Pocket

外国人 巨根
画像はイメージです

 

アメリカ人のセックスフレンドとホテルへ

 

アメリカ人のマークとセフレ関係になってから、初めてのクリスマスを迎えました。

 

当時私は彼がいなかったので特に予定もなく、マークからクリスマスに会わないかと誘われたのでOKしました。

 

恋人のためのクリスマスという概念は外国にはないのですが、長年日本に住んでいるからかその感覚がなんとなく分かっているようでした。

 

いつも仕事中のマークにしか会っていなかったので、私服を見たのは初めてでした。

 

まずはお昼を買っていこうとお店に立ち寄り、簡単に食べられるものを購入しました。

 

ついでにアイスクリームやチョコスプレッドも購入しました。

 

ホテルまでの道中、いつも通り、おっぱいの谷間に腕を挟みながら歩き、クリスマスという特別な日という事もあって、彼の耳元に

 

「もうすごく濡れてるの」

 

と囁いたら、

 

「すぐに全部なめてあげるから」

 

と返されました。

 

※会話はすべて英語です

 

「今日は泊まりだよ」

 

「うれしいけど、そんな準備してきてないよ」

 

「どうせずっと裸でエッチしまくっているから関係ないよ」

 

そんな会話でチェックインし、エレベータに乗り込むと、彼はすかさずスカートをめくってTバックをずらして指を入れてきました。

 

「こんなに濡らしてしょうがないコだね」

 

と言って掻き回していました。

 

部屋に入るとドアに私の背中を押し付け、しゃがみ込んで舐め始めました。

 

「いつもシャワー浴びてからなのに今日は特別なの?」

 

と聞くと、

 

「あんな濡れている状態がわかったら我慢なんかできない」

 

と言いました。

 

私は早く衣服から解放されたかったので、上半身はブラ以外自分で全部脱ぎました。

 

すると、彼は

 

「まずは裸にならないとね」

 

といってスカートを脱がし、靴を脱がし、ブラとTバックだけの姿にしました。

 

そして彼自身も自分で脱ぎ、彼はパンツすら全部脱いで真っ裸な姿になりました。

 

「奈々、今日のブラとTバックはいつも以上にエロいね。どこで買ったの?」

 

と聞かれました。

 

そう、実はちょっと特別な日に、というためにイタリアで買った下着をその日につけていたのでした。

 

「イタリアでね」

 

と言ったら、

 

「余計エロく感じる」

 

と言われました。

 

彼の国籍はイタリアではないですが、イタリア製の下着というとワイルドにセクシーなイメージが強いみたいです。

 

彼の顔に潮吹きかけました

 

彼はやさしくブラのホックを外し、Tバックを下げるといつもと同じようにお姫さまだっこをしてベッドに運びました。

 

そして、一旦ベッドから去ると、さっき買ったアイスクリームを出し、私の乳首にすくってのせました。

 

「あん、冷たいよぉ・・・」

 

「すぐに暖かくしてあげるよ」

 

というとぱくっと乳首ごと喰いつきました。

 

そして舌でアイスを舐めとり、ビンビンの乳首を舌で転がし、噛むということを繰り返しました。

 

もう片方のおっぱいはめちゃくちゃに揉みしだかれていました。

 

「ねぇ、気のせいかおっぱい大きくなってない?」

 

「なったよ。マークがいっぱい揉んだり吸ったりするから刺激されちゃった」

 

「それは責任重大だな」

 

「そうだよ、彼氏でもないのに」

 

「でもエッチの相性は最高だろ」

 

確かに、彼とのエッチは最高でした。

 

曝け出せちゃう関係でした。

 

返答に困っていると、彼がアイスを口元に持ってきたので食べました。

 

口の中で溶けきる前に彼がフレンチキスをしてきて、唾液と混じった甘い汁をお互いの口に何度も移したりして貪りました。

 

アイスが終わると、今度はチョコスプレッドでした。

 

彼は私を仰向けに寝かせるとチョコスプレッドを毛を剃ってツルツルのクリトリスやオマンコにめがけかけていきました。

 

そして、丁寧に舐めとるようにクリトリスとオマンコを刺激していきました。

 

すでにグチョグチョに濡れていたので、チョコスプレッドも愛液と混じっていました。

 

彼はおいしそうに舐めあげ、クリを舌で刺激し、指を三本、オマンコに入れて高速で掻き回しました。

 

いつもと違うシチュエーションで一気に絶頂、潮吹き。

 

しかも彼に顔射。

 

「あぁ、すごい、奈々、本当にすごいよ」

 

と感激していました。

 

顔射しても怒りもせず、逆にほめられたのが嬉しくて、彼の顔にかかった自分の愛液をぺろぺろと舐めました。

 

巨根をずっと入れてほしいので中出し

 

「今度は私の番よ」

 

といってチョコスプレッドを彼から取り、彼のおちんちんに、ホットドックのケチャップをかけるようにかけていきました。

 

そしてカリの方から少しずつ焦らすように舐めていき、口にくわえて一気に舐めとりました。

 

ただ吸い付くよりも難しかったです。

 

