Pocket

おばさん 中出し
画像はイメージです

 

職場の怖いおばさんと焼鳥屋へいくことに

 

俺は30歳で、わりと大きな部品工場に勤務していて、そこで主任をしている。

 

工場内には検査係として女性が7人いるが、彼女たちも自分が管理している。

 

その中に37歳で独身の女性がいるのだが、その人が一番の古株で15年以上勤務しており、しかも自分より7歳年上の先輩。

 

確かに仕事は出来る。

 

このおばさん、しょっちゅうお菓子を差し入れてくれたり、新人に対して根気強く教育したりしてくれて、根は悪い人ではない。

 

しかし、どうしても古株ゆえか、自分も含む年下の従業員や、後から入って来た年上の人に対して、物の言い方や態度がなんとなく上から目線。

 

噂によると、昔は長いスカートを穿いたスケバンだったらしく、元々そんな性格なのかもしれない。

 

その反面、立場が明らかに上の人には気持ち悪いくらい媚びるので、周囲も悪い人では無いとは思っているものの、あまり好かれていない。

 

「そんな性格だから嫁に行けず売れ残ったんだ」

 

とみんな陰口を叩いている。

 

俺が仕事の指示を出すと、自分の嫌な事はなかなか引き受けないし、反対に俺に指示をしてくることもある。

 

何かを手伝わせたりコキ使ってきたりと、とにかく面倒臭いおばさんなのである。

 

俺が主任に昇格して1年くらい経ったころからようやく慣れて来て、このおばさん相手にも動じずにツッコミ返したりする様になったり、イジれる様になった。

 

周囲からも、

 

「あの人に強く言えるのはお前だけだ」

 

と言われるまでになった。

 

そんなある日、パートで若妻の新人さんが入って来た。

 

俺がおばさんの前でその新人さんに、

 

「この人厳しいし、うるさいおばさんだから気をつけてね」

 

と笑いながら冗談交じりに言った。

 

俺はおばさんの事は他の人ほど嫌ってないが、時々めんどくさい事を言ってくるので、ついつい日頃から毒を吐いてしまうのだ。

 

ただ、これには毒がキツかったのか、おばさんがマジな顔で、

 

「アンタがそんな事言うから、私また嫌われるじゃない!」

 

とキレ気味に言ってきた。

 

これには俺もやり過ぎたと反省し、後でチョコレートを差し入れて謝った。

 

「○○さんゴメン!ほら、これでも食べて」

 

「ホントにアンタは・・・私だって傷付くのよ!」

 

「ゴメン、ゴメン。本当に反省してるし」

 

「チョコレートくらいで許すと思うなよ!」

 

「ゴメン、ゴメン」

 

俺も照れ臭いのもあって、謝罪が軽いと思われてるのか、なかなか許してもらえない。

 

休憩時間、喫煙所で一人タバコを吸うおばさんに、

 

「まだ怒ってるの?ねぇ?」

 

「・・・」

 

やっぱりどうしてもからかい気味に言ってしまう。

 

「泣いてんの?」

 

「いい加減怒るよ!」

 

「いや、ゴメンってマジで」

 

「全然反省してないでしょ!アンタ本当に性格悪いな!」

 

「○○さんには負けるけどね!」

 

こんな返しをする時点で、やっぱり反省が足りない俺。

 

「もういい・・・」

 

呆れた顔をしたおばさんが怖くなり、

 

「本当にゴメンなさい。週末ご飯奢るから・・・ね、機嫌直して」

 

「何連れてってくれるの?」

 

「何食べたい?」

 

「焼鳥!」

 

「焼鳥な」

 

「約束よ!」

 

「分かった、分かった!」

 

こうしておばさんと2人きりで焼鳥屋に行く事になった。

 

私だって一応女よ

 

焼き鳥屋でグビグビとビールを飲むおばさん。

 

俺は車で来ているので酒は飲めない。

 

焼鳥屋ではおばさんの愚痴をたくさん聞かされたが、人を管理する立場として分かることも多いし、思った以上に楽しく過ごす事が出来た。

 

おばさんを車で家まで送る。

 

しかし、おばさんの家の近くまで来て、急に腹が痛くなって来た。

 

食べ過ぎと冷たい物を飲み過ぎたせいだろうか。

 

「いかん、チョー腹痛い・・・」

 

「ウチのトイレ貸したげるわよ」

 

「すんません」

 

一人暮らしのおばさんのマンションに上がって、トイレを貸してもらう。

 

俺はそれだけで帰るつもりだったが・・

 

「ウチで飲んで行きなさいよ」

 

「え?」

 

「まだいいでしょ?」

 

「うん、まあ・・・」

 

そういって冷蔵庫から缶ビールやチューハイを出してきた。

 

「冷蔵庫、酒ばっかり」

 

「一人暮らしなんてそんなもんでしょ」

 

「というか、酒飲んだら俺帰れないよ」

 

