Pocket

ボクシング セックス
画像はイメージです

 

私に勝ったら、何でも言うこと聞いてあげます

 

僕は高校のボクシング部に所属しているのですが、高校では珍しく、女子の部員も数名います。

 

今年の4月にも1人だけですが、1年生の女子が新入部員として入部してきました。

 

彼女は今まで見てきた女子部員とは違い、アイドルのように可愛い女の子でした。

 

しかし彼女の驚くべきところは、その美貌やルックスだけではありません。

 

詳しい人が見れば分かると思いますが、彼女のボクシングの動きは、とても素人のものではありません。

 

おまけにサンドバッグを叩いているときの迫力ときたら、男子の巨漢部員と同じ音を出していました。

 

僕は初めて彼女のその光景を見た時、彼女には絶対に適わないと確信しました。

 

ある日のことです。

 

僕はその日なんだか気合いが入っていて、夢中でサンドバッグを叩いていました。

 

気が付いたら夕方になっていました。

 

周りを見渡すと、残っていたのは僕とその後輩の彼女だけになっていました。

 

僕はまだ練習を続けようとして再びサンドバックに向かうと、突然彼女が、

 

「先輩、スパーリングしませんか?」

 

と声を掛けてきました。

 

僕は彼女の強さは十分に分かっていたので断りました。

 

すると彼女が、

 

「私に勝ったら、何でも言うこと聞いてあげます」

 

なんてことを言ってきたんです。

 

ついOKしてしまいました。

 

しかし、リングに上がるとすぐに、スケベ心を出した自分がバカだったことに気付かされました。

 

よく頑張ったね

 

とにかくやるしかありません。

 

僕は先手必勝と思い、彼女に向かって突進し、ラッシュを打ちまくりました。

 

しかし、一発も当たりません。

 

彼女の軽快なフットワークで、軽々とかわされてしまいました。

 

僕だって、腕に自信が無いわけじゃありません。

 

他校との練習試合で、相手選手を失神させてしまった経験もあります。

 

それなのに一発も当たりません。

 

焦った僕は冷静さを失って打ちまくっていたら、彼女に隙を突かれ、腹に強烈な右のボディーブローを叩き込まれました。

 

「うげええええっっ!!」

 

なんだっ?このパンチはっ!?

 

これが年下の女の子のパンチなのかっ!?

 

こんな細い腕の何処にそんな力が隠されているのか?

 

そんなことを考えているうちに、今度は彼女の強烈な右ストレートを顔面にブチ込まれました。

 

その一撃で、意識の大半が吹っ飛び、目の前が暗くなりました。

 

(女なんかに負けたくない)

 

という月並みのプライドでなんとか意識を保っていたのですが、そこから彼女の猛攻撃が始まりました。

 

左ストレート、右フック、左アッパー・・・。

 

十発以上の強烈なパンチを食らい、僕はついに足から崩れ落ちてしまいました。

 

しかし、彼女のクリンチに抱えられ、胸の中に落ちました。

 

朦朧とする意識の中、彼女の甘い香りに包まれ、こんなにボコボコにされた状態にも関わらず、僕のチンコは勃起してしまいました。

 

彼女はそんな僕の反応を楽しんでいるかのように、優しく僕の肩を抱いてくれました。

 

しかし、しばらくすると彼女は僕をコーナーまで追い込むと、冷たい視線で一瞥した後、再び猛攻撃を開始しました。

 

さっきより速く重いパンチに、僕の顔は腫れ上がり、恐怖で足はガクガク震え、戦意喪失状態で、もうほとんど意識もありませんでした。

 

しかし、ダウンしたくてもコーナーに追い詰められた状態で、無数のパンチを浴びているため、倒れることもできません。

 

僕は最後の力を振り絞ってなんとか、

 

「ギ・・・ギブアップ・・・」

 

と呟きました。

 

すると彼女は僕の耳元で、

 

「よく頑張ったね」

 

と囁き、僕の唇に軽くキスをしました。

 

彼女のその口づけに甘い香りを感じた瞬間、彼女は僕の顔面に渾身の左フックをブチ込みました。

 

バッキイイイ!!

