Pocket

修学旅行
画像はイメージです

 

女子たちにチンポを見せた

 

高二の修学旅行に行ったときのこと。

 

オレと悪友Sと2人、夜に仲の良かったクラスの女子(K子、R恵、Y美)の部屋に遊びに行った。

 

3人とも、ちとギャル入ってて可愛い。

 

特にY美は他校からも声をかけられる美女。

 

部屋に行ったオレらは、お酒を持ち込み宴会をした。

 

酔いも回ってきて、いつしか下ネタトークへ発展していった。

 

下ネタは普段から話している仲で、酒の勢いでこの日はいつも以上に盛り上がった。

 

突然Sが、

 

「女の子はオナニーするの?」

 

と話を振ると、

 

女全員が、

 

「しないよー!」

 

って言うので俺が、

 

「しないのかよ、Sなんて毎日オナニーしてるよ」

 

「見たい見たい!見せてー」

 

積極的なR恵が言い出し、Y美とK子も乗ってきた。

 

最初は冗談っぽく言っていたが、だんだんオナニーしないといけないノリになってしまい、オレまで一緒にオナニーすることになった。

 

Sが、

 

「そのかわり、3人も上脱げよ!」

 

と言うと一瞬ためらって、R恵は、

 

「ブラだけならいいよ」

 

と言うと、Sはためらいも無くスボンを下ろした。

 

Sのチンポは既に大きくなっていて、R恵は

 

「ってか、もう大きくなってんじゃん(笑)」

 

女の子3人はSの勃起したティンポを興味深く観察し、

 

「早く脱いじゃいなよ」

 

と言ってオレのズボンを脱がそうとする。

 

大胆なSに対し、オレは恥ずかしさのあまり躊躇していた。

 

そして意を決してズボンを脱いだ。

 

Sが、

 

「うわ、デカイなお前!」

 

オレの勃起したティンポはSよりも明らかにデカかった。

 

 

せんずりショー

 

女3人はオレとSの勃起したティンポを交互に観察していた。

 

力を入れて上下に動かしてやるとビックリしていた。

 

喜んでくれるので調子に乗ったオレとSは、チンポでチャンバラごっこをしたり、女の頭に乗せてチョンマゲをしたりしてふざけていた。

 

3人の中で、Y美が唯一処女だった。

 

勃起したティンポを見るのは初めてで、顔を赤くしながら特に驚いていた。

 

それからSは、

 

「約束だよ。早くブラ見せてよ」

 

と言い、3人に促した。

 

しばらく間があったが、R恵が先陣を切ってシャツを脱いだ。

 

R恵の胸はさほど大きくはないが、形は良さそうだった。

 

お酒の影響か、体が少し赤く火照っていた。

 

続いてK子とY美もシャツを脱いだ。

 

K子の胸はわりと大きくて、黒ブラだったのでかなり興奮した。

 

オレはSと企んで、Y美がシャツを脱ぐ瞬間、顔の前1センチくらいにチンポを近づけた。

 

いきなり顔の前に2本の勃起したチンポを目にし、Y美は本気でびっくりしていた(笑)

 

Y美の胸は、R恵と同じくらいだろうか、黄色の可愛いブラをしていた。

 

それからSはY美へ、

 

「ココから精子が出るんだよ、ピュッて飛ぶんだよ」

 

…等解説した。

 

Y美の、

 

「精子が出るとこ見たい」

 

の声で、オレとSは3人の女子の視線の中、ビンビンに勃起したティンポを擦った。

 

女子たちは、

 

「へぇ、こうやってやるんだぁ」

 

と興味深々に観察していた。

 

オレはかなり興奮して勃起度は過去最高だったが、3人の視線があるのでイクのに集中出来ないでいた。

 

すると2分程でSが、

 

「そろそろ出るよ。うっ…」

 

と言って床の上に大量のザーメンを撒き散らした。

 

「うわぁ、ほんとに飛んだぁ」

 

女子3人は、射精後のSのチンポや床に飛んだSの精子を観察し、しばらく匂いを嗅いだり精液に触れたりして騒いでいた。

 

フェラ合戦

 

オレは、なかなかイクことが出来ないでいると、R恵が寄って来て、

 

「まだ出ないの?」

 

と言ってチンポを擦ってくれた。

 

「こうやって擦ればいいの?」

 

R恵の細い指が、オレの太くなったチンポを握って不器用にコスコスしてきた。

 

ちと痛かったが、その不器用さがイイ!!

