Pocket

イカレ女
画像はイメージです

 

イカレた女に股間を触られた

 

僕が高校1年の時の話です。

 

いつも通学している電車内に、いつも無表情の女性がいました。

 

服装は地味なんですが、いつも黒いストッキングばかり穿いているので、ちょっと精神がイカレてる女性なのかなと思っていました。

 

密かに仲間内で「イカレ女」と呼んでいて、気持ち悪がっていました。

 

ある時からどういうわけなのか、僕と行き帰りの電車がいつも一緒になりだしたので、正直電車を遅らせようかと思いました。

 

でもいつも忘れてしまい、結局またイカレ女と同じ電車になってしまうのでした。

 

そしてあれは確か、学園祭の練習で帰宅が遅れた秋のことです。

 

先頭を行く電車が、先の駅で車両故障を起こしてしまい、バスでの代行輸送になるため、電車を降りて駅のホームに立った時でした。

 

目の前にイカレ女がやはり無表情で立っており、こちらを見ていました。

 

(怖えぇ・・・)

 

そう思った瞬間、イカレ女が口元を少し緩め、ニヤッとしながらかすれた声で、

 

「ぼく、可愛いねぇ」

 

と言い寄ってきたのでした。

 

いざ逃げようにも足がすくんでしまい、とうとうイカレ女に手を繋がれてしまいました。

 

かなりの力で手を握られ、

 

「一緒に行こう」

 

と連れられてしまいました。

 

何度か手を振り解こうかとも思いましたが、信じられない力で握られているため、とても振りほどけそうもありませんでした。

 

(助けて!!)

 

と声をあげる事もできず、満員の代行バスに一緒に乗る羽目になってしまいました。

 

イカレ女は身長が170cm以上はありそうで、当時の僕よりは10cm以上も高かったと思います。

 

イカレ女の胸元に、僕の顔が押しつぶされるような形で、バスはゆるゆると走り出しました。

 

微かに香水のいい香りがしてきて、僕は逃げたいのに逃げ出せない獲物のようになっていました。

 

するとイカレ女の手が、僕の股間を触ってきたんです。

 

びっくりしたのと同時に恐怖も感じ、泣き出しそうになってしまいました。

 

ただ体は正直で、イカレ女に触られて入るうちに徐々に勃起してしまい、

 

「フフッ」

 

と鼻で笑われてしまいました。

 

なんだいこのチンポは

 

気色悪い女性とはいえ、初めて女性にチンコを触られたことによる快感とパニックで、自分自身どうしたらいいのか分かりませんでした。

 

バスが次の停車場所である僕の下車駅に到着しようとしても、彼女は離してくれませんでした。

 

しかもかすれた小声で、

 

「この次で一緒に降りて」

 

と頭越しに言われ、僕はそれに従うしかありませんでした。

 

来たことのない駅のすぐ近くに木々の多い公園があり、僕はそこに手を繋がれ連れ込まれました。

 

人通りの全くないところなので、完全に僕はパニック状態でした。

 

たぶん涙目で震えていたと思います。

 

するとイカレ女が、

 

「身体はしたがってるくせに」

 

とドスの利いたかすれ声を出しながら、僕のズボンとパンツを一気に引き摺り下ろしました。

 

さっきまで勃起していたチンコは恐怖のために縮みあがってしまい、皮を被ってうなだれたようになっています。

 

それを見たイカレ女は不機嫌になってしまったかのようで、キツい声でこう言いました。

 

「あんた、あたしのこと見てセンズリしてたんだろ?いい思いさせてやろうとしてるのに、なんだいこのチンポは!」

 

そう言って指で僕のチンコを、指で強く何度も弾くのでした。

 

金玉潰すぞ

 

最初は痛かったのですが、不思議とそれが快感になってきて、僕のチンコはまた勃起していきました。

 

イカレ女はそれを見ると今度は、

 

「変態ヤロウ!やっぱりあたしをセンズリの道具にしてたな!」

 

と罵声を浴びせるのですが、僕はパニックのため何がどうなっているのかさえ分からず、何も応えることができませんでした。

 

「あんたがされてみたかったことしてをやるからな!」

 

そう言うといきなり僕のチンコを口に入れ、右手で自分のおっぱいやらオマンコをものすごい勢いで触りだしました。

 

口に入れられた当初は、フェラチオ初体験のため気持ちよかったのですが、興奮しだしたイカレ女がチンコを噛みだしたので、痛さに悲鳴を上げました。

 

「痛い!痛い!」

 

という悲鳴がイカレ女をさらに興奮させたようで、いきなり立ち上がると自分のスカートを捲り上げ、黒いストッキングの股の部分を自分でビリビリと破き始めました。

 

これにはかなり驚きましたが、さらにストッキングの下はノーパンだったことにはもっと驚きました。

 

母親のストッキング姿を何度か見てはいましたが、パンティー無しのこんな姿は初めてです。

 

そして、やはり気持ち悪いかすれたドスの利いた声で、こう言いました。

 

「入れろ!気持ちよくさせないと金玉潰すぞ!」

 

童貞の僕が女性を気持ちよくさせる術などあるはずがありません。

 

怖かったけど今でも思い出して・・・

 

しかし、この脅しに半泣きしながらも、イカレ女のオマンコにチンコを挿入し、無我夢中で腰を打ち付けていたのだけは覚えています。

 

イカレ女も感じていたのか、

 

「フゴゥゥ!フゴゥゥ!」

 

と妙な呻き声を出していました。

 

射精までかなりの時間を要したのが幸いし、イカレ女は射精した瞬間、マンガのように前に飛び出し地面に倒れてしまいました。

 

地面に倒れて肩で息をしながら、何かをブツブツと呟いていましたが、僕はその瞬間にズボンとパンツを引き上げ、全力疾走で逃げ出しました。

 

後ろから何か、イカレ女の騒ぐ声が聞こえましたが、僕は家まで走っていきました。

 

それから何日間かは、玄関前や学校の前、駅の近くにイカレ女がいるような気がして怖かったのですが、幸いにもそれ以降、彼女を見かけることはなくなりました。

 

そんな彼女の消息がわかったのは、つい最近でした。

 

やはりメンタルクリニックに通院しており、男と見ればセックスを持ちかけていたようで、警察沙汰となってしまい、入院しているのだそうです。

 

あの時の恐怖体験を思い出すと今でも震えてきますが、あれ以降、まったく女の子に縁がないので、時々イカレ女とのセックスを思い出してせんずりしています。