Pocket

女子高生の逆レイプ
画像はイメージです

 

痴漢を仕掛けられて写真に撮られ、脅迫

 

高一の時、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。顔は綺麗な感じが2人、キュートな感じ1人、そこそこの1人。しかし4人とも明らかにサディスティックのオーラたっぷり。

 

この間の放課後、僕は友達と学食で他愛もない話し合いをしていた。その頃の僕は女子と話す事が不得意で、あいさつを交わす程度。顔もハンサムじゃないし、女子とは無縁だと思っていた。

 

丁度話が一段落した時、4人組が学食に来た。僕は可能なら関与したくないと思っていたので、友人にもう帰ろうといって席を立とうとした。

 

そんな時、4人組がここに近寄って来て、

 

「◯◯(僕の名前)。少しあたいらに付き合えよ」

 

と言ってきた。

 

友人は小走りでその場を離婚し、僕は4人に包囲される形となった。たえず教員達に目をつけられている4人なんで、ろくでもない事になると考えた。でも突っぱねたら、何をされるか分からないとも思った。あんまり良い気はしないでいたが、やむを得ず4人に従うことに。

 

引き連れて来られたところは看板のついていない駐輪所の後ろ。抜け出せないように、KとSが両腕をお互いに抑えつけた。その際は気が動転して脳裏がおかしくなっていたが、現在よく考えれば通学服越しに女の子のおっぱいを感じたと思っている。

 

とりわけKはずい分巨乳で、通学服越しでも納得するほどだった。そういった意味で、なぜここのところに引き連れて来られたのか原因が思い浮かばなかった。

両腕を抑制しているSとKはニヤニヤをして、前方を歩行していたMとUが耳打ちしてた。
そしてUが、

 

「どんなわけであたしらに呼び出されたか、原因わかる?」

 

と言ってきた。

僕は身に覚えが無いから、

 

「すまん、見当が付かないよ」

 

と言った。
さほど4人としゃべった事が無くて、ドキドキで声が変だったように感じる。
そんな時、腕が突如重くなり、両腕を抑制していたKとSが、

 

「こんなんでもなにも無いって言うのかな」
「そんなこと言い切れるの?」

 

とお互い口に出してきた。

 

こうしてみると、2人が抑制していた僕の手をスカートの中とブラウスの内側にすべり込ませていた。しかもパニック状況での時、Uがニヤニヤしながら写メで僕をカメラに写した。

 

U「あー、◯◯がスケベなことやってる」

 

M「うわぁ、2人を襲ってる」

 

そういう事を発言しながら笑っていた。SとKも、

 

「◯◯に触られた」
「痴漢してきた」

 

と言いながら笑っていた。僕が、

 

「これっぽっちもやっていないよ。こんな言いがかりやめにしてくれないか」

 

と言えば、例の写メを見せつつUが、

 

「これ見た人は、そういう言い逃れに耳を傾けると思うの?」

 

と脅してきた。

 

U「これをバラ撒いてみたいな」
S「◯◯がこういう事するヤツだったなんてねえ」
K「みんなあんたの理屈なんか聞く耳持たないよ」

 

そういう事を言う有様。

 

M「この写メをバラされたくなければ、これからあたいらの話すことをよく聞けよ。退学になりたくないだろ?」

 

退学という単語を耳にして僕は青ざめた。こんなやり方で退学ともなれば馬鹿にされるどころの話ではない。僕は我慢しながら

 

「わかったよ」

 

というと、4人はますます人気のない女子更衣室に僕を引きずり込んだ。その場所はちっとも使用されることがなさそうな所で、放課後は誰も立ち寄らない場所だった。

 

 

パンティーに興奮してチンポは勃起。チャックを下ろされ・・・

 

4人はこの場所で僕を椅子に座らせると、鍵をかけて僕を見下ろしている。これからなにがもたらされるのかさっぱり分からない僕は何とも言いようのない恐怖に駆られた。そうするとおもむろに4人が何だか屈み始めた。

 

なにがスタートしたのか理解できずにいたら、4人は計ったかのごとくこれまで穿いていたパンティーを脱ぎ始めた。ドキッとした僕にKが、

 

「声を立てるな。声を出せばわかってるよね?」

 

と言った。これまで女の子のパンティーは、パンチラ(白)だけしか見たことのない僕は固唾を飲んで頷いた。

 

