Pocket

M性感
画像はイメージです

 

M性感に行ってきた

 

時々風俗店に行くことがあるんですが、最近は女性主体のエッチな事が好きになってきました。

 

デリヘルかエステで悩んだんですが、でも一人でラブホは恥ずかしいし、自宅に招くのは抵抗があったので、ルームのあるエステを利用する事にしました。

 

ネットで見つけたのは、「M性感」を謳った店でした。

 

「痛い」とか「熱い」のはないと確認したので、早速電話予約しました。

 

指定のマンションに時間通りに行くと、可愛い声が出迎えてくれました。

 

名前はユミちゃんで、女子高生スタイル(ブレザー)に萌え萌えです。

 

赤いチェックのプリーツミニに、さらに萌え萌えの俺。

 

年齢は23歳で、Dカップ。

 

なかなか可愛い子で、当初は60分を予定していたが、90分に変更しました。

 

まずカウンセリングからスタートです。

 

「オプションは何をつけますか?」

 

俺が選んだのは無料だった拘束と、+2000円ののトップレスでした。

 

「マッサージ重視ですか?エロ重視?それともエロのみでいきます?」

 

もちろん、エロのみです。

 

シャワーを浴びて部屋に戻ると、早速ベッドで仰向けになりました。

 

ユミちゃんは、俺が横になるとすぐに服を脱ぎ、トップレス状態です。

 

プリーツミニのみのユミちゃんが俺の横に寝そべると、わざとおっぱいが顔に当たるようにして、手を拘束されました。

 

「90分間、た~っぷり楽しみましょうね」

 

とニコっと可愛い笑顔。

 

手枷に太い鎖って感じで、動かすと重く、ジャラジャラという音がします。

 

両足もその後に拘束され、身動き取れないわけではないですが、起き上がる事はもう無理です。

 

目隠しをされて、いよいよプレースタートです。

 

弱点の乳首を・・・

 

腰に巻いていたバスタオルを解き、

 

「ご開帳~」

 

と明るく言うユミちゃん。

 

「へ~っ、こんなおちんちんしてるんだ~」

 

早速の言葉責めです。

 

「こんなんはどう?」

 

チンポの先を指でピンと弾くユミちゃん。

 

思わず、

 

「うっ」

 

と言ってしまいました。

 

ベッドに人が上がる気配がして、直後にチンコの上に座られた感触があります。

 

胸にローションをたっぷり垂らされ、

 

「性感帯のチェックするね~」

 

と明るく言われました。

 

そして、いきなり弱点の乳首をサワサワされました。

「えっ!いきなり当たっちゃった?」

 

その後重点的に乳首を触られ、俺のチンポはビンビンに勃起して早くもMAX状態です。

 

「あたしのパンツ、汚したらお仕置きだからね~」

 

と、早々と射精管理されます。

 

でも弱点の乳首を触られ、股間に乗られてたらもうダメです。

 

「イキそう・・・」

 

思わず告げると、

 

「まだまだ!」

 

と厳しいお言葉です。

 

一端離れたユミちゃんにコンドームを被されて、その根元をゴムで締められます。

 

「サービスだからね」

 

そう言ってユミちゃんは、チンポをサワサワしながら、乳首をペロンとしてきました。

 

思わず、

 

「あ~ん・・・」

 

と言ってしまいました。

 

「女の子みたい」

 

と笑うユミちゃん。

 

「どこが気持ちいいの?」

 

と聞かれ、

 

「乳首」

 

と答えるとダメ出しされました。

 

「おっぱい」

 

と言うまで、チンポをお預けされてしまいました。

 

やがて訪れた絶頂ですが、開放感がなくてただ苦しかったです。

 

射精したくても出来ない

 

俺が痙攣する姿を、

 

「きゃはは」

 

と笑われてしまいました。

 

またユミちゃんが俺から離れました。

 

何やら引き出しを開ける音がして、足音が近付いて来きます。

 

(何されるんだろ?)

 

とドキドキです。

 

右胸に何かを当てられ、その後キューッと吸い込まれる感覚に、

 

「あぁ~っ」

 

と言ってしまいました。

 

しかし責めはまだまだ続き、吸い込まれた根元に圧迫感があります。

 

それを左胸にも施し、

 

「おっぱいできちゃった」

 

と嬉しそうなユミちゃん。

 

ひとしきり、互いの乳首を擦り合わせ、その後両胸をローターでいじられます。

 

片側は押さえつけられ、片側は乳首周りです。

 

俺が、

 

「ヒィヒィ」

 

言い出した所で、再びユミちゃんがチンポの上に座ります。

 

「イキそう・・・」

 

と告げると、

 

