Pocket

バツイチ熟女
画像はイメージです

 

結構エロい女かも

 

俺は35歳で、バツイチになってすでに5年が経ちました。

 

いいかげんに彼女が欲しいと思っていると友人から、

 

「40歳くらいのバツイチで彼氏欲しいって女の人いるけど、紹介しよっか?40には見えんよ」

 

「まじ?40なら全然いけるから頼むわ~」

 

と友人に紹介してもらって会いました。

 

「こんにちは、Y子です」

 

出会った最初の印象は、清楚で綺麗な女性で、35歳ぐらいに見えました。

 

自己紹介も済ませ、出会いから2週間くらいメールや電話でやり取りし、話も結構合ったので、付き合うことになりました。

 

それからドライブや食事を数回重ねていったある日、二人で飲みに行った時のことです。

 

「ねぇ、F君ってさぁ~、私のこと襲ってこないけど魅力無いのかなぁ~?オバサンだから?」

 

なんて言ってきたんです。

 

「そんなこと無いよ!Y子さん魅力的だけど、なかなか襲うチャンスが無くってさ~(笑)」

 

二人はお互い仕事があって、なかなか時間が合わずっていう感じでした。

 

「じゃぁ今日は~??私平気だよ~」

 

と結構酔ってるみたいでした。

 

「俺も今日は平気だよ~、じゃあ襲っちゃおうかなぁ~、いいの?」

 

「ねぇ、この後二人きりになれるところ行こ?ね?」

 

上目遣いで見られると、チンコがピクンと反応します。

 

彼女はそれに気付いたようで、意地悪そうに、

 

「あれ~??ちょっと気が早いんじゃないの~?」

 

と俺のチンコを擦ってきます。

 

結構エロい女かもしれません。

 

「ちょっと、ココじゃマズイよ!」

 

「う~ん、それもそうね!じゃあ出よ!」

 

と俺の手を引っ張って店を出ました。

 

しばらく歩いていると彼女が、

 

「ここにしようよ~、空いてるみたいだよ~」

 

多少ふらつきながら、俺にもたれ掛かってきます。

 

「うん、ココにしよう!」

 

とラブホに入りました。

 

おっぱいが大きかった

 

わりと綺麗な部屋でした

 

「あ~、超キレイだね。ステキ~、ホテルなんて来たの何年ぶりだろう」

 

と彼女。

 

彼女は離婚後5年、彼氏はいなかったそうです。

 

元旦那ともセックスレスで、それこそセックスなんか6、7年ぶりだそうです。

 

「ねぇ一緒にオフロ入ろ!ねっ?」

 

と言われて、

 

(寂しかったんだろうな)

 

と可愛く思えて、Y子を後ろから抱きしめました。

 

「えっ?どうしたのF君?」

 

と言いましたが、体を俺に委ねてきたので、後ろから顔を振り向かせてキスしました。

 

「俺、こうなるのを待ってたよ」

 

「うん、私も・・・」

 

フレンチキスから始まり、舌を絡ませるようなディープキスをしました。

 

それから首にキスしたりしていると彼女もだんだん感じてきて、

 

「んっ」

 

とか

 

「あっ」

 

とか喘いでいます。

 

しばらくキスをして俺が、

 

「一緒に入ろうか?」

 

と言うと彼女も、

 

「うん・・」

 

と頷きました。

 

浴室に入りましたが、彼女はタオルで隠したままです。

 

「隠してたら入れないよ~(笑)」

 

「だって・・・恥ずかしいんだもん・・・」

 

40歳にしては可愛いです。

 

小柄なのもあるかもしれません。

 

「じゃタオル取っちゃお!」

 

タオルを彼女から奪うと、目が点になりました。

 

彼女は隠そうとしているけど、それまで全然気付かなかったんですだが、おっぱいがかなり大きいんです。

 

彼女は、

 

「恥ずかしいよ~返して~」

 

と俺からタオルを奪おうとしますが、俺は茫然としました。

 

おっぱい星人の俺としては

 

(たまんねぇ)

 

の一言に尽きます。

 

思わず、

 

「おっぱいおっきいね」

 

と漏らしてしまいました。

 

