Pocket

チンポ縛り 射精
画像はイメージです

 

居酒屋で股間を撫でてきた

 

私は30歳のサラリーマンです。

 

先日、仕事で会社の倉庫に在庫調査に行った時、別の業者の女性と出会いました。

 

話をしていると妙に気が合い、意気投合し、

 

「近々お酒でも飲みましょう」

 

と約束までして携帯電話の番号を交換し、その日は分かれました。

 

すると次の日の朝、早速彼女から電話がありました。

 

「あなたは気が弱そうだから、私から連絡しないと駄目かと思った」

 

と言うのです。

 

見透かされていてその通りで、私は気が弱くて自分から女性に声を掛けたことなんてありません。

 

だから今回も電話しようかどうか悩んでいたので、本当に嬉しかったです。

 

夜、待ち合わせの場所に行くと、かっこよくスーツを着こなした彼女が既に待っていました。

 

タイトなミニスカートから伸びる脚は黒いストッキングに包まれていて、締まったウエストから上には大きなおっぱいが確認できます。

 

近くのホテルのレストランで軽く食事を済ませた後、どうしようか悩んでいたら、

 

「もう一軒行こうよ」

 

と彼女に誘われて、彼女の知っているお洒落な感じの居酒屋に入りました。

 

カップル席みたいなボックス席に案内されて、ビールを飲んだり、カクテル飲んだりしていました。

 

そのうちに、なんとなく彼女の手が私の太ももに置かれていて、指先がサワサワと股間の辺りを撫でてきました。

 

私の部屋来る?

 

当然勃起しました。

 

彼女も気づいたようで、指先が亀頭のあたりを刺激してくると、思わず声が出てしまいました。

 

「勃起してるね」

 

って彼女が笑顔で言うので、

 

「ごめんなさい・・・」

 

ってついつい謝ってしまったら、

 

「素敵よ」

 

なんて言ってきました。

 

今度は大胆にも、彼女はズボンの上からチンコの形を確かめるように、手の平で包むように触ってきました。

 

私は驚いてしまって、ビクンッと身体が痙攣したみたいになりました。

 

しかもよく見ると、テーブルの下の彼女の脚は少し開き気味になっていて、もう片方の手で自分のオマンコに触れているみたいでした。

 

「私も濡れてきちゃった」

 

って自分の唇を色っぽく舌で舐め回す感じで私を見るのです。

 

(ひょっとして痴女?)

 

って少しビビッたんですけど、逆に凄く刺激的で興奮してしまい、思わず彼女の太ももの辺りに触れちゃいました。

 

すると彼女も、ズボンの上から私の勃起したチンコを優しく掴むように扱いてきました。

 

店の中が暗いのと、ボックス席だから周りに気付かれる心配は無いんですが、もうドキドキしてしまいました。

 

「出ようか」

 

って彼女が言うので、

 

(ホテルで続きかな・・・)

 

って期待しながらお勘定して店を出ると、彼女はホテル街とは違う方向に向かいました。

 

(帰るのかな?)

 

って残念だなぁって思ってたら、彼女は僕の方を振り向いて、

 

「私の部屋来る?」

 

って聞いてきたので、大きく頷いてしまいました。

 

これでずっと勃起しっぱなしね

 

彼女はタクシーを停めて、そして行き先を告げました。

 

タクシーの中では、彼女の手がまた私の股間に伸びてきて、そして今度はファスナーを引き下ろして、直接手を入れてチンコを触ってきました。

 

私は運転手さんに気付かれないかが心配で、何も無いような顔して窓の外の流れる景色を息を殺して見ていました。

 

すると彼女はすっかり勃起してしまった私のチンコをズボンから取り出し、指で上下にリズミカルに扱き始めました。

 

「素敵なモノを持ってるのね」

 

なんて耳元で囁かれて、

 

「どうも」

 

って間抜けな返事をしちゃいました。

 

そしたら彼女、自分の髪を結んでいた太い輪ゴムみたいなので、いきなり私のチンコの根元をきつく縛ってきました。

 

「うふふ、これでずっと勃起しっぱなしね」

 

って微笑むもんですからゾクッってしました。

 

でもなんだか嬉しい自分がいました。

 

亀頭からネバネバしたガマン汁が溢れてきてて、それを彼女が竿全体に塗るようにして扱いてきました。

 

金玉がキューって上ってきて、

 

(ああ、もう出ちゃうかも)

 

って目を閉じたら、タクシーが止まりました。

 

「お釣りはいいわ」

 

なんて言いながら彼女、驚いたことに私の股間を引っ張るようにして私を強引にタクシーから引きずり出しました。

 

運転手も驚いていましたけど、ニヤニヤしていたように思います。

 

射精できなくて気が狂いそう

 

結構立派そうなマンションのエントランスを、彼女に強制勃起させられたチンコを引っ張られながら、エレベーターホールに向かいます。

 

「この時間は誰もいないから心配いらないよ」

 

なんて言ってエレベーターのボタンを押すと、いきなりキスしてきて私は顔全体をベロベロ舐められました。

 

しかも下半身はチャックからチンコが露出していて、それも輪ゴムで止められているから、赤黒いグロテスクな肉の塊みたいな感じです。

 

ガマン汁は溢れ出てきていて、チンコを触る彼女の手の平はもうグチョグチョで泡みたいな感じになっていました。

 

