ごめんなさい!」

 

申し訳なさそうにしている男の子を見てニコッとして、ゴクって音を立ててザーメンを飲み干しました。

 

すごく濃くて喉に絡まりそうだったけど、それがまた興奮させてくれます。

 

私はお掃除フェラで、尿道に残っているザーメンまで吸い上げました。

 

童貞君のザーメンを何度も受け止めます

 

でも、男の子のおちんちんはまだビンビンに勃起したままなんです。

 

亀頭を舌でペロペロ舐めたら、また変な声出して喘いじゃって、すぐに射精しそうになっちゃうんです。

 

可愛いから思いっきりフェラチオしたくなるんだけど、射精し過ぎてセックス出来なくなるのはイヤだから、少しおあずけです。

 

ビショビショの私のオマンコを男の子に舐めさせることにしました。

 

「ここがクリトリスで、ここがオマンコの穴よ。セックスの時にはここにおちんちんを入れるのよ」

 

股を大きく開いてオマンコを見せながら教えてあげました。

 

男の子は食い入るようにオマンコを見ています。

 

「クリトリスを舐めると、女の人は気持ち良くなるのよ」

 

って言ったら、鼻息を荒くしてむさぼりつくように顔を埋めて舐めてきました。

 

教えたように、クリトリスを中心にまるで犬のようにペロペロと舐めるんです。

 

それがなかなか上手くて、軽くイッてしまうほどでした。

 

おちんちんを入れたそうな目で見つめてくるので、私が男の子に跨って騎乗位でゆっくりオマンコにを受け入れました。

 

奥まで入ってから、いざピストンしようとした時です。

 

「あ、だ、だめ、イッちゃう!」

 

と言ってまた射精しちゃったんです。

 

でも、そういう初々しさが好きで童貞君を食べてるんですけどね。

 

私がフェラしてあげたり、おっぱい揉ませたりオマンコ舐めさせたりしておちんちんが勃起したらまた挿入して・・・

 

その繰り返しで、何度も何度も童貞クンの若いザーメンを受け止めちゃうんです。

 

ああ、思い出しただけで、オマンコがジュンッって濡れてきちゃう。