「あーもー、男ってそういうトコばっか見るんだから~」

 

とかなり照れている様子。

 

「ゴメンゴメン、でもおっぱいだけじゃなくて体も綺麗だね」

 

と彼女を抱きしめました。

 

フェラチオが上手い

 

「恥ずかしいよ」

 

と言う彼女を抱き締め、キスをし、上から下に向かって徐々に舌を這わせると、

 

「あっ、ダメ・・・恥ずかしい・・でも、気持ちいい・・・」

 

と体をくねらせます。

 

俺はちょっとイジワルしてみようかと思って、

 

「Y子さんは何処が感じるの?」

 

「体が熱くなっちゃって・・・全部気持ちいいよ・・・あっ、んっ・・・」

 

「ちゃんと言ってくれないと辞めちゃうよ」

 

「いや~ん・・・あ~ん・・・胸が・・・感じちゃうの・・・」

 

乳首を中心に舌を這わせると、

 

「あっ、あぁん・・・そう・・・そこがいいの・・・」

 

と、さらに喘ぎます。

 

「全身舐めちゃうよ~、ちゃんと気持ちいいって言ってね」

 

「なんかどんどん熱くなってきた・・・あぁん・・・あぁ・・・あん・・・」

 

オマンコを触ってみると、もうビチャビチャに濡れてました。

 

「感じてるの?もうこんなにビチャビチャになって・・・ほら・・・」

 

オマンコを触った指を彼女に見せます。

 

そして、さらに指をオマンコの中に入れ、掻き回すと、

 

「いやん、恥ずかしい!・・・でも気持ちいい!・・・あぁん・・・あぁ・・・もう立ってらんない」

 

と、しゃがみ込みました

 

しゃがんだ彼女の前に、俺のビンビンに勃起したチンコを持っていくと、彼女は触りだしました。

 

「今度は私の番だね、気持ちよくしてあげる・・・すごい、おっきい・・・」

 

と俺のチンコを咥えてきました。

 

彼女はアルコールのせいか、風呂の中だからか、興奮したせいか、全身がピンク色に染まっていました。

 

そしてフェラチオしながら俺を見てきます。

 

しかもいやらしい上目遣いで。

 

「気持ちいい?K君は何処が気持ちいいのかな~?」

 

なんて、咥えたり擦ったりしてきます。

 

(上手い・・・)

 

「咥えられるのが気持ちいいかな・・・うあっ!」

 

気持ちよさに思わず声を出してしまいました。

 

彼女はそれに応えるようにフェラのスピードを上げ、金玉を揉み、竿をシゴいて来ました。

 

「ヤバイっ・・・イッちゃうよ・・・俺・・もう出そう」

 

「いいよ、このまま出しても、いっぱい出して!」

 

その言葉にさらに興奮した俺は、大量のザーメンを噴出させてしまいました。

 

彼女の口元、首、その大きなおっぱいにもかかってしまいました。

 

「わぁ~、いっぱい出たね~、すご~い!」

 

射精した後の俺のチンコを、お掃除フェラしてくれました。

 

気持ちいいパイズリ

 

「ゴメン・・・あまりに気持ちが良かったから・・・」

 

「ふふっ・・可愛いわね・・・」

 

小悪魔のような顔で俺を下から覗き込んでいました。

 

その可愛い顔に興奮した俺のチンコは、再び勃起し始めました。

 

「あれ??今出したばっかりなのにスゴ~い!」

 

「ははは・・・Y子ちゃんが可愛いから興奮しちゃって・・・」

 

「嬉しい!じゃ今度は私を気持ちよくさせて・・・」

 

「うん!」

 

年甲斐も無く子供のように返事をしました。

 

(俺って実はMなのかも・・・)

 

と思ったりして。

 

彼女の全身を再び舐め回すと、体を仰け反らせて喘ぎます。

 

さらに指や舌で責めまくると、

 

「アッ!アッ!アァァアアン!!ダメ・・・もう・・・もう・・・イッちゃう!」

 

俺は緩めることなく、さらに責め続けます。

 

「ダメッ!もう、ホントに・・・イキそう・・ァアァア、ダメッ・・・イクッ!」

 

と、本当にイッてしまいました。

 

