Pocket

近親相姦
画像はイメージです

 

大好きなお兄ちゃん

 

去年のゴールデンウィークにお兄ちゃんが帰って来ました。

 

私は高校2年生で、4つ上のお兄ちゃんがいます。

 

お兄ちゃんは気さくで喋るのも上手で、友達が多いタイプです。

 

「トモミ(私)のお兄さんってサッカー上手いし、カッコいいし、バンド組んでるんでしょ。ほんとすごいよね」

 

「うん・・・そうかなぁ」

 

「あたしもそういうお兄ちゃん欲しいなぁ」

 

私もお兄ちゃんよりは少ないけど、何度か告白されたこともあるし、お兄ちゃんの友達から、

 

「兄妹揃ってルックスいいよね。トモミちゃんも可愛いもんな」

 

と言われたことがあります。

 

人前では

 

「そうなんだぁ」

 

と他人事みたいなフリしてるけど、本当はお兄ちゃんが大好きです。

 

兄「ただいま!マジで電車混み過ぎ、疲れたわ」

 

私「おかえり♪いつまで地元いるの?」

 

母「今日は用事あるの?晩ご飯はいる?」

 

兄「夜友達とカラオケ行って来るからええわ」

 

母が炊事場に行きます。

 

私「ねぇー!」

 

兄「ん?今回のGWって間に学校があるから、今日と明日家にいてから帰るわ。バイトも用事もあるし」

 

私「次の休みは?」

 

兄「バイト」

 

私「学校休んじゃえばいいじゃん」

 

兄「3日も休めるか!ちょい寝るから1時間位したら起こして」

 

私「・・・うん」

 

少ししてお兄ちゃんの携帯が鳴り、覗いてみると彼女らしき人からでした。

 

時間が過ぎたのでお兄ちゃんを起こしました。

 

「さっき電話来てたよ。彼女さん?」

 

「ん?ああ、そうやね」

 

私はショックで部屋に行って、涙が出てきて泣いてしまいました。

 

キスしよっか?

 

少し泣いて居間に行くと、

 

「トモミ、夜暇やったら一緒に来る?」

 

「え!・・・うん、行く♪」

 

お兄ちゃんの友達や、さらにその友達と食べ飲みして7時間歌って帰りました。

 

夜の2時過ぎてたからあまりにも眠たくて、お兄ちゃんにオンブしてもらって帰りました。

 

起きたら朝の9時で、お兄ちゃんも起きてて・・・。

 

「お母さんは?」

 

「トモミが起きてなかったから父さんと出掛けたみたい」

 

「お兄ちゃんは行かなかったの?」

 

「今日は家にいる予定だから」

 

「じゃあなんかしよ」

 

とりあえずシャワーして着替えて、昼間でに色々話しました。

 

「昨日あんまり寝てないから寝るわ」

 

「私も一緒に寝ていい?」

 

「・・・ん、まぁ、うん」

 

「なにそれ(笑)」

 

「いや、前は一緒でもなんとも思わなかったけど、トモミも高2やろ、だからな・・・(恥)」

 

少ししてお兄ちゃんの彼女さんから電話きて30分ほど話してました。

 

私、終わった時に嫉妬してしまって・・・

 

「彼女さんばっかり相手しないでよ」

 

「え!・・・どうした急に?」

 

「私だってお兄ちゃんのこと好きなのに・・・」

 

自分でも分からず泣いてしまいました。

 

焦るお兄ちゃん。

 

「オレもトモミのことは好きだけど、それとは違うだろ?兄妹でそんな関係とかダメって分かってるだろ?」

 

「・・・わからん(泣)」

 

「はぁーー」

 

お兄ちゃんが部屋を暗くすると抱き寄せられました。

 

「トモミ、泣くなって」

 

「・・・うん」

 

「んー、トモミいい匂いするな」

 

「昨日入ってなかったからシャワーした」

 

急に首筋を舐められたので小声が出てしまいました。

 

「トモミ、可愛いな・・・キスしよっか?」

 

軽くキスしてお兄ちゃんが服を脱いで私の胸を揉みました。

 

「トモミの胸ってDくらい?」

 

「ん・・・うん。もっと大きい方がいい?」

 

「ちょうどいい、今感じてた?」

 

「・・・感じ、てない」

 

お兄ちゃんがスタンドライトを少しつけて・・・

 

「トモミの喘ぐ顔が見たいから明るくするよ」

 

服を脱がされて体の匂いを嗅がれて、キスしながら乳首をキュっとしたり吸われたりして頭がボーとしてきました。

 

お前の初めてもらっていいか?

 

「んあ・・・」

 

「・・・トモミ・・・ゴメンけど我慢できねぇわ」

 

私の下着脱がせて指でオマンコをスリスリ。

 

「お兄ちゃん、なんか熱くなってきた」

 

「トモミはどこまでやったことある?」

 

「キスまでしかないよ」

 

「お前の初めてもらっていいか?」

 

「お兄ちゃんだったらいいよ」

 

私は経験がないのでよく分かりませんでしたが、何か段取りがあるようで・・・

 

「小指から・・・二本入るか?」

 

オマンコに入れたり出したりされて・・・

 

「ふぅ・・・ふあ」

 

「反応可愛すぎ」

 

「だってお兄ちゃん・・・が」

 

「次、声出すの我慢してみな」

 

お兄ちゃんが私のオマンコを舐めたり吸ったりして・・・

 

「・・・んあ、だめ、だめ」

 

数分後・・・

 

「美味しかった・・・てか喘ぎすぎ、言葉になってなかったじゃん(笑)」

 

「ん・・・なんかジンジンする」

 

「トモミ、次は俺のも頼む」

 

私は、

 

(えっ)

 

と思いましたが、お兄ちゃんのおちんちんがボロンと出てきて、少しビックリしました。

 

「お兄ちゃんの・・・大きいね」

 

触ってると硬くなって・・・

 

「口でやってくれる?」

 

「・・・いいよ」

 

なんか苦い味がしたけどお兄ちゃんが気持ちよさそうな顔していました。

 

「ぎこちないけどやべー、出る」

 

口の中に生臭いのが急に出てビックリしました。

 

「吐いていいよ」

 

「お兄ちゃんも私の飲んだから飲む」

 

精子は苦かったけど、なんとか飲みました。

 

この後、お兄ちゃんが私のオマンコを弄り・・・

 

「濡れてきたからそろそろ入れるな」

 

「うん」

 

想像以上におちんちんが大きかったのと、気持ちよすぎて気が遠くに行きそうでした。

 

私はあまり覚えてないのですが、お兄ちゃんによると私、

 

「あん、あん、んあ、イク、イッちゃう」

 

とずっと叫んでいたそうです。

 

その後は一緒にシャワー浴びてお兄ちゃんの部屋で寝ました。

 

夜も一緒に寝てもらいました。