Pocket

人妻 童貞
画像はイメージです

 

憧れの女性の家に行きました

 

俺は大学1年生の時に、34歳の人妻に童貞を捧げました。

 

ちなみに、俺は容姿は普通だと思っていて、でも服とかオシャレにはすごいこだわっていました。

 

当時それまでに4人と交際経験はあったものの、肝心な所で小心者の俺は勇気がなくて、セックスどころかキスもする事ができず、童貞のままでした。

 

その日大学が突然の休講で暇だった自分は、服でも見に原宿に行こうと家を出ました。

 

時間は午前10時を過ぎたぐらいでした。

自転車で駅までの道を走っていると、ある女性が目に入りました。

 

俺がずっと憧れていた佐枝子さんだった。

 

佐枝子さんは俺の弟の友人の母親で、うちの母親とも仲が良く、頻繁に家にも遊びに来ていました。

 

俺と弟は8つ年が離れていて、20歳ちょいで結婚と出産をしているので、とても若々しく、ほんの少しだけギャルっぽいとこもある可愛らしい人です。

 

旦那が理不尽らしく、可哀想な話も親から聞いていました。

 

初めて会ったのは俺が小学校の時で、オナニーを覚えてからは、中学、高校とずっと佐枝子さんをオカズにしていました。

 

佐枝子さんは買い物帰りで、ペットボトルのジュースや食材などを持ちながら歩いていました。

 

佐枝子さんの家までは200メートルぐらいの所です。

 

話せるチャンスはあまりないので、話し掛けることにしました。

 

「重そうですね、荷物持ちましょうか?」

 

「あっ、お兄ちゃんじゃない、本当?じゃ、お願いしようかな」

 

俺は、佐枝子さんには「お兄ちゃん」と呼ばれていました。

 

俺の自転車のカゴに荷物を乗せ、家の前まで話しながら歩きました。

 

俺はそれだけでも幸せな気分でした。

 

家の前まで到着し、荷物を下ろおうとすると佐枝子さんに、

 

「助かったわ、ありがとね、あっ、何か冷たいの飲んでいかない?」

 

と言われました。

 

もちろん断る理由もないし、こんなラッキーな事はめったにないので、お邪魔させてもらう事にしました。

 

自転車を駐車場に止め、そのまま買い物の荷物を持ってあげて家の中へ入りました。

 

リビングに通され、冷蔵庫の前に荷物を降ろしました。

 

「そこ座ってて」

 

ソファーに座って待っていると、佐枝子さんがコーラを持ってきてくれました。

 

それを飲みながら、ソファーで1時間ぐらい話してたと思います。

 

話が恋愛の事になってきました。

 

キスした事ある?

 

「お兄ちゃんは今、彼女いるの?」

 

「いや、いないっすよ」

 

「えー、なんで?モテるでしょ?オシャレだし」

 

「全然ですよ、俺、変にカッコつけちゃうから」

 

と、ここからあまりにもベタだけど、微妙な雰囲気が流れてきました。

 

「ふーん、そうなんだ・・・じゃ、今まで何人ぐらい彼女いたの?」

 

「4人ですかね」

 

「じゃ、経験人数も4人なの?」

 

この質問が出たときは、すごく驚きました。

 

と同時に、ものすごくドキドキしました。

 

なんて答えようかと、頭がグルグル回りました。

とりあえず、正直に答える事にしました。

 

「いや、実はまだ0です・・・」

 

「えー?またまたー、嘘でしょ?(笑)」

 

「いや、マジですよ(笑)本当ですって」

 

「へー、意外だなー、結構、手早そうなのに(笑)」

 

「いやいや、それどういう意味ですか(笑)」

 

と、ここで佐枝子さんが一息ついてから喋り始めました。

 

「お兄ちゃんさ、私が家に行くと、ずっと私のこと見てるよね」

 

「えっ?・・・」

 

「私が帰る時とかも、ずっと窓から見てるよね」

 

「・・・」

 

「なんで?なんで?」

 

会話がものすごいベタな感じになってきました。

 

なんて答えようか迷いましたが、勇気を振り絞って本当のことを言ってみました。

 

「・・・佐枝子さんの事が好きだからです、ずっと憧れてました」

 

それを聞いた佐枝子さんは微笑んで、

 

「ありがと・・・嬉しいよ」

 

と言ってくれたました。

 

そして、

 

「お兄ちゃん、キスした事ある?」

 

と聞いてきました。

 

俺は正直に

 

「ないです」

 

と答えました。

 

すると、

 

「私としてみる?」

 

俺はドキドキしながら、コクリと頷きました。

 

私が優しく教えてあげるから

 

そして、佐枝子さんの顔が俺の顔に迫ってきて、唇と唇がチュッと軽く触れました。

 

