Pocket

短小 早漏
画像はイメージです

 

イケメンだけどチンポが短小の俺

 

俺は社会人3年目の25歳の男です。

 

去年の話なんですが、会社から資格をとるように言われ、休日に近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。

 

そのスタバは駅の近くにあったので、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。

 

夕方5時ごろだったと思いますが、そろそろ帰ろうと思って店を出ました。

 

少し歩いたところで、後ろから声を掛けられました。

 

「すいません、ちょっといいですか?」

 

見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。

 

スタバにいた時からちょっと気になってたので、すぐに分かりました。

 

なぜ気になってたかというと、着ているニットの盛り上がり方が凄いんです。

 

しかもロリ顔です。

 

俺はロリ巨乳が大好きなんです。

 

EカップかFカップはありそうでした。

 

20代前半の背は低めで、可愛らしい子でした。

 

薄手のニットにスカートという格好です。

 

あとで聞いたんですが、22歳で社会人1年目でした。

 

実は俺、容姿にはそこそこ自信があって、身長は180センチで細マッチョ、顔もまあまあイケメンと言われてわりとモテるんです。

 

だから声掛けられるのも慣れてて、

 

(あ~またか)

 

ぐらいに思ってました。

 

「どうかしました?」

 

「あの、もしよかったら、連絡先教えてもらえませんか?」

 

相手の女の子は恥ずかしげでしたが、こっちは結構慣れたもんです。

 

けど慣れてる感じが伝わるのはよくないと思って、びっくりした感じで応えました。

 

「は、はい!俺なんかでいいんですか?」

 

そう言って、お互いのLINEを交換しました。

 

「急に声掛けられたんで、びっくりしましたよ」

 

「ごめんなさい、スタバにいたときから気になってて」

 

「もしよかったら、晩ご飯どうですか?ちょうど家に帰ってご飯食べようと思ってたとこですし」

 

「本当ですか?是非おねがいします!」

 

いきなりの展開にビックリですが、これはチャンスです。

 

このまま飲みに行って、ホテルに連れ込んでやろうと思いました。

 

元々は逆ナンなので余裕ですよね。

 

しかし、俺には悩みがあるんです。

 

実はチンポがかなり小さいんです。

 

長さで言うと10センチぐらい?

 

仮性包茎だし、太くもありません。

 

しかも身長が高いだけに、余計に小さく見えちゃうんです。

 

見え張りました

 

この容姿のおかげで、女性から声かけられることもあるので、女遊びはよくするほうなんです。

 

20人以上とセックス経験があります。

 

クラブとかでお持ち帰りすることもあるのですが、いかんせん祖チンなので、セフレとか出来たことはありません。

 

だからといって、この目の前のカワイイ子を逃す理由は無いですよね。

 

どうせ、

 

(一晩だけ、楽しめりゃいいや~)

 

って思ってました。

 

そんなわけで2人で駅近くの居酒屋へ行きました。

 

奥の向かい合わせの席に通されます。

 

ほどほどに飲みつつ、会話を弾ませます。

 

彼女は都心の旅行会社で新卒で働いているそうです。

 

住んでるのは俺の家とはちょっと離れているんですが、同じように資格試験があるとのことで、スタバで勉強していたそうです。

 

そこで俺を見つけたってわけです。

 

最初は緊張してたのか口数が少なかった彼女ですが、酒が進むと饒舌になってきました。

 

「彼氏とかいないの?」

 

「いたら声掛けないでしょ、もう1年ぐらいいないよ~」

 

「じゃあご無沙汰なんだ」

 

「ちょっ、なんの話?」

 

そんな感じで若干下ネタを交えつつ話していました。

 

彼女は背が低いので必然的に上目遣いになりますが、それがちょっとエロくていいんです。

 

しかも胸の盛り上がり方が凄い。

 

上から谷間が見えちゃいそうで、思わず勃起しそうでした。

 

そして、彼女はボディタッチが多いんです。

 

