Pocket

巨根フェラチオ
画像はイメージです

 

両手が不自由で夢精?

 

私は39歳の主婦です。

 

主人の会社に高卒で入社した19歳の男の子が、両指と手首を骨折してしまいました。

 

一人暮らしで両手が不自由になってしまい、洗濯や食事の手伝いで、1ヶ月ほどその男の子のアパートに通ってました。

 

両手が使えないのはかなり大変なようで、食事や掃除と洗濯など家事全般をしました。

 

お風呂にも入れないとのことで、3日目くらいに、

 

「身体を拭いてあげるね」

 

と服を脱がせてあげました。

 

45歳の主人とは違う若くてスリムな体系で、彼は恥ずかしがってましたが、

 

「何もおばさん相手に恥ずかしがることもないでしょ」

 

とパンツ一枚にして拭いてあげました。

 

「サッパリしました」

 

とお礼を言われ、次の日また来て洗濯をしようと昨日彼が穿いてたパンツを手に取ると、湿った感じがして、確認してみるとシミが付いていました。

 

しかもふき取ったような感じがあり、

 

(若いから仕方ないのかな)

 

と思いましたが、ふと考えると両手が使えない彼は自分でオナニーもできないのかなと思い、

 

(これって夢精っていうヤツ?)

 

と思いました。

 

それから、

 

「身体を拭くわよ」

 

と拭いていると、彼の股間が凄く気になってしまい、

 

「座ってたら拭きにくいから寝てくれる?」

 

と言って寝かせました。

 

まずは背中を拭き、上を向いてもらい彼の顔を拭くと、私は

 

「胸とお腹を拭くね」

 

と彼のTシャツを捲くり上げ、顔を隠しました。

 

そして彼の股間をみると、ボクサーパンツがモッコリしており、明らかにおちんちんは勃起していました。

 

私は一気に恥ずかしくなってドキドキしてしまい、集中して上半身を拭きました。

 

ドキドキしたままその日は帰りました。

 

巨根を思わず咥えてしまいました

 

夜にちょうど主人に誘われてセックスしましたが、挿入してすぐに射精して終わりなので、余計に欲求不満で身体が熱くなってしまいました。

 

次の日は、うつぶせの彼のボクサーパンツを少し下げ、お尻も拭いてあげました。

 

後ろから覗くと、大きく膨らんでるようなタマタマが見えました。

 

前日セックスしたにもかかわらず、帰宅した私は一人でオナニーしました。

 

次の日洗濯するときにパンツを見ましたがシミはなく、

 

(あの時は何だったのかな)

 

と思いながら身体を拭いてあげてると、

 

「奥さん本当にすみません、実はアソコが痒いんです」

 

と言ってきました。

 

言われてみると、おちんちんだけは拭いてませんでした。

 

私は、

 

「そうだよね、そこは拭いてないもんね」

 

と冷静に言って拭いてあげることにしましたが、ドキドキしました。

 

パンツを脱がすと、すでに勃起したおちんちんが出てきました。

 

心臓が飛び出しそうなほど衝撃を受けました。

 

おちんちんは大きくて亀頭がさらに大きく、エラが立派に張っており、そのエラの付け根には白いカスが付いていました。

 

私のオマンコから熱い汁が出てくるのが分かりました。

 

タオルでおちんちんを拭くと硬さが伝わり、余計にオマンコが濡れてきました。

 

「奥さん、それ以上拭かれるとヤバイですからもう結構です。無理言ってすみません」

 

と言われ、私は普段は絶対に言わないのですが、

 

「出してあげようか?」

 

と言い、直接手でおちんちんをしごきました。

 

指が届かないほどの巨根で、両手で握っても亀頭が出る大きさです。

 

「奥さん、出ます!」

 

と言われ、私は思わずおちんちんを咥えてしまいました。

 

「あっ!奥さん!」

 

と言われ、

 

(私は何をしてるんだろう)

 

と一瞬思いましたが、

 

「いいよ、出して」

 

と言ってまた咥え、口の中に射精されました。

 

精液を飲んだことがなかった私ですが、大量に出されてほとんど飲んでしまいました。

 

イケなかったけど最高のセックス

 

「奥さん、ごめんなさい」

 

と言われましたが、彼の巨根は小さくなりませんでした。

 

「あんなに出したのにまだ元気ね。若いから1回出したぐらいじゃ収まらないのかなぁ、ここまでしたんだからエッチしてあげよっか?」

 

というと彼は驚いた様子で、

 

「そんな、もうこれ以上なんていいですよ、最高でした」

 

と言われました。

 

本当は私がセックスしたくてたまらないのに断られたので、焦るように、

 

「こんなに勃起してるのに可哀相だから」

 

と無理やりな理由をつけ、私は急いで下だけ脱ぎ、彼に乗っかってオマンコに挿入しました。

 

今までで一番気持ちのいいおちんちんでした。

 

硬くて、熱くて、エラがとても気持ちいいのです。

 

彼も気持ちよくなったみたいですぐに、

 

「イキそうです」

 

と言われたど、

 

「まだダメよ、あなたの凄いんだもん、もっと楽しませて」

 

と言って私は腰を上下に振りました。

 

「奥さん、もうダメです」

 

と腰を引こうとする彼を手で押さえ、

 

「我慢して、お願い、もっとして」

 

と言うと、彼は

 

「あっ!」

 

という声を出し、オマンコの中に射精しました。

 

私はイケなかったですが、最高のセックスでした。

 

次の日からは、手が治るまで毎日彼とセックスしました。

 

若い彼はどんどん上達して私を何度もイカせてくれるようになり、手が治ってからも時々会って、もっと凄いセックスをしてくれます。

 

毎日中出しされていましたが、妊娠はしていません。