Pocket

彼の目の前で乱交
画像はイメージです

 

お祭りの後、彼の友達の家へ行きました

 

地元でお祭りがあったので、彼氏と2人で出掛けてきました。

 

エッチな彼が希望していた通り、下着は全く着けず、Tシャツにミニスカートです。

 

本当はTシャツでなく、彼はもっとエッチな格好を望んだのですが、電車に乗るのでこれが限度です。

 

到着するとお祭りは大盛況という感じで、私も彼もテンションが上がりました。

 

地元の友人に会って大声で掛け声をかけ、一緒にはしゃいでいました。

 

さすがに疲れて彼に手を引かれて座り、まだまだ続く喧騒を見ながらキスしました。

 

「こんな健斗見るの初めて」

 

と、私は彼に抱きつきます。

 

「なんか、男って感じ。かっこいいよ」

 

彼は照れくさいような顔をしています。

 

「舞香」

 

と囁かれ、キスをしながらスカートに手をいれてきました。

 

下着を穿いてないのですぐに生でオマンコに触れます。

 

足を広げられ、指を這わされると、既にぐっしょり濡れているのがバレてしまいました。

 

私は、とってもエッチで濡れやすいんです。

 

「もう欲しいんじゃない?」

 

とクリトリスを転がされました。

 

仰け反って大きく息を吸って声を我慢します。

 

そこに、彼の悪友から電話が入り、

 

「Bの家に集合」

 

となってしまいました。

 

私も連れて行かれました。

 

そこには、B,C,D,Eの4人がいます。

 

全員男です。

 

B,C,Dは未婚、Eは既にバツイチです。

 

すでにハイテンションに酔っている彼らは、私を見ると大歓迎で真ん中に座らせ、お酒を飲ませてきました。

 

私は結構酔っ払い男の相手が上手く、楽しませるのが得意なのです。

 

この日もいい雰囲気で時間が経っていきました。

 

「舞香ちゃんってノーブラ?」

 

と調子に乗ったCが胸を撫でました。

 

「キャッ!もうっ!」

 

とCの頭を軽く叩きます。

 

それでも全員の視線が私の胸に集まっています。

 

「やっぱ5歳違うと、胸も違うよなあ。ピチピチ」

 

なんて言ったりしています。

 

みんなでエッチしたい

 

健斗は私の手を引っ張って膝に座らせ

 

「お前ら彼女いるんだろ。こいつは俺の女だよ」

 

と私にキスし、おっぱいを揉みました。

 

テンション高かったのもあるのですが、さんざん私がちやほやされているのを見て彼は嫉妬したんだと思います。

 

「女はいるけど、舞香ちゃんは若いもん。若い子のおっぱいはいいよなあ」

 

「おやじ!」

 

なんて笑って言いながら、私は彼にしがみつきました。

 

オマンコが疼き出したのを察知した彼が、調子に乗ってスカートに手を入れると、みんな静かになってじっと見ています。

 

舞香のオマンコは愛液でぐっしょり濡れ、溢れ出していました。

 

「舞香、みんなでエッチしたい」

 

と囁かれました。

 

私は、必死で首を振っていましたが、指を入れてかき回され、

 

「舞香の気持ちいい顔、見たい、お願い」

 

と言われると、なんだか拒否出来なくなりました。

 

彼は静かに見ている4人に向かってスカートを捲ります。

 

「E、触る?」

 

と彼が声をかけると、

 

「いいの?」

 

と言ってからゆっくり触り始めました。

 

「やだ、やめて、いや」

 

と言ってる私を彼とEは裸にして寝かせ、Eが私のクリちゃんを転がし、彼がおっぱいを舐めまわし始めると、

 

「あっ、あぁ、あん、やめて、だめ、あぁあぁ」

 

と喘ぎ声が出てしまいます。

 

彼が見ているのに、彼の友達に触られて感じてしまうのです。

 

(ああ、私って、なんてエッチなんだろう)

 

これでも彼がいるからまだブレーキがかかっているけど、彼がこの場にいなかったらどうなっていたんでしょう。

 

こういうシチュエーションに、実はずっと憧れていたんです。

 

「お前の彼女だよな?いいの?」

 

とBが囁いてくるので、彼はどう答えればいいのか分からなかったようですが、やがて

 

「あ、あぁ、俺がマジで付き合ってる女だけどお前らだったらな」

 

と答えました。

 

するとBとC、Dもジリジリと私に寄って来て、Bがおっぱいを触りり、Cが足を舐め、Dがクリトリスを触り、Eがオマンコに指を入れてかき回し始めました。

 

私は喘ぎ声を漏らしながら彼の方を見ました。

 

手を伸ばすと、握ってくれました。

 

Bがパンツを脱ぎ、おちんちんを私の顔に擦りつけてきました。

 