4人がパンティーを脱ぎ終わったら、それを僕の目の前でアピールした。Mはピンク色、Uは白、Sは黄色、Kは緑だった。更にみんなSバック。

 

不謹慎だと思うが、ひとりひとりから女の子らしい素敵な匂いがしていた。4人とも各々表情や見かけは素敵だったので、その4人が穿いていたパンティーという理由でチンポは勃起してしまったと思う。

 

おそらく4人共僕が勃起してしまったのを感づいていたと思っている。4人ともそれっぽくニヤリと笑って、パンティーを真正面にチラつかせて愉しんでいた。

そうするとMが、

 

「これからシメにはいろうか」

 

と3人に口にした。

 

ほかの3人もそれに呼応し、匂わせていたパンティーを一気に僕の顔に載っけてきた。始めはなにが生じたのか判断できなかったが、Sが写メで僕を撮影してそれを見せてきた。
おおかた恐喝するネタとするのだろう。

 

S「うわー、◯◯って変態野郎だね!」
3人「キャハハハ」

 

こんな風で振り回されていたから、怖いという気持ち、今直ぐに解き放たれたい、帰宅したい。と感じている時、突如として椅子から蹴り落とされた。

 

そしてフロアに倒れた時、ニンマリしていたUが接近してきて、

 

「シメに入るから気持ちの整理しろ」

 

という感じの事を言ってやってきた。僕はこわかったが、写メをバラされる事の方が不安だったので動けくことができなかった。

 

接近してきたUが何をスタートするのか判断できなかったので、何気無く目をつぶってしまった。そうしたら何だかチンコに触れる感触があった。ビビりながら薄目を開けると、Uがチャックに手をかけていた。
目に飛び込んでくる様子にビックリしながらも回避できない自分自身に情けなさを感じ取っていると、Uがズボンをあっという間に脱がせた。

 

まじまじ確認するとズボンだけでなく、パンツまで脱がされていた。4人の目の前には昂ぶった男根が大きく屹立して、4人とも凝視するように見つめている。このような屈辱的な事をされたとしても、現場から立ち去る度胸が出なかった。

 

女子高生のフェラチオ、シックスナイン

 

そうすると髪を掻き揚げたUが突如僕のチンコを舐め出した。エロ本とかで基礎知識はあったが、本当のところ最初の経験。もちろん、その時は童貞だった。

 

なんとも言えない快感が体全体を襲い、恐怖心よりも快感が僅かばかり勝った感じにビクビクしながらいた。Uを除いた3人は、そのシーンを見つめながらニヤニヤしていた。Uも見上げながら見ている。

 

そのUの様子を見つめながら射精してしまった。

 

その時間が異常に長く感じたが、おそらく秒殺であったと感じている。Uがチンポからザーメンを絞り出すかのごとく吸い込んだ後、僕のバッグからティッシュを取りだして目の前にぶちまけた。

 

生まれて初めてフェラチオされた事に高ぶっていたのと、まだ10代ということでスタミナが有り余っていたのだろう。一旦萎えたが、アッという間に再び勃起してしまった。本当に高揚した気分が勝っていた。

 

余韻が覚めぬうちに次はSが僕の顔にマンコを押し付けてきた。

 

S「次はあたいの番だ。○○、シックスナイン知ってるよね?知らないなんて事ないよな?」

 

そういう事を聞かれ、スカートを捲りあげてシックスナインの体位になってしまった。どうしようもないが、生まれて初めてオマンコを見たんでさらに高ぶってしまった。Sはバージンではないと思っているが、オマンコは淡いピンクだった。

 

頭が回らずわけが判らなくなり、欲求のままに僕はSのマンコを夢中で舐めまくった。Sもそんな状況の下で僕を手玉にとるかのようにフェラチオをスタート。竿、金玉、カリ首を舌先で舐める。ピチャピチャ、クチュクチュという下品な音が部屋中混ざっていた。

(もうイカれてもいい、どんな行為が待っててもいい)という気持ちがしていた。

 

過激にSのマンコを舐め、アナルが鼻の先に見えたのに気が付いて、その中に指をゆっくり出し入れした。Sが感じたのかは知らないが、呻き声を心なしかあげながらなおさら過激に舐めだした。