「K君ってスゴイ、エッチ上手いんだね・・・ハァ、ハァ・・・エッチ」

 

と言うと、俺のチンコを再び咥えてジュポジュポとフェラしてきました。

 

「あっ・・・またそんなにされたら出ちゃうよ」

 

「今度は入れてもらうんだからチョットだけね!」

 

とまた小悪魔顔で俺を見ます。

 

「したこと無いけど、こういうのも男の人って気持ちいいんでしょ?」

 

とその大きなおっぱいで俺のチンコを挟んで来ました。

 

後で聞いたらFカップだそうです。

 

濡れた体でされるパイズリは本当に気持ちいいです。

 

このまま射精してしまいたいくらいでした。

 

しかし、彼女をどうしても俺のチンコでイカせたかったので、彼女を振り向かせ、バックの体勢で後ろからオマンコに挿入しました。

 

5回もセックス

 

「アッ!!K君のおっきくて・・・アッ・・・太いっ・・・アンッ、スゴイ・・・それにスゴく固い!」

 

「ハァ、ハァ・・・もっと、もっとシて・・・いっぱい突いて・・・アッ、アンッ」

 

さらにスピードを上げて後ろから突きまくります。

 

「アーン、ダメ・・・そんなに突いたらオカしくなっちゃう・・・アァン・・・アン」

 

「ダメなの~?じゃ辞めちゃうよ~」

 

と意地悪を言って仕返しに一旦ストップしました(実はイキそうになってしまったので小休憩)。

 

すると彼女が、

 

「イヤ~ん・・・ダメってのは辞めちゃダメってことよ!」

 

とせがむので、再び後ろから突きまくりました。

 

でもイキそうになってしまってるのは変わらないので、一旦チンコを抜きます。

 

そして風呂場で彼女を正常位の体勢にして、今度は向き合って抱き合う形でピストン再開です。

 

「アッ・・・もっと・・・もっとシて・・・アァン!アァン!」

 

声が大きくなってきました。

 

俺は彼女のイキ顔を見たかったのでさらに突きまくると、オマンコの辺りが暖かくて、どうやら潮を吹いてしまったみたいです。

 

彼女もビックリしたようで、

 

「エッ!?!エッ!?!なにこれ・・・」

 

と言うと、潮を吹いてしまったことを理解しました。

 

「キャッ、ア~ン、恥ずかしいっ・・・もう・・・そんなにするから・・・」

 

と、真っ赤な顔で言います。

 

「恥ずかしがらなくていいんだよ、もっともっと気持ちよくなろう!」

 

と、さらに頑張る俺。

 

「アッ!アッ!ダメ・・・もっと、もっと・・・アッ、イキそう・・・アッ・・・イクっ・・・アーーーーーーッ、イクっ!イクっ!アァーー!!」

 

と言うと、彼女は果てました。

 

すると彼女が、

 

「ハァ、ハァ・・・K君もイッて!私もまた・・・イクっ!」

 

「ハァ、ハァ・・・俺も・・・俺もイキそう・・・」

 

「一緒に・・・一緒にイこ・・・」

 

「イクよ!」

 

「ウン・・・いいよ・・・出して・・・いっぱい出してね・・・」

 

彼女のおっぱいに、大量のザーメンを放出しました。

 

「スゴイ・・・2回目なのに、こんなに・・・ハァ、ハァ・・・」

 

高潮した顔で言ってます。

 

そりゃもう自分でも驚くくらい出ました。

 

その後、朝まで彼女が騎乗位で跨ったりバックでしたり、最後は正常位で合計5回もセックスしました。

 

彼女も6、7年ぶりのセックスということで、その日はかなり興奮してしまったみたいです。

 

それから今も仕事でなかなか会えない時があるんですが、会うとだいたい5回くらいセックスします。

 

40歳で清楚な感じですが、それをいい意味で裏切るFカップの巨乳ですし、フェラチオは上手いしエロいし・・・

 

我ながらハマッてしまい、いいお付き合いだと思います。

 

熟女の性欲が凄いってのは本当みたいです。

 

会うたびに激しく求めて来るんですが、さすがに休みの前日しかこんなにセックスは出来ません。