Pocket

露出 初フェラチオ
画像はイメージです

 

大人の女性に僕の露出癖を見られた

 

女性に逆レイプされたわけではありませんが、小学生の時に大人の女性とエッチな体験をしたことがあります。

 

僕は小学校5年生の時、まだオナニーは覚えていなかったんですが、おちんちんをいじると気持ちいいことはなんとなく分かっていました。

 

その当時はおちんちんに紐をグルグル巻きにして遊んだり、拾った小瓶におちんちんを入れてオシッコをしたりして遊んでいました。

 

駐車場の隅だったり、倉庫の裏だったりと、外でそういうことをしていました。

 

今にして思えば、僕の露出癖はこの頃からその傾向があったんだと思います。

 

そして小学6年生になってオナニーを覚え、射精の快感を知ってからは、しょっちゅうオナニーしました。

 

でも先ほどの遊びもまだ続けていました。

 

ある日学校で友達と遊んだ帰りに、高速道路の高架下にある駐車場の隅でズボンを脱ぎ、拾った空き瓶におちんちんを入れて遊んでいました。

 

時間は夕暮れ時で、夕日が駐車場に差し込んでいましたが、私がいた隅は影になっていました。

 

暗がりの中、誰も来ない安心感から、僕はズボンとパンツを脱いで下半身スッポンポン状態で、おちんちんを空き瓶に入れたまま、しゃがんでおしっこをしました。

 

すると、コツコツという足音がして、僕が隠れていた車の持ち主らしき女性が、いきなり僕の目の前に現れました。

 

僕は下半身スッポンポンでおちんちんを空き瓶に突っ込み、まさにオシッコをしている最中です。

 

当然隠せるはずもなく、あわてて立ち上がろうとしましたが、しりもちをついて後ろへ転んでしまいました。

 

オシッコはかろうじて止まりましたが、瓶に入ったオシッコが僕の足にかかってしまいました。

 

僕はズボンとパンツを片手で手繰り寄せて、顔を下に向けたまま逃げようとしました。

 

すると女性が、

 

「ここで何してたの?」

 

と僕は腕をつかまれてしまいました。

 

僕は不安と恐怖でガタガタ震えながら、ずっと下を向いていました。

 

「安心して、誰にも言わないから、顔を上げて」

 

僕は恐る恐る顔を上げると、その女性は優しい顔で、

 

「何していたのか教えて?」

 

と言いました。

 

随分大人な女性に見えましたが、今にして思えば多分20代前半くらいだったと思います。

 

何も答えられない僕を見て、その女性は僕の視線に合わせるようにしゃがみ、僕のおちんちんに軽く手を添えると、

 

「エッチなことしてたのかな?」

 

と笑いながら、オシッコで汚れたおちんちんを指でチョンとつつきました。

 

興奮してるの?

 

その時僕のおちんちんはかなり縮こまっていて、まだ包茎でした。

 

しばらくその女性は何も言わずに僕のおちんちんを指で触っていましたが、僕を見上げるようにして、

 

「誰にも言わないから、お姉ちゃんのも見てくれる?」

 

と言ってきました。

 

僕はとにかく怖かったので大きく頷くと、その女性は僕の手を引いて、僕が隠れていた反対側の隅に歩いていきました。

 

僕の住んでいたところは港町だったので、こういう高架線の下には漁で使う竹がたくさん立て掛けられていまいた。

 

その裏の人目につかないスペースへ連れていかれました。

 

その女性は僕の目の前に再びしゃがみ込むと、大きく足を広げてスカートの中を僕に見せ付けてきました。

 

母親以外で初めて目の前で見る大人の女性の下着です。

 

不安な気持ちよりも興奮が勝ってきて、先ほどまで縮こまっていたおちんちんが徐々に勃起してきました。

 

その女性は勃起していく僕のおちんちんを見て、

 

「あら、興奮してるの?」

 

と小声で囁き、嬉しそうな感じで、

 

「じゃあ、もっと見せてあげる」

 

と立ち上がって、スカートと下着を脱ぎました。

 

思い出を美化しているのかもしれませんが、かなり綺麗なお尻だったと思います。

 

その格好で女性はまたしゃがみこみ、

 

「よく見てね」

 

というと股を大きく開いて、オマンコを両手で広げ、よく見えるようにしてきました。

 

僕は初めて見る女性のオマンコを、膝をついて凝視していました。

 

すると、

 

「出るわ!」

 

そう言うと女性の性器から、オシッコが放物線を描いて勢いよく出てきました。

 

僕はびっくりして少し体を引いて、オシッコがかからないようにしました。

 

僕は、興奮しながらその様子をじっと見つめていました。

 

オシッコを出し終わるとその女性は、

 

「ちゃんと見ててくれた?」

 

と聞いてきたので、僕は大きく頷きました。

 

初めてのフェラチオ

 

女性のオマンコからは、まだ雫がポタポタと地面に落ちていました。

 

「ちょっと舐めてみる?」

 

その女性はオマンコも拭かずに立ち上がり、僕に聞いてきました。

 

見上げると、まだオマンコからオシッコの雫が太ももを伝っています。

 

女性のオマンコが目の前にありました。

 

女性は僕の頭に軽く手を添えて、オマンコまで導きました。

 

僕にはその時、汚いという感情はなく、自然にオマンコに顔を埋めると、夢中で舐めてしまいました。

 

僕が舌を動かすたびに女性は、

 

「あぁん」

 

と小さな喘ぎ声をあげていました。

 

どれくらいの時間が過ぎたのか覚えていませんが、かなり長いことそうしていた記憶があります。

 

実際は数分かもしれませんが、女性がオマンコを僕の顔から離すとしゃがんで、

 

「ふふっ、大きくなってるのね」

 

と手を僕のおちんちんに近づけて、そっと握った瞬間、僕は射精してしまいました。

 

ドクン、ドクン

 

とおちんちんから精液があふれ出してきます。

 

それを見て女性はニッコリと笑って、

 

「すごく興奮してるのね」

 

と言って、射精している間、ずっと僕のおちんちんを握っていました。

 

射精が終わっても、僕の興奮は冷めませんでした。

 

おちんちんも勃起したままで、その女性は僕のおちんちんをじっくり凝視したあと、なんと口にパクッと咥えました。

 

精液でヌルヌルになったおちんちんを、皮の合間から舌を滑り込ませるようにして舐められました。

 

当然初めてのフェラチオで、僕はあまりの気持ちよさに膝がガクガクしていました。

 

そして2回目の射精をしました。

 

その女性は僕が出した精液をすべて飲んだようで、その後もしばらくおちんちんを綺麗にするためにしゃぶっていました。

 

やがて口から離すと、

 

「気持ちよかった?」

 

と聞いてきたので、僕は頷いてしばらくそのまま突っ立っていました。

 

その女性は服を着て僕に笑顔で、

 

「このこと、誰にも言っちゃだめよ」

 

と言ってその場を離れて、先ほどの車に戻って行ってしまいました。

 

昔のことなので多少思い出を美化しているところもあると思いますが、大筋はこんなところだと思います。

 

今までで一番エッチな体験でした。