いつの間にか、向かいにいたのが隣に座ってるし。

 

腕とか太ももとかに触れられながら、会話してます。

 

なのでら下ネタトークがさらに加熱して、

 

「ご無沙汰なんだたら普段どうしてるの?彼氏いないんでしょ?」

 

「まーねー分かるでしょ?」

 

「今日みたいに男捕まえてんの?」

 

「ちょっと!こういうのはたまにしかしないよ!」

 

たまにでも逆ナンする女の子って、絶対ビッチでしょ。

 

さらに、どんどんきわどい内容になっていきます。

 

「前にエッチした人が忘れられないぐらい良かった」

 

「すっごいでかくて、長さが20センチぐらいあったの」

 

「奥まで突かれて狂っちゃいそうになったわ」

 

なんていう下劣な話をする彼女。

 

これはもうOKですね。

 

しかし、それを聞きながら俺は自分の短小チンポが憎くなりました。

 

けど、見栄張って、

 

「20センチもないけど大きさには多少自信があるよ」

 

「いまもセフレが何人かいるし」

 

なんて言っちゃいました。

 

すると彼女は、

 

「すごー!上手なんだね!やっぱ男はでかくないとねー!」

 

とか言ってるし俺は涙目です。

 

そうこう話してるうちにお会計しました。

 

長居してても仕方ないですしね。

 

居酒屋を出た後はすんなりホテルについて来てくれました。

 

過去最高のおっぱい

 

駅の裏手にあるホテルの一室に入ります。

 

「広いねー!いい感じの部屋じゃん!」

 

やけにテンションが高い彼女。

 

「じゃあ私、先にシャワー浴びるねー」

 

と言ったのですが、3分ぐらいで出てきました。

 

「ねーねー、お湯出ないよー」

 

そう言いながら下着姿で脱衣所の扉を開けて出てくる彼女です。

 

やっぱり巨乳が凄い!

 

ブラしてますがスゲー谷間で盛り上がってました。

 

もうギンギンに勃起しました。

 

といっても短小ですが・・・

 

結局お湯は出ないようで、体を洗わずベッドへ行くことにしました。

 

まずは俺が上になってキスします。

 

彼女は吐息を漏らしながら舌を絡めてきます。

 

動きがめっちゃエロいんです。

 

下から俺の頭に手を回し、髪をクシャクシャしてきます。

 

「キス好き~、もっとして!」

 

彼女はまだ飲んでるときのテンションが残っているせいか、はっきりとした口調で言います。

 

キスをしながら、シャツの上からおっぱいを揉みます。

 

これがすっごい気持ちいい!

 

色白でスベスベしてて最高の揉み心地でした。

 

「すげぇ!なにカップあるの?」

 

「Fだよ~おっぱい好きなの?」

 

「当たり前じゃん!こんなに大きくてキレイなおっぱい初めてだよ」

 

本当に彼女のおっぱいは今まで見てきた中でも最高でした。

 

ブラを外しても全く垂れておらず、小さな乳首が上を向いていました。

 

「舐められるのはずかし~」

 

とか言いながら、乳首を舐めてる俺の頭をつかんで胸にどんどん押し付けてきます。

 

「んっ、あっ・・・んっ」

 

乳首や、鎖骨、耳のあたりを舐めると、すごく感じてる様子です。

 

そんな様子を見て俺のチンポもギンギンです。

 

おっぱいに顔を埋めながら彼女の脚を撫でます。

 

脚も凄くスベスベしてて気持ちいい。

 

感じやすい彼女

 

すると彼女のほうも、俺の腕や背中、お尻のあたりをサワサワしてくるようになりました。

 

ここで俺はトランクス1枚になります。

 

お互いに激しく絡み合っている状態です。

 

彼女の脚の間に俺の膝を入れ、オマンコ周辺に触れていきます。

 

すると彼女はビクっとのけぞったような反応をし、かなり感じているのが分かりました。

 

