Pocket

小学生 デカチン
画像はイメージです

 

友達のお母さんが僕の股間に手を・・・

 

僕(尚幸)は小学6年生の時の夏休みに、当時スイミングスクールに通っていた同級生の孝志とそのお母さんの明子さんとの3人で、とある海沿いの旅館に泊りがけの旅行に行きました。

 

旅館に到着して荷物を置くと、すぐに競泳パンツを穿いて海岸に出て泳ぎ始めました。

 

僕も孝志もスイミングスクールでは上級クラスで、海でもお互いにライバル意識しながら、沖にある岩場まで競争したりしていました。

 

すると岩場で孝志が怪我をしてしまい、一旦旅館に戻って病院で診察してもらうことになりました。

 

たいした怪我でなくてホッとしましたが、さすがに泳ぐのは無理なので、2人で海の家で遊ぶことにしました。

 

怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、僕達の遊び相手もしてくれました。

 

僕も一緒にカードゲームをしたりしていたけど、やっぱり海で泳ぎたい気持ちが強く、つまんなそうにしていたんだと思います。

 

そんな僕の様子に気付いたのか、孝志のお母さんの明子さんが、

 

「尚ちゃん、せっかく海に来たんだから泳ぎたいでしょ??私とあの岩場まで泳いで競争しない?」

 

と言ってくれました。

 

「孝志はここでお兄さん達に遊んでもらっててね、お兄さん達お願いしますね」

 

と言って、明子さんが僕の手を引いて海岸まで連れていってくれました。

 

「実は私も高校まで水泳やってたんだよ。まだまだ尚ちゃんには負けないと思うよ」

 

と言って明子さんは張り切って泳ぎ出しました。

 

僕もすぐに後を追い、明子さんを追い越して先に岩場に着いて待っていました。

 

「うわぁ~、やっぱり尚ちゃんは早いわね~」

 

と言って、明子さんも岩場に上ってきました。

 

しばらく二人並んで座って会話してたんですけど、突然明子さんが僕に抱きついてきました。

 

しかも、僕の穿いている競泳パンツの股間の膨らみに手を当ててきたんです。

 

射精したことないの?

 

「尚ちゃんのここ、いつも凄くモッコリしてて、スイミングスクールのお母さん達にも評判なのよ。尚ちゃん、小学生なのにおちんちん大きいのねって」

 

チンポが大きいのは友達からも言われたりして自覚してましたが、お母さんたちまで話題にしてるとは思ってもいませんでした。

 

スイミングスクールで穿いているのは、黄色いビキニ型の競泳パンツだったので、友達やコーチのおちんちんもハッキリ分かるぐらいモッコリしていました。

 

ただ僕のチンポのモッコリが、大人顔負けのモッコリだったみたいで、お母さんたちは興味津々だったみたいです。

 

「ねえ、尚ちゃん、ここなら誰も見てないから、おばさんに尚ちゃんのおちんちん見せてくれない?絶対に内緒にしておくから」

 

そう言われて、以前から明子さんに憧れみたいな気持ちを持っていた僕は、

 

「明子さんにならいいよ、でも、みんなには絶対秘密だよ」

 

って言ってしまいました。

 

「本当?大丈夫、絶対誰にも言わないから」

 

そう言うと、明子さんは嬉しそうに僕の競泳パンツに手を掛けて脱がし始めました。

 

明子さんにチンポを見られると思うと、すぐに勃起し始めて、競泳パンツを脱がされた途端、ビンビンに勃起して臍にくっつくほどでした。

 

「すご~い!とても小学生のおちんちんじゃないわ、大人だって適わないんじゃないかしら、ステキ!」

 

嬉しそうに言うと明子さんは、シゲシゲと僕のチンポを見てから、そっと握ってきました。

 

当時の僕のチンポは、勃起すると先端の皮が半分くらい剥けるようになっていて、皮が引っ張られて少し痛みを感じていました。

 

明子さんは僕のチンポを握ってから、ゆっくりと皮を剥こうとしていました。

 

「このままじゃ無理かしら?」

 

そう言ったと思ったら、なんとパクッとチンポを咥えてきました。

 

ビックリして腰を引こうとすると、先に明子さんに腰を押さえられてしまいました。

 

舌を使って剥けている亀頭を舐められてるうちに、軽く痛みが走りました。

 

明子さんがチンポから口を離すと、真っ赤なズル剥けになった亀頭が露出していました。

 

「痛い?」

 

と聞かれて、

 

「少し」

 

と答えると、

 

「こんなに立派なおちんちんなんだから、形もしっかり大人のものにしておかなきゃね。痛いのは今だけ我慢すれば慣れて治まるわよ。もうずっとこのままのおちんちんにしておいたほうがいいわ」

 

と言われました。

 

