Pocket

修学旅行 童貞
画像はイメージです

 

童貞君に胸を触らせようと・・・

 

高校の修学旅行の時の話です。

 

夜になって私はクラスの女の子たちと、クラスでも仲のいい男の子たちのいる部屋に遊びに行きました。

 

トランプをやって盛り上がった後、男子の布団に女子が一人ずつ入って、皆でエッチな会話で盛り上がっていました。

 

その中に童貞の男の子がひとりだけいました。

 

私は童貞君の布団に入っていました。

 

そのうちに話はその童貞君の所に向いてきました。

 

彼は女の子と付き合ったことはあるけど、奥手すぎで胸も触ったこともキスもしたこともないそうです。

 

皆でそれをからかって、奥手の童貞君に胸を触らせてみようってことになりました。

 

私はその当時、ヤリマンですでに20人くらい男性経験があったので、男馴れしている私に決まり、男の子達が無理やりその童貞君の腕をつかんで私の胸を触らせようとしました。

 

でも童貞君はかなり照れて抵抗していました。

 

私は別に胸ぐらいどうってことなかったので、私もふざけて胸を触らせようとしたけど、やっぱり抵抗しました。

 

見かねた他の男子が、私の胸を思いっきり揉んできました。

 

それを皮切りに、他の男子も遠慮なしに次々と私の胸を揉んできました。

 

みんな揉み終わっても、童貞君は参加して来ませんでした。

 

なんだかムカついた私は、童貞君の股間にまたがって騎乗位の体勢になり、寝巻の上からセックスのまねをして盛り上げていました。

 

すると童貞君のおちんちんが勃起してきて、私のクリトリスに当たったのが分かりました。

 

ちょっと興奮しちゃって、さすがの私もオマンコが濡れちゃいました。

 

みんなが寝た後に童貞君が・・・

 

でもさすがにそこで止めました。

 

ふたたび童貞君の布団に入り、時間も経ってみんな疲れたんで寝ました。

 

私は童貞君が腕枕をしてくれたので、そこで寝ました。

 

皆も寝静まった後の事です。

 

みんなの寝息が聞こえ出してきたころ、私はまだ寝られなくて、狸寝入りをしていました。

 

そしたら隣で寝ているはずの童貞君が私の方を向き、いきなりキスをしてきました。

 

しかもディープキスです。

 

次はキスをしながら乳首をクリクリ、そして胸をモミモミ。

 

そしてだんだん手が下のほうへ伸びていきました。

 

私はちょうどその時彼氏がいなかったのでかなりの欲求不満で、もうオマンコはそれだけでヌレヌレでした。

 

その手はだんだんとパンツに近づいてきました。

 

パンツの上から童貞君が指でクリトリスを激しく前後に擦りました。

 

私は感じてしまって、

 

「あ・・・あっ・・・」

 

と声を出してしまいました。

 

私が起きていることに気づいた童貞君は抵抗をしませんでした。

 

私に対してやってもいいと思ったらしく、さらに激しく擦ってきました。

 

太もも付近を焦らすかのように触り、パンツの中に童貞君の手が入ってきました。

 

その時もう私のパンツの中はグチョグチョで、パンツの上からでも濡れているのが分かるくらいパンツが湿っていました。

 

童貞君の手がパンツの中に入ってきて、オマンコの方に伸びました。

 

指をオマンコの中に入れたり出したりしてきて、音がグチョグチョしてきました。

 

愛液がたっぷりついた手で、童貞君は私のクリトリスを弄り始めました。

 

そんなことされたら私もすごく感じちゃって、声が少し大きくなってしまって息遣いが、

 

「はぁ・・はぁ・・・」

 

って漏れちゃいました。

 

ますます興奮した童貞君は激しくクリトリスを擦ってきて、愛液を付けると感じるのが分かったのか、愛液を塗ってクリトリスを擦ってきました。

 

私はすごく気持ちよくなってしまって、

 

「いっ・・・いくぅー・・・っ」

 

と気持ちよくイカせてもらいました。

 

みんなが寝ているのでドキドキ

 

それから童貞君は私の足を軽く持ち上げ、自分おちんちんを私のオマンコの中に入れようとしました。

 

オマンコの場所が分からないらしく、亀頭をあちこち動かして探し出し、やっと見つけるとヌルヌルの私のオマンコにヌプッと入っていきました。

 

彼は見たこともない気持ちよさそうな顔で、入った瞬間に、

 

「あーっ・・・」

 

と声を出し、腰を動かし始めました。

 

童貞なので動きがぎこちなくて私は物足りなくなり、

 

「私が教えてあげるっ」

 

と言って彼と体勢を入れ替え、騎乗位の状態になりました。

 

私は腰を上下に動かし、彼の気持ち良さそうな顔を見て自分もだんだん気持ちよくなり、愛液がオマンコから漏れてきました。

 

そうなったくらいに童貞君が正常位の体勢になり、一生懸命腰を振り、私は気持ちよくなって、

 

「もっとっ・・・もっと・・・いいぃー」

 

小さい声で耳元で囁きました。

 

周りではみんなが寝ているのでドキドキものでした。

 

でもそのスリルが逆に燃えさせてくれて、もうわたしは頭の中が真っ白になって感じてしまいました。