Pocket

合宿 女性 逆レイプ
画像はイメージです

 

男湯に女性が集団で入ってきた

 

僕の高校時代の体験談です。

 

自分でいうのも何ですが、高校1年の時ですでに身長が182cmあり、体重73kg、色白で筋肉も付いていて、顔はジャニーズ系と言われていました。

 

身体も柔らかく、フィギアスケートを小学生の頃から地元で鍛えていたので、高校に入ってすぐに県の強化選手に選ばれました。

 

今でこそフィギアスケートは人気ですが、当時は男子はあまり人気がありませんでした。

 

地元の実業団チームのリンクで練習してましたが、強化チームって実業団の人が数名、大学生が10名、高校生が4名くらいだったんですが、僕以外はすべて女性でした。

 

その他コーチやマネージャーを入れると、合宿所の中は、女性30人の中に僕1人だけ男という状況でした。

 

夏休みには、合宿所でほぼ1ヶ月間に渡って練習するんですが、その合宿が僕の童貞喪失の場となりました。

 

初めての日の練習の後、

 

「哲也君、男子の浴室ひとりで使って良いからね」

 

当然のように僕は男性用の浴室に入ります。

 

すると、外から女性の歓声が聞こえてきました。

 

あわてて湯船に浸かると、お姉さんたちがみんな素っ裸で入ってきました。

 

「あら~、哲也君、入ってたの、一緒に入ろうよ」

 

突然で声も出ませんでした。

 

7、8人の女性が湯船の中に入ってきます。

 

「緊張してるの?」

 

「練習の時、わざと私の胸に触ったでしょ」

 

「そうそう、哲也君って、練習しながら、上からおっぱい覗きこんでるわよ」

 

「ヘー、哲也君ってエッチなんだ」

 

何人もの年上女性(大学生、実業団)からからかわれて、恥ずかしさから声も出ませんでした。

 

その時、同じ高校生の恵理子が先輩たちに掴まれて、風呂に入ってきました。

 

恵理子は学校は違いましたが、中学の頃から大会に出ている可愛い子で、中学生当時から好きでたまらない存在でした。

 

その恵理子ちゃんが、裸で僕の前に立ったのです。

 

初めて女性の手でチンポをしごかれた

 

正確には立たされたんですが。

 

「哲也君の大好きな恵理子ちゃんよ」

 

「そうそう、哲也君、いつも恵理子ちゃんの事探してるよね」

 

お姉さんたちには図星でした。

 

両脇の大学生に、恵理子ちゃんの小ぶりの胸が揉まれました。

 

女同士、乳首つまんだり、おっぱい全体を揉まれて、恵理子も感じていたかもしれません。

 

それを見て興奮した僕のチンポは勃起しました。

 

「さあ、哲也君も立って」

 

両脇から抱え上げるように、湯船の中で立ち上がらされました。

 

「きゃーーっ!哲也君、元気になってる!」

 

「おっきいーーっ!」

 

恵理子の裸を見て、おっぱい揉まれる姿を見て、すっかり興奮した僕のチンポは完全に上を向いていました。

 

その時には、全員が男子の浴室に入っていました。

 

おそらく30人の女性の目が、僕の勃起したチンポを見つめて、喜んでいたに違いありません。

 

その代表格の結衣さん。

 

おそらく24、5歳だったと思いますが、その人の細い指で、僕のデカチンがしごかれました。

 

オナニーしたことはあっても、女性の手でチンポをしごかれたことなんか一度も経験がありません。

 

「ガンバって恵理子ちゃんまで飛ばしたら、後で御褒美あげるわよ」

 

たくさんの女性の前で、恥ずかしくもすぐに射精してしまいました。

 

しかも大量でした。

 

ニメートル先の恵理子に掛かるくらいに飛び出ました。

 

何度も逆レイプされた

 

「キャーーー!」

 

「アハハ!」

 

「ヤダー!」

 

「アハハ!」

 

「スゴーイ!」

 

「哲也君だめじゃなーい!」

 

「アハハ!」

 

もう、風呂場は大騒ぎになりました。

 

大好きな恵理子は、軽蔑するような眼差しで、僕のチンポを見つめています。

 

その後も何回も、みんなの前でオナニーしたり、先輩の女性の手で、無理やり射精させられました。

 

それだけじゃなくて、夜になると高校生を除いては、酒を飲んで良いことになっていました。

 

宴会上で、たくさんの女性たちにのしかかられて、勃起したチンポにコンドームを装着させられ、順番にオマンコに入れられる逆レイプを受けました。

 

みんな口々に、

 

「哲也君の大きい!」

 

フィギアやってる女性って小柄な人が多いので、みんな小ぶりで締まりのいいマンコでした。

 

でもその時は初体験だったのでそんなことは分からず、すぐに射精してました。

 

そのたびに酔ったお姉さんたちの笑い者にされました。

 

それでも気持ちいいので、すぐにまた勃起して、何度もマンコに挿入させられました。

 

そんな夜が数日続いたあと、初めて、恵理子に挿入させてくれました。

 

みんなの見ている前で、たくさんの女性に囲まれ、恵理子の身体を抱きました。

 

恵理子は嫌がってました。

 

それでも僕は恵理子の細い両足を抱えて、大事な部分に勃起したチンポを挿入し、恵理子の華奢な身体に腰を打ち付けました。

 

でもすぐに恵理子の身体から引き離されたんです。

 

必死で恵理子の身体を抱き寄せようとしても、何人もの手で引き離されました。

 

「アハハ」

 

「もういいでしょ、恵理子ちゃんも満足したし、次は私たちに楽しませてよ、アハハ」

 

またしても笑い物です。

 

結局他の女性たちのマンコの中で果てました。

 

恵理子の裸を見せられ、みんなの前でオナニーもさせられました。

 

恵理子もみんなの前でオナニーさせられました。

 

結局この合宿中、恵理子とはまともなセックスは出来ず、僕のチンポは30人のお姉さんたちのオモチャとして、1カ月間もてあそばれました。

 

毎日、毎日、笑われましたが、でも忘れられない思い出です。