チンポの付け根の箇所をジッと見られて、

 

「まだ毛は生えてないのね。大きさだけは大人顔負けなのに、すごいギャップ。でも、もう出るものは出るんでしょ?」

 

と聞かれました。

 

「出るもの?」

 

と尋ねると、

 

「おちんちんから出る白い液体よ。出る時気持ちいいでしょ?」

 

当時の僕は、まだオナニーもしたことなかったし、白い液体とやらも出たことがなかったので、

 

「白い液体?出たことないと思うけど」

 

と答えました。

 

「え~?こんなにおちんちん大きいのにまだ射精したことないなんて信じられない。勃起もするんだし、おばさんが出してあげるわよ」

 

そう言って明子さんは、ビンビンに勃起した僕のズル剥けになったばかりのチンポを咥えてきました。

 

初めて射精した精液を飲んじゃった

 

頭を上下にゆっくり動かしながら、僕のチンポを咥える明子さん。

 

(友達のお母さんにこんなことさせていいのかな)

 

と思ってるいうちに、突然体がガクガクしてきて、チンポの奥から何かが出てきそうな感覚があり、体が宙に浮くような感じがしました。

 

初めて体験する気持ち良さでした。

 

「あ~っ!おばさん、オシッコが出ちゃうよ~!」

 

僕がそう叫んでも、明子さんは腰を掴んで僕のチンポをしっかり咥えていて口から離そうとしません。

 

「あ~っ、出ちゃう、出ちゃうよ、出ちゃう~~!」

 

叫んでから、明子さんの口に思いっ切り出してしまいました。

 

体がビクンビクンと何度も痙攣し、その度にビュッビュッとチンポからオシッコとは違う何かが出て行く感覚があり、しかもすごく気持ち良くて頭は真っ白になっていました。

 

しばらく放心状態でしたが、気が付くと明子さんの口から白いものが垂れていました。

 

僕のチンポから口を離した明子さんが、ごっくんと口の中のものを飲み込みました。

 

「尚ちゃん、本当に初めてだったんだ。尚ちゃんの初射精した精液が飲めて嬉しいわ」

 

と明子さんが微笑みながら言いました。

 

僕は、自分のチンポから出た白い液体のことも分からず、しかもそれを飲んだ明子さんが信じられなくて、

 

「飲んじゃって大丈夫なの?」

 

と聞きました。

 

「これは精液っていってね、これが出るってことは尚ちゃんが大人の男性になったって証拠よ、もういつでも尚ちゃんはパパになれるのよ」

 

僕はまだ意味が分からずじっと聞いているだけでした。

 

「でも本当の大人の男性になるには、もっと気持ちいいことしなきゃいけないのよ。おばさんが今夜、尚ちゃんに教えてあげるわ」

 

そう言って、まだ精液が付いている僕のチンポを綺麗に舐めてくれました。

 

舐められてるうちに、チンポがまたビンビンに勃起してしまいました。

 

「あら、あら、若いしやっぱり一度射精したぐらいじゃ収まらないみたいね、うふふ」

 

そう言うと、今度は仰向けに寝るように言われました。

 

仰向けに寝た僕のチンポを、今度は手で握って扱き始めました。

 

時々唾をつけてクチュクチュ音をさせながら扱いてくれました。

 

しばらく扱かれてるうちに、また精液が出そうになってきました。

 

「あ~、また出ちゃうよ~、出ちゃう、出ちゃう~~!」

 

そう叫んで体をビクンビクン痙攣させると、明子さんに頭を起こされ、自分のチンポから精子が飛び出る様子を見せられました。

 

最初の1発目は胸に、次は顔に、次は頭を越えて飛び出し、その後も何度もビュッビュッと出てきてお腹や臍の所にもかかりました。

 

「尚ちゃん、ものすごい勢いで射精するんだね。こんなに精液が飛ぶ人ってあんまりいないわよ。尚ちゃんは何もかも凄すぎよ」

 

明子さんが感心するように言いました。

 

2回も射精して、チンポも大人しくなった所で、競泳パンツを穿き直し、海岸に泳いで戻りました。

 

孝志は、長い時間ほっとかれてたんで少し不機嫌でした。

 

けど、僕は明子さんが教えてくれる「もっと気持ちいいこと」というのが気になっていたので、今夜のことでワクワクしていて孝志がなに言っても気になりませんでした。

 

おばさんが僕のチンポに跨ってきた

 

夜になって旅館の部屋に布団を敷き、明子さんを挟む形で、僕と孝志がその横に寝ることになりました。

 

3人でおしゃべりしているうち、孝志が寝息を立てるようになりました。

 

寝たのを確認すると、明子さんがそっと僕の布団に入って来て、いきなりキスしてきました。

 

最初は唇を合わせるだけでしたが、だんだん口を開けて舌を絡ませてきてディープキスになっていきました。

 

