Pocket

手コキ
画像はイメージです

 

エッチ話をする女性先輩に童貞を告白

 

俺の大学の先輩であるKさんという女性がいます。

 

なんとまあ大学を卒業してすぐに30歳ぐらいのサラリーマンと結婚しました。結婚式には行けなかったんですけど旦那の顔は知っています。

 

今でも好意的にさせてもらっていまして、時々飲み会にも行っていました。ふくよかでおっぱいはとても大きくて本人が言うにはGカップらしいんです。

 

結婚してからはさすがにやっていないらしいけど、若い時代はかなりと遊んでいたらしいです。といってもK先輩もまだ若いので遊んでいるとこういった話になることもあります。

 

皆と一緒の時はのんびりした性格なのに、俺が沈着冷静に見えるみたいで、そういう対話をしてもいいんじゃないかと思っているらしいのです。

 

しかしK先輩も知らないんですが俺は童貞で、Gカップキャミソール等の薄着を好きなKさんに、生生しいエッチ体験とか、何処が気持ちよくてとか口にされるのは刺激が強すぎます。

 

毎回話の度に勃起してしまったり、ガマン汁が滲んできてしまいます。こういった日は家に帰ってKさんに筆下ろししていただく妄想をしながらせんずりをすることもあります。

 

先日、Kさんに車で送ってもらっている道中、オナニーの話となって、アルコールも相当入っていたし、おまけにKさんの話を聞いて、興奮してせんずりのネタにしてしまったというのを打ち明けてしまいました。

 

冗談だと思ったのか、Kさんがみんなも話してるような普通のエッチのことなのに何故?と聞かれたのでストレートに童貞であることと、そういったときもオナニーの話のせいでチンコがまずいことになってることを申告すると

 

「パンツの上からでいいから、本当に?」

 

と聞かれた。Kさんはこの時に、マジで俺のチンコが勃起してガマン汁で亀頭がヌレヌレなんて思いもしなかったでしょう。そして間違っても俺がそうツッコまれてすんなりと見せると思わなかったんでしょう。

 

ガマン汁の量にビックリ!

 

しかしその時は俺もアルコールと興奮で羞恥心を感じることもなく、ズボンを下ろしチンコがビンビンに隆起したトランクス姿をKさんに露呈してしまいました。

 

そのトランクス越しの隆起を見たKさんは

 

「うわ、本当だ!若いわね~」

 

と言って俺のチンコの膨らみに目をやると、今度は

 

「本当に濡れてるの?」

 

と聞いてきました。俺は勃起したチンコを公開した興奮で息を荒くしながら

 

「はい」

 

と答えました。ピッタリと車は俺の部屋のあるアパートの前まで来ていました。車を停めるとKさんは

 

「本当に濡れてるか確かめよっと」

 

と言うので俺は勃起したペチンコに触れてもらえると思い、暗黙で小刻みに頷きました。すると、Kさんのふくよかな体にしては細長い指が俺のトランクスの中に入ってきました。

 

Kさんのサラッとした指先が陰茎の付け根に、やわらかい手のひらが先端部に触れると、せんずりとは全然異なる、そんなことだけで射精しかねない感覚に見舞われていました。

 

初めて女性に触られたんですが、あれほど興奮するとは思いませんでした。Kさんは驚いたような表情になり

 

「ちょっと!興奮して車の中でシコシコしたんじゃないの?」

 

と言われました。俺は息をドンドン荒くしながら

 

「まさかしてないですよ」

 

とだけ答えました。

 

「精子出したみたいな濡れ方してるよ」

 

と言ってKさんはしばらく俺のガマン汁を延ばしたりして遊んだ後

 

「○○君の部屋行こうよ。ここで精子出しちゃうと匂いが残るからさ」

 

と言い、2人で俺のアパートに向かいました。

 

扱かれまくって何度も射精しました

 

部屋の扉を閉めるとすぐに俺はズボンとトランクスを下げて、

 

「はぁはぁ、Kさん」

 

と哀れな溜め息のような声を上げてしまいました。Kさんは

 

