Pocket

農家 淫乱奥さん
画像はイメージです

 

おばさんの揺れるおっぱいに興奮

 

僕はAVで、「農家の嫁」とか「農家の奥さん」といったタイトルを見ると物凄く興奮してしまいます。

 

何故なら僕は高校時代に、アダルトビデオのように実際に淫乱痴女な近所の農家の奥さんとセックスしたことがあるんです。

 

農家の奥さんは、景子という当時四十路過ぎのおばさんでした。

 

僕の住んでい場所は田舎で、景子さんは近所の農家の奥さんでしたが、無防備というかノーブラにTシャツでした。

 

だから乳首が浮き出てましたし、青春時代の僕のオナネタでした。

 

しゃがんでる時には胸元が緩いのでおっぱいの谷間がモロ見えでした。

 

ちょくちょく話しかけたりしてはおっぱいの谷間を覗き、オナニーのおかずにしていました。

 

そして夏前ぐらいの時、一人で家にいたら、景子さんから野菜を貰いました。

 

「スイカ冷やしなよ」

 

と言われて、バケツに水を入れて冷やしながら、しゃがんでる景子さんの胸元を覗いていました。

 

その時は白いブラに豊満なおっぱいが包まれていて、動く度にユサユサ揺れています。

 

そこまで爆乳ではないけど、超エロい光景です。

 

間近でガン見してたら景子さんと目が合ってしまい、

 

「汚ないもの見せちゃったね」

 

と胸元を隠されました。

 

「おばさんのおっぱいなんて目の毒だね」

 

と笑う景子さんに、

 

「柔らかそう」

 

と話すと、一瞬景子さんが固まりました

 

「柔らかいよ」

 

と笑う景子さんが、背筋を伸ばしておっぱいを突きだすような仕草をすると、

 

「触りたい?」

 

と聞かれたので頷くと、

 

「いいよタクちゃん」

 

と言って景子さんが突き出すおっぱいを触ると、柔らかくて触り心地が良かったです。

 

「優しく触って・・・ところでタクちゃんまだエッチした事ないでしょ?」

 

と言われて赤面しました。

 

「恥ずかしくないよ、まだ高校生なんだから」

 

僕はフル勃起したので立てませんでした。

 

「もしかして起っちゃった?」

 

と聞かれて頷くと、

 

「おばさんでよかったら、口でしてあげようか?」

 

「口ってフェラ?」

 

と聞くと景子さんは頷きました。

 

フェラチオで口内射精

 

そして玄関に入り、鍵を閉めると景子さんがそっとズボンの上からチンポを撫でてきて、

 

「元気だね」

 

と笑いながら触ってきました。

 

「脱いで」

 

と言われてズボンを脱ぎ、トランクスを脱がされて、

 

「結構立派じゃない?うちの旦那よりおっきい!」

 

と笑いながら触ってきて、ゆっくりと柔らかい手でチンポを握られ、立たされた僕の前に跪き、

 

「お母さんとかに絶対に言わないって約束出来る?」

 

と聞かれて頷くと、両手でしごきながらゆっくりとしゃぶりついてきてフェラチオされました。

 

チロチロと亀頭を舐めまわされ、とても気持ちいいです。

 

僕の顔を見ながら、ジュルッジュルッとしゃぶりつかれただけで、僕はビクビクと感じました

 

「かわいい」

 

とエッチな農家の奥さんは、頭を動かして徐々に動きを早めました。

 

ジュポッジュポッと吸い付きながらのフェラに直ぐに限界がきて、

 

「あっ!出ちゃう!」

 

慌てて腰を引いたら、景子さんは引いた腰を掴み、強く吸い付いてきました。

 

その瞬間に僕は景子さんの口の中に、勢いよく精液を飛び散らせました。

 

目をつぶりながら景子さんは吸い付いてから、

 

「ご馳走さま、気持ちよかった?」

 

と聞かれて頷くと、

 

「ならよかった」

 

と話し、景子さんとメール交換しました。

 

しばらくフェラの快感を味わった余韻が残っていました。

 

あたしが我慢できない

 

数日後の夜に景子さんから、

 

