Pocket

ドMな客 手コキ
画像はイメージです

 

ドMなお客さん

 

私は性感エステで働いている風俗嬢です。

 

普段はドMですが、先日変わったドMなお客さんがやってきて、初めてのドS体験をしました。

 

思い出してしまうと眠れないし、いまだに感触が残ってて気持ち悪いです。

 

私の在籍するエステは抜きアリなので風俗ですが、マッサージしておちんちんを手コキするだけです。

 

服は脱ぎませんし、軽い胸のタッチ以外は出来ません。

 

その時のお客さんはほとんどしゃべらないし、最初無愛想だと思っていたら、マッサージして四つん這いでタマタマ付近を撫でていたら豹変しました。

 

「犯してください!」

 

って叫びだして、

 

「強引にいじめてください」

 

って言い出したんです。

 

戸惑いましたけどお客さんなので、とりあえずがんばってみました。

 

乳首を摘んでクリクリしたりして。

 

私は基本ドMなので、キツい言葉も言えません。

 

それにかなりおっとりとした性格です。

 

けど、お客様さんがお望みなので、

 

「どうして欲しいか言ってくださ・・・言えよ」

 

と言ってみました。

 

「仰向けになりたいです、お姉さま」

 

そう言うので仰向けにしました。

 

そこでまた、

 

「犯して!」

 

と叫んできます。

 

私はお金分の働きをすることを決意しました。

 

「ひどい事を言ってください!お姉さんにレイプされたい!乱暴にしてください」

 

と言うので試しに、

 

「恥ずかしい姿して、親が泣くよ」

 

と言いました。

 

そのお客さんは、

 

「はうー」

 

と言って、

 

「目隠ししてー、真っ暗にしてー」

 

と言うので真っ暗にして、タオルで目を隠しました。

 

タオルを巻く時に髪の毛を引っ張り、荒っぽく強引に結びました。

 

お姉さまの奴隷になりたいです

 

その後も、

 

「いじめて下さい。レイプしてめちゃくちゃにして下さい」

 

とお願いされたので、そのお客さんの体じゅうにオイルを塗りたくり、タマタマと乳首を摘んだり叩いたりしました。

 

言葉も思いつく限り乱暴な事を言いましたけど、必死に言っていたのであまり覚えていません。

 

私は乳首を引っ張り、爪を立てて体を引っ掻き、顔をビンタしました。

 

ドMのお客さんは喘ぎ声を出して喜んでいます。

 

私は徐々に、Sというものが何なのか理解してきました。

 

それと、このお客さんに完全に引いていたので、恨みも込めて引っぱたいたりしました。

 

「ひどい!」

 

とか、

 

「痛い!」

 

とか言いながら喜んでるんですけどうるさいので、口にタオルを入れて黙らせました。

 

「お前の粗チンを触った汚い手を自分で舐めろ」

 

と言って舐めさせました。

 

「あーん、あーん」

 

と喜んでいる様子です。

 

ここでいつもなら、温めてあるローションを少し冷ましてから手コキするところですが、熱いままおちんちんに垂らしました。

 

ビクンッとして呻き声を出しています。

 

この人、電車で5時間ぐらいかけてわざわざこのお店に来たそうで、肌が赤くなるくらい熱いローションをかけられて喜んでいます。

 

「お姉さまの奴隷になりたいです」

 

なんて叫ぶので、鼻と口を塞いで苦しめました。

 

その間もおちんちんはシゴき続けてあげました。

 

ずっと勃起したままだったので、本当に興奮してるみたいでした。

 

お前みたいな豚、誰も相手にするはずないだろ

 

私は飽きて来たので、今度は踏んづけてみる事にしました。

 

その人の顔に足を乗せて踏みにじり、口の中に指を突っ込むと喜んで舐めました。

 

「チビで汚い不細工男が!私の足を舐めさせてもらえて贅沢だな、この豚野郎!」

 

とかいうような事を言ったと思います。

 

「はひぃー」

 

とか言いながらベロベロ舐めるので、首も足で踏んだりしながら苦しめました。

 

それから私は足でおちんちんを撫で回しました。

 

ローションでヌルヌルして、面白い感触でした。

 

タマタマをペチペチしたりして遊んでみました。

 

足の指でおちんちんを挟んでシゴいたら、気持ちよさそうにしています。

 

その足を、またその人の口に入れました。

 

私の太ももにオイルをつけて全身を撫で回すと喜んでいるので、口と鼻を塞いで苦しめました。

 

「デブのお腹はみっともないねー」

 

と言って、お腹を蹴ったりもしました。

 

「僕はキレイなお姉さまの奴隷です。なんでも言うこと聞きます。僕の住所と名前をばら撒いて辱めてください」

 

とか言ってます。

 

「動画を撮ってばら撒いてー」

 

なんて言うので、

 

「やだよ。お前の醜い姿を写したら、私の携帯が汚れるだろうが」

 

と言って拒否しました。

 

・・・というか本当に嫌だったので。

 

「女子高生に犯されたいー」

 

と言うので、

 

「お前みたいな豚、誰も相手にするはずないだろ」

 

とか本当に酷い事を言いました。

 

チンコ握り潰してー!

 

時間が迫ってきたので、添い寝の状態になりました。

 

「お姉さまのおっぱい触りたいです」

 

と言うので、仕方なく触らせてあげました。

 

「おっきい!柔らかい!ママ、ママ!」

 

とか気持ち悪いこと言ってます。

 

豹変する前の会話で、最近実家に戻ってくつろいだって話を聞いていたので、なんだか複雑な気分になりました。

 

「唾を飲ませてください」

 

と言ってきました。

 

私は汚い系とかスカトロは本当に苦手だったのですが、時間も迫っててイカせないといけないし、ここまで来たら雰囲気を壊すわけにもいかないと思って、唾を垂らしました。

 

「美味しい」

 

と言われて、正直ゾワッとしました。

 

でも、二、三回要求されてしまいました。

 

「チンコ握り潰して、もっと強く」

 

と言うので、思いっきりおちんちんを掴みました。

 

「お姉さま、一生コキつかってー、住所ばらしてー、動画公開してー」

 

と叫ぶので、また口の中にタオルを入れて黙らせました。

 

そこから手のスピードを調整しながら、おちんちん強く握って手コキをしました。

 

タオルを口に入れられながら喘ぎ声を出しています。

 

体が仰け反るくらい反応をして、その人は射精しました。

 

普段より強く握って手コキしたので、疲れて息も上がりました。

 

おちんちんを優しくティッシュで拭きます。

 

お客さんが元の様子に戻り、

 

「ありがとう、お疲れ様」

 

と言ってくれました。

 

私はまだSの演技が抜けていなくて、敬語が言えなくなっていました。

 

その後、そのお客さんは上機嫌でよく笑っていました。

 

私はまだSっけが残っていて、シャワー後にその方の身体を力強く拭いたり、タメ語になってしまったり、あまりよくない方向に行っていました。

 

それでもそのお客さんは、

 

「またいじめられに来るよ」

 

と言っていたので、一応は気に入られたのかもしれないです。

 

正直、来て欲しくはありません。

 

足の裏に人を踏んだ感触と、男の人のドMな表情が忘れられなくて、思い出すと眠れなくなってしまいます。