エレベーターに乗った途端、彼女はしゃがみ込んで、まるで池の鯉みたいに丸く口を開けて、そしてカポッって亀頭を咥え込んでフェラしてきました。

 

ググググって根元まで全部が彼女の口の中に納まってしまい、でもすぐに亀頭のあたりまで戻り、その繰り返しを続けられているうちに、強烈に気持ちよくなってきました。

 

「イクイク・・・出そう」

 

って情けない声を出しちゃったんですけど、彼女は一向に止める気配がありません。

 

「ああ、出るぅ」

 

・・・

 

そうなんです。

 

根元をゴムできつく縛られているから、射精したくても出来ません。

 

絶対に射精してるはずなのに、あの精液が尿道の中を通過する快感が得られないんです。

 

しかも竿は赤黒い色から紫色みたいな感じに変色してきてて、

 

(あひゃ~、気持ちいいんだけど気持ちよくなれない~)

 

みたいな拷問のような感じで、涙目になってきたらエレベーターが止まりました。

 

今度は彼女は私の背後に回り、後ろから手を伸ばして私の変色したチンコを扱きながら、エレベーターから押し出されました。

 

股間からニョッキリとチンコを出しながら歩いていたら、彼女の手が方向を示すようにチンコを動かしてきました。

 

廊下を曲がった突き当たりが彼女の部屋でした。

 

カードでドアを開けると、いきなり私のズボンを引き下げて、何度か深く喉の奥までチンコをディープスロートしてきました。

 

チンコを咥えながら自分でスカートを捲り上げると、彼女は普通の女性のパンストじゃなくて、太ももまでしかないようなストッキングを履いていました。

 

跪いているので、太腿の付け根の白い柔らかい肌がとても綺麗で、見とれてしまいました。

 

彼女は後ろを向くと、自分でTバックのショーツの股間の部分を少しずらしました。

 

そして私の勃起したチンコを、オマンコにズボッっと奥まで一気に挿入しました。

 

そして私に腰をグリグリ押し付けるようにしながら、何度もチンコを出したり入れたりしてきました。

 

私はもう本当なら何度も射精しちゃってるはずなんですけど、あのドピュッっていう気持ちいい射精感がありません。

 

悶々として、尿道に精液がいっぱい溜まっているような感じで、気が狂いそうでした。

 

太くなったチンコから勢いよく精子が・・・

 

しかし、彼女は一向に止める気配がありません。

 

さらに強烈にヒップを押し付けてきます。

 

よく見ると自分の指でクリトリスを触ったりして、グチョグチョに愛液が溢れてきています。

 

私の足を伝わって、床に水溜りを作っているではありませか。

 

今まで、自分の快感だけを考えていたけど、私のチンコで女性がこんなにも感じてくれているんだと思うと、急に彼女が愛らしく思えてきました。

 

私は、パンティーをずらしてチンコを迎え入れている彼女の背中に、そっ~と顔を摺り寄せました。

 

そして、小刻みに震えて汗を滲ませている彼女の体臭を、思いっきり吸い込みます。

 

それから彼女の胸に手を持っていき、スーツの厚い生地の上から、豊かな膨らみを手の平と指を使い、力いっぱいに揉みました。

 

下着とブラウスと上着の厚い生地を通してでも、彼女の乳首が隆起しているのが分かります。

 

そして彼女のリズムに合わせるように、今度は私が自ら腰を振り、彼女のオマンコに痛いくらいに勃起したチンコを何度も何度も打ちつけました。

 

彼女の口からは、

 

「アウ、アウ」

 

と嗚咽がこぼれます。

 

彼女のオマンコがチンコを締め付けます。

 

私は彼女の腰を両手で掴み、まるで全身を彼女の中に突っ込むほどの勢いで、彼女のオマンコにチンコを何度も何度も差し込みました。

 

その時、私の根元をグリグリ巻きにして縛っていたゴムが「プチッ」と軽い音を立てて、切れてしまったのです。

 

その途端、精子が堰を切ったように尿道を流れていきます。

 

まだ射精するつもりなんかなかったのに、強烈な尿道への刺激が私の腰を中心に身体全体に広がりました。

 

まるで魂を放出しているかのような、言葉に出来ないほど気持ちよく長い射精でした。

 

何度も我慢して外に出るのを遮られていた精液が、粘度を増して狭い尿道を押し広げながら、一気に亀頭の溝から溢れ出していきます。

 

私のチンコは、いつもの倍くらいの太さになっていたんじゃないかと思うほどです。

 

「なに?なに?」

 

彼女が振り返りながら不安そうな声を上げます。

 

それはそうでしょう。

 

今までオマンコ内に収まっていたチンコが、急激に太くなって中で爆発したのですから。

 

「アウ、アウ、ア~」

 

彼女の声のトーンが高くなり、私の太くなったとチンコと発射される精子の勢いに彼女の膝の力が抜けて、床にしゃがみ込んでしまいました。

 

彼女が倒れ込んだ勢いで、私と彼女は離れてしまいました。

 

しかし私のチンコからは、まだトロトロと精子が流れ出ていて、しゃがみ込んだ彼女の脚や顔にポトンポトンと滴り落ちています。

 

こんな強烈なセックスは初めてでしたし、こんな中出しの経験も生まれて初めてなので、彼女とのセックスが病み付きになりそうです。