「今ひま?」

 

とメールが来ました。

 

暇だと返すと、

 

「家にくる?」

 

「みんなは?」

 

「○○祭りに行ったから誰もいないから」

 

お風呂に入ってから、時間になり景子さんの家に行くと、確かに車は景子さんのしかありませんでした。

 

恐る恐るチャイムを鳴らすと、エロい農家の奥さんの景子さんが出てきました。

 

Tシャツにデニムのスカートで、髪は少し濡れていて束ねていました。

 

「暑いね、上がって」

 

と家に入り、居間で飲み物を飲み、テレビを見ながら話をしていると、

 

「タクちゃんて、あたしの事みてどう思う?」

 

と聞かれて、

 

「色っぽい」

 

と話すと、

 

「本当?ありがとう」

 

と微笑みました。

 

景子さんはコップに入っていたビールを一気に飲み干して。

 

「ねぇタクちゃんから見てあたしってストライクゾーン?」

 

「え?」

 

一瞬意味がわからずにいると、

 

「だからエッチの対象に入るのかな?って」

 

「そりゃ景子さん、色っぽいからエッチしてみたいよ」

 

「じゃあエッチする?」

 

驚いていると、

 

「だってタクちゃんのおちんちん凄く立派なんだもん」

 

と景子さんに言われてドキドキしましたが、

 

「でも童貞で経験ないし」

 

「初めてがこんなおばさんじゃ嫌だよね?」

 

「そんな事ないよ!SEXしたいよ」

 

「じゃあこっちに来て」

 

と居間から廊下を歩いて奥に行くと、客間の和室に連れていかれ、そこには布団が敷いてありました。

 

戸を閉める景子さんが背後から抱きついてきて、振り向くとキスしてきました。

 

「タクちゃんがダメでも、あたしが我慢できない」

 

と言って僕にキスしてきました。

 

淫乱な農家の奥さんに中出し

 

豊満なおっぱいを服の上から触るとノーブラでした。

 

「舐めて」

 

景子さんがTシャツを脱ぐと、形が綺麗な美乳おっぱいが露わになり、夢中でしゃぶりついていました。

 

「ンッンッンッ」

 

と景子さんは吐息を漏らしながら、おっぱいを押し付けるようにしてきました。

 

僕は乳首に吸い付いたり舐めたりして、景子さんのスカートの中に手を入れました。

 

触るとビックリするくらいパンティが濡れていて、

 

「アンッ、いやん」

 

と景子さんは敏感に反応しました。

 

「タクちゃん舐めて」

 

景子さんはパンティを脱ぎ、スカートを脱いで脚を開きました。

 

初めてみたオマンコのエロさに興奮してガン見してしまいました。

 

「恥ずかしいからあんまり見ないで」

 

と景子さんに言われたけど、見つめて顔を近づけて舌を這わせクンニすると、

 

「いやぁん!アンッ!」

 

と景子さんが凄く敏感に反応しました。

 

見よう見まねでオマンコを舐めたり吸い付いたりすると、

 

「タクちゃん上手」

 

と景子さんが誉めてくれました。

 

「タクちゃんのもナメナメしたい」

 

景子さんが起き上がり、僕のトランクスを脱がすと、

 

「凄い!こんな元気なおちんちん初めて!」

 

と言って、景子さんは僕のチンポにしゃぶりついて来ました。

 

激しく頭を動かしてジュルッジュルッと吸い付かれて、景子さんのフェラに感じていると、

 

「まだ出しちゃダメよ」

 

と景子さんが起き上がり、景子さんが上になると、握りしめたチンポをオマンコに擦りつけた直後に、

 

「アンッ!」

 

と景子さんが声をあげると、生暖かい感触に包まれました。

 

「アンッ、タクちゃんのおっきい」

 

と景子さんが笑みを浮かべて顔を撫でられ、景子さんはゆっくりと腰を上下に動かすと、中でウネウネした感触が擦れて強烈に気持ちいいんです。

 

「素敵!アンッ!タクちゃんの硬い!」

 

と農家の奥さんはエロい声をあげながら上下に腰を動かし、徐々に動きが早くなりました。

 