 

気付いたらUとKが僕の顔をじっと見つめている。けれども頭の中はSのオマンコに釘付けだった。フルパワーでSとシックスナインに取り組んでいると、生温かい感触をタマキンに感じた。後々わかった事だが、Sとのシックスナインを見たMが金玉にしゃぶりついていた。何度も2人に責められ、無意識に「ウゥッ」と声をあげてしまった。

 

そのような時2人が各々の責めを中断し、それと同時にカリ首を2人で責め始めた。はじめのUが全体をあっちこっち責めていたのも有効だったが、2人の責めはそれだけではなくもの凄かった。

 

いとも簡単にザーメンを放出してしまったのだが、さっきのUの様な吸い取られる感じではない。どのようになったのか興味をもって顔を動かしてすぐ下に目をやると、2人の顔に射精していた。いくらなんでもこれはまずいということで謝ろうと体を動かすと、KとUが体を抑えつけた。

 

U「お前だけイッてどうするんだよ」

K「Sがまだイッてないだろ」

 

そうするとSも、

 

「お尻に指入れられた時はヤバかったけど、まだこんなんじゃイカないね。余裕だよ」

 

と言ってきた。

 

初めての生マンコに耐え切れず中出し

 

仕切り直しとというわけでSは僕の股間に跨がると、またスカートを捲り上げた。

 

S「お前がいい感じにオマンコ舐めてくれたんで、ちょうどいい具合に塗れたよ」

 

そうにっこりしながら言うと、挿入するところを見せびらかしながら腰を落とした。エロ本でズブズブという表現が描写されているのを目にしてウソっぽいなぁと思っていたが、現実に自分のときには、まさそういった感触だった。

 

今しがたまで舐めていたオマンコに包み込まれると、蕩けるような感触に頭からつま先までが身震いした。Sのオマンコ内は温もりがあり、そこのみ異次元の感覚だった。

 

この感覚に浸る暇もなく、Sが腰を動かし始めた。Sが動く度にオマンコからなんとも言いようのない締め付けられる感覚に見舞われる。さすがに2回も射精しているので、幾らかキープした。けれどSが強力に腰を振りまくったので、僕もリミットが迫ってきた。

 

その時、Sがいきなり腰の動きを止めた。それに僕は驚いて、Sのオマンコに思わず精液を出してしまった。膣が精液を搾り取る感覚と言うよりは、他の生き物に何かされている感触だった。Sがイッたのかは判断できなかったが、何か支配感に満ち溢れた顔でくっ付いたまま僕を見下ろしていた。

 

度々3回も搾り取られた僕は本当にくたびれていた。ここで眠りたいというのが正直なところだったが、ここで力尽きるとこれに勝る事をされると考えた。Sがチンポを引き抜くとトロリとザーメンが溢れ出た。

 

Sは、

 

「セックスさせてあげたんだからありがたいと思ってもらいてえな」

 

と言いながら、自分のマンコから溢れ出るザーメンを拭いていた。

 

おっぱい星人がバレていた

 

疲れが残る体を起こそうとすると、コメカミの辺りを足で蹴られた。ウエイトをかけて押されたっていう方が正しいのかもしれない。蹴ったのはK。

 

K「あたいらがハッピーな事やらせてやったんだ。あと1人くらい全く問題は無いよな?」

 

僕「もう勘弁してよ。何か僕迷惑掛けた?気に入らない事があった?」

 

K「何一つ無いね。暇潰しと憂さ晴らし。それとイジメ甲斐がありそうなんだよな、あんたって」

 

暇潰しと言われてびっくりしていると、起き上がりかけていた僕をMとUがボディに乗っかってきた。馬乗りの状況だった。その勢いで頭をフロアに打って痛がっている内に、KとSに無理やりに股を広げられてチンポ丸出しにされた。股間を閉じようとしてもKが股の間に押し入って入ってきた。強引に割り込まれた感じだ。

 

Kはこの状態で僕の腰をアップさせるように胸のの辺りまで抱き寄せた。歯むかうとまた蹴られる可能性もあるので、Kに向かって腰を働かせる。チンポは完全に萎えていた。

スマイルを見せながらKが口一杯にチンポを含むと、先程の蹴りとは全然別人みたいにソフトにフェラチオを開始した。

 

