Pocket

ムチムチ 爆乳 巨尻
画像はイメージです

 

友達のお母さんのムチムチボディーがたまりません

 

僕は祥太郎で、高校2年生です。

 

隣に住んでる友達のお母さんは、ちょいポチャで爆乳の巨尻なんです。

 

年は40代前半で、ピタッと身体にフィットしたジャージ姿でいることが多いです。

 

このお母さんとは僕も仲良くしてもらっていますが、僕はこの明子さんの体に欲情して仕方ありません。

 

僕が中学の時に、明子さん家族が隣に引っ越して来て、明子さんの身体に一目惚れしました。

 

それ以来、毎日のように明子さんを想いながらオナニーしていました。

僕の部屋からは、明子さん夫婦の寝室が見えるんですが、夜はいつもカーテンが閉まってて、一度も明子さん夫婦のセックスを見た事はありません。

 

何度も覗こうとチャレンジしてみましたが、ダメでした。

 

童貞だった僕は、明子さんに筆下ろししてもらいたいと本気で思っていました。

 

そしてある日、昼前から突然雨が振り出し、僕は学校から濡れながら自転車で帰りました。

 

その日は学校は昼までだったんですが、なんとか家に帰り着き、家の鍵を探したら鍵が無い事に気付きました。

 

いつも家の鍵は持ってたんですが、どうやら鍵を自分の部屋に忘れたまま学校に行ったみたいで、一人っ子だった僕は家に入れず、玄関で雨宿り状態になっていました。

 

しばらくしすると、隣の明子さんが出て来て、僕に気付きました。

 

明子さんは専業主婦で、雨の様子を確認するために外に出て来たとこに、家に入れないでいる僕に気付いたようでした。

 

明子さんは僕を家に上げてくれました。

 

ビショ濡れの僕は、タオルを貸してもらって頭を拭いてると、

 

「ほら、しょうちゃん全部脱いで、風邪引くよ」

 

と僕を脱がそうとしました。

 

僕は祥太郎なので、明子さんは僕の事をしょうちゃんと呼んでます。

 

恥ずかしかったんですが、明子さんは強引に雨で濡れた学生服を脱がし、さらに僕のパンツまで脱がそうとしてきました。

 

恥ずかしかったんでパンツは拒否すると、

 

「何恥ずかしがってるの、早く脱いで」

 

と怒られてしまいました。

 

仕方なくパンツを脱ぐと、明子さんは僕のチンコをチラ見しました。

 

そして僕の学生服やパンツを持って、脱衣場の洗濯機の方へ行きました。

 

僕はチンコを見られたことに少し興奮し、さらに明子さんの後ろ姿を見て、勃起してしまいました。

 

明子さんは相変わらずジャージ姿でしたが、大きなお尻がプリプリしてたまりませんでした。

 

いいよの、触っても・・・

 

タオルで下半身を隠していたら、明子さんはバスタオルを持って来てくれて、僕はそれを腰に巻いて、明子さんが入れてくれた熱いコーヒーを飲みました。

 

僕はコーヒーを飲みながら、台所で動いている明子さんの大きなおっぱいやお尻を見ていると、明子さんも僕の視線に気付いたみたいです。

 

「何?しょうちゃん、どうかしたの?」

 

僕は慌てて視線を外すと、

 

「おかしな子ね」

 

と言って、他の部屋に行ってしまいました。

 

僕は、今すぐにでもオナニーしたいくらいでした。

 

5分位すると明子さんが出て来て、

 

「しょうちゃん、晩ご飯一緒に食べようか?しょうちゃんのお父さんとお母さんはいつも帰りが遅いからね」

 

ちょうど明子さんの旦那さんは出張中で、息子は部活の後、彼女のとこに行くと言ってたそうで、息子が帰るまでは明子さんは家で一人なんだそうです。

 

明子さんの息子は一人っ子で、僕と同級生なんですが、高校は別々でした。

 

(しばらく明子さんと2人きりなんて・・・)

 

僕は喜んで、晩ご飯をご馳走になることにしました。

 

バスタオルだけでは何か違和感があったので、洗濯がまだ終わらないか脱衣場に行くと、

 

「まだよ、もう少しして乾燥機で乾かすから。そうだ、しょうちゃんシャワー浴びたら?」

 

と明子さんも脱衣場に来て言いました。

 

僕はお言葉に甘えてシャワー浴びさせてもらいまたしたが、どうしてもムラムラが収まらずに、風呂場でオナニーしてしまいました。

 

それでも勃起はおさまらず、風呂場から出てバスタオル巻いた時に、また明子さんが脱衣場に来ました。

 

洗濯が終わったので、乾燥機に入れたりしてる明子さんの大きいお尻やおっぱいを見ながら、僕は脱衣所から出ようとした時、勃起したチンコが明子さんのお尻に触れてしまいました。

 

脱衣所から出てソファーに座ってたら、明子さんが来て僕の股間を見ました。

 

僕は勃起がバレないようにしようとモジモジしてたら、

 

「しょうちゃん、おちんちん大きくなってるの?何かソワソワしてるし・・・」

 

僕は顔を真っ赤にして恥ずかしがっていると、

 

「別に恥ずかしい事じゃないわよ、でも何で勃っちゃったの?」

 

僕は正直に、明子さんに話をしました。

 

それを聞くと明子さんは笑いながら、

 

「本当なの?ジャージの上からおっぱいやお尻見て勃起するなんて、本物見たらどうなるのかしらね?アハハ」

 

僕は恥ずかしくて、顔から火が出そうでした。

 

