Pocket

カーセックス
画像はイメージです

 

いきなり僕にキスしてきました

 

僕の会社の後輩に、夏帆という女の子がいます。

 

夏帆は高卒の新入社員で、背は155cmと小柄で、茶髪のショートヘアーです。

 

顔はロリ系で、やや肉付きがよく巨乳のいい感じです。

 

男性経験は豊富な印象です。

 

普通に「可愛い」と言えるレベルの女の子です。

 

僕は26歳で、19歳の夏帆とは結構離れてますし、部署も違って仕事上も直接関わることはありません。

 

ですが昨日、退社する時に偶然、会社の出口ではち合わせた時に夏帆が、

 

「○○さんお疲れ様です」

 

と僕の名前を口にしました。

 

「あれ?俺の名前知ってるの?」

 

と聞くと、ニコニコ笑いながら、

 

「好みの人は覚えちゃうんです」

 

と言ってきました。

 

嘘でも嬉しくなり、冗談のつもりで、

 

「じゃあこれから二人でどっか消えよーか?」

 

と言うと、

 

「はい」

 

と上目づかいで言ってくるので、僕は完全にその気になりました。

 

夏帆は車通勤で、僕はバイク通勤なので、

 

一旦僕がバイクを家に置きに帰り、夏帆の車に同乗しました。

 

さすがに今日いきなりなので、何かが起こるはずはないだろうと思っていました。

 

しかし、突然夏帆が人気の無い場所に行き、車を停めるとシートベルトを外して、助手席の僕に覆いかぶさってきました。

 

僕がびっくりして固まっているところに、夏帆は僕にキスをしてきました。

 

夏帆の髪から漂う良い匂いと、柔らかい唇の感触に思わず勃起してしまい、夏帆の口に舌をねじ込みました。

 

夏帆も舌を絡めてきます。

 

お互い身体を密着させ、汗をかきながら夢中で舌を絡め合います。

 

お互いの涎でベトベトになりながら、

 

「チュパッ、チュプチュプ、ヌチャッ」

 

と、卑猥な音が車内に響きます。

 

フェラされておっぱい揉んで

 

10分くらいでしょうか、夢中で舌を絡め続けました。

 

徐々に夏帆の舌は僕の唇から顎のあたりを這い、僕の首筋を執拗に舐め回します。

 

19歳とは思えない慣れた舌づかいに、僕は感じてしまいました。

 

「あぁ…」

 

と僕が声を漏らすと、

 

「気持ちイイの?カワイイ」

 

とお姉さん気取りで、ニコッと微笑みます。

 

首から耳までベロベロ舐められ、僕は天にも昇る気分でした。

 

夏帆が僕のTシャツを脱がせ、乳首を舐めてきました。

 

いやらしい舌づかいと音に興奮し、僕のパンツはすでにカウパーでベトベトです。

 

乳首をペロペロ舐めながら、僕のトランクスに手を入れ、勃起したチンポを触ると、

 

「もうこんなに大きく……、てか、先っぽがめっちゃ濡れてますね」

 

と言って微笑み、

 

「脱いで」

 

と言うので素直にしたがって脱ぐと、すかさずチンポを口に含み、舌を絡めてきます。

 

フェラチオしながら右手でしごき、左手で乳首を責めてきます。

 

気持ちよすぎてイキそうになったのでフェラをやめさせると、夏帆が僕の手をつかんで胸に誘導しました。

 

「あたしのことも触って下さい!早く!」

 

と泣きそうな顔で言うので、激しく胸を揉んでやりました。

 

予想以上に大きい胸は、揉み応えバツグンでした。

 

「あぁぁ~!!」

 

と声を上げ、さらに夏帆は、

 

「あたしのおっぱいどうですか!?」

 

と聞いてきたので、

 

「すげーいいよ!大きくて柔らかくて、たまんねぇ!」

 

「嬉しい!Eカップあるんですよ!」

 

「Eカップとか最高だな」

 

と返すと、

 

「見て!」

 

と言ってシャツを脱ぎ捨て、ブラを外しました。

 

大きく、形のいいおっぱいに、小さめの乳首が露になります。

 

「触ってぇ~!!」

 

と言うので直接揉むと、

 

「はぁ!あぁぁぁ~~~ん!」

 

と喘ぎ声を上げます。

 

「おっぱい柔らかい!?ねぇ!?あたしのおっぱい!」

 

「柔らかいよ!すげーいい!形も弾力も最高!」

 

「嬉しい!好きにしていいよ!メチャクチャにして!てゆーか犯して!レイプするみたいにして!」

 

こんな会話をしながら、僕たちは体を絡めます。

 

中に出してと言われたけど

 

「舐めて!!」

 

というので、乳首をベトベトになるまで舐めてやると、

 

「うあ!」

 

みたいな叫び声をあげます。

 

どうやら乳首はかなり弱いらしく、舐め続けると痙攣し始めました。

 

夏帆の股に手をのばすと、パンティを貫通してジーパンが濡れるくらいビチョビチョでした。

 

「夏帆ちゃん濡れすぎだよ」

 

と言うと、

 

「舐めて!クリ舐めてぇ…!」

 

クンニしました。

 

「…っ!!…うあぁ!!」

 

声にならない音を漏らし、ガクガク痙攣します。

 

「もうだめだ!入れたい!」

 

「入れて、入れて!!○○さんの大きいオチンポ入れてぇ!」

 

夏帆のオマンコに生でチンポを挿入し、車をギシギシ軋ませながらセックスしました。

 

「中に出して!」

 

と言われましたが、さすがにそれは出来ず、夏帆のおっぱいに射精しました。

 

夏帆もイッたようで、呼吸を乱しながらピクンピクンと身体を痙攣させ、しばらく倒れていました。

 

夏帆はそのあと僕の家に泊まり、外が明るくなるまで3回セックスしました。

 

やっぱり夏帆は男性経験は豊富だそうですが、今まで出一番よかったと言ってくれました。

 

夏帆は舐められるのが好きらしく、僕は夏帆の脇や乳首、耳、足の裏、クリなど、様々な部位を舐め、感じる夏帆のかわいらしくもエロい表情を堪能しました。

 

「またしようね」

 

と夏帆が言ってくれたので、精子を溜め込んで近いうちにまたセックスしようと思います。