 

僕はその爆発のような衝撃で、反対側のコーナーまで吹っ飛び、床に思いっきり叩きつけられ、そのまま失神してしまいました。

 

失神した僕のチンコをフェラチオ

 

どれくらいの時間が経ったんでしょうか・・・

 

僕はこの時、年下の女の子にボコボコに殴られ、失神したとは思えない程、心地よい気持ちで夢の世界を漂っていました。

 

背中には天使のような翼が生え、朝焼けの輝く広大な空をゆっくり飛んでいました。

 

このまま時間が止まってしまえばいいのに・・・

 

身体の気持ちよさはどんどん高まり、その感触に比例するように、同時に興奮も高まっていきました。

 

しかし僕は、だんだん不安になっていきました。

 

身体の気持ちよさと興奮は異常なほど高まり、オシッコを漏らしそうな感覚に陥りました。

 

僕は恐くなって、声を上げて飛び起きました。

 

その瞬間、僕のチンコから信じられない量の精液が噴出しました。

 

僕は目を疑いました。

 

後輩の彼女は、なんと全裸で僕のチンコをフェラチオしていたのです。

 

彼女の身体は、服を着ている時は分からなかったのですが、とても綺麗で、しかも巨乳でした。

 

呆然としている僕を尻目に、彼女は僕のチンコを咥えたまま、最後の一滴まで精液を吸い取りました。

 

僕は思わず、

 

「あぁ~っ・・・」

 

と声を出してしまいました。

 

すると彼女は、

 

「気が付きました?よかった」

 

と優しい笑顔で微笑みかけてくれました。

 

その笑顔はまるで天使のように見えました。

 

ギブアップ

 

こんな可愛い女の子に完膚なきまでに叩きのめされ、しかも射精させられてしまったという事に僕は興奮し、チンコはまたビンビンに勃起してしまいました。

 

「元気ですね」

 

彼女は笑い、まだ精液でベトベトのチンコを咥え、再びフェラチオを始めました。

 

僕も彼女のオマンコを舐め、シックスナインの体勢でお互いに舐め合いました。

 

彼女は金玉を揉みながらの激しいフェラチオでガンガン責めてきます。

 

しかし、セックスでは僕も負けるつもりはありません。

 

クリトリスを激しく舐め、二本の指でオマンコの中をグチャグチャに掻き回しました。

 

「ああ・・・ああっ・・・気持ちいいっ!ダメッ!ああああっっ!イクぅっ!イッちゃうッッッッ!!!」

 

僕も彼女の口の中に精液を放出し、二人同時に絶頂を迎えました。

 

僕はこの時点で2回射精しているので息を切らしていたのですが、彼女はまだ体力が有り余っていました。

 

「先輩・・・挿れたい・・・」

 

彼女はそう囁くと、覆いかぶさるようにして寝ていた僕をもの凄い力でひっくり返し、騎乗位で挿入して腰を上下に振ってきました。

 

「ああっ・・・はあああああっっ・・・気持ちいいッッ!!」

 

彼女は最初から物凄い勢いで腰を動かし、その絶妙なテクニックで僕はまたすぐにイキそうになってしまいました。

 

「ああっ、ごめん、また出るっ!」

 

「うっ・・・うんっ!・・・ああああっっ!!」

 

彼女は構わず腰を振り続けました。

 

「や、やばいよ・・・出ちゃうって・・・!!」

 

「ああああああっっ!!いいですよぉっっ!!中に出してぇぇっっ!!」

 

彼女は更に腰を振るスピードをあげました。

 

「ああっ!ダメだっ!イクっ、イクよっ!!ああああっっ!!」

 

彼女のオマンコの中で、思い切り果てました。

 

「ハァハァ・・・」

 

僕は体力のほとんどを使い果たし、息を切らしていました。

 

しかし、彼女は愛おしそうな潤んだ瞳で僕を見つめ、

 

「はぁ~先輩・・・可愛い・・・」

 

と言って寄り添ってきました。

 

僕はもう彼女にぞっこんに惚れていたので、少し躊躇いましたが、思い切って告白しました。

 

彼女は眼に涙を浮かべ、何も言わずに僕をギュッと抱き締めてくれました。

 

その力強さに思わず僕は、

 

「・・・ギ・・・ギブアップ・・・」

 

と呟いてしまいました。

 

僕と彼女はその後交際することになり、仲良くやっています。

 

今でも、たまにボクシングプレイでボコボコにされては、その後激しいセックスしています。

 

とても幸せです。