Pocket

 

カラオケBOX フェラチオ
画像はイメージです

 

カラオケで二人っきり

 

バイト先に、テキパキと仕事をこなす女の子がいる。

 

スタイルも良くて顔は小さく、細いめがねの似合う女の子。

 

俺は最初その子を性の対象としてはあまり見ていなかったので、自分から喋りかけることはほとんどなく、挨拶程度の関係だった。

 

古い話なので、最初に話した時のことはあまり覚えてないが、たいした内容ではなかったと思う。

 

でも、突然向こうから話し掛けてきたので、驚いたことはハッキリと覚えている。

 

その頃からだったと思うが、その子を女として見るようになった。

 

だんだんと話すうちに仲良くなっていき、

 

「今度カラオケでも行かない?・・・他の友達誘ってもいいからさ」

 

って感じだったと思うが、俺はその子にカラオケに誘われた。

 

すでに意識していたので、もちろん俺がそれを断るはずはない。

 

快くOKした。

 

俺が友達を誘わなければ二人きりになれるし、向こうが友達誘っちゃってもハーレムだし、

 

(ウハウハー)

 

みたいな若者特有のアホなノリでいた。

 

けど、二人きりになりたいって気持ちは表に出さず、その時は、

 

「じゃー男友達誘ってみるよ」

 

と明るく返事しておいた。

 

もちろん友達なんて誘わずに、当日メールで、

 

「ゴメン。男友達の都合がつかないっぽい!」

 

と送ると、

 

「じゃ二人だけのデートだね」

 

そのメール見て、思わず部屋で一人ガッツポーズ。

 

その日、なんか気合い入れてカッコつけて勇んで家を出たの覚えてる。

 

待ち合わせ場所にいたその子は、いつもとは違う雰囲気で“女”って感じがした。

 

いざ一対一となると、抱きたいとかキスしたいとか触れたいとか、色々なこと考えちゃうわけですよ。

 

カラオケが混んでくれてれば二人しか入れない狭い部屋だったのに、不運にも普通に空いてて広い部屋。

 

(あーあこれじゃー近くに座るのも難しいかも)

 

とか思ってるとすぐ隣に座ってきた。

 

(え・・・ちょ・・・まじ?)

 

とか思いながら幸せいっぱい。

 

溜まってるんでしょ?

 

なんてったって、若い女の匂い?

 

髪の毛とかすげーいい匂いしてた。

 

まぁカラオケってことで、そりゃ歌うわな。

 

しかもすげー歌上手かった。

 

聞き惚れながらボーっとしてると、

 

「歌わないの?」

 

と顔を覗き込まれた。

 

少し動けばキスできるくらい顔が近かった。

 

ちょっと困惑しながら、

 

「俺、歌下手だし」

 

とか適当に流した。

 

だって歌うのより、この甘い香りを楽しんでいたかったから。

 

「ふーん・・・」

 

と体勢を戻し、その子も歌うのを止めた。

 

少しの沈黙の後、突然彼女が、

 

「・・・あのさ」

 

と切り出してきた。

 

女から話題切り出された時の、あの期待感っていうの?

 

なになに?って。

 

「溜まってるんでしょ?」

 

笑いながら言われた。

 

(おいおいこの女ぁー!!)

 

と想像を超える発言にオッタマゲた。

 

「ぶっ!・・・なんで?」

 

って返すと彼女曰く、溜まってる人のオーラは性欲に満ちているらしい。

 

(何を言っているんだ?この女)

 

とか思いながらも頭の中はやりたいモードに。

 

フェラで抜いてくれた

 

ふざけた調子で、

 

「溜まってるから抜いてよ」

 

って言うと・・・。

 

「なに言ってんの!?・・・まぁいいけど」

 

もう脳に血が上っちゃって、

 

(すげー俺って天才!)

 

とか思いながら、もうスイッチ入っちゃってて、ホテル行きを提案したが、周辺のホテルをあまり知らないので却下。

 

(じゃ、ここですか?・・・ハレンチですね・・・)

 

自分でも頭おかしくなったかと思った。

 

ホワーンとなってると、いきなり彼女が股間に手を伸ばしてきて・・・。

 

「もうこんなに大きくなってる・・・」

 

彼女もスイッチ入っちゃってます!

