Pocket

 

娘の家庭教師
画像はイメージです

 

娘の家庭教師にアピールしました

 

私は43歳の主婦です。

 

現在、高校1年生の娘がいますが、娘が中学に入った頃からずっと、近所の知り合いの男性に家庭教師に来てもらっています。

 

彼は27歳で学生時代は教師を目指していたそうですが、会社を経営している実家の事情で、現在は経営に関わりながら週に1~2回ほど、娘の勉強を見てもらっています。

 

もう3年ほど家庭教師をお願いしていて、しかも格安でしてもらっています。

 

何度か私も主人も一緒に、お酒を飲んだこともあります。

 

大体3人で飲みに行くと、一番弱い主人が潰れてしまうので、それが合図で帰っていました。

 

早いときは1時間くらいで主人が潰れてしまうこともあり、あまり話せずに解散してしまったこともありました。

 

そして家庭教師に来てもらって、1年ほど経ったころのことです。

 

3人で飲みに行くのは5回目ぐらいでしたが、主人が早々に酔い潰れたので家に送り届けた後、飲み足りないと思って彼と飲み直しに行きました。

 

やたらとスキンシップが多かったのですが、お互いにほろ酔い状態でしたので、あまり気にしていませんでした。

 

というよりも、慣れというのか欲求不満というか、帰りには肩を抱かれて歩きましたが、まったく不快な思いはなく、むしろ私から寄り添うような感じでした。

 

すると家の前でキスをされて、恋人同士のように別れました。

 

主人とはセックスレスでしたが、そこまでの不満はありませんでした。

 

しかしそれ以降、彼を意識するようになってしまいました。

 

キスもされたことですし、それ以上のことを期待するようになったのですが、彼はそれからしばらくしても、デートにすら誘ってくれませんでした。

 

私の方からどことなくサインを出しても、スルーされているような気がします。

 

そんな彼に、私は安易なアピールをしてしまいました。

 

彼が家庭教師に来る日、娘の服を借りて、短いスカートを穿き、わざと体のラインが出るような服を着たのです。

 

彼の体を離さず中出しさせました

 

娘にも怪しまれ、彼にも引かれてしまいましたが、さすがに彼も私のアピールに根負けしたらしく、私を誘ってくれました。

 

デートの当日、私は同じような格好で行きました。

 

彼の車に乗ると早々に、

 

「ずっと我慢してたんですか?」

 

と聞かれてしまい、ちょっと恥ずかしくなりました。

 

しばらく車を走らせて、人気のないところで彼は路肩に停め、濃厚なキスをしてきました。

 

彼の手が私の服の中に入り、乳首を転がされながら、

 

「時間もあまりないし、どこに行きましょうか?」

 

と聞いてきましたが、私は彼の目を見ながら黙っていました。

 

彼は私の体の反応を確かめながら、車を走らせて、ホテルへと向かいました。

 

一緒にシャワーを浴びながらお互いの体を触り合うと、私の方が我慢できなくなり、そのまま浴室で彼のおちんちんを欲しがりました。

 

自ら四つん這いになった私に、彼は後ろから挿入してきました。

 

シャワーでの愛撫も重なり、私は少し気がおかしくなったかと思うほど感じました。

 

そこではフィニッシュまでやらず、慌ただしく体を拭いて、まだ髪の毛などが濡れているにも関わらず、私たちはすぐにベッドに倒れこみました。

 

ちょっと縮んだ彼のおちんちんを咥えて勃起させると、そのまま彼に跨がって腰を沈めました。

 

硬いおちんちんをオマンコの中で味わいながら、彼にも気持ちよくなってもらおうと腰をいっぱい動かし、年上の意地を見せようとしました。

 

彼もかなり気持ちいいみたいで、ほどなくして、

 

「出ます!」

 

と言いましたが、私はしっかりと腰を落としたまま彼を離さず、オマンコの中に射精させました。

 

私は彼のおちんちんをまた咥えてフェラチオしていると、若い彼はすぐに回復しました。

 

すると今度は彼が私をひっくり返してきて、勢い良くおちんちんをオマンコに突き刺してきました。

 

彼は激しく出し入れを繰り返し、子宮がドンドン突かれる感覚に、あまりの気持ちよさに頭が真っ白になってしまい、あまり記憶がありません。

 

私は何度も絶頂を向かえ、彼は再び私のオマンコ奥深くに精液を放出しました。

 

ホテルを出る頃には、子宮に少し痛みを感じるくらい突かれていました。

 

家の近くに一度車を停めて、濃厚なキスと少し愛撫をされて、その場で車を降りました。

 

別れてからも、余計に彼が愛おしく感じられてしまいました。

 

しかし彼も忙しい人なので、近所とは言え、そんなに何度も会えるわけではありません。

 

それでも、彼が月に1度は会ってくれるように努力してもらっているので、なんとか今でも関係は続けられています。