そして、10回ぐらい軽いキスをした後、佐枝子さんがピタッと隣に来て抱き寄せてくれたんです。

 

そして、顔と顔を見合わせるようにして佐枝子さんはこう言いました。

 

「もっとエッチなキスしよ・・・」

 

佐枝子さんは俺の首に腕を絡ませて、舌を絡ませる激しいキスをしてきました。

 

俺は初めての快感と、憧れの佐枝子さんとのキスに夢心地でした。

 

そして佐枝子さんは、ソファーに座っている俺の上に座ってきました。

 

抱っこというか、座位のような体勢になりました。

 

佐枝子さんの腕は相変わらず俺の首に巻きついていて、ずっとディープキスをしていました。

 

クチュクチュと舌のからむ音がとてもいやらしく、佐枝子さんの吐息が当たるのがとても興奮しました。

 

10分ぐらいディープキスをしていると、佐枝子さんは耳を責めてきました。

 

腕を首に絡ませたままです。

 

ハァハァという吐息が、本当に心地良いんです。

 

そして、責めの場所は首に移りました。

 

チュッ、チュッとキスされ、首筋を舐められると、俺のチンポはもうビンビンに勃起しました。

 

佐枝子さんは俺の上に座っているので勃起を感じ取ったらしく、ハァハァ息を乱しながら俺の耳元で、

 

「ねぇ・・・ベッド行こうよ」

 

と囁きました。

 

顔と顔を見合わせて俺はコクリと頷きました。

 

佐枝子さんは立ち上がり、俺の手を引いて歩きました。

 

階段に来た時に、佐枝子さんが抱きついてきて、

 

「もう一回・・・ふふっ」

 

と言ってそこでもう一度激しいキス。

 

30秒ぐらいしていたと思います。

 

佐枝子さんが俺の頭をナデナデしながら、

 

「大丈夫だよ・・・私が優しく教えてあげるから・・・」

 

と言いました。

 

AVとかを見てて俺の憧れの台詞だったので、めちゃくちゃ感激したし興奮しました。

 

本当に私でいいの?

 

そしてまた佐枝子さんに手を引かれ、階段を上ります。

 

上ってすぐのところに寝室がありました。

 

寝室に入り、ベッドに2人で腰かけます。

 

すると佐枝子さんが、

 

「本当に私でいいの?もうおばちゃんだよ?」

 

と言ってきました。

 

「俺、佐枝子さんの事好きです。俺の初めての人になってください」

 

佐枝子さんはニコッと笑って俺の首に腕を絡ませると、そのまま俺が上になる様に倒れ込みました。

 

そして激しいキスをして、今度は俺が佐枝子さんの耳と首筋を責めました。

 

首筋にチュッ、チュッとキスをするたびに、佐枝子さんの口から軽く

 

「ンッ、ンッ」

 

と吐息が漏れてきました。

 

耳にキスをしている時に、佐枝子さんが俺をギュッと抱きしめ、耳元に口を持っていき、

 

「私も浩二君の事大好きだよ」

 

と囁きました。

 

お兄ちゃんという呼び方から、名前になっていました。

 

服の上から胸を揉みました。

 

あまり大きくはないけれど、初めて触るおっぱいの感触は、柔らかくてとても気持ちよかったです。

 

佐枝子さんが、

 

「脱がして・・・」

 

と言ったので、佐枝子さんの体を起こして、着ていた薄手のカーディガンとカトッソーを脱がしました。

 

「ブラジャーも・・・」

 

多少て苦労しましたが、佐枝子さんにやり方を教えてもらってブラジャーも外しました。

 

小さいものの、張りがあって綺麗なおっぱいでした。

 

俺もトップスに着ていたシャツを脱がしてもらい、上半身だけ裸になりました。

 

そして再び佐枝子さんを寝かせて胸を揉み、乳首を口に含みました。

 

佐枝子さんの口から、少しずつ喘ぎ声が漏れ出しました。

 

「あっ・・・んっ・・・はぁ・・・あっ・・」

 

胸を責めている間、ずっと佐枝子さんは頭をナデていました。

 

「あっ・・・んん・・・いいよ・・・上手だよ」

 

と言ってくれました。

 

そして、しばらく胸を夢中で責めていると佐枝子さんが、

 

「んん・・・今度は下も責めてくれる?」

 

佐枝子さんが腰を浮かしてくれて、俺は黒いジーンズを脱がしました。

 

クリトリスってどこですか?

