Pocket

美魔女に中出し
画像はイメージです

 

美魔女とホテルへ

 

僕は32歳で結婚しており、妻は30歳で2人の子供がいます。

 

町内会の自治会にも入っています。

 

自治会で活動してるバレーにも入らされ、週に2回、小学校の体育館で男女一緒に練習しています。

 

高校バレーの経験者で、自治会のキャプテンの好子さんという人妻がいます。

 

年齢は47歳で、僕と同じで子供が2人います。

 

好子さんは年齢の割にはかなり美人で、今で言う美魔女といっても過言ではないと思います。

 

ジャージ姿でも分かるように、ムチムチした太ももにふくらはぎをしています。

 

バランスのとれた脚で、元アスリートらしくお尻も引き締まって大きいです。

 

胸もDカップくらいあります。

 

最近ショートヘアーしてますます若く見え、可愛くもあり、バレーで会うのが楽しみでした。

 

この自治会バレーの仲間達はお酒好きが集まっていて、飲み会が月に最低2回はあります。

 

普段ジャージ姿しか見ない好子さんの私服姿もたまりません。

 

飲むとほっぺたを赤くし、よく話すようになります。

 

この前、会社の飲み会に参加した私は、飲み屋街に行きました。

 

23時時くらいにタクシーが並ぶ路地を歩いていたら、突然後ろから肩を叩かれ、振り向いたらなんと好子さんでした。

 

好子さんは女性3人と一緒で、みんなタクシーで帰るところだったんです。

 

二人を先にタクシーで見送ると、

 

「ちょうど良いところに会ったわ~、私まだ飲みたかったの・・・」

 

好子さんと2人きりになれるなんて願ってもないことなので、もちろんOKしました。

 

好子さんは店に入るまで、笑顔で僕の腕を組んで歩きました。

 

(見られたらマズいと思わないんだろうか?)

 

とは思いましたが、私は嬉しかったです。

 

しかも初めて見るスカート姿の好子さんでした。

 

スカートと言っても、やや膝上くらいのキュロットにレギンスでした。

 

胸元もやや谷間が見えています。

 

興奮でドキドキです。

 

そして入ったお店は、焼酎バーでした。

 

一時間くらいはお店にいたでしょうか。

 

「そろそろ帰らないとマズいんじゃないですか?」

 

「え~、ま~だぁ~帰りたくな~い」

 

「もう遅いですよ~」

 

「私と居るの嫌なの?まだ一緒にいようよ~」

 

「いや、むしろ俺は嬉しいっすよ。でも、もう遅いし、だいぶ呑んでるみたいですし・・・」

 

「トシくん(僕)は酔ったおばさんは嫌い?ウザいから?でも襲いやすいでしょ?」

 

「襲いやすいでしょって・・・まあ男ですから・・・独身だったらお持ち帰りしてたかな~」

 

と笑って誤魔化しました。

 

「あらそう~、昔はお持ち帰りしてたんだ~、まっいいや~、出ましょっ」

 

好子さんはまた僕に腕を組んできました。

 

でも歩く先は、タクシーの並ぶ路地とは反対方向でした。

 

「ちょっと・・・どこ行くんですか~?」

 

「トシくんにお持ち帰りしてもらうのっ」

 

「ええ~マジっすか?そりゃマズいですって!」

 

そんなやりとりしながら、とうとうホテルへ着きました。

 

感じやすく、イキやすい美魔女

 

僕も酔っていたし、好子さんに誘われてキッパリ断ることなどできるはずがありません。

 

部屋に入ると抱きつかれ、キスをせがまれ、熱いディープキスをしました。

 

念願の好子さんとだったんで、我を忘れました。

 

服の上からおっぱいを揉むと、敏感なのか好子さんは喘ぎ声を出しました。

 

そして好子さんは僕のチンポをさすってきました。

 

「あぁ、久しぶりの感触・・・トシくんの、中で硬くなってるじゃない」

 

ベルトを外してジーパンを下ろしてきました。

 

しゃがみ込み、パンツ越しにチンポを擦ってきました。

 

「すごいわ~、パンツの上からでも大きいのが分かるわ~、うちの旦那よりすごいわ。硬いし・・・」

 