僕はとても興奮してきて、みるみるチンポが勃起していきました。

 

「じゃあ、尚ちゃんを大人の男にしてあげるね」

 

そう言うと明子さんが、仰向けに寝ている僕の浴衣の帯をほどき、前をはだけて体を優しく撫で始めました。

 

僕は、浴衣の下にはビキニブリーフ1枚の格好で、勃起していたため、亀頭がビキニからはみ出していました。

 

「尚ちゃんの大人より立派なおちんちんで、本当の大人の男になろうね」

 

そう言って、僕の乳首を舐めてきました。

 

同時に手は僕のビキニブリーフに伸びて、その上から勃起しているチンポを優しく撫で回してきました。

 

明子さんはビキニブリーフを脱がせると、昼間のように再びチンポを咥え、口で優しく舐め回し、金玉袋も口に含んだり舐めたりしてくれました。

 

僕はあまりの気持ち良さに、横で孝志が寝ているのにもかかわらず、声を漏らしていました。

 

「じゃあ尚ちゃん、いくわよ」

 

明子さんが浴衣の帯をほどくと、下着もなにも付けてない素っ裸状態でした。

 

そのまま浴衣を羽織ったような格好で、僕の上に跨ってきました。

 

「さあ、尚ちゃん、いよいよ大人の男になるのよ」

 

明子さんが僕のチンポを掴んでゆっくりと腰を落としてきました。

 

その瞬間、チンポがヌルっとした温かいヌメヌメしたものに包まれて、あまりの気持ち良さに、

 

「はあ~~!」

 

と声を上げてしまいました。

 

明子さんが腰を静かに上下させてきます。

 

その度にチンポが揉みしだかれるようで、もう何が何だか分からないような気持ち良さでした。

 

「尚ちゃん、気持ちいいの?もっと気持ち良くなってね」

 

僕はただ頷いて、声を漏らすように

 

「気持ちいい~!」

 

と連発していました。

 

昼間に明子さんの口でしゃぶられた何倍もの気持ち良さで、すぐに爆発しそうになりました。

 

「あ~、気持ちいい~、もう出ちゃうよ~!」

 

と言うと、

 

「あん、いいのよ、我慢しないでいっぱい出してね、おばさんも尚ちゃんの精液が欲しいの」

 

(気持ちいい、このまま思い切り出したい)

 

それ以外、何も考えられませんでした。

 

「出るよ!おばさん、出ちゃう、あ~~、気持ちいい~!出ちゃう~~!」

 

言い終わると同時に、おばさんのオマンコの中に思い切り射精していました。

 

おばさんのオマンコに連続で中出し

 

おばさんが僕の上に倒れ込んできて、優しくキスしてくれました。

 

「尚ちゃん、よかった?本当に気持ちよかった?」

 

と聞くので、

 

「めちゃくちゃ気持ち良かった」

 

と答えました。

 

「よかった、尚ちゃん、これで本当の大人の男になったんだよ。6年生じゃ少し早いのかもしれないけど、もう立派なおちんちん持ってるんだし、おばさんのことも凄く気持ち良くしてくれたんだから、もう立派な大人の男だよ」

 

それを聞いて、とても嬉しくなりました。

 

「声出しちゃったけど、孝志起きないね」

 

と言うと、

 

「孝志には晩御飯の時、こっそりと弱~い睡眠薬を飲ませておいたのよ。だから声を上げたぐらいじゃ起きないから大丈夫よ」

 

「それじゃあ、もっとやっても大丈夫なの?」

 

今日すでに3回も射精したというのに、僕のチンポは明子さんのオマンコの中でまだビンビンに勃起したままでした。

 

「尚ちゃんのおちんちん、まだ大きいまんまだね」

 

そう言うと明子さんは腰をクネクネさせて、オマンコで僕のチンポに刺激を与えてきました。

 

「尚ちゃん、まだまだ出来るのね、今度は尚ちゃんが動いてみて」

 

騎乗位のままでしたけど、今度はキスし合ったり、僕が明子さんのおっぱいを揉んだり、明子さんは僕の乳首を優しく触ったりしながら、さっきよりも長い時間繋がり合っていました。

 

僕の腰の上下の動きに明子さんも感じてくれてるみたいで、明子さんの方が先に絶頂を訴えてきました。

 

「あ~ん、尚ちゃん、もうおばさんイッちゃう、イッちゃうわ~!」

 

そう言われて、僕も

 

「僕も出ちゃう!あ~~、あ~~、出る~~~!」

 

「尚ちゃん、イッて、イッて~~、おばさんもイク!イク~~、あ~~、イク~~!」

 

二人同時に絶頂を迎えて、倒れ込んだおばさんを抱きしめたまま、しばらく余韻に浸っていました。