Pocket

満員電車で勃起
画像はイメージです

 

向かいの奥さんと満員電車で一緒になった

 

半年ほど前に、小学生のお子さん一人を持つ30代半ばの夫婦が、向かいの家に引っ越してきました。

 

スポーツマンタイプのご主人とは趣味が合い、一緒にバーベキューをすることもあります。

 

奥さんは美人で、家庭的で明るく爽やかな女性です。

 

同年代の友人が出来て、私と妻はとても喜んでいます。

 

先日の話ですが、私はいつもより一時間遅く家を出ました。

 

妻の具合が悪く、私が家事をしていたからです。

 

時間がちょっと遅いだけでこんなに混雑するのかと思いながら駅を歩いていますと、向かいに住む奥さんの姿が目に留まりました。

 

「木下さん?」

 

「あらっ、荒木さん、おはようございます」

 

「仕事ですか?」

 

「ええ。パートなので3時には終わるんですけどね。荒木さんは、もしかしていつもこの電車に乗ってらしたんですか?」

 

「いえ、今日はいつもより遅いんです。妻の具合が悪くて看病してたもので」

 

「まぁ、風邪ですか?大変。でも優しいご主人で羨ましいですわ」

 

「いやいや」

 

そんな会話をしながら電車に乗り込みました。

 

当然満員で、一緒に乗った木下さんの奥さんの額が、私の顎とほんの数センチ程の距離で向かい合います。

 

奥さんは上目遣いで、

 

(満員電車は困りますよね)

 

って感じの視線を送ってきます。

 

私は眉を動かしそれに答えます。

 

「でも、今日は荒木さんと一緒で良かった」

 

意味深な言葉にドキッとします。

 

平常心を保とうと頑張る程、息遣いがおかしくなります。

 

髪のいい香りが漂ってきます。

 

真下には胸の膨らみが触れるか触れないかのところで揺れています。

 

目を反らしても残像がよぎります。

 

他人ならまだしも、隣人で仲の良い綺麗な奥さんがこんな間近に・・・。

 

(ヤバいなぁ、我慢できるかなぁ)

 

とその時、なんとか保っていた奥さんとの距離がゼロになりました。

 

軽い遠心力だったはずですが、

 

(まさか、わざと?)

 

変な妄想が頭をよぎり、それにプラスされて体温とボリュームある胸の膨らみの感触が、私の股間を一気に刺激してしきました。

 

「奥さん!」

 

微かな声で囁きました。

 

(離れなくては・・・)

 

でも時既に遅しです。

 

勃起してしまっては、しばらく収まりません。

 

奥さんにも気付かれました。

 

目を大きく開いて、

 

(あらまぁ)

 

って感じで微笑んでいます。

 

奥さんに駅のトイレに連れて行かれた

 

擦れて感じると、腰が勝手にピクピクと反応します。

 

(もう終わりだぁー)

 

目を瞑り、天井を向くように背筋を張らせます。

 

すると・・!!

 

奥さんは頭を私の胸に預けてきます。

 

「あっぁ~」

 

つい感情が表に出てしまいました。

 

(イイ香りだぁー、電車よ、ゆっくり走ってくれー)

 

しばらくして目的の駅に着くと、私たちは電車を降りました。

 

「すいません奥さん」

 

「そんなぁー、謝らないで下さいよー。ラッシュで密着してるから仕方ないですわ、元気な証拠です・・・ところで、もう収まったんですか?」

 

「・・・いや、まだ、実は・・・」

 

「あらぁ~。まだ硬いままっ、あっ。いやっ、コホン、どうするんですか?」

 

「えっ?いやっ、まぁ、歩いているうちに治りますよ」

 

「ふーん」

 

「そっ、それじゃぁ」

 

10メートルくらい歩いただろうか・・・。

 

「ちょっとー、荒木さん、歩き方おかしいですよ?大丈夫ですか?こっち来て・・・ねっ・・・私が楽にして上げます。早くっ」

 

「えっ?ちょっ」

 

腕を掴まれホームの外れにあるトイレへ。

 

男性用の和式の取っ手側に押しやられ、鍵が閉められました。

 

「あっ、奥さん」

 

「こんなんじゃ、仕事に集中できないでしょ。あ~あ、窮屈そー」

 

カチャカチャと慣れた手つきでベルトを外され、ボロンとトランクスのゴムに引っ掛かったチンポが踊ります。

 

「まあ、ご立派」

 

「奥さん・・・」

 

シャツを押し上げ、手でチンポの根元を挟み、ブルブル震わせています。

 

奥さんは完全に勃起したチンポを眺めています。

 

「グロテスクでいやらしいわ、荒木さん、凄いモノをお持ちだったんですね」

 

「いやっ、でも、こんなこと、ご主人に悪い、あっ、ちょっ、奥さん、あーーーーーっっっっ」

 

亀頭が唇に触れたかと思うと、そのまま顔を沈め、熱い吐息を根元にかけながら、ごふごふごふと音を鳴らします。

 

