Pocket

鏡の前でセックス
画像はイメージです

 

怖かったけどセックスが病みつきに

 

私は高校生の時、深夜になると全裸になって部屋を真っ暗にして、窓を開けてオナニーしていました。

 

月の明かりに浮かび上がる、自分の青く白い裸体がとっても美しく感じていて、全身に手を滑らせると、とても滑らかで触り心地が良いんです。

すぐに私のオマンコはビチャビチャに濡れます。

 

クリトリスでイケてました。

 

友達からスマホのアダルトサイトでダウンロードした動画をもらい、それをイヤホンで聞きながら、クチュクチュとオマンコを指で弄っていました。

 

早く、男の人とセックスしてみたかったです。

 

動画を見るたびに、

 

(どうしてあんなに気持ちよさそうなの?)

 

って感じで、AV女優がすごい羨ましく思っていました。

 

あの頃って、一番発情してたかもしれません。

 

でそれがですね、いざ同級生の彼氏にキスを求められただけで、私は逃げ回っていました。

 

怖かったんです。

 

なんとか初体験まで行ったんですが、痛くて痛くて、やっぱり逃げ回りました。

 

そして高校を卒業して短大に入って知り合った15歳も年上の男性に、ゆっくりゆっくり優しく性感帯を開発されたんです。

 

最初はクリトリスの快感を高めるために、指でゆっくり擦られたり、お口で吸わえれたりしました。

 

クリトリスは、昔からオナニーで十分に開発されていましたから、すぐにOKです。

 

今度は、クリトリスでイカせてくれたあとに、爪をきれいに切って清潔にした指で、オマンコをゆっくり擦って広げてくれました。

 

舌も入れて、ゆっくり優しく広げられました。

 

クリトリスでイッた後、たくさんエッチなお汁が出てるから、気持ちよくヌチャァって広がって・・・。

 

最初はおちんちんをオマンコに入れるのきつかったんですけど、だんだん感度がよくなっていきました。

 

ある日深夜の駐車場で、座位の体勢で彼がおちんちんを入れてきたんです。

 

いつものようにクリで何回もイカされてからだったから、ヌルンっと入って、あっという間に私イッちゃいました。

 

ようやく、おちんちんの気持ちよさを知ったんです。

 

それからはもう、セックスが病みつきになりました。

 

セックスしないと元気が出ない女になってしまった。

 

おちんちん舐めてる時が一番可愛い顔してる

 

次に付き合った彼も、必ずクリトリスで私を何回もイカせた後に、おちんちんを入れてくるんです。

 

だから、オマンコでもすぐにイケました。

 

一番、絶頂感を味わわせてもらえたかな。

 

男にイカせてもらえるって、やっぱり女の幸せだって実感しました。

 

休みの日には、エッチなビデオを見ながら、ビデオをと同じ事をするんです。

 

スケベな私には最高の彼氏でした。

 

同棲して彼氏とは、朝、昼、晩やりまくりです。

 

でも彼が射精するのは朝だけです。

 

いつでもおちんちん勃起させて準備OKな彼です。

 

しかもタフ!

 

コントロールも抜群!

 

いつでもオマンコに入れてもらえました。

 

すごい幸せでした。

 

今の彼氏は、さらに身体の相性抜群です。

 

ベッドに入る前に一度、着衣のまま荒々しくおちんちんでイカせてくれるんです。

 

ベッドに入ってからは、今度はゆっくりたっぷりおちんちんを味わい、イカせてくれます。

 

でもお互い忙しくなって、一週間に一度しか逢えない状態になりました。

 

もう欲求不満で性欲が溜まってます。

 

ちなみに私のオナニーは週に6日くらいですね。

 

そう、ほぼ毎日です。

 

やっぱりセックスの上手い年上の男性が一番ですね。

 

セックスの上手さで男性を選んでるかもしれません。

 

そうじゃないと長続きしないんです。

 

人間的にも素敵な男性は、女性を喜ばせることも知っいます。

 

だって、セックスは思いやりの気持ちがないと、お互い気持ちよくなれないですもんね。

 

もちろん、私のフェラチオテクニックに、みんな蕩けるような顔してますよ。

 

私も、経験豊富な年上の彼が喜ぶように頑張っています。

 

おちんちんで遊ぶのも大好きです。

 

「おちんちん舐めてる時が一番可愛い顔してる」

 

って彼が言ってました。

 

エッチな姿を写真に撮る彼

 

