Pocket

パイズリ
画像はイメージです

 

中学生の男の子を家に連れて行きました

 

私が高校2年生の時の話です。

 

高校まではバスで通っていました。

 

いつも帰りは19時くらいで、結構遅かったですね。

 

バスから降りると、ここ1ヶ月くらい、いつも中学生の男の子がいました。

 

最初はあまり気になりませんでしたが、さすがに1ヶ月もいたので、ちょっと話し掛けてみました。

 

「こんにちは!最近いつもいるね、何してるの?」

 

「あっ・・・えーっと、その・・・」

 

男の子はモジモジして、黙りこんでしまいました。

 

そしてしばらくしてから、

 

「あの・・・これ」

 

と言って、ハンカチを差し出してきました。

 

「あっ!これ、私が前に失くしたやつ!まさかこれを渡すためにいつもいてくれたの?ありがとう!」

 

「うん、これ、お姉さんがバスから降りる時に落としたんです。だから今度会った時に渡そうと思ったんだけど、緊張して渡せなくて・・・」

 

ウブな男の子みたいで、可愛く思いました。

 

「そうだったのね、家はどこなの?」

 

聞くと、このバス停の近くだそうです。

 

それで、その子の家まで一緒におしゃべりしながら行きました。

 

その子は中学2年生で、名前はサトシ君だそうです。

 

親は共働きで、18時ぐらいにしか帰ってこないそうです。

 

次の日もまた会いました。

 

「こんにちは!」

 

と話し掛けると、

 

「こんにちは!」

 

と返してくれました。

 

昨日しゃべったことで緊張が解けたのか、笑顔でした。

 

その日は16時ぐらいでした。

 

まだ両親も帰ってないことですし、私の家に連れて行きました。

 

最初はゲームをしたり漫画読んでたりで過ごしいてましたが、サトシ君は眠くなって寝てしまいました。

 

私は、

 

(チャンス!)

 

と思いました。

 

まず、サトシ君のズボンを脱がしました。

 

フェラチオとパイズリしてあげました

 

パンツは白いブリーフでした。

 

パンツも脱がせると、中学生とは思えないほどの大きなおちんちんでした。

 

しかも徐々に勃起していきました。

 

思わず、

 

「キャッ!エッチねーサトシ君」

 

と言ってしまいました。

 

皮も剥けていて美味しそうだったので、とりあえずフェラチオをしてあげました。

 

何度か頭を上下に揺らすと、すぐに射精しました。

 

感じやすいなと思いました。

 

そこで今度はサトシ君の手を取って、私のおっぱいを揉ませました。

 

Cカップぐらいあります。

 

サトシ君におっぱいを揉ませるうちに、起きてしまいました。

 

私は上半身裸で、サトシ君は全裸です。

 

「お、お、お姉ちゃん??・・・」

 

サトシ君は全く理解できていません・・・

 

というフリをしていたと思います。

 

「サトシ君ってエッチね!」

 

「えっ、それは・・・」

 

「いいのよ、隠さなくても。男の子だし、エッチなことに興味あるでしょ?」

 

私がそう言うと、

 

「うん」

 

と言いました。

 

そして、積極的に私のおっぱいを揉んできました。

 

私も興奮して、ディープキスをしました。

 

ディープキスをしている間に、サトシ君がスカートの中に手を入れてきました。

 

そしてパンツの上からオマンコを触ってきました。

 

「アッ・・・アン・・・アアッ・・・」

 

思わず声を出してしまいました。

 

さらに、またおっぱいを揉んできました。

 

「お姉ちゃんのおっぱい、柔らかくて気持ちいい」

 

サトシ君をベッドに倒して、再び勃起したおちんちんをおっぱいの間に挟んで、パイズリしてあげました。

 

おっぱいを使っておちんちんを上下に擦っていたら、またすぐに射精しました。

 

おっぱいと首に思いっきり精子が飛び散りました。

 

私のオマンコに中出し

 

「お姉ちゃんのマンコにチンコ入れたい」

 

サトシ君が言ってきました。

 

生理はもう終わってたのでOKしました。

 

もう私のオマンコはグチョグチョに濡れていたので、簡単に挿入できました。

 

サトシ君は気持ちよさそうな顔して、ピストン運動を始めました。

 

私もとても気持ちよかったです。

 

ピストン運動をしている間に、おっぱいに吸い付いてきました。

 

「あんっ・・・サトシ君・・・だめ!・・・そ、そんな事したら・・・気持ちよすぎて・・・」

 

でもサトシ君は夢中で腰を振りながら、おっぱいにしゃぶりついてきました。

 

なんだか少しだけ母乳が出たような気がします(笑)

 

そのまま腰を振り続けて、サトシ君は私のオマンコに中出しをしました。

 

3回目なのに大量の精子を・・・

 

私はおかしくなるぐらい気持ち良くなってしまい、いつの間にか倒れてしまいました。

 

気がつくともう夜で、サトシ君はいませんでした。

 

私の部屋はグチョグチョでした。