Pocket

もっこりチンポ
画像はイメージです

 

もっこりがくっきり

 

もう20年以上も前の、僕が高校1年の夏休みの出来事です。

 

夏休み中は友達と近所の市営プールによく遊びに行ってたんですが、たまたまその日は都合が合わず、僕1人でプールに行く事にしました。

 

多少過激な水着を穿いてみたくて、その年に買ったビキニタイプのものを穿きました。

 

スポーツ用品店で購入した遊泳用のビキニは、見た目はちょっと地味な色ですが、ビキニ自体は浅くて小さく、横幅も2センチくらいのやつでした。

 

僕のチンポは他の友達と比べてもちょっと大きくて太めで、いわゆる巨根でした。

 

ビキニを穿く時はチンポを斜め45度くらいにして中に収めていました。

 

巨根なので股間のもっこりは大きく膨らんでいました。

 

しかも中学1年から皮が剥けて亀頭が露出するようになっていましたので、ビキニのもっこりにはカリの段差も浮き出ていました。

 

プールで泳いでいると、遠くから僕を呼ぶ声が聞こえました。

 

「Tく~ん」

 

流れるプールの後方を見ると、中学の時の同級生のK子とM美がいました。

 

K子とM美は同じ女子高に通っていて、2人が着ていた水着も同じで青の競泳水着でした。

 

「あれ?1人なの?」

 

「うん、みんなバイトとか部活で都合つかなかったから・・・」

 

しばらく彼女たちとプールの中で一緒に遊んだ後、プールから上がるとK子とM美が、

 

「えー!ビキニじゃん」

 

「T君てそういうの穿くの?」

 

「今年の夏からだよ。もう何回か穿いてるよ」

 

って言うと、

 

「凄いちっちゃいビキニじゃん」

 

「でもT君てビキニ似合うね」

 

って言ってくれたんですけど、女の子にジロジロ見られるとやっぱり恥ずかしい気もしました。

 

しかもプールから上がった直後なので、チンポのもっこりが凄いクッキリ浮き出ていたので、当然チンポの形も見られたはずです。

 

K子とM美の水着も肌にピタッと張り付いた感じだったので、2人の乳首のポッチも確認できました。

 

後で聞いたんですが、K子の胸はDカップと大きめで、M美は若干小さめでした。

 

K子は中学の時から胸は大きかったんですが、競泳水着を着ていると、身体のラインがくっきりと分かるので、K子の巨乳にちょっとチンポが反応してしまいました。

 

おちんちん大きいんだね、触ってもいい?

 

プールからの帰りにカラオケに寄って一緒に歌ったりして、20時ごろに店を出て一緒に帰りました。

 

途中、M美とバイバイしてK子と2人だけになった時です。

 

「ねぇT君、さっきのビキニ凄かったね、M美がT君のもっこり大きいねって言ってたよ」

 

「えー、そんな恥ずかしいこと言うなよ」

 

「ねえ、もしかして下着もビキニだったりして(笑)」

 

僕は元々パンツはブリーフ派だったんですが、高校に進学してから、普通のブリーフからビキニブリーフに変えていたんです。

 

水着同様に浅く小さめのやつで、地味なものからちょっと派手なやつまで穿いてました。

 

「ま、まあ、俺ブリーフ派だし、ちょいカッコいいブリーフにしたかったかんで・・・」

 

「マジで、ねえ見せて」

 

「何言ってんだよ!やだよ!」

 

「え~見せてよ、じゃあ、私のも見せてあげるって言ったら?」

 

「えっ!・・・でも見せるって何処でだよ」

 

「いい所があるからそこ行こっ!」

 

K子と一緒に行った所は、母校の中学校の非常用階段の踊り場でした。

 

そこには蛍光灯が点いていたので、真っ暗ではありませんでした。

 

「ここならいいでしょ?誰も来ないし、ねえ、見せて見せて」

 

その日は一番気に入ってるビキニブリーフだったので、見せてあげる事にしました。

 

「ちょっとだけだからな」

 

ズボンのベルトを外して、チャックを下げてチラッと見せました。

 

K子が前屈みになって僕のビキニブリーフを見ると、

 

「ねえ、ズボン下ろしてもっと見せてよ」

 