そして今度は私のおっぱいの谷間にチョコスプレッドを自らかけ、そのおっぱいで彼のおちんちんを挟んでパイズリをしました。

 

一気に茶色くなるおちんちん、唾液とは違うねっとり感ですられるのは結構気持ちよかったようです。

 

ほどなく彼も私の顔に射精しました。

 

指ですくって、彼のおちんちんを手でシゴいて、ついたチョコと合わせて精液を飲み込みました。

 

思い出しながら書いていますが、結構変態プレイですかね。

 

彼のおちんちんにはまだチョコがついていましたが、そのまま彼は挿入。

 

一回出したので持ちがよく、ずっと腰を打ち続けていました。

 

その間に私は何度もイキまくりました。

 

20分くらいしてようやく彼がフィニッシュ。

 

中出しです。

 

セフレなのに中出しさせていたのはよくなかったかと思いますが、彼のおちんちんの大きさがもう最高で、ずっと入れていてほしいと思ってしまうんです。

 

彼が息子を抜くと、ちょっと茶色っぽく変色した精液が出てきました。

 

第1ラウンドが終了したのは、ホテル入ってから1時間半後のことでした。

 

1時間半もアイスやチョコでエッチしていたんですね。

 

できるだけたくさんセックス

 

第2ラウンドは休憩挟まずでした。

 

彼がおしりを上げてと言ったので、うつぶせでお尻を高く上げたら、お尻の穴にめがけてチョコスプレッドをかけてきました。

 

そして舐めたんです。

 

「あん、そこはだめぇ」

 

「今日はクリスマスだから特別だよ」

 

「でもぉ」

 

「アナルセックスまではしないから」

 

その言葉を信じました。

 

実際アナルセックスはしなかったですが、お尻の穴はチョコを何度もかけられ、30分ほど丁寧に舐められていました。

 

だんだん気持ちよくなってきたので、もっと激しくして、っておねだりしたら、クリトリスとオマンコを指で攻め始めました。

 

あっという間に絶頂。

 

腰もくだけてお尻すら上げられなくなりました。

 

うつぶせのまま、彼は私にのしかかり、その状態で挿入してきました。

 

もうされるがままです。

 

第2ラウンドが終了してようやく休憩に。

 

「泊まりなんだからもっとゆっくりペースでしようよ」

 

と言ったら、

 

「毎日できない分、今日できるだけたくさんヤる」

 

と言われました。

 

買ってきたお昼を食べ、ジャグジーに入りました。

 

ジャグジーではゆっくりつかりましたが、ずっと正面座位のような姿勢で抱き合って、フレンチキスをしまくっていました。

 

そのうち私はおちんちんを舐めたくなったので、

 

「フェラしたい」

 

と言ったら、彼はジャグジーの縁に座りました。

 

今は癒しの時間だから、と思ってゆっくり丁寧にフェラしました。

 

玉も舐め、裏スジにそって舌をはわせたり、カリの部分を集中的に吸ったりとしていました。

 

彼の巨根を根元までくわえこむと、彼は私の頭を押し付け、しばらく無呼吸な状態になりました。

 

さすがに苦しくなったので、合図すると手をどけてくれました。

 

ゲホッ、と咳き込むと心配そうに、でも満足したような顔つきでキス。

 

その後ベッドで2ラウンドほどエッチしました。

 

ルームサービスが来てもハメっぱなし

 

夜8時ごろ、さすがにお腹も空いてきました。

 

彼がルームサービスを頼んでくれました。

 

さすがにラブホテルとはいえ、ルームサービスを迎えるときくらいエッチしてないほうがいいですよね。

 

(服かローブでも着てた方がいいよね)

 

と思って立ち上がったところ、ベッドに押し倒され、挿入。

 

おかしくなるくらい快感に酔いしれていたので、私もすぐに反応してしまいました。

 

そしてしばらくお互い腰をうちつけあっていたところ、ピンポーンとなりました。

 

ルームサービスが来たと思って私はやめようとしたのですが、彼は私を騎上位にすると下からつきあげてきました。

 

「あっ、あっ、気持ちイイっ、でもっ、ルームサービスが・・・」

 

「大丈夫、応答なければスペアキーで入ってくるから」

 

「えっ、どういう・・・」

 

最後まで言う前にドアが開き、料理が運ばれてきました。

 

運んでいる人に見られながらも突き上げられ、大きなおっぱいを揺らしながら快楽に溺れている私を見て、あの人はどう思っただろうか。

 

運び終える前に、彼は速度を速め中出ししました。

 

今は経営上問題有り、ということでルームサービスはしていないホテルになったそうです。

 

もう何回エッチして、何回中出しされ、何回イッたか覚えていません。

 

ただ、眠ることなくひたすらお互いを求めあっていたことは事実です。

 

帰るころには、オマンコの周りがヒリヒリして痛かったです。

 

そんな彼とも、バレンタインのときに関係を解消しました。

 

ちょうど出会って1年後くらいのことでした。

 

3Pしたいと言われ、さすがにそれは抵抗があったので断り、ついでにもう会わない宣言をしました。