Pocket

セフレの弟 童貞
画像はイメージです

 

セフレの弟が童貞

 

私にはK君っていうセフレがいます。

 

結構会ってるんだけど、この前、

 

「弟がまだ童貞なんだよ」

 

って言い出しました。

 

Kくんは25歳で、弟のMくんは20歳だそうです。

 

結構可愛い感じです。

 

「トモちゃんのこと話したら興味があるみたいで、今度遊びに来るから、会って嫌じゃなかったら、エッチ教えてやってよ」

 

って笑いながら言うんです。

 

実は私もM君にちょっと興味あったんで、

 

「その時次第だよ」

 

って軽く言いました。

 

当日、3人でK君の家で飲んでて、K君がキスしてきました。

 

私のスカートに手を入れたり、ついにボタンをはずして胸まで触ってきました。

 

M君はすごく居心地悪そうにしてます。

 

「もう、Mくん困ってるよ」

 

って言ったら、

 

「俺らちょっとあっちに行くTV見てて」

 

と言ってベッドのある部屋に行きました。

 

エッチを見せつけました

 

私たちがベッドで裸になって、いっぱい舐めあってたんです。

 

「ドア、そっと見て」

 

ってK君が囁くから見ると、M君が覗いてるんです。

 

K君は元からエッチだけど、酔ってて気も大きくなって、ドアの方に私の下半身を向けて、足を大きく開いてオマンコに指を入れ始めたんです。

 

恥ずかしかったけど、それ以上に感じちゃいました。

 

自分で足を押さえて開いちゃってました。

 

彼が

 

「舐めてほしい」

 

って言うから、ベッドに腰掛けて彼をそばに立たせたんです。

 

M君からは、彼と私の横が見えるはずです。

 

つまりおちんちんをフェラしてるのが良く分る感じです。

 

亀頭を舐めて、カリ首も舌を尖らせてペロペロ。

 

竿を全部ペロペロ。

 

十分舐めたら、パクッと咥えます。

 

そして頭を動かしてしゃぶります。

 

K君は私の肩に片手を置き、片手は頭を撫でてくれます。

 

しゃぶってK君が気持ちよさそうになってきたら、足を少し広げて手で擦りながら、股の奥へ顔をうずめて、根元もペロペロ。

 

床にひざまづいて、股の下からタマタマを吸ったり舐めたりします。

 

お尻にまで下を伸ばします。

 

そしてまた、おちんちんをしゃぶります。

 

K君がイキそうになったら、口を離して足を舐めたりします。

 

K君は段々声が出てきて、それも結構大きな声になってきてました。

 

「座らせて」

 

「ダメ」

 

「じゃあ、イカせてよ」

 

それを無視して、いく手前でスッと離しちゃうんです。

 

時々ドアをみたら、M君が相変わらずじっと見てるんです。

 

私が何回か口を離した時、K君が私を引っ張って、ベッドに手をつかせて、後ろからオマンコに入れてきちゃったんです。

 

私はフェラしてるだけで、もうビショビショだったんです。

 

K君は思いっきり、ガンガン突いてくるから、私はもうM君を気にしてる余裕がなくなって、

 

「あぁ・・・あぁあぁいいわぁ・・・」

 

って、そのまま、K君が私の背中に精子出しちゃったんです。

 

背中を拭いてくれてる間もぐったりしちゃってました。

 

慣れてきたら気持ちよかった

 

少し経って、1人でシャワーを浴びて、身体を拭いてたんです。

 

ドアがガラガラって開いたからK君かと思ったらM君でした。

 

「ごめん、あの・・・」

 

っていいながら抱きついてきたんです。

 

すごくぎこちないキスでした。

 

私が抵抗しなかったら、胸を触りだしました。

 

ちょっと強くて痛かったりしましたが、オマンコも触ってきました。

 

「入れたい」

 

って言うんだけど、どうしたらいいのか分らないみたいなんです。

 

なので私がソファーまで連れて行って、私の上に乗ってもらって、私の手でおちんちんをオマンコに誘導したら、すごく固くなったのが入ってきました。

 

動きもぎこちなかったけど、私も腰を動かしてたら段々調子が上がってきました。

 

外に射精するタイミング分かんなかったら困るから、K君がいつも置いてるところからゴムを出してきて、付けてあげました。

 

再挿入してからは、すぐ射精してました。

 

その後も、

 

「バックしてみたい」

 

なんて言うからまたゴム付けてあげて、お尻を突き出して、私の手で誘導しました。

 

でもすぐ抜けちゃったりして、結構大変でしたね。

 

慣れてきたら、もう、凄いんです。

 

奥まで入ったら、結構太くて長くて、超気持ちいいんです。

 

M君も興奮したみたいで、

 

「あう、あぁ」

 

って声出しちゃってました。

 

M君が終わって、キスして、電話番号教えてって言うから教えて、部屋に戻ったら

 

「ほんとにやりやがった」

 

って笑ってK君が待ってたんです。

 

「なんかちょっとムカつく」

 

って言いながら、K君とはもう1回エッチしました。

 

後日、M君から電話かかってきて、

 

「会いたい」

 

って言うし、わたし、この兄弟におぼれちゃいそうです。