Pocket

淫乱不倫妻
画像はイメージです

 

不倫妻がいきなりフェラチオごっくん

 

不倫している人妻が、朝10時にやってきました。

 

玄関のベルが鳴り、部屋へ通してソファーに座った途端、僕の前にしゃがみ込んで、

 

「しゃぶらせて・・・」

 

「どしたの急に?」

 

「フェラして全部飲んじゃう夢見たの」

 

そう言うと僕のトズボンとパンツを一緒に引きずり下ろしてきます。

 

「そんなエッチな夢見たの?」

 

「見ちゃったんだもん、しょうがないじゃん」

 

「見たからって、いきなりそんな、おおっ!」

 

温かい口の中に、まだ勃起してないチンポが吸い込まれました。

 

一気に根元まで吸い込まれ、咥えたままで舌を使って刺激されるとあっという間に勃起しました。

 

硬くなったチンポを一度吐き出し、金玉袋を唇と舌でほぐしてくれます。

 

竿も舐めたり吸い付いたりしながらゆっくり上に向かい、時々我慢汁をチロチロ吸ってくれて、

 

(もうイキたいんでしょ?)

 

みたいな目をして見つめてきます。

 

彼女の口だけが上下しています。

 

確かにだんだんと射精感が込み上げてきて、

 

「イキそう、このまま出るよ」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

とチンポをしゃぶるスピードを上げてきます。

 

「あっ、出るっ」

 

ドピドピドピドピュ・・・ドピュッ、ドピッ

 

口の中に思いっきり射精しました。

 

「んんん、んー」

 

ズリュズリュズリュッと音を立てながら吸い取り、口を開けてザーメンを見せてからゴクンと飲み干してくれました。

 

お掃除フェラも丁寧にしてくれ、尿道に精液が一滴もなくなるくらいまで吸ってくれました。

 

チンポをしゃぶるのが大好き

 

その後、遠方までドライブし、ランチを食べて、絶景を見に行きました。

 

そこでも一発抜かれました。

 

「私たちだけの場所探そうよ」

 

そう言われ、いい場所を見つけて和んでいると、

 

「なんかエッチな気分になってきたね」

 

と言われましたが、僕はそうでもなかったので、

 

「全然」

 

って言うと、ちょっとすねた感じでしたが、

 

「本当は今、私を犯そうと考えてたでしょ?気配感じたもん」

 

全くそんな気は無かったので、

 

(なんて妄想してるんだ)

 

と若干あきれましたが、彼女も後に引けなくなったのか、ズボンの上から僕のチンポを触りだしました。

 

さらに誰も来ないと思っているのか、見られてもいいと思っているのか、ズボンを引きずり下ろしてきます。

 

僕のチンポは触られたことで半勃ち気味になってて、

 

「やっぱりー」

 

って言いながら嬉しそうに手で扱いてきます。

 

8割くらい勃起したら裏筋から舐め始めて、

 

ペロペロ、チロチロ、チュパチュパ

 

といやらしく舐められてフル勃起しました。

 

ビンビンになったチンポを見るとまた嬉しそうな顔をして、さらにねっとり粘っこい感じでのフェラになり、

 

「入れたくなってきた」

 

って言ったけどゴムは無く、安全日じゃなかったので口で最後までしてもらうことにしました。

 

ジュポジュポ、ジュポジュポ、ジュルジュル

 

僕も早くイキたくなってきて、

 

「頭持ってもいい?」

 

と聞いても、

 

「んー、んー、うー」

 

としか言わないから、両手で頭を掴んで激しく腰を打ち付けました。

 

「あー、気持ちいい、あー、イクよー、おーっ、(ドクドク)、あーっ、気持ちい~、吸って~」

 

「ウフッ、コフンッ」

 

彼女は咳き込みながらも、

 

ジュルジュル、チュルチュル、チロチロ、チュパチュパ

 

と吸い取ってくれました。

 

なんて淫乱な女なんだ

 

車での移動中もエッチな話ばかりしてたので、僕のチンポはまた勃起してしまいました。

 

「パンツ汚れるから」

 

ってガマン汁を吸われ、また本気でフェラしてきます。

 

「危ないから止めて!ホテル行こうか?」

 

そう聞いたけど、

 

「お酒飲みたい」

 

って言うからバーで飲むことにしました。

 

お酒は彼女だけで、一時間くらいした頃に、

 

「ここでエッチして」

 

「こんなとこで出来るわけないだろ」

 

「誰か誘っちゃおっかな~」

 

「もう帰ろうか?」

 

「・・・トイレ連れてって」

 

トイレの入り口まで連れていって、しばらくすると中から変な声が聞こえてきた。

 

(しょうがないなぁー)

 

と思って中に入ったら、なんと全裸でオナニーしてて、

 

(なんて淫乱な女なんだ)

 

と思ったけど、僕も興奮して口の中にチンポを突っ込んで腰を動かし、僕も狭いトイレの中で全裸になり、彼女の巨乳でパイズリしてもらいました。

 

パイズリで抜こうと思って腰の動きを速めていたら、

 

「入れて」

 

と言ってきました。

 

「今日はダメなんだろ?」

 

「いいの、生で欲しいの」

 

外で出せばいいかと彼女を立たせ、片足上げて正面からズブリとチンポを突っ込みました。

 

(やっぱりセックスは生だなぁ)

 

ヌチャッ、ヌチュッ、ズリュッ、プリュッ

 

声を出すからキスしながら口を塞いで、ピストンしまくります。

 

ラストスパートをかけようと、立ちバックで彼女の口を手で塞ぎながら、猛烈にピストン!

 

「あー、イキそうになってきた!」

 

「中に出してー!」

 

マジかよと思ったけど、

 

「いいから」

 

って言うんで、オマンコの一番奥に思いっきりチンポを押し込んで、

 

「うあっ、あーっ、出るっ、あっ」

 

ドクドク、ドクドク、ドクドク

 

「全部出していいから」

 

ドクドク、ドク

 

出し切ったかなと思ってお尻から手を離すと、ヌポッと抜け、彼女はしゃがんでまたフェラしてきました。

 

彼女にして

 

「全部出した?まだ出る?」

 

「もう出ないよ、家帰れば出るかもしれないけど」

 

「じゃ、出るんじゃん、今出して」

 

「今は出ないよ、もう帰ろうよ?」

 

垂れ落ちた精液や愛液を拭き取って、汗だくになって店を出ました。

 

家に到着するなり玄関で服を脱がせ、立ちバックで突きまくりました。

 

生マンコの温かさやトロトロ感を十分堪能して、また一番奥に射精しました。

 

「付き合って」

 

とか

 

「彼女にして」

 

とか言ってくるので、とりあえず飽きるまでは二股で頑張ろうと思います。