Pocket

デカチン新入社員
画像はイメージです

 

宴会中にちらっと見えたおちんちんが凄かった

 

私の勤務している会社は、従業員数が350人程度の会社でした。男女の割り合いが7対3程で、男の人達が大部分ですが、わりと女の人もたくさん会社でした。

 

そういう会社なので、合コンと言うというわけではないですけど、週末には会社内の違う部の人と宴会がある事があったのです。

 

2~3回飲み会を繰り返していると、今期のルーキーの中に「デカチンの童貞」が存在すると言う情報を耳にしました。私はそのことを聞くと、少し「ドキッ」っとしてしまったものです。

 

その当時は20代後半でしたので、年下男性もありかもと思い始めた時だったのです。

伝え聞いたところでは、一緒に出張した他の社員が、デカチンの彼と風俗に出掛けた時に確かめたらしいのです。

 

その風俗は「ピンサロ」というものらしいですが、なんでも暗いフロアで、個室と異なる場所でお口だけで奉仕するみたいなのですが、隣にいたデカチン君の方から、風俗嬢が

 

「こんな大きいの無理です」

 

と言っていたため、覗いてみれば、500ミリのペットボトルくらいの大きさがあったそうです。他の社員もその話を聞いて

 

「えーー!うそーー!」

 

と愕然していましたが、私は自分だけ興奮していたんです。

 

男性の社員によると、女の人と会話するのが下手で、良い男性なんですが、恋人ができなかったみたいなのです。

 

私はどうにかして声をかけてみたいと考えたのですが、キッカケはなかなか有りませんでした。そういった話も忘れそうになった暮れに、社員旅行に行きました。

 

参加数人数が多いので、例年箱根のホテルを2箇所手配して行っていました。その日、男性の大半はゴルフに行き、女性のみなさんは前倒しして温泉で体を休めていました。その後飲み会が始まりました。

 

宴席はホテルが2箇所で半分くらいに離れてしまうので、部署に限らず、抽選を行います。短絡的に席を決めると派閥等の問題でしつこく言う人がいるらしいです。

 

私もスタート時は面識のない人ばかりで、テンションに欠けましたけど、アッという間に打ち解けて、逆に面識のない人同士の方が盛り上がっていました。

 

私の飲んでいた一団は大方6人位で集まっていましたが、その中の一人が例の「デカチンの童貞君」の話をするようになったので、私もそういえばと思い出しました!

 

その際はアルコールが入っていたので、変にドキドキしてしまったものです。そうするとその男性が、

 

「あやつどこ行った?」

 

と、その童貞君を探し求め始めました。どうもこちらサイドのホテルにいるらしいのです。それから

 

「お~い、上田、ここに来いよ」

 

と招くと、浴衣姿の若い男性が顔を出しました。思いの外格好良くて驚きました。そうして上田君を招待した男性が

 

「上田、チンコ出してみろ」

 

と言うと、照れくさそうに

 

「先輩、そりゃ無理っすよ」

 

と顔が赤くなっていたんです。

 

けれど、男性が強制的に浴衣に手を伸ばすと、下着が一目見えたんですが、おちんちんの盛り上がりが異常だったんです。

 

私は一緒になって笑っていたのでありますが、本心はもっと見たくて仕方ありませんでした。

 

そして、何とかあの上田君のおちんちんをを味わってみたいと思い始めました。

 

酔った勢いで大胆に誘惑

 

それから上田君は私達の集団の中で飲酒するようになりました。

 

私もガンガン自分から声をかけていきましたが、やっぱり女の人が語りかけると、応答するのがやっとで、まるで会話が出来ないみたいです。

 

飲みの席が終了すると、あとはそれぞれ適当に二次会をするらしくて、ホテル近くの建物やホテル内の施設へまちまちで移動していたんです。

 

私達もカラオケパブのような所に移って、カラオケを歌いながら飲んでいました。

 

私も相当酔っぱらって来て、なんとしても上田君のデカチンを賞味してみたくなってきたので、上田君に歩けなくなったからとウソを付いて、私の部屋まで送ってもらいました。

 

部屋に入り込むと、私はすぐさま布団に横になって、

 

「上田君お願い、自販機でお水買って来てくれない?」

 

と頼みました。

 

上田君が部屋から出ると、私はブラジャーを取り外して、わざと見える所におきました。それから浴衣の帯をほぐして、足を見せときました。

 