 

オレは膝立ちの状態が辛くなったので、ベッドに仰向けになった。

 

そしてさらにコスコス…

 

そしてK子も混ざって交互にコスコス…コスりながらピチャピチャ音が出てきた。

 

R恵とK子の手にはオレのガマン汁がベットリ!

 

だんだんとイキそうになってきて、手コキだけでは我慢出来なくなったオレは、2人に舐めてもらうようお願いした。

 

最初は躊躇していたが、半ば強引に2人の顔をチンポに近づけ、頼んでみた。

 

「えぇー」

 

とか言いながらもチロチロと軽く舐めてくれた。

 

じれったくなってオレはK子の頭を押さえて、思いっきりチンポを突っ込んでやったら、

 

「おぇーってなるじゃんかぁ、やめてやぁー」

 

さすがに怒られた。

 

次第にエスカレートしていき、R恵とK子は本気で舐め始めた。

 

R恵のフェラは時々歯が当たって痛かったが、奥まで深く咥えこむのがたまらなく気持ち良かった。

 

K子のフェラは、先っぽ中心の速い上下ピストンでこれまた気持ちイイ!!

 

そこにイッたばかりのSが、

 

「オレのも舐めてくれよ」

 

とやってきて、K子のフェラを受ける。

 

Sのチンポは、もうビンビンに復活していた。

 

「見てたら立ってきたよ。オレも混ぜてよ」

 

R恵→俺、K子→Sのフェラ合戦!!

 

部屋中にチュパチュパ音が響いていた。

 

ただ、この状況をY美だけは黙って見ていた。

 

オレはR恵のフェラを発射限界で我慢し、Y美を誘ってみたが、

 

「ううん、見てるから続けて」

 

と言われてしまった。

 

目の前の光景に圧倒されてる感じ。

 

未だ経験無いんだもん、それも無理ないか…

 

「んじゃぁ、見ててよー、出すよー!オラっ!」

 

オレはR恵にフェラを止めさせ、最後はR恵の手コキで腹上射精した。

 

5回くらいピュッピュって飛び、R恵の手やベッドにも飛ばしてしまった。

 

「いっぱい出たねぇ、こんなに飛んだのは初めて見た」

 

そしてY美は、ティッシュを持ってきてくれて、飛び散ったザーメンを丁寧に拭いてくれた。

 

でも、ティムポについたザーメンまでは拭いてくれなかった(泣)

 

あいつらヤってんじゃない?

 

Sの方に目をやると、ふとんに包まってなにやらゴソゴソK子と戯れていた。

 

オレはR恵とY美に

 

「あいつらヤってんじゃない?」

 

とこっそり言うと、

 

R恵は、

 

「ふとん剥いじゃおっか?」

 

と。

 

おもしろそうなので、3人でSとK子のふとんを剥いでやった!!

 

ふとんを剥ぐと…

 

いきなりK子のマムコが飛び込んできた!!

 

SがK子とキスしながら手マンしていたっ!

 

K子は、Sに膝までパンティを下ろされ、必死に声が洩れるのを我慢していた。

 

オレはSと目が合ったが、Sは手を止めようとしなかった。

 

なんだかこっちが恥ずかしくなる。

 

Y美は居心地が悪くなったのか、ベッドから離れてテレビの前にチョコンと座っていた。

 

オレとR恵は、ベッドの脇の床で2人のセックスを見ていた。

 

K子のマンコが、ちと黒かったのには驚いた

 

Sの指が2本入って、クチュクチュ音を立ててる。

 

オレのチンポは、完全復活して脈打っていた。

 

オレはもうムラムラきていて、我慢できなくなってきていたところに、R恵がオレのチンポを握ってきた。

 