亀頭の先端が喉奥に当たっているのが分かります。

 

奥さんはチンポの長さを確かめているようです。

 

「あっはぁぁ、おっきぃぃ」

 

「奥さん、そんなにっ、あっ、あっ奥さん」

 

ちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷ、ズズッズズズッ、くちゅくちゅくちゅくちゅ、ズズッズズズッ。

 

いきなり激しく始めるので、耐えようとしても腰が勝手にピクピクッピクピクッピクピクッピクピクッとなってしまいます。

 

唇と舌が巧みに動きます。

 

口に咥えられたチンポは、さらに血流を増し加え、奥さんの上顎を押し上げます。

 

「はぁはぁ、あっ、ぅぅ~、気持ちいい、ハァハァ、いいんですか?・・・没頭してますね。あースゴい。ぉぅっ」

 

舌を高速で動かしていたかと思うと、また激しく顔を前後させ必死に導いてくれます。

 

ズチュズチュズチュズチュ、ズチュズチュズチュズチュ。

 

頭を離そうとしても嫌がります。

 

待ってくれません。

 

絶頂に近づきます。

 

「もうダメです、出ます。で、出るっ、ぅ~ぅ~ぅ~っ、はぁぁぁ~~~、あっあっ、お~」

 

「(ンムンム、ズズッズズズッ、ちゅぷちゅぷ、チューッ)んはぁぁ、あ~」

 

我慢できず、そのまま奥さんの口の中に射精してしまいました。

 

口の中には舌をコーティングしたように精液が溢れています。

 

濃いゼリー状の固まりがプルプルと泳いでいます。

 

ダラーッと便器に垂れ流し、こちらを見上げます。

 

可愛い顔して激しいフェラでした。

 

たまらずにチンポを突き入れた

 

「なんで勃ったままなの?」

 

「ははっ、興奮しすぎたかな」

 

快感を堪能する間もなく出てしまったので、まだチンポは萎えようとしません。

 

奥さんは眉毛をつり上げ、唇を尖らせます。

 

(しょうがないなぁ)

 

って顔をします。

 

もう一度抜いてくれるようです。

 

ズリュリュリュッ、ズリュッズリュッ。クチュクチュクチュクチュクチュクチュ。ジュポジュポジュポジュポジュポジュポ。

 

もう興奮も極みです。

 

頭を掴み、腰をキュッ、キュッ、キュッと数回前後させます。

 

激しくピストンしたくて仕方がありません。

 

今度は力づくで頭を離しました。

 

「ハァハァハァハァハァハァ」

 

息が上がっています。

 

「奥さんはどうなってるんですか?」

 

パンツの中に手を入れると、もう蜜が溢れています。

 

「えっ?えっ?ちょっと、荒木さん?」

 

戸惑うままパンツを脱がされる奥さん。

 

私の追い詰められた顔を見て抵抗出来なくなったのでしょう。

 

「アッアッアッアッアッアッアッアッ」

 

蜜壺に中指と薬指を差し入れ、左右に激しく振動させると、力が抜けていくように重心が下がります。

 

奥さんの片足を上げ、すぐ下からチンポを突き入れます。

 

「あっ、いやっ、あっ」

 

奥まで入ってしまいました。

 

キューッと締まる、美人な顔にお似合いなオマンコです。

 

ゆっさゆっさと動いても到達できません。

 

一度引き抜きバックから突き入れます。

 

「ひゃっ、あっ、んん、んん、んん」

 

両尻を掴み、昇りつめようと必死にピストンします。

 

汗と膣の臭いが混ざり淫靡な香りが漂います。

 

ビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャ。

 

ついに絶頂に至りました。

 

「あ~~~~中に出していいだろ?出るっっっ、あー~ーーーっ」

 

「えっ?ダメッイヤッ、いや~~」

 

ドクドクドクドク。

 

放出と同時に罪悪感と傲慢さが沸き起こり、体が異様に熱くなります。

 

誘ったのは奥さんだし・・・

 

「あっ、あっ、いいいっ、フゥーッ、あっ、あっ、まだ出てるわ」

 

引き抜くと、白濁した液体がピチャーンピチャーンと便器に垂れました。

 

「奥さん、最後に咥えて、ねっ?ほらっ、吸って」

 

チューーッ、ジュッポン。

 

「・・・ハァァー・・・治まりました。奥さん・・・大丈夫ですか?」

 

「荒木さん、酷い」

 

「・・・まぁ奥さん、この事についてはまた今度話し合いましょう。早く行かないと職場の方に迷惑かけますよ」

 

「酷い、なんで?」

 

「誘ったのは奥さんだし、ほらっ、行きましょう」

 

「酷い」

 

「お詫びはしますから、ねっ、今日は行きましょう」

 

トイレを出てからは怖くて振り返れず、そのまま職場に向かいました。

 

まだ何も言って来ないところを見ると、ご主人には黙っているのでしょう。

 

そろそろほとぼりが冷めたでしょうか?

 

今日は、一時間遅く家を出てみようと思います。