僕は仕方なく、ズボンを下ろしてビキニブリーフ全体をK子に見せました。

 

「わぁー凄ーい!結構派手なの穿いてんじゃん!」

 

「もういいだろ?」

 

「もうちょっと見せて・・・おちんちん大きいんだね、ちょっと触ってもいい?」

 

「ダメに決まってるだろ!もうお終い」

 

「T君、私の体触りたくないの?T君のもっこりに触ってみたいのに」

 

「・・・本当に触っていいの?」

 

「いいよ、だからT君のも触らせて」

 

K子は、右手でビキニブリーフのもっこりにそっと手を当てて、ゆっくり撫でたり、軽く揉んでだりしてきました。

 

「やっぱり大きいね、凄~い」

 

気持ちよくなって、チンポが勃起し始めてきました。

 

フェラチオが気持ちよくて・・・

 

「あっ、大きくなってきた、気持ちいいの?」

 

僕は軽く頷いて、K子がビキニブリーフ越しにチンポを触ってる様子を眺めていました。

 

勃起して大きくなったチンポが、ウエストのゴムを持ち上げ始め、今にもビキニブリーフから巨根がはみ出しそうになると、先端の亀頭が出てきてしまいました。

 

「あ、出ちゃった、ここ凄い段差になってる」

 

K子が亀頭のカリ首を指先で弾くように触ってきたので、興奮して更に大きく勃起して、竿の半分くらいがビキニブリーフからハミ出てしまいました。

 

「T君、ここ敏感なんだ」

 

「はぁはぁ・・・うん」

 

「水着を穿いてた時にこの段差が浮き出てたよ、なんだかエッチだね」

 

やっぱりK子には(多分M美にも)、ビキニにカリが浮き出てるのが分かってたみたいでした。

 

K子がもっこりチンポを触りながら立ち上がると、僕にキスしてきました。

 

「ねえ、おっぱい触っていいよ」

 

K子がまたキスをしてきました。

 

僕もかなり興奮してきたので、舌を絡ませようとしたらK子もそれに応えてくれました。

 

僕はK子のTシャツをめくり上げ、両手でブラジャーの上からおっぱいを揉みました。

 

ブラジャーの上からでも充分に大きくて柔らかいおっぱいなのが分かりました。

 

「おっぱい見てもいい?」

 

K子は軽く頷いて、

 

「いいよ」

 

と言ってくれました。

 

僕は少し中腰の姿勢になって、K子のブラジャーのカップ部分を上に持ち上げました。

 

Dカップの巨乳が弾けるようにプルンと飛び出し、おっぱい全体が露出しました。

 

乳輪は多少大きめですが、綺麗なピンク色していてその中心の乳首が可愛いくて、大きめの乳輪がなんともエロく感じました。

 

僕はK子のおっぱいを夢中で揉んでいましたが、乳首を舐めてみたくなり、

 

「乳首舐めてもいい?」

 

「T君のエッチ・・・でもいいよ」

 

ピチャピチャといやらしい音を出しながら乳首を舐めたりしていると、乳首が勃起してきたので、乳首を吸ったり指先でコリコリしていたら、

 

「あっ・・・ううん・・・そんな事・・・T君にも・・・」

 

K子は僕の前でしゃがみ込んで、ビキニブリーフに手をかけてグイッっと下げて、亀頭にキスしてからチンポ全体を舐め回すようにフェラチオしてくれました。

 

「はぁはぁ、あっ・・・イキそう」

 

K子のフェラチオがあまりにも気持ち良くて射精しそうになってしまったので、K子の口からチンポを離し、壁に向かって精液を発射しました。

 

「気持ち良かった?舐めてあげてる時のT君、気持ち良さそうな顔してたよ」

 

「うん、めちゃくちゃ気持ち良かったよ」

 

「嬉しい!自分でするよりも?T君もオナニーしてるんでしょ?(笑)」

 

「K子もエッチだな(笑)」

 

「一緒にまたプール行こっ!今度は2人でね・・・絶対またビキニ穿いてね」

 

「ビキニが好きなの?」

 

「うん、大好き!ビキニって言うよりもっこりがね(笑)」

 

それからK子とは高校を卒業するまで付き合いました。

 

その間にはもちろんK子とセックスを何回もしました。