 

頭があんだけフワフワなんだから息子もカッチカチ。

 

もう我慢汁出てます。

 

彼女はチャックを下ろすとソファーにうつ伏せに寝転がり、自分の目の前に俺のチンコが来るようにしました。

 

勢いよく飛び出たチンコは、彼女の少し冷たく白く華奢な手に包まれ、ゆっくり上下に擦られた。

 

その上手さといったら神の域でした(言いすぎ?)。

 

握って上下するだけではなく、その握った一つ一つの指が別々の動きをしてすごく気持ちよかったー。

 

金玉も揉んで貰って、

 

(あーいいー)

 

とか思ってると、ヌルゥッと暖かなものに包まれました。

 

まぁ期待はしてたんだけど、突然だったからね。

 

ちょっとビックリ。

 

で、しばらくフェラしてもらってるとイキそうになってきたので、

 

「クッ・・・出る・・・っ」

 

と言って外に出そうと思ったのですが、そのまま彼女はフェラスピードを上げて口の中に射精した。

 

息を大きく吐いて天井を見上げた。

 

(あーえがったー、いい音出してたー)

 

ってふわーってしてると、

 

「ねえ」

 

って優しい声が。

 

「よかった?・・・またしてあげるから連絡ちょうだいね」

 

となんとも嬉しいお言葉。

 

このままホテル直行でセックスしたい気分だったのですが、またしてもらえると聞き、ここはがっついてはいけないと、変な理性が働きホテル行きは断念。

 

その日はそのまま別れて帰宅しました。

 

友達がいる中で・・・

 

家に帰ってしばらくメールしましたが、その話題は出てきませんでした・・・。

 

本当にまたしてもらえるのでしょうか?

 

明日はその子とまた二人でお出掛けです。

 

今日は男三人女三人くらいでフラフラ買い物してから、俺が狙ってカラオケでもと誘ってみたらあっさりOK。

 

二人きりになれるか分からんが、とりあえず可能性はあると思った。

 

カラオケに着くと、まぁ六人ってことで前回と同じくらいの部屋に案内された。

 

速攻二人きりになりたいが、他の人間を追い出すのも不自然なんで、どうにか隣にでも座れればと時間を見計らってクジでの席替えを提案した。

 

結果、見事隣に。

 

こっちを向いた時に自分の股間に目をやってサインを送る俺。

 

気付いたのか少し顔が赤らむ彼女。

 

これがスタンダードに可愛い。

 

前回のようにフェラで終わらせるつもりはなかった。

 

が、しかし、邪魔な周りの友達がいる。

 

(向こうを動かすのではなく、こっちが動けばいいんじゃないか?)

 

と思いつき、隣の彼女にメールで、

 

「二人になりたい」

 

と送ってみた。

 

数秒画面を見つめていた彼女がぱっとこっちを向き、

 

「して欲しいの?」

 

と小声で(でも隣の友達には聞こえていたかも)言ってきた。

 

ここで俺が首を横に振るわけがない。

 

もちろん

 

「うん」

 

と明るく言った。

 

俺はそこで自分の痛さに気が付き、俯きチマチマケータイ弄ってたんだが、その間に彼女が周りの友達に不自然じゃない理由でも作って言ってくれたんだろう。

 

彼女が突然俺の手を引いて部屋を後にした。

 

すると彼女はちょっと俯き加減に無表情で、

 

「さっきのマジ?」

 

て聞いてきた。

 

がっつくのはみっともないんで・・・。

 

「いや・・・よかったら・・・っていうか・・・」

 

「・・・いいよ。どこにする?」

 

脳内エンジン全壊!

 

(トイレですか?トイレしかないだろう)

 

「ホントにいいの?」

 

と言って、テンパった俺は彼女の手を引いて女子トイレに・・・。

 

女子トイレに入るとすぐさま一番奥の個室へ。

 

初めて入った女子トイレなので、じっくり観察したかったが、今はチンコ優先。

 

とか思ってたら、彼女から手を引いて快楽へと導いてくれたわけだ。

 

まぁ前回もそうだったけど、それにしても俺はラッキーだと思った。

 

前回のような手使い指使いで手コキしてくれました。

 

チンコが大きくなると、今度は口に含んでのフェラが神の施し。

 

すぐに射精に導かれました。

 

このまま終わる俺じゃないので、後処理が終わったあとに濃いキスを交わし、

 

「抱きたいよ・・・」

 

と。

 

まぁこの後のことを軽く書くと、ホテル行ってヤッて、何食わぬ顔してカラオケに戻りました。