「いっちゃう~って、可愛く言ってよ」

 

と促されました。

 

「いっちゃう~」

 

と絶叫しました。

 

でも、イケません。

 

俺から下りて、ユミちゃんがいなくなりました。

 

俺、一人放置状態です。

 

落ち着きを取り戻し、目隠しのままキョロキョロすると、甲高い笑い声が聞こえました。

 

「寂しい?相手してほしい?」

 

「は、はい・・・」

 

と情けない声を出す俺。

 

「僕ちんのおっぱい、またさわさわしてって言ったら、触ってあげてもいいかな」

 

情けないけど、言うしかありません。

 

目隠しは解かれましたが、まだ手足は拘束されたままです。

 

胸を見ると、根元をリングで締められ、異常に隆起した乳首がありました。

 

それを舌で転がされるだけで、

 

「あはぁ~ん」

 

と口から漏れてきます。

 

しかもしつこくされるもんだから、喘いでるだけでした。

 

またしてもイキそうになってしまいました。

 

しかし、

 

「イッちゃう~」

 

と言う前に、お預けを喰らってしまいます。

 

溜まりまくったザーメンが大放出

 

(なんで?)

 

って顔してユミちゃんを見ると、俺を跨ぐように立ちました。

 

「ジャジャーン」

 

と言いながら、パンツ脱いじゃいました。

 

そして、脱いだパンツを俺の顔に被せ、

 

「可愛いから犯しちゃおう」

 

って言って、ユミちゃんの手と俺のチンポがプリーツスカートの中に消えました。

 

やがてチンポはヌルッと温かい感触に包まれました。

 

ユミちゃんは俺の乳首を指で触りながら、腰を激しく上下させます。

 

俺は何度も

 

「イッちゃう~」

 

って言ってるのに、全然射精出来ません。

 

ユミちゃんがイクまで、二人のアンアン言う声が室内に響き渡ります。

 

程なくユミちゃんはイキ、俺の上にグッタリとなりました。

 

でも俺のチンポは固いままです。

 

復活したユミちゃんは俺から離れ、再度引出しを開けました。

 

出てきたのはパールバイブです。

 

それにコンドームを被せ、

 

「これをお尻に入れるよ」

 

って言ってきました。

 

力を抜くように言われ、肛門周辺を指でサワサワされました。

 

指とは違う感触があり、そしてそれがゆっくり入ってきます。

 

ある程度入った所でスイッチが入れられると、俺は悶絶しました。

 

そしてチンポのゴムとコンドームを外され、シコシコされた途端に、溜まりに溜まったザーメンが大噴火しました。

 

「いっぱい出てるよ~」

 

なんて言いながら、ユミちゃんは手を止めません。

 

ドMの素質あるよ

 

乳首を同時に責められて、5分もしないうちに2回目の射精です。

 

それでもユミちゃんの手は止まりません。

 

頭の上に回り、右手はチンポで、左手は左乳首です。

 

そして右乳首を舌で転がされ、俺は顔の上にあったユミちゃんのおっぱいをペロペロしながら、すぐに3回目の射精をしました。

 

お尻にバイブを入れたままの俺を、ユミちゃんは少し離れてニコニコしながら見ています。

 

手足を拘束された俺は、

 

「助けて~」

 

と目で訴えますが、

 

「オナニー見せてくれたら、バイブ抜いてあげる」

 

って言われました。

 

右手のみ拘束を解かれ、若い女の子の前でチンポをシコシコしました。

 

恥ずかしいし情けない。

 

でもすっかり敏感になっていた俺は、自分でオナニーしてアンアン言ってしまいました。

 

それを見て、

 

「変態だ」

 

とか

 

「キモイ」

 

とかユミちゃん言葉責めしてきます。

 

乳首責めのお手伝いを受けると、すぐに発射しました。

 

腹上に放出したザーメンをお腹や胸に塗りたくられ、やっとアナルからバイブを抜かれました。

 

手足の拘束を解かれても、暫く動けませんでした。

 

どうにかこうにかシャワーを浴びて室内に戻ると、

 

「お疲れ様」

 

と、笑顔のユミちゃんがお出迎えしてくれました。

 

しばしのティータイムです。

 

「本番・・・したよね?」

 

「特別よ」

 

「なんで?」

 

「会った瞬間のインスピレーションかな?反応が可愛かったら、しようかなって」

 

「はぁ・・・」

 

「ドMだね?」

 

「そうかな?」

 

「ドMだよ」

 

「プライベートじゃ、Sだよ」

 

「いや、絶対にドMの素質あるよ」

 

俺の給料では、月に1度がやっとですが、その都度ユミちゃんに犯されています。