「一眠りして行けばいいじゃん」

 

(まあいいか)

 

とおばさんの家でチューハイを頂く。

 

程よく酔いが回ったおばさんは、俺に説教をしてきた。

 

最初は素直に聞いていたが、だんだん面倒臭くなってきた。

 

そこで、横になって寝ようとした。

 

するとおばさんが俺に乗り掛かって来て、

 

「話、最後まで聞け!」

 

「重いっ!」

 

「アンタ本当に私の事、女扱いしないな!」

 

「そんな事ないよ」

 

「私だって一応女よ!」

 

そう言うと、おばさんが俺の唇を奪いにきた。

 

意外と綺麗なおばさん

 

テンパる俺。

 

そんな事お構い無しに俺の口に舌を入れてキスをしてくるおばさん。

 

結構長い時間に感じられた。

 

ようやく解放され、

 

「長いっ!」

 

思わず突っ込む俺。

 

「今日は私にお詫びするために誘ったんでしょ!?」

 

「ま、まあ…そうだけど…」

 

「お詫びする気あるんだったら、少しくらい女扱いしてくれてもいいじゃない!」

 

「あ…うん」

 

おばさんは、太ももを俺の股間に絡ませて来た。

 

(このおばさんで勃起したくない)

 

と思いつつも、そこは男の性というか、勃起してしまう俺。

 

「うわ、勃ってんじゃん」

 

「い、いや・・・」

 

またキスをしてきて、俺のTシャツをまくって乳首を責めてきた。

 

「あ・・・あ・・・」

 

不覚にも喘いでしまう俺。

 

もうここまで来たら、

 

(どうにでもなれ)

 

と俺からもおばさんの長い髪を掻き分けながら、自分のズボンを下ろす。

 

ガチガチに勃起したチンポを見ると、おばさんはすぐにしゃぶり始めた。

 

おばさん呼ばわりしているが、37歳という歳を考えると、おばさんと言うには失礼な話で、女性として見た目も悪くない事に気づく。

 

むしろ綺麗な部類にすら思えて来た。

 

若干ポッチャリはしているが、尻はデカイし胸もデカイ。

 

ある程度フェラチオしてくれた後、今度はおれがおばさんの穿いてるジーパンとパンティを脱がしてやる。

 

下半身が出たおばさんはシックスナインを強要してくる。

 

オマンコの中に舌を出し入れし、周囲も丁寧に舐めてあげた。

 

十分濡れた所でおばさんが仰向けになり、挿入を促す。

 

子供出来たらどうしよ・・・

 

俺はおばさんの両足の靴下を穿いてる辺りを持って、開脚させながらオマンコにチンポを挿入した。

 

ゆっくり確かめるように腰を振り、おばさんのデカイおっぱいを揉みほぐす。

 

少しずつペースを上げて腰を振ると、おばさんは喘ぎだした。

 

俺も久しぶりのセックスだったのでかなり気持ちいい。

 

相手はあの職場の面倒臭いおばさんだなんて完全に忘れるほど気持ち良い。

 

今度は上下反転し、騎乗位になる。

 

早い動きではないが、おばさんは自分の気持ち良くなる箇所を確かめる様に動く。

 

腰を動かしながら俺を押し倒し、またディープキスを求めてきた。

 

下半身も口もずっと動きっぱなしで快楽を分かち合う。

 

何分経ったかなんて全然分からないが、そろそろ俺もスパートをかけたくなり、また正常位になった。

 

今度は早く腰を動かし続け、一気にゴールを目指す。

 

ゴールまであと少しという辺りで俺も声が出る。

 

「あ~~~イキそう、あ~あ~」

 

射精寸前、

 

(外に出さなきゃ)

 

と思いつつも、あまりにも気持ち良過ぎてオマンコから抜きたくなかった。

 

おばさんも何も言わずに、足で俺の腰を締め付けてロックしていた。

 

数秒後、俺はおばさんのオマンコの中に大量のザーメンを放出した。

 

自分でも何回かドクッ!ドクッ!と分かるほどいっぱい出した。

 

「ハァハァ」

 

と息が上がり、挿入したまましばらくじっとしていた。

 

「ハァ・・ハァ・・・疲れた」

 

「もう、いっぱい出して~(笑)」

 

「ごめん、気持ちよ過ぎて中に出してしまった」

 

「いいよ。私も気持ち良かったし」

 

「子供出来たらどうしよ・・・」

 

「その時は私と子供の面倒見てもらうわ(笑)」

 

「そんな靴下一丁の姿で、何逆プロポーズしてんだよ!」

 

「ハハハ・・・確かに!」

 

そんな事言いつつも、結局これがきっかけで交際することになった。

 

結局妊娠はせずに、交際して1年が経った。

 

いまだに職場の人達は、俺たちが付き合ってるのを誰も知らない。

 

彼女からは、

 

「40歳になるまでには結婚してくれ」

 

とプレッシャーを毎日掛けられている。