オレはR恵に手を出した。

 

なんか暗黙の了解みたいな感じで、全く抵抗されなかった。

 

オレはブR恵のブラのホックを外して、優しくおっぱいを揉んだ。

 

R恵の小さな乳首を吸ったり、舐めたり、転がしたりした。

 

「うぅぅん…うっ」

 

と、ベッド上のK子と同様、声を押し殺している。

 

オレはベッドとベッドの間の床にR恵を押し倒してキスをした。

 

そして、スカートをめくり、パンティの上から刺激すると、

 

「あぁっ!」

 

と可愛い声を上げた。

 

その声で一瞬、ベッド上のSとK子が覗いてきた。

 

Y美とも目が合ったが、すぐにテレビの方を向いてしまった。

 

SとK子が覗き込んでいる状況でも、オレはそんなのお構いなしに、R恵とのエッチに萌えた。

 

R恵の濡れまくったパンティを一気に引きずり下ろし、足首に引っ掛けた。

 

そして、クリを摘んだり、コリコリしたり、指を入れたりした。

 

R恵の声は次第に大きくなっていった。

 

「あぁ、あっ、あん」

 

普段聞かない甘いトーンの喘ぎ声で、なんだかR恵のことが可愛く思えてきた。

 

そして、R恵のマンコに顔を近づけ、思いっきりむしゃぶりついた。

 

ちと、臭かったがこれもお構い無し。

 

オレは、R恵のマンコをしばらくナメナメしていた。

 

吸ったり、指を入れながらクリを舌でマッサージしたり…

 

オレは、

 

「ココ気持ちいいの?」

 

と聞くと、R恵は可愛い喘ぎ声で、

 

「うぅん」

 

と答え、さらに萌えてサービスした。

 

丸見えだよ

 

しばらくすると、ベッドの上のK子の声が激しくなった!

 

見ると、SがK子の両足を抱えこむ体制でピストンが始まっていた。

 

K子の声は、そんなに大きくないが、よく響く声だった。

 

(廊下まで聞こえちゃうんじゃねえか…)

 

とか思った。

 

それからSのピストンは小刻みで速かった。

 

オレも負けまいと、R恵の両足を開いてマンコへズブリと挿入。

 

ベチョベチョに濡れていたので、スッポリ入ってしまった。

 

R恵の体は力が入っていたので、ゆっくりピストンした。

 

チンポの先から根元までゆっくり挿入し、またゆっくり先っぽまで抜く。

 

「あっ、あっ、あっ、あぁぁ」

 

R恵の声がだんだん大きくなっていった。

 

オレもピストンを徐々に速くしていった。

 

床のマットと擦れてだんだん膝が痛くなってきたので、Sらの隣のベッドにR恵を寝かせ、両足を開いて再び挿入した。

 

オレは今度はR恵を四つん這いにさせ、後ろからバックで突いた。

 

パンパンパンという音が部屋中に鳴り響き、Sと目が合って、お互い思わず笑けてしまった。

 

それから、バックの体勢を、Y美のいるテレビのある方を向けてしまった。

 

Y美はチラチラこっちを見ていた。

 

オレがバックでR恵を突いてるときに、Sのピストンが急に速くなり、K子のお腹の上に射精させていた。

 

一足先にイッたSは、K子とY美も近くに呼んで、オレとR恵とのセックスを鑑賞しながら、SはR恵に

 

「気持ちイイか?」

 

とか

 

「丸見えだよ」

 

とか

 

「イクの?」

 

とかイジワルを言った。

 

「もぅぅ、あっ、あっ、やめてやぁ・・・あっ」

 

みんなに見られながらのセックスはめちゃめちゃ興奮した。

 

Y美も真剣に目の前のセックスを見ていた。

 

オレは今までこんなに萌えたことは無かった。

 

それから、体位を正上位に変え、激しくピストン!!

 

「あぁ、ダメ、もぅダメ!あぁぁぁ」

 

「あぁぁ、イクよーー!出すよー!あっ!出るっ」

 

最後は、R恵のマンコの上にたっぷりと射精した。

 

最高やった!