私はFカップありますから、浴衣を緩めた時に、ふくよかなおっぱいがほとんど見えそうになっていたはずです。

 

横向きに寝て、できるだけ胸の谷間を形作って上田君が来るのを待ち受けていました。その後上田君が戻ってきて水をもらいましたが、確実にブラジャーを見ていました。

 

私は酔ったふりをしつつ、横になったまま上田君とちょっぴり話をしていました。やはり上田君は私の胸の谷間をチラホラ見ていました。

 

私は話している途中で眠くなったフリをして、少し寝てみたのです。寝返りをする形で、浴衣を徐々にはだけさせました。

 

おっぱいはほとんど丸見えにして乳首を隠す程度で、下はパンティーが見えている状態だと思います。束の間傍観していると、上田君は部屋を出て行かずに私の反対側に回り込みました。

 

後方からは、お尻に食い込んだパンティーがはっきり見えているはずです。そうしたら上田君は何かコソコソ動き出している様子でした。

 

私はほんの少し目を開けて、ガラス越しに上田君を見てみると、私のお尻を観察しながら、自分のおちんちんをさすっているようでした。

 

私はかなり興奮して、自分でもオマンコが濡れてくるのが分かりました。もしや上田君にも愛液のシミを見られてしまっていた可能性もあります。

 

私は上田君がおちんちんを擦る動きに拍車がかかってくるのを感じ取って、

 

(このまま発射させては、もったいない)

 

と思い、

 

「うーん、ん?」

 

とわざと声を出して起きました。上田君はビクッっとして急いで浴衣を締めていたみたいですが、私は気付かないフリをして、

 

「ねぇ上田君、ちょっとだけマッサージしてくれないかしら」

 

と頼みました。上田君は

 

「えっ、あっ、はい、分かりました」

 

とおろおろしながらもマッサージを始めました。私はうつ伏せになり、上田君は肩からスタートして腰あたりへ移動させました。

 

最後は太腿をマッサージしてくれたんですが、浴衣を上げるふりをしてヒップを丸出しにしました。私は気付いていないふりをして上田君にマッサージを続けさせました。太腿を揉ませつつも、

 

「もっと足の付け根のとこまで揉んで」

 

と挑発すると、当惑しながらもオマンコギリギリまでマッサージしていました。間違いなくパンティーにはシミができていただと言いきれますし、オマンコの毛もはみ出していた可能性もあります。

 

デカチンに興奮してオマンコはビチャビチャ

 

そうこうしていると、私の足に何か硬い物が触れる感じがありました。私はすぐに

 

「おちんちんだ」

 

と気付いて、

 

「ちょっと待って上田君、何かおかしいよ」

 

と言って起き上がりました。上田君は

 

「あっ、えっ、な、何ですか?」

 

とビクビクしていましたが、私は今だとばかりに近付いて、上田君のおちんちんを掴みました。そしたら驚くほど硬い固まりだったのです。上田君は

 

「あっ、いやっ、まずいです」

 

と腰を引こうとしましたが、

 

「え~!私の体見てたの?この変態!みんなに言うわよ」

 

と脅すと

 

「ち、違います、すいません、これは、その」

 

とうな垂れてしまったので、

 

「じゃあもっとよく見せなさいよ、そしたら許してあげるから」

 

と無茶苦茶を言いました。上田君はとても驚いていましたが、

 

「本当ですか?皆には内緒にして下さい」

 

と言って浴衣をはだけました。そうしたらとんでもないモノが目に入って来ました。もうすでに上田君のおちんちんがパンツから突き出てはっきり見えていたんです。

 

先端からはガマン汁が出ていて、私はアッという間にオマンコが濡れました。私は即座に上田君のパンツに手をかけると、一気に引き下ろしました。

 

おちんちん全体が見えると、改めてとんでもないボリュームに体が熱くなってしまいました。もうそんなことだけで全てを支配されたような気分になってしまったのです。

 

私は辛抱出来なくなって、おちんちんを両手で掴むと、ガマン汁を塗り伸ばしながら軽く上下に扱き始めました。上田君は

 

「おおおっ!うああ~っ!」

 

と情けない声を出してヨガッていました。合間にツバもつけて、ネトネトの状態で扱いてあげると

 

「あああ、うあっ、で、出ます」

 