「うわ、明るいところで見るとおちんちん真っ赤で可愛い!」

 

と言って勃起したチンコを堂々とソフトに握ってくれました。

 

「刺激してしまったようだから、お助けね」

 

と言い、Kさんがにっこりと上目遣いに俺の表情を覗き、チンコを少しずつ扱き出しました。

 

焦らされるように扱かれたり、手の平で亀頭を撫でられたりしながら、Kさんはいたずらっぽく、俺の首筋や耳に息をフッと吹きかけたりして楽しんでいました。

 

「凄い硬いね、たくさん濡れてるし、気持ちいい?」

 

等と聞かれた気がするけど快感でそれどころじゃありません。

 

「あっ、う~うぅ」

 

とか答えだけで精一杯だったと思います。Kさんがひとたび手を止めて、畳に座り

 

「この分ならすぐ射精しちゃいそうだね、少し横になって」

 

と言うので横になりました。と同時に、ほんのさっきより強くチンコを握られ、扱かれました。

 

扱かれる速さや握る強さもかなりスローだったと思うんですが、それでも擦られるごとに耐えられないほど射精感が上昇していき、10回も擦らないうちにティッシュも用意しないまま、ザーメンを発射してしまいました。

 

「うわっ、すごっ、まだ出てるよ」

 

と言いながらKさんが精子でグチャグチャ音が鳴るぐらい扱き続けるので、何度もドクドクとほとばしらせてしまい、Kさんの手やスカート、俺の腹まで精子で汚してしまいました。

 

手は置いておいてスカートにも少々ついてしまったので、

 

「あ、すみません、汚しちゃいました」

 

と言うと

 

「若いんだからしょうがないよね」

 

と明るく返してくれました。そのあとも、まだチンコが萎えなかったので、Kさんは静かに続きをしてくれました。

 

Kさんの手を汚し、俺のチンコにも付着したザーメンがローション代わりになってヌルヌルしています。2度目の射精に到達するまでに1分もかからなかった思います。本当に気持ちが良かったです。

 

最終的には俺のお願いで、俺が4つんばいになってKさんが後方から扱くやり方により、Kさんの巨乳のプルルンとした感じや重さを背中に感じ取りながら2回射精しました。

扱かれてる途中耳の傍で

 

「いやらしい格好ね。○○君Mでしょ」

 

と言われて興奮し、結局この日は30分以内で4回も射精してしまいました。

 

最近でもKさんと俺は変わりなく飲みに行ったり遊んだりしています。当然、時々スケベなこともしてもらっています。

 

おすすめ関連小説

 

性感淫魔エステ 搾精コースはじめました
性感淫魔エステ 搾精コースはじめました

 

モテるためのエステ体験してみませんか?

 

美人エステティシャン・カレンに誘われた和希が味わう濃密な射精快感!さらに同じ職場のルミナや同僚も和希の精力にベタ惚れ!言葉責めプレイ好き必見、淫魔たちに囲まれて羞恥オスアクメがたっぷり♪

 

性感淫魔エステ 搾精コースはじめました

 

 

幼なじみに告白するも、性欲強すぎてなんかイヤ、と断られ傷心だった和希の前に現れた、ムチムチスーツ姿のお姉さん・カレン。

 

「エステのモニターになってみませんか?」

 

と誘われ、好きな人を振り向かせる、モテるための自分磨きにと体験コースを受けてみることに。

 

性感淫魔エステ 搾精コースはじめました

 

始まると、仰向けになった身体の上にローションまみれのカレンの水着ボディがヌルヌル密着!勃起を抑えられなくなるものの、

 

「性欲強いの知ってますからOKです」

 

と包容力たっぷり&強烈なテクで抜いてくれ、気持ちよく射精まで!すると、精液を飲んでくれた彼女の姿に変化がでてきて…!

 

他にも、同僚の小柄プニパイなルミナや、授乳上手のクローディアなど
愛情たっぷり、淫語たっぷりで射精させてくれます♪

 

作品の詳細はこちらの画像をクリック

 

性感淫魔エステ 搾精コースはじめました
性感淫魔エステ 搾精コースはじめました