 

そして再び佐枝子さんに覆い被さり、首筋や胸を舐めながら、おそるおそる白いパンティーの中に手を持っていきました。

 

毛の感触が分かり、パンティーと肌との間の密着感に、俺はますます興奮しました。

 

多分ここだろうと思われるオマンコの割れ目に指を持って行きました。

 

濡れてビショビショになっていたのでビックリしましたが、指は簡単に入りました。

 

オマンコに中指を入れて動かしてみました。

 

佐枝子さんは、さっきより激しい喘ぎ声を出しました。

 

「パンツも脱がして」

 

と言われたのでおそるおそる脱がしてみました。

 

全然、グロテスクとかそういう事は感じませんでした。

 

佐枝子さんのオマンコに、俺の顔を持っていきました。

 

女性の太ももの感触、そしてそこに自分の顔が挟まれています。

 

俺は佐枝子さんに、

 

「クリトリスってどこですか?」

 

と聞いてみました。

 

佐枝子さんは指さして、

 

「ここよ、ここはすごい敏感だから、優しく触ってね」

 

と教えてくれました。

 

俺はクリトリスを舌で舐めてみました。

 

すると佐枝子さんから、さっきまでとは全然違う喘ぎ声が出ました。

 

「あぁっ・・・ああぁん・・・はぁはぁ・・・いい・・・.すごくいいよ」

 

俺は、オマンコに指を入れて動かしながら、佐枝子さんのクリトリスを舌で舐めました。

 

佐枝子さんの喘ぎ声が、激しさを増してきました。

 

「んんっ・・・あはぁっ・・・いい・・・ダメ・・・もぅっ・・・あぁんっ・・・」

 

佐枝子さんのオマンコから、よりいっそうクチュクチュと水っぽい音がし始めると、

 

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ・・・」

 

と、とても激しい喘ぎ声を出しました。

 

そして息も絶え絶えになり、

 

「はぁはぁ・・・浩二君・・・もういいよ・・・」

 

俺は再び佐枝子さんに覆い被さるようにして、1回軽くキスをしてから、

 

「大丈夫ですか?」

 

と言いました。

 

「うん・・・んっ・・・大丈夫・・・イッちゃったよ」

 

「そうだったんだ・・・気付かなかった」

 

「ふふっ・・・すごく上手だったよ」

 

「本当に?・・・良かった」

 

「んっ・・・ちょっと待って・・・しばらくこのまま抱いていて・・・」

 

1分ぐらいはぁはぁ言いながら、体を重ねて抱き合って軽いキスをしました。

 

アナルまで舐められました

 

すると佐枝子さんが、ゴロンと体勢を回転させ上になり、俺の耳元で囁いきました。

 

「はぁはぁ・・・ふふっ・・・今度は私が気持ちよくさせてあげるね」

 

佐枝子さんは俺の耳を舐め、指先で乳首を弄ってきました。

 

首筋にキスをし、乳首に舌を這わせてきました。

 

初めて経験する快感に、俺は女性のような喘ぎ声が出ていました。

 

佐枝子さんは乳首を丹念に責めた後、俺のズボンを脱がしてパンツの上からチンポを口に含みました。

 

舌先でチロチロ責めたり、口に含んだまま動かしたりしていました。

 

そしてパンツを脱がされ、俺の勃起したチンポが直接佐枝子さんの口に含まれました。

 

佐枝子さんは俺のチンポを喉奥まで飲み込み、大きい音を出しながら吸い上げ、激しく上下に顔を動かしました。

 

ありえないほどの快感が襲い、情けないながらも大きな声を出してしまっていました。

 

「ふふっ・・・健太君かわいい♪」

 

「はあっ・・・気持ちよすぎ・・・」

 

「じゃぁ、もっと気持ちいいことしてあげる」

 

佐枝子さんは裏筋に下を這わせ、金玉の方まで責めていきます。

 

ヌメヌメした舌の触感が、とても気持ちいいんです。

 

快感に顔を歪めていると佐枝子さんは、

 

「ふふっ・・・ちょっと横に寝てみて」

 

と言ってきたので、体勢を横にして寝ました。

 

すると、なんと佐枝子さんは、俺のアナルに舌を這わせてきたんです。

 

今までとはちょっと質が違います。

 

恐ろしいまでの快感が、俺の脳天まで突き上げました。

 

ペロペロと舐め、舌先で突き上げます。

 

そして中指を、ゆっくりアナルに挿入し動かしてきました。

 

俺は、

 

「ひぃ・・・ひぃ・・・」

 

と、情けない声で喘いでいました。

 

さらにアナルを舐め、同時に手で俺のチンポを刺激してきました。

 

さすがにこれには、

 

「あっ・・・やばい・・・イッちゃうよ」

 

佐枝子さんは行為を止め、再び俺を仰向けに寝かせて覆い被さってきました。

 

童貞卒業おめでとう

 

「ふふっ・・・どう?すごく気持ちよかったでしょ?」

 