と言ったので、

 

「ダメよ!まだ出しちゃダメ!」

 

と言って発射寸前で寸止めしました。そして少し落ち着くと、今度は口でフェラチオしてあげました。

 

大きいので全部は口に入りませんでしたが、根元の方を両手で刺激しながら舐めるとまたすぐに

 

「ああ、もう出ちゃいます、出させてください」

 

と言うので、可愛くなって何度も寸止めを繰り返しました。そして私は上田君を素っ裸にする、私もスッポンポンになりました。

 

上田君はデカチンをピクピクさせながら、じっと私の体を見ていました。私が

 

「オマンコ見たい?」

 

と言うと

 

「はっ、はい、見たいです」

 

と興奮気味に呼吸を荒くして言いました。私は上田沢君を横にさせると、オマンコを手で隠しながら上田君の顔を跨ぐ様に立ちました。

 

そして自然、少しずつしゃがんで行きました。上田君は

 

「ハァハァ」

 

言ってます。それから隠している手を開き、ビチャビチャに濡れたオマンコを見せつけました。上田君はめっちゃ覗き込んで

 

「舐めていいですか」

 

と興奮して聞いて来ます。私が

 

「いいわよ」

 

と言い終わらないうちに、上田君はむしゃぶり付いて来ました。

 

全然ピント外れのクンニでしたけど、童貞君がどうにかして舐めていると思うと、非常に感じてしまい、アッという間にイッてしまいました。

 

上田君はそんなの関係なく、もっと激しく舐めてきました。

 

「ちょっと上田くん、待って、ああん、イヤッ、ダメッ、ああ、またイク、イク、あああ、イクうううう」

 

と童貞君に簡単に2回もイカされてしまいました。

 

(次回に続く)

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

おすすめ関連小説

 

誘惑温泉旅館 冬休みのアバンチュール
誘惑温泉旅館 冬休みのアバンチュール

 

冬の湯煙慕情

 

湯の滴り落ちる美女たちのしっとりとした艶肌!冬休みに叔母の経営する温泉旅館へ遊びに来た恵一は、若女将を務める初恋の相手・従姉の杏子や女子大生、人妻、OLらの宿泊客と肉体を重ねることに。

 

「旅先のアバンチュールね。たっぷりサービスしてあげる」

 

その中、杏子への思いを再燃させた恵一は告白をするが……

 

日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第145弾!

 

誘惑温泉旅館 冬休みのアバンチュール

 

<登場人物>

 

●村尾 恵一(むらお けいいち)

 

従姉の杏子が若女将を務める旅館に冬休みを利用して遊びに来た十八歳の童貞大学生。頼まれたら断れないお人よしな性格。初恋の相手である杏子への思いを再燃させる。

 

●村尾 杏子(むらお きょうこ)

 

バツイチの若女将で、恵一の従姉。勝気で快活な性格の二十七歳美女。黒髪ボブカットに、意志の強い溌剌とした美貌とモデル体型のFカップ巨乳を持つ。

 

●萩原 里香(はぎわら りか)

 

卒業旅行で杏子の旅館『むらおや』に宿泊中の女子大生。茶髪ショートヘアの明るく天真爛漫な美人。ぽっちゃりグラマー体型。

 

●篠田 織江(しのだ おりえ)

 

大和撫子という言葉がよく似合う気品のある顔立ちをした、貞淑な雰囲気の人妻。三十七歳。美乳のスレンダー体型。

 

●川瀬 美紀(かわせ みき)

 

杏子の高校時代の二年先輩。艶のあるストレートロングの黒髪をなびかせる、おっとりとした性格の美女。小柄ながらEカップ巨乳を持つトランジスタグラマー。

 

誘惑温泉旅館 冬休みのアバンチュール

 

<目次>

 

第1章 憧れの従姉は若女将・魅惑の初体験

 

第2章 女子大生は小悪魔系・妖しい誘惑

 

第3章 清楚な熟妻の秘密・倒錯の艶遊戯

 

第4章 美人OLの感傷旅行・癒しのアバンチュール

 

第5章 憧れの従姉は僕の恋人・捧げてくれた肛交

 

エピローグ

 

作品の詳細はこちらの画像をクリック

 

 

誘惑温泉旅館 冬休みのアバンチュール
誘惑温泉旅館 冬休みのアバンチュール