先日は、誰もいない冬の海岸で、防波堤に寄りかかる私を彼が後ろから責めて来ました。

 

寒いけど、ミニの巻きスカートにガータータイツ、ノーパンの私です。

 

彼に会ってるだけで濡れちゃうから、いつでもどこでもOKな状態なんです。

 

ロングコートの前を肌蹴てるだけだから、結合部分が見えません。

 

でも、変な動きだから、分かっちゃいますかね。

 

大丈夫、誰もいない冬の海です。

 

寒いけど興奮してるし、とっても気持ちよくって、体がポカポカになりました。

 

(もっと燃えたい)

 

とラブホテルに向ったんですけど、車の中で彼はずっと私を大股開きにさせてオマンコを弄ってくるです。

 

でもこれ、対向車のトラックから見えちゃうかもしれません。

 

そう思ったら、興奮してますます愛液が出てきました。

 

「もう、ビチャビチャになっちゃったよぉ」

 

「後でたっぷり舐めてあげるから」

 

ああああ、彼の舌の動きって、凄いんです。

 

私を天国に連れてってくれるんです。

 

もう期待で胸が張り裂けそうになります。

 

(あ~ん)

 

私もう、いてもたってもいられずに、運転する彼のおちんちんを思わずパクリと咥えちゃいました。

 

彼のおちんちんもビンビンで、張り裂けそうになっていました。

 

(早くこのおちんちんを入れたいっ!)

 

ホテルのお部屋に入るなり、彼が後ろから抱き締めてきました。

 

すぐに洗面台の鏡の前に連れていかれました。

 

そして、後ろから抱きかかえられて鏡の前でM字開脚させられたんです。

 

とろとろのオマンコが剥き出しです。

 

鏡を見ると、愛液がオマンコからアナルに垂れて糸を引いています。

 

「いやんっ!これ恥ずかしいっ!!」

 

ジタバタする私に彼が低い声で、

 

「自分で触りな」

 

ですって。

 

私、我慢できなくなってたから、思わず触っちゃって、激しくクリを擦りました。

 

そしたら彼、いつの間にか写真を撮りだしました。

 

シャッター音の鳴り響く中、鏡の前でオナニーする私・・・。
すぐにイッてしまいました。

 

イク姿も撮られちゃいました。

 

彼のテクニックとおちんちんなしでは生きていけません

 

もう、入れて欲しくてたまらなくなった私は、

 

「お願い・・・」

 

って催促しました。

 

彼、今度は私のオマンコを綺麗に舐め始めたんです。

 

舌先でそっとクリを遊んで、そのあとディープに吸い上げるんです。

 

(き、気持ちいいっ!また、クリでイッちゃうっ!)

 

早く入れて欲しいのに、彼はもったいぶらせてきます。

 

彼は、ひたすらシャッターを切り続けます。

 

もちろん、私のオマンコを撮っています。

 

シャッター音が鳴り響くほどにのオマンコから蜜が溢れ出します。

 

彼は、

 

「ピンクに光ってきれいだ」

 

って・・・。

 

そして、

 

「もう、たまらない!」

 

と言うといきなり彼はカメラを置き、私のオマンコにむしゃぶりついてきました。

 

クリを吸い上げながら、広げた指でヒダヒダを擦って、片方の手の指を三本、私の中に入れて掻き回してきました。

 

(あああああ)

 

気持ちよくって、気が遠くなりそうです。

 

思わず、快感に震える大きな声を上げてしまいました。

 

「あは~ん、あんあん」

 

そしたら彼、太くて長いおちんちんを入れてくれました。

 

「ああ~ん」

 

もう彼なしでは、彼のテクニックとおちんちんなしでは生きていけません。

 

私を激しく突き上げながら、快感に潤んだ目でシャッターを押す彼・・・。

 

オマンコの中に、いやらしく出たり入ったりする彼のおちんちん。

 

込み上げる快感の嵐に悶え続ける私・・・。

 

それが全部、彼のカメラの中に収められていきます。

 

思い出しただけで、なんかムラムラしちゃいました。

 

オマンコがいっぱい濡れてきちゃった。

 

今夜は一人なので、今からオナニーして寝ます。

 

彼とのセックスが素敵になるように、予行練習します。

 

また新しいバイブ買っちゃったし・・・。

 

次に彼に会う日が待ち遠しくてたまらないんです。

 

早くおちんちんでオマンコいっぱい突いて欲しいなぁ・・・。