「はぁっ・・・はぁっ・・・気持ち・・・よかった」

 

「ふふっ・・・」

 

佐枝子さんは軽くキスをし、耳元で囁きました。

 

「じゃぁ、ひとつになろうか?・・・入れるよ」

 

佐枝子さんは軽くキスをし、俺のチンポに跨って腰を下ろしていきました。

 

ゆっくり最後まで入ると、

 

「これで、童貞卒業だね・・・おめでとう」

 

と言って、激しいキスをしてきました。

 

そして抱きついて首筋にキスをしながら、そのまま腰を動かし始めました。

 

抱き合いながらそのまま腰を動かすのは、とても気持ちが良かったです。

 

そして佐枝子さんは上半身を起こし、さらに激しく腰を動かしてきました。

 

「あぁ・・・あぁん・・・浩二君・・・気持ちいいよ・・・」

 

2人の手と手をギュっと握り合い、腰を動かします。

 

(あぁ、俺は憧れの人と1つになっているんだ)

 

と思い、感動していました。

 

だんだん慣れてきた俺は、佐枝子さんの腰の動きに合わせて、腰を突き上げ始めました。

 

「んっ・・・んうっ・・・んあっ・・・あぁぁっ・・・」

 

俺が下から突き上げるたびに、佐枝子さんは甘い声を上げました。

 

ペースを上げると、ベッドのギシギシという音も大きくなり、佐枝子さんの腰を掴んで激しく動かしました。

 

「あぁんっ・・・ね・・・え・・・今度は・・・上になって・・・みる?」

 

「はぁはぁっ・・・うん」

 

繋がったまま体を起こし、俺が上になります。

 

軽くキスをした後、腰を動かしました。

 

初めてなので上で動くのは難しかったですが、一生懸命腰を動かしました。

 

「あっ・・・あっ・・・健太君・・・いいよ・・・すごくいい・・・あっ・・・あっ・・・」

 

「はぁっ・・・はぁっ・・・」

 

イキそうになるとスピードをゆるめ、また加速させます。

 

そして佐枝子さんに覆い被さり、抱き合いながら腰を振りました。

 

「あっ・・・あっ・・・あぁぁっ・・・ああぁぁっ・・・もっと・・・もっと激しく・・・あぁぁっ」

 

「はぁっ・・・はぁっ・・・」

 

「あぁっ・・・い・・・い・・・いい・・・気持ちいいよ・・・あっ・・・あぁっ」

 

「はぁ・・・はぁ・・・ヤバイ・・・イッちゃうかも・・・」

 

「あっ・・・あっ・・・いいよ・・・イッて・・・私の中で出して」

 

「はぁ・・・え・・・でも中で・・・出すのはまずいん・・・じゃ・・・はぁ」

 

「ん・・・あっ・・・だいじょ・・・ぶ・・・今日は大丈夫な・・・あっ・・・日だから・・・」

 

「はぁ・・・あっ・・・ヤバイっ・・・出る・・・うぁっ・・・」

 

「あぁぁぁぁぁっ・・・すごい・・・あっ・・・出てる・・・はぁっ・・・あっ・・・」

 

佐枝子さんのオマンコの中に、俺は思いっきり射精してしまいました。

 

そして佐枝子さんの胸で、母親とその子供の様に抱かれながら、

 

「浩二君・・・すっごいよかったよ・・・気持ちよかった」

 

「マジですか?佐枝子さんと出来るなんて夢のようです」

 

「浩二君、私の事好き?」

 

「当たり前じゃないっすか・・・大好きです」

 

「ふふっ、ありがと、私も浩二君の事大好きだよ」

 

「・・・」

 

「じゃ・・・これからも、もっと色々な事・・・教えてあげる・・・ね?」

 

その後、さっきのアナルに指を入れての複合技で1回イカされ、さらにベッドでもう1回戦しました。

 

そして2人でお風呂に入りました。

 

シャワーの中2人で抱き合い、何度も何度もキスをしました。

 

体中にボディーソープを付け合い、ヌルヌルさせて抱き合うのはとても気持ちよかったです。

 

そして浴槽に座位のような体勢で抱き合いながら入りました。

 

そのままキスしたり、おたがいの体を舐めあったりイチャイチャしていると、おたがいムラムラしてしまったので、浴槽の中で抱き合いながらもう1回戦しました。

 

お風呂から上がると、もう時間は16時半を過ぎていました。

 

18時ごろ息子が部活から帰ってきてしまうので、17時半ぐらいまでイチャイチャしながら、ずっと激しく情熱的なキスをしていました。

 

帰り際に玄関でさらにキスしました。

 

そして、明後日また会う約束をして帰宅しました。

 

あれから2年半ぐらい経ちますが、今でも関係は続いています。