オマンコにはギリギリ触れずに、ジワジワと感じさせていきます。

 

「すごい感度いいんだね」

 

「いやん、恥ずかしい」

 

そう言い終わらないうちに、膝で思いっきり彼女のオマンコに触れます。

 

「んああっ!ちょっといきなり・・・」

 

そう言って体をクネクネさせています。

 

「ひざ使うのエロいよ・・・禁止だからね!」

 

じゃあ、膝がダメなら・・・

 

と手でパンティーの上からオマンコを触ります。

 

「うあっ!ああん!ダメえぇぇ」

 

彼女のパンティーはもうぐっしょり濡れてます。

 

ここからはパンティーを下ろし、一気にクリトリスを責めていきます。

 

「あっ、あっ、いいっ!あぁ!あぁぁ~!すごい、すごくいい!ああぁ!」

 

巨乳を揺らしながら喘ぐ姿はめちゃくちゃいやらしいです。

 

クリトリスを重点的に責めた後、オマンコに指をいれ、イカせにかかります。

 

「あぁ!すごい、いい!!イクうう!あああ、イク!!うあっ、うっ、うっ、う・・・」

 

ゼイゼイ息をしながら、グッタリとしている彼女。

 

「すごいイキやすいんだね」

 

「ハァハァ・・・うん、そうなの・・・」

 

肩で息をしながら彼女が答えます。

 

「気持ちよかった?」

 

「うん、すごくよかった・・・」

 

ちっちゃい上に早漏

 

そして次は俺が受身になる番なのですが、見栄を張ってしまったため、やはり粗チンを見せるのは恥ずかしいです。

 

そんなことを考えているとチンポが萎えてきました。

 

しかも完全に小さくなって、スッポリ皮を被ってしまいました。

 

すると彼女が起き上がってきて、

 

「すごい気持ちよかったよ~、さすが何人もセフレいるだけあるね」

 

とトローンとした声で言ってきます。

 

経験人数20人以上で場数を踏んでるだけはあって、前戯には自信があったのですが、チンポの大きさはどうしようもありません。

 

そうこう考えてるうちに、彼女が抱きついてきて、キスされました。

 

長くていやらしいキスのあと、彼女が俺の眼を見て言います。

 

「今度は私が気持ちよくしてあげるね」

 

「う、うん・・・」

 

当然の流れです。

 

いよいよ白状する時が来てしまいました。

 

「じゃあ、自慢のアレを見せてもらおっかな~」

 

彼女は俺のトランクスに手をかけ、一気にズリ下げました。

 

「・・・え?」

 

彼女の顔がポカンとしています。

 

沈黙がつらい。

 

「なんか・・・思ってたよりかわいいね」

 

「あの・・・えっと・・・」

 

彼女は黙って、俺のチンポに触れてきます。

 

すると、みるみるうちに勃起していきました。

 

「あれ?自信あるんじゃなかったの?なにこれ・・・」

 

俺のチンポを手の中でもてあそびながら言いました。

 

「ごめん・・・さっきの嘘で・・・」

 

「なにそれ、見栄張ったの?」

 

ニヤニヤしながら俺のほうを見つめてきます。

 

「背高いからおっきいかなって思ったのに、こんなだったなんてウケる」

 

「ごめん・・・」

 

「見栄張らなくていいのに・・・それにしてもちっちゃいね、こんなの見たことない」

 

そう言って散々笑われた挙句、手だけでイカされちゃいました。

 

「ちっちゃい上に早漏だなんて、まじヤバイね」

 

結局その日は何とか再び勃起させて1回はオマンコに入れたものの、早漏で5分も持たずにドピュッ!

 

「さすがに早過ぎ」

 

「せっかく前戯上手いのにもったいないなぁ」

 

そう言われこの日は終了です。

 

ホテルを出るときに、

 

「期待してたけど全然だった、面白かったけどね・・・でも連絡はしてこないでね」

 

と言われ、彼女は帰っていきました。