Pocket

近親相姦
画像はイメージです

 

姉がいるからオナニー出来ない

 

一人暮らしをしていた俺の住むアパートに、部屋を借りるまでの間という約束で、姉が転がり込んできました。

 

6畳の1Kに姉と二人です。

 

しかも実家感覚のつもりなのか、シャワー上りに下着姿でくつろぐんです。

 

姉は結構美人で、いくら弟とはいえ、目の毒です。

 

そりゃ性欲も沸いてくるってもんですよ。

 

オナニーも自由に出来ないし、正直姉にムラムラと欲情してました。

 

溜まりに溜まって、これ以上はまずいと思ったので、姉に言いました。

 

「実家と違うんだから、この部屋でそういう格好されるのちょっと・・・」

 

そうしたら姉は、

 

「なにが?」

 

だって。

 

「いや、下着姿とかさ。俺、今、彼女いないし・・・察してよ」

 

って答えました。

 

姉はそん時初めて恥ずかしそうにしながら、

 

「ごめん、そうだよね、男だもんね、気をつける」

 

って言ってくれました。

 

俺もなんだかよく分からないけどほっとして、

 

「ありがとう」

 

って答えました。

 

そうは言っても多少気まずい思いもさせたので、

 

「なんか好きなもん奢るよ」

 

って、外食に行くことにしました。

 

用があって、ちょっと遅めの時間になり、居酒屋にいったんですけど、これが過ちのきっかけだったんです。

 

エロ漫画コレクション

 

お互いあんまりアルコールには強くないんだけど、その日はなんだか飲んでしまって、二人で酔っ払ってしまいました。

 

最初は普通に話していたんですけど、さっきの話が蒸し返されてきました。

 

アルコールが入って、お互いにエッチ系の話をしやすくなって、

 

「私、そんなに魅力的だった?」

 

とか聞いてきて、俺が冗談で、

 

「オナニーできなかったから誰でもよくなってたんだよ」

 

とか笑って答えたりしてました。

 

思い返すと、酷い酔い方してましたね。

 

帰り道なんてノリでエロ本買って、

 

「姉ちゃんは30分遅れて帰って来い!」

 

「わかった! でも匂いは残さないでね」

 

とか話してましたし。

 

部屋に帰ると、姉はシャワーを浴びます。

 

俺はゴロゴロしながらテレビを見てたけど、なんとな~く買ってきたエロ本をペラペラめくってました。

 

そしたら姉がシャワーから出てきました。

 

ちゃんとパジャマを着てくれてました。

 

「あ、ごめん。もしかして上がるの早かった」

 

「違うよ、何となく暇だったから」

 

なんて言いながら、実はちょっと勃起してました。

 

その後、

 

「そういえばさ、アンタっていつもエッチな漫画買ってるの?」

 

「そうかもね」

 

「隠れオタク?」

 

「そうじゃないよ、なんか読んでて漫画の方がエロく感じるから」

 

とか話し、

 

「他に持ってないの?」

 

「あるよ、分からんように隠してる」

 

「見せて」

 

「ヤダよ」

 

「見せて」

 

「絶対にヤダ」

 

「部屋を荒すよ」

 

「・・・しょうがないな」

 

的なやり取りの後、俺のコレクションを姉に見せました。

 

姉の目の前でオナニー

 

姉が来る時に、クローゼットの衣装ケースに隠した20冊ほどのコレクションを見せ、

 

「こんなところに隠してたんだ」

 

と、笑いながら言われました。

 

姉はベッドで横になりながら見て、

 

「エッチだね」

 

とか

 

「この流れありえないよ」

 

とか

 

「デカすぎ」

 

とかツッコミながら楽しそうに読んでました。

 

俺はベッドによっかかりながら一緒に読んでましたけど、なんかすっごい興奮してしまってて、それどころじゃなくなってきました。

 

俺がひとり悶々としてると、

 

「こういうの好きだったんだ、もしかして勃起しちゃった?」

 

とか笑って聞いてきました。

 

「ずっとしてないんだから仕方ないだろ!」

 

「あ、それならトイレでしてくれば」

 

てまた笑いながら言われました。

 

なんかちょっとムカッときたので、

 

「大丈夫、姉ちゃんいない時にしとくから」

 

って答えたら、

 

「いいよ、気にしないよ」

 

「なんかイヤだし、いいよ」

 

「してみなよ~」

 

とかやっぱり笑いながら言われました。

 

酔っ払ってたのと、溜まってたのと、笑いながら言われるのが馬鹿にされてるみたいだし、なんかいろいろ重なって、どうでもよくなってきました。

 

「分かった、じゃあ、ここでする。嫌ならねえちゃんがトイレに行って」

 

そう言いながらズボンを下ろしました。

 

ムカつきながらも興奮してて、完全に勃起してました。

 

「あ・・・ちょっと・・・」

 

と姉は言いかけて、オナニーする俺を見入っていました。

 