すると明子さんは、ソファーに座っている僕の横に座ってきて、ジャージの上を脱ぎ、上はTシャツ一枚になりました。

 

黙って見ている僕の目の前で、明子さんはそのTシャツを胸まで捲り上げ、ポヨンとデカいおっぱいが姿を現しました。

 

僕は驚いてドキドキしながら見続けていると、明子さんは、

 

「いいよの、触っても・・・」

 

と言ってくれたので、僕は興奮しながら恐る恐る触りました。

 

ボリュームがあってとても柔らかく、夢中になって揉みまくりました。

 

それから乳首に吸い付き、舐めまくりました。

 

筆下ろししてもらいました

 

そうしてると明子さんの手が伸びてきて、バスタオルの中に手を入れると、僕のチンコを握ってくれました。

 

そしてその手を動かし始めました。

 

僕は思わず、

 

「はぁ~」

 

と声を出してしまい、明子さんから手コキしてもらう気持ち良さに浸っていると、

 

「もっと気持ちよくしてあげるからね」

 

と言って、明子さんはバスタオルを取り、僕のチンコをフェラチオしてくれました。

 

もちろん初めてのフェラちおです。

 

あっという間に、明子さんの口の中に射精してしまいました。

 

明子さんは僕のザーメンを飲んでくれたみたいですが、

 

「出そうなら出そうって言わなきゃ、女の子に嫌われるわよ」

 

と笑いながら言いました。

 

風呂場で一回、フェラチオで一回射精したにも関わらず、僕のチンコはまだまだビンビンに勃起していました。

 

明子さんが、

 

「まだまだ元気だし、ベッドに行こうか?」

 

と言って手を繋いで寝室に入りました。

 

明子さんは僕を仰向けにすると全裸になり、大きいお尻を僕に見せてくれました。

 

明子さんのお尻をムンズと掴んで揉みまくっていると、明子さんはまたフェラチオしてくれて、顔に跨がってきてシックスナインの体勢になりました。

 

明子さんのオマンコは多少黒ずんでてビラビラが凄かっですが、特大クリトリスにビックリしました。

 

大人の親指ぐらいの大きさだったと思います。

 

明子さんのデカクリを摘んだり擦ったりしてると、

 

「うおぉぉぉ!ああっ、おおぉぉ!」

 

と、とても女性とは思えないような喘ぎ声でした。

 

でも僕はその声にとても興奮しました。

 

さらに驚いたことに、明子さんのオマンコを舐めて指を入れると、すぐにビュッビュッと潮を吹きました。

 

何度やっても潮を吹いて、そのたびに僕の顔にかかりました。

 

そしてついに挿入の時が来ました。

 

ゴムは付けなくていいとの事なので、生でチンコをハメる事になりました。

 

正常位で入れようとしたんですが、初めてでうまく入れられないでいると、明子さんが手を伸ばしてきて、僕のチンコに手を添えてオマンコに導いてくれました。

 

ついに念願の明子さんに筆下ろししてもらいました。

 

オマンコの中は熱く、ヌルヌルが絡みつく感じでめちゃくちゃ気持ちよかったです。

 

中に出してもよかったのに・・・

 

「思いっきり突いていいよ、遠慮しないで激しく突いて」

 

明子さんがそう言ったので、僕は激しく突きました。

 

そうすると、また明子さんはビュッビュッと潮を吹いて、

 

「ふおぉぉぉ、ぐあっ、あっあーっ、おーっ、おー!」

 

明子さんはまるでケモノみたいでした。

 

チンコが萎える人もいるかもしれませんが、僕はものすごく興奮しました。

 

僕は激しく突きまくり、3回目だというのに早くもイキそうになったので、明子さんのオマンコから急いでチンポ抜きました。

 

と同時にビューッと射精しました。

 

発射されたザーメンは、明子さんの陰毛やオマンコの表面にかかりました。

 

するとまだ射精中のチンコを明子さんの右手が掴むと、明子さんは最後の一滴が出るまで自分のクリトリスに擦りつけて、

 

「しょうちゃん・・・おーっ、おーっ、ふぅっ・・・」

 

と、クリトリスに射精中のチンポを擦りつけながら、明子さんはイッたみたいでした。

 

明子さんはイッてから、ビクンビクンと身体が痙攣した感じになりながら、

 

「中に出してもよかったのに・・・」

 

と荒い呼吸で言いました。

 

明子さんを心配してたら、

 

「大丈夫よ、イッたらいつもこうなるの・・・心配してくれてありがとね。でも今度は中に出してね」

 

すると明子さんはまたフェラチオしてくれて、チンコがまたビンビンになると今度は騎乗位で入れてきました。

 

騎乗位からバック、正常位になると僕もまたイキたくなり、出そうになると、

 

「いいよ、中に出して、いっぱい出してね!」

 

そう言うと明子さんも、下から腰を動かしてくれました。

 

明子さんの下からの腰の動きに僕はたまらず、ドクッドクッと今度は明子さんのオマンコの中に射精しました。

 

「しょうちゃん、おおーっ、おうーっ、おーっ・・・ほぁ、はぁ・・・」

 

と明子さんも中出しされてイッてくれたみたいです。

 

それから明子さんは少し休憩して晩ご飯を作ってくれて、一緒に食べた後、もう一回セックスしてから家に帰りました。

 

それからというもの、時々明子さんとセックスしています。

 

なかなかチャンスが無い時は、メールで連絡しあって外で待ち合わせをし、ラブホテルに行ったりもします。

 

いつまでも明子さんとセックスしていたいです。