Pocket

淫乱奥さん
画像はイメージです

 

父の入院で知り合った奥さん

 

親父が検査入院したんですが、胃に腫瘍が見つかってしまい、すぐに手術しなければならなくなりました。

 

幸いにも早期発見だったため大事には至らず、術後の様子見ということで、しばらく経過入院することになりました。

 

個室は差額ベッド代がかかるので、とりあえず大部屋に押し込めたんですが、父は文句言っていました。

 

まあ、文句を言うほど元気な証拠と思って、笑って聞き流していました。

 

隣のベッドには、40代の奥さんらしき女性が、毎日夫のお見舞いに来ていました。

 

毎日顔を合わすうちにいつしか話をするようになり、帰りに僕の車で送るほどになりました。

 

ある日、夫の身の回りの品を買いたいと言うので、帰りにスーパーに寄りました。

 

お礼にお茶でもと言うことになって、駐車場の広いファミレスに入りました。

 

軽食をしながら、他愛もない話をしていましたが、しばらくすると奥さんは、年下の僕に悩みを打ち明け始めました。

 

それは、夫婦2人の生活で子どもはいないので、夫が入院してしまって家に帰っても独りなので、寂しさがストレスになっているとのことでした。

 

だから、

 

「こうして話を聞いてもらえるだけで嬉しい」

 

と言われたので、

 

「年下のこんな僕でよければいつでも話相手になりますよ」

 

と言いました。

 

そして、

 

「それなら明日お見舞いの帰りにちょっとドライブにでも行きませんか?」

 

と誘いました。

 

奥さんは笑顔で、

 

「いいんですか?」

 

と言ってきたので、

 

「もちろんです」

 

と言って早速、明日のドライブが決まってしまいました。

 

欲求不満だった奥さん

 

翌日、お見舞いが終わると病院のロビーで待ち合わせました。

 

奥さんを見ると、いつもの地味な服装から、胸元が開いて谷間がわかるような女の色気が漂うような服装でした。

 

早速病院を出て、2人で車に乗り込むと海岸方面へ向かいました。

 

奥さんはからは甘いコロンの匂いがしました。

 

軽く音楽を流しながら、またいろいろな話をしましたが、奥さんはよく笑い、横顔が若い娘さんのように輝いていました。

 

1時間ばかり車を走らせて、ようやく海岸沿いに到着しました。

 

車を止めて海に歩き出し、誰もいない浜辺で奥さんを引寄せると、既に男女を意識し始めていました。

 

肩口に手を回し、防波堤に寄りかかり、背後から抱きしめ、ムチムチしたお尻に指先を這わせると、微かな吐息が漏れ始めました。

 

勃起したチンコをズボン越しに奥さんのヒップに押し当てると、奥さんの白い指先が、チンコをゆっくりと撫で始めました。

 

奥さんの口から、

 

「二人だけになりたい」

 

と言ってきました。

 

車に戻り、カーナビで一番近いラブホテルを探してチェックインしました。

 

部屋に入ると、僕はすぐに背後から奥さんを抱きしめ、フレアースカートを捲くり上げると、極薄のストッキング越しに白いレースのパンティーが見えました。

 

お尻の方から指先を這わせてパンティー越しにオマンコを触ると、甘い喘ぎ声を漏らし、みるみるパンティーにシミが出来てきました。

 

そのまま奥さんをベッドに押し倒し、ストッキングとパンティーを下ろすと、舌先で奥さんのオマンコを舐め回しました。

 

久しぶりで欲求不満だったのだろうと思わせるほどの喘ぎ声と濡れ具合で、奥さんは体をかなりヨガらせていました。

 

そしてそのまま舐め回していると、奥さんの体が痙攣しました。

 

イッてしまったようです。

 

恥ずかしそうに顔を覆い、

 

「ごめんなさい」

 

と言う奥さんがとても可愛く思えました。

 

中出しを求めてきました

 

「シャワー浴びたい」

 

と言うので、お互い服を脱いで一緒にバスルームに行きました。

 

奥さんは僕の体を洗ってくれました。

 

ボディーソープの泡を流し終わると、ひざまついて僕のチンコをフェラチオしてくれました。

 

丁寧に丹念に舌を這わせ、愛おしそうにしゃぶってくれました。

 

その光景と気持ちよさにたまらず、僕のチンコは痛いほど勃起して、お腹につきそうなほど反り返っていました。

 

奥さんは、

 

「すごいわ、若いおちんちん・・・」

 

と嬉しそうでした。

 

僕の興奮もマックスになり、

 

「奥さん、もう入れたくなりました」

 

と言うと、バスタオルで体を拭いてくれて先にベッドに行きました。

 

しばらくするとバスタオルを捲いた奥さんも、ベッドに入ってきました。

 

僕はもう我慢できなかったので、すぐに奥さんのオマンコを指で弄りました。

 

すぐに濡れて愛液が溢れてきたので、枕元に設置してあるコンドームを取ろうとしたら、

 

「生でして欲しい」

 

と言われたので、そのまま正常位で奥さんのオマンコに、ガチガチに勃起したチンコをゆっくり挿入しました。

 

根元まで挿入すると、奥さんは腰をクネらせて切ない吐息を漏らしました。

 

ゆっくり腰を引き、そしてまた根元まで押し込む、また腰を引き、またそしてまた根元まで押し込む・・・

 

何度も繰り返しました。

 

そしてどんどんそのペースが速くなっていき、僕は奥さんの上に覆い被さって激しく突きました。

 

奥さんはシーツを掴んで、快感を受け入れているようでした。

 

夫が入院してストレスが溜まっている人妻が、夫以外のチンコを咥え、しかも生のままオマンコに要求して受け入れながら、悦びの声を上げていると思うと興奮しました。

 

僕はもうイキそうだったので、そのままラストスパートでさらに激しく腰を動かしました。

 

すると奥さんが僕の背中に腕を回して、ギュッと抱きしめてきました。

 

「奥さん・・・もうイキそうです」

 

と言うと、

 

「いいわよ、一緒にイキましょう」

 

と言われ、そのままお互いイッてしまいました。

 

奥さんに抱きつかれていたので、構わずそのまま中出ししてしまいましたが、奥さんは何も言いませんでした。

 

ただの淫乱な奥さんでした

 

しばらくベッドで抱き合い、キスしながらイチャイチャしていると、奥さんが体を起こして、僕のチンコを咥え出し、再びフェラチオしてきました。

 

ねっとりしたその舌使いに、また勃起してしまいました。

 

奥さんはそれを確かめると、僕のチンコを握り、自ら上に跨って騎上位の態勢で挿入してきました。

 

何かが吹っ切れたのでしょうか?

 

髪を振り乱し、自分でおっぱいを揉みながら、腰を振って大声で喘ぎながら感じてる奥さんを下から見る光景は、まさに淫乱なメス犬のようでした。

 

その後、また奥さんと同時に僕もイッてしまいました。

 

その日は奥さんが、

 

「泊って行きたい」

 

と言ったので、そのままホテルに泊まり、朝まで計4回もセックスしました。

 

その後も時々会っては、お互いの体を激しく貪りあっています。

 

夫のお見舞いの時は地味で清楚なイメージでしたが、実はただセックス大好きな淫乱奥さんでした。