僕のパンツを下ろしてきました。

 

そしてチンポの裏筋を舐め始め、そこから好子さんのフェラチオが始まりました。

 

めちゃくちゃ気持ち良かったです。

 

妻とは比べものにならないほどです。

 

そしてベッドへ移り、好子さんを脱がしながら愛撫しました。

 

まずはおっぱいです。

 

乳首、乳輪こそやや黒ずんでますが綺麗です。

 

しかもあまり垂れていません。

 

やっぱり大きいです。

 

聞くと予想通りDカップでした。

 

たっぷり揉んで、乳首を舐めました。

 

そしてキュロットを下ろしてレギンスを取ると、緑色の光沢ベースに黒の花柄が少しあり、腰の部分は細い紐でした。

 

つまり勝負パンツです。

 

オマンコの辺りはすでにシミが出ていました。

 

濡れやすいみたいです。

 

パンティーの上から触ると、好子さんの腰がピクッと反応しました。

 

敏感なようです。

 

クリトリスを責めたら、

 

「あぁ~ん、はあっん~いぃ~、はあっ、あぁ~あぁ~」

 

ピクッ、ピクッ、と身体中が動きます。

 

パンティーの上からの責めると、

 

「あぁ~ん、ああ、出るぅ~、出ちゃうう~」

 

すごい量で潮を吹きました。

 

「すごいですね~、吹くんですね~」

 

「いやんっ、言わないでぇ・・・」

 

パンティーを下ろし、オマンコを見ると陰毛が少ないです。

 

脚を開かせてクリトリスを舐めました。

 

またまたすごい喘ぎ声を出して感じていて、

 

「イクイクイクっ」

 

と腰がピクッピクッピクッと震えています。

 

クリトリスを責めながら、オマンコの中に指を入れました。

 

飛び上がるように腰が浮きました。

 

めちゃくちゃ感じてるみたいでイキました。

 

そしてGスポットを激しく擦ると、めちゃくちゃ潮吹きました。

 

美魔女に中出し

 

「トシくん、すごい、すごく上手いわ~、ねぇ~もうちょうだい」

 

コンドームを着けようとすると、

 

「お願い、そのままちょうだい、ゴム苦手なの・・・」

 

俺は脚を開かせ、オマンコにゆっくりチンポを挿入しました。

 

中に入ると、好子さんのオマンコが絡んきます。

 

嫁のオマンコの中とは違う感覚です。

 

めちゃくちゃ気持ち良いです。

 

ヒダがチンポに絡んできます。

 

すごい喘ぎ声を出してイク好子さんは、

 

「すごい、すごい大きい~、気持ち良ぃ~、トシくんのいいぃ~、ああぁ~ああぁ~ん~いぃ~」

 

今度は両脚を肩にかけて、上から下に向かって突きました。

 

「すごいぃ~くるぅ~、奥に~、あぁ~ん、いぃ~、はあっん~」

 

今度は抱えて上に乗ってもらうと、好子さんはすごい腰を動かしてきて、何度もイキました。

 

後ろを向かせて膝をついてバックスタイルになってもらうと、大きい90cmのお尻をムンズと掴み、チンポを突き入れて激しくピストンしました。

 

尻肉にパンパンと当たる感触が、なんとも気持ちいいです。

 

「もう、おかしくなっちゃう~」

 

ベッドの前は全面鏡になっていたので、突いてる姿や突かれて喘ぐ好子さんがよく分かり、僕もかなり興奮しました。

 

僕は、

 

「そろそろイキそうです」

 

と言うと、

 

「避妊してるから中に出して大丈夫」

 

と言われ、僕はさらに激しく突いて、2週間溜めていた大量の濃いザーメンを、好子さんのオマンコの中にぶちまけました。

 

チンポを抜くと、ザーメンがたくさんオマンコから糸を引く形で流れ落ちました。

 

好子さんは、しばらく痙攣が収まりませんでした。

 

射精した後の僕のチンポを、痙攣の収まらない好子さんの口に持っていくと咥えてくれて、お掃除フェラもしてもらえました。

 

終わって少し会話してると、また僕のチンポを弄り始める好子さんでした。

 

こんなにエッチで淫乱な人だとは思いもしませんでした。