Sの愛液とザーメンが沢山くっ付いたチンポをやんわりとフェラチオをするKの顔に、同級生とは思えない魅力を感じてしまった。Kのいやらしいな眼差しや仕草に、半勃起状態まで復活させられた。

 

チンコがあるレベルまで持ち直した事を確かめたKは、チンポを口から離すと、制服のブラウスを脱いだ。見たら、パンティーと同一の色のエロチックなブラジャーに覆われた抜群の巨乳が出て来た。色白のそのおっぱいに僕は生唾をゴクリと飲み込んだ。

 

僕が胸フェチというのもあったが、血のつながりがない人の胸を生の状態で見られることがただ単に嬉しかった。しかも、ものすごい重みがある。

 

Kがホックを外すと、いくぶん大きい乳輪とにその胸全部がむき出しになった。色はほんの少しピンクが残っている様子だが、大抵茶色がかっていた。手狭なブラジャーからオープンになったその巨乳を寄せてくると、Kはまだ半勃起状態だった僕のチンコに押し当ててきた。

 

乳首で亀頭をこね回し、尿道を責めてくる。始めはくすぐったかったが、だんだんKもエキサイトしてきたのか乳首が硬化してきた。硬くなった乳首に亀頭やカリ首を責められる。

 

しつこく責められ続け、半勃起だったチンポがまた硬く屹立した。それを見たKは自らのツバをチンポに垂らすと、その豊満なおっぱいで挟みしごき出した。産まれて初めてのパイズリだった。

 

K「コイツ、あたいのおっぱいでまた硬くなってる。気持ちいいのか?」

 

そのような事を聞いてくるKに思わず頷くと・・・。

 

K「ハハハッ、あんたの今の心なんかはこのおっぱいでじっくりと見抜けるよ。あんたおっぱい星人だろ?いつもあたしのおっぱい見てるよな?」

 

U「Kみたいに胸が大きい女が大好きなんだろ?お前、まじめそうな顔して結構スケベだな」

 

S・U「スケベ~(笑)」

 

Kは強度をつけながらしごいていると、もう我慢できなくなったのか巨乳からチンポを離した。ビンビンの状態のチンポを見てKが、

 

「Sのオマンコでイッたのを見てたら、あたいも興奮しちゃった」

 

と言いつつ、Sの時と同じように結合部を見せつつゆったりと腰を下ろした。クチュという音と同時に、さっきのSの時と同様の気持ち良さに見舞われる。

 

揺れる巨乳を揉みしだき、舐める

 

今さっきと違うのは、Kのオマンコを温かく感じ取ったことと、腰をコントロールする度にエロチックに揺れ動くその巨乳だった。初めの方こそKの腰やヒップをアシストする形で手を添えていたけど、いやらしく揺れる巨乳を眺めるともう堪らなくなり豊満なおっぱいを揉みまくった。

 

ものすごく柔らかいその感触を堪能するゆとりはあまり無かったが、巨乳を揉まれてからのKの顔つきが明白に変わった事は認識している。Kに頼んでおっぱいを舐めさせてもらいたいとお願いすると・・・。

 

K「ノー。ある程度あたいを満足させたら考えてもいい」

 

その文言を聞いた僕は、馬乗りのKを満足させなくてはならない強い気持ちで下から腰を突き上げてチンポをオマンコの奥まで押し込んだ。それをKも察知したみたいで、僕が腰を突き上げるたんびにいやらしい微笑みを見せる。

 

けれども徐々に自分の方がリミットを感じ出し、足腰に再度注力した。下から腰を突き上げる上でもキツくなり、僕はKのオマンコの中に一心不乱にザーメンを射精した。

 

僕の射精した顔がKのS心をくすぐったのかさっぱりわからないが、Kの顔付きが穏やかな感じを受けた。それと一緒にくっ付いたままKが倒れ込んできた。Kがずっと主導権を握っていたこともあって、身を任せたというのは図々しい。

 

K「とにかく、今日は初めての経験としてはよくやった方かな?次もお願いするよ、変態クン(笑)」

 

そう言うと、その巨乳を僕の顔に押しつけてきた。頭の中がガラガラ状態だった僕はKの乳首を変わり番こに舐めたり吸ったりしながらKと抱き合った。Kとのセックスの後、Mがお掃除フェラをしてくれた。