条件反射で、私は躊躇無くおちんちんに吸い付いてしゃぶりました。

 

彼の目の前なのに・・・

 

それをみてCが裸になり、

 

「俺のも」

 

と言っておちんちんを向けてきました。

 

次々にオマンコに挿入されました

 

私はBをフェラしながら、Cのおちんちんを手で擦り始めました。

 

彼は私をじっと見ていました。

 

嫉妬心をグッとこらえているのがわかります。

 

こんなエッチで淫乱な女でも嫉妬してくれるんだと思うと嬉しくなり、もっともっと嫉妬して欲しいと思いました。

 

Eがおっぱいを揉みながら私の足を開かせます。

 

Dが足の間に入り、ビチャビチャとオマンコを舐めてきました。

 

「んぐ、あんん」

 

と、フェラしながらも声が出ます。

 

オマンコ舐められて気持ちよくて、腰まで動いてしまいます。

 

脱ぎ始めたDを見て、Bが立ち上がってコンドームを出してきました。

 

とうとう挿入されます。

 

渡されたコンドームを付けて、Dが足を持ち上げ、私のオマンコにおちんちんをゆっくり入れてきます。

 

右手にはBのおちんちん。

 

左手にはCのおちんちん。

 

Eも服を脱ぎ、おっぱいを撫でています。

 

この部屋で服を着ているのは、彼氏であるはずの健斗だけです。

 

Dはすぐに腰を早く動かし、すぐに射精してしまいました。

 

次にBがコンドームを付け、いきなりバックで突き始めます。

 

「あぁぁ、いいっ、あぁ、もっとぉ」

 

なんて喘ぎながら、私は目の前に座ったCのおちんちんを自分からしゃぶり始めました。

 

Eがクリトリスを転がすと仰け反ってしまい、フェラしていたおちんちんを出し、ぐったりしました。

 

イッちゃったんです。

 

Bが抱き上げ、座位で私を突き始めると、イッたすぐ後なのにまた感じてしまいました。

 

「あぁ、いい」

 

寝かされて正常位で突かれ、Bの腰使いが早くなって最後の突きに入ったとき、私はまたイッてしまいました。

 

でも、まだ終わりません。

 

Cは、Bが離れるとすぐに足を持ち上げてオマンコに入ってきて、ガムシャラに突いてきます。

 

異様な雰囲気になっていて、もう何でもありって感じです。

 

Cはコンドームも付けていません。

 

私もCにしがみついておちんちんを受け入れます。

 

Cはそうとう我慢していたようで、

 

「あ、やばい」

 

という言葉とともに、あっけなく射精しました。

 

彼の目の前で、中出しされるなんて・・・

 

巨根で中出し

 

私が健斗の彼女、ということでなんとなく遠慮気味だったみんなも、堰が切れるように私を責め始めました。

 

Eは私を抱き寄せて頭を撫でながら、

 

「俺のチンポ、でかいよ」

 

と囁きました。

 

彼のおちんちんも相当私を満足させてくれる大きさですが、それよりもまだ凄いんです。

 

こんな巨根をオマンコにぶち込まれたら、どうなるんでしょう。

 

私は彼の方へ這っていき、彼を裸にして、四つん這いのままおちんちんをしゃぶり始めました。

 

同時に、Eを挑発するようにお尻を持ち上げました。

 

大きなおちんちんを入れて欲しいからです。

 

口は一生懸命、彼のおちんちんをフェラしています。

 

すると、ニュプッ、とEが私のオマンコに入れてきました。

 

健斗や他の人のおちんちんより、はるかに大きい巨根が、ゆっくりと私のオマンコへ入ったんです。

 

私は一瞬、

 

「あぁ」

 

と声を上げ、仰け反って大きく息を吸い、息を止めました。

 

ゆっくりとオマンコ奥深くに挿入されるのを、全身で感じます。

 

Eの巨根が全て入り、動き出すと、私はEにしがみつきました。

 

「あぁ、すごい、いい、あぁ」

 

しばらくして巨根の大きさに慣れると、私はまた彼のおちんちんをしゃぶりました。

 

かなりの時間しゃぶっていました。

 

彼は口の中で果ててしまいました。

 

私は彼のザーメンを全て飲み、舌で綺麗にお掃除してあげました。

 

それまでゆっくりピストンしていたEが、いきなり早く突き始めました。

 

「あーだめ、あぁ、いやぁ、あぁあぁ」

 

と私は切ない叫びを発してしまいました。

 

一旦抜いて正常位になり、私たちは見つめあい、抱き合いながらイキました。

 

Eも中出しです。

 

Eが離れ、グッタリしていると彼が近寄ってきました。

 

私は手を伸ばし彼に抱きつきました。

 

そのまま全員雑魚寝で朝まで眠りました。

 

朝、変な気まずさもなく、笑顔でみんなと別れました。