Pocket

童貞の巨根
画像はイメージです

 

酔いつぶれた私は気がつくと・・・

 

もう、数年前の年末のことです。

 

私は当時、あるスーパー内のテナントにある洋服屋さんに勤めていました。

 

テナントは他にもいくつかあったんですが、スーパーの直営組の人とはあまり親しくなかったんです。

 

しかし、その年は直営組の責任者が、

 

「年末の閉店後、忘年会と親睦会を兼ねて合同で飲み会をやります」

 

と企画したんです。

 

もちろん自由参加だったんですけど、やっぱり力関係ってものがあり、全員不参加だけは避けなければいけません。

 

結局私の勤めているとこからは、私だけが参加することになりました。

 

私は当時23歳でした。

 

身長は153cmと低く、体重は40kgとちょっとぐらいでした。

 

飲み会は近所の居酒屋で行われました。

 

主催の責任者は28歳でしたが、参加者は全員それ以下の若手です。

 

参加人数は12、13人ぐらいでした。

 

意外と盛り上がって、2次会はカラオケに行きました。

 

3次会でスナック行ったとこまでは記憶があるんですが、私は途中で寝てしまったようです。

 

もともと飲むと寝てしまい、数十分でケロリと目が覚めるタイプなんですが、年末の疲れがあったみたいで、本気で熟睡してしまったみたいです。

 

次に気が付いた時は・・・

 

「ここどこ?」

 

見たこと無い天井・・・、誰かの部屋です。

 

ガバッ!と上半身を起こすと、

 

「うわっ!」

 

と叫び声がしました。

 

私の格好は・・・

 

シャツが首の辺りまで捲り上げられ、ブラが微妙に下にずらされてて乳ポロリ状態です。

 

スカートは捲られ、しかもパンツが両膝に絡まってます。

 

叫び声の主は、青果部の若造でした。

 

(つか、オマエもパンツ下ろして何やってんだ?!)

 

つまり、オナニー中でした。

 

やらせてください!

 

「何もしてません!見てただけです!」

 

「いや、擦ってんじゃん、てか、あたしの服を脱がしたろ?」

 

「すみません、興味があって脱がしましたけど、本当に何もしてません!」

 

「乳も触ってないってか?」

 

「いや、ちょこっと触っただけ・・・」

 

「じゃ、この表面が突っ張るような感覚は何?」

 

乳輪の辺り、明らかに舐められた唾液の跡があります。

 

青果部の若造は18歳です。

 

身長185cmくらいで、空手やってたというゴツイ体格をしてます。

 

ものすごい筋肉質で、顔は柔道で金メダルとった人みたいな感じです。

 

スナックで酔い潰れた私を、近くの自分のアパートまでおぶって連れてきてくれたらしいんです。

 

パンツ下げられても気が付かないほど酔い潰れた女を前に、オナニーするという行動から分かるように童貞です。

 

私は家にに帰ろうかと思いましたが、彼が、

 

「年が明けたらすぐ19歳になってしまうんです。なんとか18のうちに童貞卒業したいんでやらせてください!」

 

と懇願してきました。

 

シラフだったら、

 

(毎日顔会わすような人間とセックスできるか!)

 

と思ったんでしょうけど、多少私も酔いが残っていたこともあり、勢いに負けて彼の願いを聞き入れることにしました。

 

巨根にびっくり

 

とは言え、この唾液跡をなんとかしたいので、

 

「とにかくシャワーを浴びさせてくれ」

 

って事と、

 

「ゴム無いならやんない」

 

と告げました。

 

彼はタオルと着替え用の大きなTシャツを準備すると、

 

「コンビニ行ってきます!」

 

とみぞれ雨の中、コンドームを買いに出て行きました。

 

シャワー浴びてボーッと待ってると、ゼェゼェ言いながら童貞君は帰ってきました。

 

ジュースとビールとコンドームを買ってきてました。

 

「飲みますか?」

 

とビール差出してくれるが、全速力でぶん回してきた缶ビールなんか開けられないのでジュースを頂きます。

 

その間に童貞君はシャワーを浴びます。

 

出てきたら横に座ってきて、いきなりシャツの上からおっぱい揉んできました。

 

キスもしてきました。

 

舌も入れてきました。

 

童貞君は、目を瞑っています。

 

(うわぁ・・・)

 

Tシャツを剥ぎ取られ、ベッドの上に押し倒されました。

 

(好きにしてくれ)

 

とマグロを決め込んだら、ホント好き勝手に全身舐めてきました。

 

脚の間に頭突っ込んできて、クンニしてきました。

 

「入れていいですか?」

 

とゴム装着し始めたんですが、上手く付けられない様子です。

 

というか、おちんちん見てビックリです。

 

(太ッ!)

 

長さはそうでもないですが、太さが缶コーヒーくらいあるような巨根です。

 

そりゃコンビニのコンドームじゃ無理かも。

 

体位を指導

 

「絶対中に出しませんから!お願いします!」

 

と再び童貞君が懇願しました。

 

(もういいや)

 

と生挿入を了承します。

 

しかし、オマンコはあまり濡れていません。

 

濡れてもいないのに、缶コーヒーサイズの巨根は絶対入りません。

 

仕方がないので、クン二指導を始めました。

 

ベッドの上でM字開脚する私。

 

童貞君は床に正座です。

 

「ここをマッサージしながら、下から上に舌を這わせる」

 

「指は浅めに入れて、ココら辺りを刺激して」

 

等、

 

(AVかよ?)

 

って状態でした。

 

「はい・・・はい・・・」

 

と律儀な返事するたび、オマンコに当たる息が熱いんです。

 

キスしたり、おっぱい揉まれたりしたら、だんだん気持ちよくなってきました。

 

彼の前に脚を開きますが、それでも入りません。

 

慌てる童貞君、ますます空振りです。

 

挿入角度が分からないみたいです。

 

仕方が無いので私が上になりました。

 

(ギャー、やっぱ太い!)

 

ギチギチ言いそうです。

 

膝を立てて前後に動こうとしましたが、私の膝が浮いてます。

 

仕方なく、上下に動きました。

 

「あー・・・あー・・・」

 

虚ろな目で喘ぐ童貞君です。

 

「あっ!」

 

と叫ぶと、私の腰を両腕でガッと軽々持ち上げ、ザーメンを発射しました。

 

ちゃんと守ってくれました。

 

私、軽くて良かった・・・

 

その後は体位を教えました。

 

正常位だけは腰の動きがぎこちなくていただけませんでしたが、ベッドに手をついて立ちバックした時は、勢いづいたヤツが私の腰を持ち上げ、両脚宙ぶらりん状態でした。

 

明け方まで実践訓練しました。

 

翌日は大晦日ですが、目が覚めたのは夕方近い時刻でした。