 

パンティーのプレゼント

 

セックスが終わって落ち着きを取り戻すと・・・。

 

U「今日の事は絶対条件としてだれにも言うなよ。あたいらにはコレ(写メ)があるのを忘れるな」

 

M「とにかく今日は面白いモノが見れたな」

 

S「まじめぶっていても所詮男なんだな。明日からあたいの下僕に決定~(笑)」

 

K「このくらいでお終いではないからな。ひとまず同じクラスの間は使わせてもらうぜ」

 

4人はそう言うと帰り支度を始め、僕にも早く服を着ろと言ってきた。着替えが終了するとMが

 

「パンティー、どーする?」

 

と3人に尋ねた。はじめの方で僕に被せた4人のパンティーは、僕のバッグの上に置かれた状態だった。

 

K「コイツに洗わせる?」

 

S「いや。やっぱりコイツの場合、それとは逆に汚しそう」

 

U「あたいは、コイツにブラもセットでプレゼントしてやる。夜にコイツオナニーしそうだし(笑)」

 

Uの言い方に反応した3人はUと一緒にブラとパンティーを僕のバッグに押し込んで、

 

「プレゼントしてあげる」

 

と言った。

 

プレゼントしてもらった下着を見て、(コレどうしたらよいものか?)と熟考した。けれども同じクラスの女子(それも可愛いどころ)の下着。女の子らしい良い匂いに負け、持って帰ることを決めた。

 

幸い両親に察知される事は無かったが、4人とのハードすぎる経験を思だすとそんな簡単には仕舞い込んでいる場所から出す気持ちにはなれなかった。

 

それから4人とは卒業するまで何度もセックスした。修学旅行や文化祭、体育祭。放課後の教室でもエッチした。

 

何だかんだ言っても4人とも脅迫の写メをバラす事はなかった。4人は恋人を作らずに四六時中つるんでいた。なぜ4人がそうしていたのか、今も尚さっぱりわからない。

 

余談ながらKはおおかた学年一の巨乳ではなかったかと思います。

 

おすすめ関連商品

 

ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師
ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師

 

競泳水着女子高生に囲まれて――

 

元女子校の聖蘭学院に転校することになった達郎。
水泳部に入部するものの瑞々しい女子部員たちの
水着姿に下半身が反応して満足に泳げずにいたところ、
グラマー女教師の提案で練習前にエッチをすることに。

 

「毎日私たちがあなたの精を抜いてあげる」

 

さらには憧れの美少女とも打ち解けてゆくのだが……。

 

ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師

 

 

<登場人物>

 

●藤木 達郎 (ふじき たつろう)
聖蘭学院に転入した性欲旺盛な童貞の二年生。
強豪の水泳部所属で実力を認められていたが、
内気な性格のため本来の力を発揮できずにいる。

 

●内田 美久 (うちだ みく)
聖蘭学院二年の水泳部所属で、アイドル並の美少女。
黒髪ロングの外見はおっとり文学少女風だが、芯が強くて頑固な一面も持つ。
程よい肉付きのバランスの良い体形。

 

●畑山 響子 (はたやま きょうこ)
聖蘭学院の体育教師で水泳部の顧問も務めるグラマー美人。
姉御肌な性格で女生徒たちからの信頼が厚い。
Fカップを超えるバストを持つ。

 

●金本 友希 (かねもと ゆき)
聖蘭学院三年の水泳部部長。
セミショートヘアの野性的な美少女。
明るく快活で、性にも奔放な性格。
スラリとしたスレンダー体形。

 

●池波 萌子 (いけなみ もえこ)
聖蘭学院一年の水泳部所属。
友希とは旧知の中で、彼女を尊敬し憧れている。
物事にこだわらない天真爛漫な性格。
推定Jカップの爆乳を持ち、アニメ声が特徴的。

 

ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師

 

 

<目次>

 

第一章 豊満美教師の包茎しゃぶり

第二章 美人部長の精液搾り

第三章 恍惚と悦楽の逆レイプ

第四章 小悪魔少女のパイズリ奉仕

第五章 美少女たちの淫裂責め

第六章 魅惑のハーレム乱交

 

 

作品の詳細はこちらの画像をクリック

 

ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師
ハーレム水泳部 憧れ美少女と豊満女教師