Pocket

イケメン弟 精液ごっくん
画像はイメージです

 

イケメンの弟と二人きり

 

私は高校3年生の女子高生で、中学3年生の弟がいます。

 

弟といっても、離婚した母親が再婚してやってきた連れ子なんです。

 

しかもその弟というのが、近所でも有名なイケメンなんです。

 

学校とかでもよくクラスの女子から、告白されたり電話がかかってくるほどです。

 

実は私も、弟を一目見て好きになってしまいました。

 

母が今の父と再婚して3ヶ月ぐらい経った時の話なんですが、両親が実家(母方のほう)へに出かけて、2日ほど留守にしたことがありました。

 

その時は、私は弟と二人きりで留守番です。

 

私と弟は仲が悪いわけではなかったのですが、私自身弟のことを意識していますし、その私に弟も妙に意識している感じがしていたんです。

 

一緒に生活するようになっても、まだあまりしゃべったことが無かったんです。

 

でも、その日は両親がいない開放感もあり、いろいろ話しかけてみると、とても話が弾んだんです。

 

そして話題は、好きな子の話へと発展していきました。

 

「ねえ、E君は学校で好きな子いるの?」

 

何気なく聞いたふりしてますが、以前からすごく気になってたことです。

 

「うん、付き合ってる子がいるよ」

 

ガーン!

 

ショックでした。

 

聞かなければよかったと後悔しました。

 

いや、いずれ分かるだろうから良かったのかな?

 

でも一応、血は繋がってないとはいえ姉ですから、弟に対する気持ちを表に出さないようにしながら、

 

「ふ、ふ~ん、でその子とはどこまで行ったの?」

 

なるべく平静を装って、核心の部分をさりげなく聞いてみました。

 

すると、

 

「まだ何もしてない、抱きしめたことはあるけど・・・」

 

相手の女の子は怖がって何もさせてくれない・・・

 

とのことだそうです。

 

私は内心ホッとすると同時に、

 

そんなどこの馬の骨とも分からない女に、

 

(可愛い弟をいいようにさせない!)

 

と嫉妬のような、闘争心のような感情が湧いてきてしまいました。

 

私は熱に浮かされたような気分になり、そして気がついたら、弟の体に触れていました。

 

「お姉ちゃんだったらE君に色々してあげられるよ」

 

弟の耳元で甘く囁いて、ホッペにキスしました。

 

中出しされちゃいました

 

弟も興奮したようで、顔を真っ赤にして目を潤ませていました。

 

「冗談・・・じゃないよね?」

 

「本気よ・・・初めて見た時から、E君のこと好きになっちゃったの」

 

「でも僕たちはキョウダイだよ」

 

「親が勝手に離婚して勝手に再婚したんじゃない、血は繋がってないんだし・・・」

 

弟はその一言でスイッチが入ったのか、

 

「お姉ちゃん!」

 

と言って私に抱きついてきて、胸をギュッと強くつかんで、乱暴にまさぐってきました。

 

服を破きそうな勢いだったので、

 

「ちょっと待って!自分で脱ぐから乱暴にしないで」

 

私は弟の目の前で、下着だけの姿になりました。

 

見ると、弟の股間はズボン越しにもっこりと盛り上がっています。

 

私は弟のおちんちんを、ズボンの上から指で軽くまさぐってみました。

 

そして弟の膝の上に跨ってディープキスしました。

 

耳元へ息を吹きかけたりしながら、弟の服を脱がしていきました。

 

弟は、上に跨った私の下でされるがままです。

 

私もドキドキしていましたが、弟の興奮している様子がとても愛おしくなり、何度も顔にキスしました。

 

キスしながら、お互いの性器を愛撫しあいました。

 

弟のおちんちんはカウパー液で溢れていて、私のオマンコは愛液でビショビショになっていました。

 

ぐちゅぐちゅといういやらしい音が居間に響きわたり、限界までエッチな気分になっていきました。

 

「ああん、もう我慢できない」

 

私はブラとパンティーをその場で脱ぎ捨て、

 

勃起した弟のおちんちんを自分のオマンコにあてがい、ゆっくり腰を下ろしていきました。

 

「ああっ!」

 

ズブズブという感じで、オマンコにおちんちんが飲み込まれていきました。

 

その瞬間、私の頭の中は真っ白になり、入れただけで軽くイってしまいました。

「はあん、E君動くよ・・・」

 

私は弟がすぐ射精してしまわないように、ゆっくり腰を動かし始めました。

 

「ああっ!気持ちよすぎるよ」

 

男性経験は3人ほどあった私ですが、弟とのセックスは全くの別格で、最高に興奮して気持ちがよかったです。

 

しばらくゆっくり動かすつもりでしたが、気がつくと、思わず我を忘れて弟の上で激しく腰をグラウンドさせていました。

 

「ああっ!イクッ、お姉ちゃん・・・イッちゃうよおっ!」

 

私はその瞬間、オマンコから脳天まで衝撃が駆け抜け、外に射精させる事も忘れて、大声で叫んでいてイッっていました。

 

その瞬間、弟の精液が私のオマンコの中で、

 

ビュッ!ビュッ!

 

出てるのが感じられました。

 

関係は続いてます

 

それからしばらく休憩した後、弟のおちんちんをフェラチオしてあげました。

 

弟の気持ちよさそうなイケメン顔を見ながらフェラすると、それだけでまたオマンコが濡れてきました。

 

手で扱きながら亀頭部分を唇でチュポチュポすると、弟は私の口の中に、これでもかというぐらい

 

ドピュッ!ドピュッ!

 

と2回目でも大量の精液を放出しました。

 

私は弟の精液をすべて飲み干し、またおちんちんを咥えるとすぐに勃起しました。

 

「まだ出来るよね?濡れちゃって・・・また入れて欲しいの」

 

今度は弟に好きなように突いてもらいました。

 

3回目だけあってだいぶ長持ちしたので、いっぱい、いっぱい突いてもらいました。

 

そして一緒にお風呂に入りながらセックス、寝る前にもセックスしました。

 

弟の精液は、私の顔と口の中に放出されました。

 

口で受け止めた時は、全部飲み干しています。

 

あれから一年が経とうとしていますが、私と弟の関係は今でも続いています。