姉の視線を感じながら、俺はすごく興奮してました。

 

俺は姉の見ている前で、あっという間にビュッビュッと精液を放出し、ビックリするぐらいの量をエロ本にぶっかけて放心してしまいました。

 

姉に中出し

 

そんな俺を姉がじっと見てました。

 

「・・・すごいたくさん出たね」

 

「溜まってたから」

 

「いつも本の上に出しちゃうの?」

 

「いや初めて。なんでそうしたか分かんないけど・・・」

 

ベッドの上から、顔だけこっちに突き出してた姉と、そんな事を話しました。

 

「なんか、すごい匂いだよね」

 

「ごめん、ファブリーズするよ」

 

「大丈夫だよ、私こそごめんね・・・」

 

なんか、姉がトロンとした声でした。

 

その声に、なんかスイッチが入っちゃいました。

 

「・・・姉ちゃんキスしていい?」

 

「え?ダメだよ・・・私とエッチしたくなっちゃったの?」

 

「うん、なんか姉ちゃんがすごく可愛くみえて・・・すごくしたい・・・」

 

俺は正直に言いました。

 

「それは絶対にダメ!私たち姉弟でしょ」

 

「でも俺はしたい、姉ちゃんはしたくないの?」

 

ベッドにあがり、姉に覆いかぶさるようにして言いました。

 

姉は、

 

「ダメだよ・・・」

 

と言いましたけど、俺が体を触っても嫌がってませんでした。

 

キスをしながらやさしく愛撫すると、声を押し殺すように体だけでピクンと反応しました。

 

なんか、その姿がすごく可愛く思えました。

 

姉の体を触りながら、パンツの中に手を入れてオマンコに触れると、もうグチョグチョになってました。

 

お互いに全裸になり、受身の姉を一方的に責めました。

 

姉はずっと黙ったまま、体だけで反応していました。

 

下半身にチンポを擦りつけながらキスをした時、姉の方から抱きつくようにディープキスをしてきました。

 

そして、

 

「ごめんね、ごめんね・・・」

 

と言いながら、俺を寝かして、騎乗位の体勢で自分から俺のチンポをオマンコに挿入してきました。

 

姉も我慢できなくなったようでした。

 

姉の中は温かくてきつくて、気持ちよすぎてたまりませんでした。

 

姉も、俺の上で激しく動きながら、喘いでいました。

 

正直、こんなに気持ちいいセックスは初めてでした。

 

俺は姉のオマンコの中に、大量に射精してしまいました。

 

姉ちゃんのこと大好きだから

 

姉がチンポを引き抜いて寝っ転がった時、ドロドロとオマンコから精子が溢れてきました。

 

めちゃくちゃ興奮しました。

 

今度は正常位の体勢で挿入しました。

 

キスをしながら激しくピストンし、今度は姉のお腹に射精しました。

 

三回目なのに、また大量に出ました。

 

さすがに疲れてぐったりしてると、

 

「まだ出来る?」

 

精液も拭かないまま、姉が求めてきました。

 

シックスナインの体勢でフェラチオしてきて、冷たくなった精液の感触がなんだか生々しくてエロく、俺もまた欲情してきました。

 

自分の出した精液が残っているのにもかまわず、姉のオマンコを舐めました。

 

その後、また騎乗位で挿入しました。

 

さすがに今度はなかなか射精できず、最後は姉と抱き合いながら自分でシゴいて射精しました。

 

気が付いた時には、ふたりとも精液と愛液にまみれてグチョグチョでした。

 

布団の中で、

 

「ごめんね・・・」

 

って謝る姉に、

 

「なんで?俺こそごめん、でも後悔してないよ、姉ちゃんのこと大好きだから」

 

って言いました。

 

姉は、

 

「うん、ありがとう・・・」

 

とだけ言いました。

 

その日は、抱き合ったまま寝ました。

 

姉とセックスする日々

 

次の日、シャワーを浴びながら、

 

「私って実はエッチが大好きなの・・・ごめんね」

 

ってまた姉が謝ってきました。

 

「でも好きな人じゃなきゃ、しないんでしょ?」

 

って聞くと、

 

「当たり前じゃん!」

 

て答えました。

 

そんな会話をしながら、そういや子供のころ、姉と風呂に入るの好きだったよな~、なんて思い出しました。

 

それからというもの、姉とほとんど毎日セックスする日々が続いています。

 

姉は、

 

「弟なのに、アンタとするのってすごく気持ちいいし興奮する」

 

って言ってました。

 

正直、俺もそう思います。

 

なんか性的な趣味も合うみたいだし。

 

スイッチ入ると、お互いにバテるまで求め合えるし。

 

そんなこんなで、俺は姉と一線を越えてしまいました。

 

姉の一人暮らしは中止になり、俺の部屋の更新が切れるタイミングで、二人で広い部屋に引っ越して、一緒に暮らすつもりでいます。