グチュッグチュッ

 

景子さんのオマンコの中からエッチな音が響き、体がパンパンパンとぶつかる音と、

 

「アンッ!ンッ!アンッ!」

 

と景子さんが喘ぐ声が部屋に響き、

 

「アアン!気持ちいい!」

 

と景子さんが声をあげながら動きを早め、僕は気持ちよさに一気に射精感が高まってきました。

 

そして出そうになって、

 

「景子さん!ヤバイ!」

 

と話すと、

 

「いいよタクちゃん!イッて!」

 

と景子さんが更に激しく動くと、僕はオマンコに包まれたまま射精しました。

 

「アアン!タクちゃん!いっぱい」

 

エロい声をあげる農家の奥さんのオマンコで、強烈な快感を味わいました

 

射精を遂げた直後に景子さんが倒れてきて抱き締められました。

 

「凄いわ」

 

と景子さんが呟き、キスを繰り返して抱き合っていました。

 

頭を何度も撫でながら笑みを浮かべる淫乱痴女な農家の奥さん。

 

「凄い気持ちよかったわ、気持ちいいセックスっていつぶりかしら」

 

と景子さんが喜んでくれました。

 

何度もセックスさせてもらったけど・・・

 

旦那さんとは月に一回、または二ヶ月に一回あるかないからしく、景子さんも溜まって欲求不満だったみたいです。

 

「タクちゃんはあたしが初めてで後悔してない?」

 

「全然後悔してないですよ、気持ちよくて堪らなかったし」

 

「そっか、良かった」

 

景子さんに、僕はいつもオナニーのおかずにしていた事や胸元の中を覗いていた事を話すと、

 

「うふっ、知ってたよ、だって凄いギラギラしたエッチな目付きで見てたから」

 

バレバレだったのに見せたりするのか?

 

と思いましたが、

 

「タクちゃん見たいな若い子が、あたしみたいなおばさんのおっぱいに釘付けになるなんてもうないかもしれないから・・・それで覗いてどうしたの?」

 

「シコシコ」

 

「悪い子」

 

と言って景子さんがチンポを触ってきました。

 

そしたらまたムラムラとしてしまい、すぐに勃起しました。

 

「もう一回セックスしたい」

 

「いいけど、今度はタクちゃんが動いてみて」

 

と景子さんに言われて、今度は正常位ですることになりました。

 

オマンコの入り口もよく分からない僕に優しく教えてくれ、ヌルヌルした密穴に導かれて腰を動かして、

 

「押し込むように」

 

とエッチなレッスンをされながら腰を動かすと、また景子さんの中に果てました。

 

セックスの快感に病み付きになった僕は、毎日セックスしたかったんですが、景子さんは主婦なので、そうもいきません。

 

「今からなら一時間くらい時間作れるよ」

 

と言われた時なんかに、景子さんの車でカーセックスをしたり、祭の日には景子さんの家の小屋の中でセックスしたり、時間があるときにはラブホテルでフリータイムでセックスもしました。

 

景子さんは嫌がることもなく、エッチを繰り返しさせてくれました。

 

生理でエッチが出来ないときは、景子さんの車などでフェラもしてくれたりしました。

 

「浮気しちゃイヤよ」

 

なんて言われ、高校卒業までの二年間はほぼこの痴女な農家の奥さんに毎週のようにセックスをさせてもらいました。

 

景子さんに体位などを手取り足取り教えてもらい、みっちりと性教育してもらいました。

 

景子さんはエッチをすればするほどスケベになり、

 

「タクちゃんのチンポ欲しい」

 

とか、

 

「硬いのでズンズン突いて欲しいなー」

 

と過激なこと言ったりして誘われたりもしました。

 

大学になってから夏休みに帰省した時にも何度かセックスをしましたが、翌年景子さんは離婚して居なくなってしまいました。

 

僕の親も噂を聞いて、

 

「旦那さんが浮気した」

 

とか

 

「奥さんもいい人居たらしい」

 

とか噂が噂を呼んでいました。

 

筆下ろししてくれて、僕を男にしてくれた近所の農家の奥さん。

 

僕は彼女の事を一生忘れません。